高次脳機能障害者と家族に関する研究

成人看護学に所属しています。専門領域は慢性疾患看護で、サブスペシャリティはリハビリテーション看護を専門とし、研究、教育、実践活動に従事しております。 (Department of Chronic Care Nursing) (Rehabilitation Nursing ) 現在は、高次脳機能障害をもつ当事者と家族に対する生活支援プログラムの介入研究に着手しております。

保健医療学部
看護学科

講師

博士(看護学)

髙山 望
( タカヤマ ノゾミ )

学位

博士(看護学):聖隷クリストファー大学:2016年

研究分野

臨床看護学

キーワード

高次脳機能障害/看護学/コミュニケーション/臨床/脳・神経

民間履歴

聖隷三方原病院、禎心会病院、北海道大学保健科学研究院助教を経て、北海道科学大学保健医療学部看護学科講師として着任する。

学会・社会活動等

日本慢性看護学会/日本脳神経看護研究学会/日本看護科学学会/日本看護研究学会/日本CNS看護学会/慢性疾患看護専門看護師研究会/北海道CNSの会ほか/平成26年6月日本慢性看護学会学会賞受賞(著書:進化する慢性病看護 不確かさのなかにある病いのプロセスをともに歩むの功績について)

エピソード

臨床と協力して看護ケア、相談、調整・連携にあたっています。患者にとってよりよい医療を提供できるように、日々奮闘しております。学生さんには、臨床体験を生かした講義展開をするように心がけています。

関連リンク

科学研究費助成事業データベース

http://kaken.nii.ac.jp/d/r/50451399
日本看護協会 専門看護師登録一覧
http://nintei.nurse.or.jp/nursing/qualification/cns

研究・学術活動

  • 論文(3件)
  • 会議論文(3件)
  • 紀要(1件)
  • 講演(32件)
  • 著書(3件)
  • 作品(0件)
  • 受賞(1件)
  • その他(31件)
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
高山望,元角有紗,林裕子 高次脳機能障害者を支える主介護者の介護負担とその関連因子 日本脳神経看護研究学会誌 37 2 121-129 2015/3
髙山望,林裕子 右大脳半球損傷患者におけるコミュニケーションの課題 日本脳神経看護研究学会誌 34 2 153-159 2012/3
髙山望,鷲見尚己,松下道明 支援プロセスから見た看護師に対するコンサルテーションの実際~褥瘡予防に向けた業務改善への取組み事例より~ 看護総合科学研究会誌 11 2 3-13 2009/3
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
Nozomi Takayama, Yuko Hayashi Actual conditions of caregivers assisting home patients with neuropsychological disorder: The 11th Quadrennial Congress of The World Federation of Neuroscience Nurse 2013/9
Yuko Hayashi,Kikue Hidaka,Junko Oouchi,Nozomi Takayama, Shigeko Kamishima,Kumiko Miyata Nursing Care of Patients With Coma and Vegetative state, Consciousness disorder in Japan The 11th Quadrennial Congress of The World Federation of Neuroscience Nurse 2013/9
Nozomi Ishizuka(旧姓) Impacts on Communications among Right-sided Stroke 3rd World Congress of the Academy for Multidisciplinary Neurotraumatology 2005/10
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
高山 望, 管野 敦, 東藤れいこ 慢性疾患看護専門看護師による作業所に通う高次脳機能障害者に対する看護相談の分析 北海道科学大学研究紀要 41 91-98 2016/9
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
高山 望 在宅高次脳機能障害者と家族に対する“自己の気づき”を促す生活支援プログラムの開発 第36回日本看護科学学会学術集会(於 東京国際フォーラム) 2016/12
高山 望,小川圭太,大澤恵留美,大槻美佳 在宅高次脳機能障害者に対して実施した包括的アプローチの効果-目標、行動、認知、IADLの変化による分析- 第40回日本高次脳機能障害学会学術総会(於 松本市体育館) 2016/11
高山 望, 木下幸代 高次脳機能障害者と家族に対する目標指向的アプローチを活用した看護 第10回日本慢性看護学会学術集会(於 東京 一橋大学講堂) 2016/7
高山 望,木下幸代 高次脳機能障害者と家族に対する目標指向的アプローチを活用した看護 第10回日本慢性看護学会学術集会(於 東京一橋大学講堂) 2016/7
林裕子、大内潤子、山本道代、宮田久美子、松原三智子、福良薫、笹木弘美、高山望、春名弘一、 寒冷積雪地域で暮らす高齢者への元気測定会の実践報告-認知機能の調整に焦点をあてて- 看護総合科学研究会第19回学術集会(於 北海道科学大学 北海道大学学術交流会館) 2015/11
南場ゆりえ、安藤由佳、本間奈央子、中田麻美、三浦拓己、岩佐幸一、秋田谷明弘、高山望 脳神経疾患患者における身体拘束の解除の実態 第42回日本脳神経看護研究学会(於 北海道科学大学 札幌市教育文化会館) 2015/10
高山望、木下幸代 高次脳機能障害における「記憶障害」に対する代償手段の獲得のための看護 第9回日本慢性看護学会(於 大阪医科大学 大阪医科大学キャンパス 2015/7
高山望 高次脳機能障害における「自己と周囲の人々との不一致感」への気づきを促すための看護 第2回日本CNS看護学会(於 京都大学大学院 日本教育会館) 2015/6
高山 望 脳卒中後の高次脳機能障害患者に対する看護 STROKE2015,第40回日本脳卒中学会総会 2015/3
高山 望, 林 裕子 在宅における高次脳機能障害者を支える家族の介護体験プロセス 第8回日本慢性看護学会学術集会 2014/7
吉岡純希,都郷舞,前野佑佳,髙山望 補完代替医療における利用実態と医療者の認識からみた課題 第38回日本看護研究学会学術集会 2012/7
藤原由子,和田由樹,湯浅梨香,髙山望 慢性心不全患者における途切れそうな医療をつなぐ外来看護 第7回日本慢性看護学会学術集会 2012/6
五日市直美,黄美穂子,坪田麻未,石川枝梨花,石川薫,高山望,林裕子 高次脳機能障害別にみる介護負担感 第39回日本脳神経看護研究学会 2011/10
星野早,三浦理沙,和嶋陽奈,高山望 慢性肝疾患患者の日常生活における 自己管理行動とその意図 第5回日本慢性看護学会学術集会 2011/6
鈴木智津子,長谷佳子,髙山望,斎藤美子 新たな治療を受ける外来患者の不確かさへの支援-インターフェロン療法を受ける患者の事例を通して- 第5回日本慢性看護学会学術集会 2011/6
高山望,長谷佳子,鈴木智津子,斎藤美子,東めぐみ わが国における近年の「不確かさ」の概念分析 第5回日本慢性看護学会学術集会 2011/6
佐藤麻梨沙,石貫絵梨,岩見和恵,大中沙織,松嶋志帆,藤田桃子,高橋久美子,高山望 脳神経外科・神経内科病棟における胃管カテーテル自己抜去の要因分析 日本脳神経看護研究学会 2011/5
前田梨紗,助川さわ,助乗麻美,三浦文華,高山望,鷲見尚己 術前化学療法を受けている乳がん患者の治療過程におけるニーズ 第24回日本がん看護学会学術集会 2011/2
石井志づ加,豊岡直美,大森のぞみ,穴久保裕美,千葉睦美,河合未央高橋久美子,高山望 頭蓋咽頭腫患児における術後合併症予防の困難さと看護介入 第14回看護総合科学研究学会学術集会 2010/11
加藤剛寿,高山望,松下通明 若年者における食事摂取バランスの実態調査研究 第14回看護総合科学研究学会学術集会 2010/11
奥村智哉,岩山陽子,笠井由紀恵,北野愛,栗田良一,渡邊亜衣,高橋久美子,高山望 頭蓋咽頭腫の患児を持つ母親の不安-発症時から退院後までの生活に焦点をあてて- 第37回日本脳神経看護研究学会 2010/10
舘山夕美,竹内ひとみ,森厚子,松井迪代,竹浦杏里,石川薫,高山望 高次脳機能障害を持つ患者を支える家族の疾病理解や認識 第41回日本看護学会成人看護Ⅱ学術集会 2010/8
長谷佳子,鹿内あずさ,照井レナ,竹生礼子,高山望 看護職の倫理的感受性を高める事例検討会の取り組み第一報 日本看護倫理学会第3回年次大会 2010/6
高山望,鷲見尚己 看護管理者に対する教育機能を混合させたコンサルテーションの実際-外来看護記録の充実化を目指した事例より- 第4回日本慢性看護学会学術集会 2010/6
佐々木景子,山田潤也,舘山千登勢,緒方昭彦,高山望 NST介入プロセスとアウトカムにおける評価と今後の課題 第25回日本静脈経腸栄養学会 2010/2
舘山千登勢,佐々木景子,高山望 脳神経患者におけるNST介入実績と今後の課題 第36回日本脳神経看護研究学会 2009/9
髙山望,林裕子 脳卒中による右大脳半球損傷患者におけるコミュニケーションの課題 第36回日本脳神経看護研究学会 2009/9
高山望,鷲見尚己 参加者からみたNSTシステム構築おける調整の効果―調整前・後での参加者の意識変化から― 第35回日本看護研究学会学術集会 2009/8
高山望,鷲見尚己 慢性疾患看護専門看護師が調整するNSTシステム構築の方略 第3回日本慢性看護学会学術集会 2009/7
照井めぐみ,高山望 身体抑制に関する看護師の意識調査~抑制開始から解除までのアセスメントに焦点をあてて~ 日本看護研究学会第19回北海道地方会学術集会 2009/6
髙山望,鷲見尚己,松下道明 支援プロセスから見た看護師に対するコンサルテーションの実際~褥瘡予防に向けた業務改善への取組み事例より~ 看護総合科学研究会第12回学術集会 2008/11
石塚(旧姓) 望 脳卒中による右大脳半球損傷患者におけるコミュニケーションのずれ 第15回日本看護研究学会 2004/6
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
松崎和仁,横須賀公彦,牟礼英生,永廣信治,里見淳一郎,松原俊二,影治照喜,平澤元浩,和泉唯信,中根俊成,西京子,島谷佳光,鈴江淳彦,南川貴子,近藤靖子,冨澤栄子,武田保江,斉藤泉,田村綾子,林裕子,大内潤子,近藤裕子,高山望,他5名 ナーシング・グラフィカ健康の回復と看護④脳・神経機能障害/感覚機能障害/第3章2節8.失行・失認 株式会社メディカ出版 169-173 2014/1
東めぐみ,竹川幸恵,片岡優美,鈴木智津子,藪下八重,米田昭子,小江奈美子,上野聡子,馬場敦子,和田由樹,仲村直子,高山望,他2名 進化する慢性病看護-不確かさのなかにある病いのプロセスを共に歩む 看護の科学社 122-130,pp.131-137 2010/6
野川道子,唐津ふさ,髙木由希,畠中千文,平典子,石岡明子,森菊子,二本柳玲子,鹿内あずさ,二井矢ひとみ,黒江ゆり子,長谷佳子,高橋奈美,福良薫,佐々木栄子,内田雅子,館山光子,雉子谷知子,伊藤加奈子,西村歌織,桑原ゆみ,添田百合子,青柳道子,高山望,他4名 看護実践に活かす中範囲理論/第Ⅱ章16エンパワーメント-G事例 メジカルフレンド社 310-315 2010/6
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
東めぐみ,竹川幸恵,片岡優美,鈴木智津子,藪下八重,米田昭子,小江奈美子,上野聡子,馬場敦子,和田由樹,仲村直子,高山望,他2名 著書:進化する慢性病看護-不確かさのなかにある病いのプロセスを共に歩む 看護の科学社 122-130,pp131-137 2010/6
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
高山望, 管野敦 ベストナース,高次(脳)ノウハウ第2弾社会的行動障害第10回 株式会社北海道新聞社,ベストナース5月号 28 5 56-58 2017/5
高山 望 ベストナース,高次(脳)ノウハウ第2弾社会的行動障害第9回 株式会社北海道新聞社,ベストナース4月号 28 4 50-51 2017/4
高山望, 管野敦 ベストナース,高次(脳)ノウハウ第2弾社会的行動障害第8回 株式会社北海道新聞社,ベストナース3月号 28 3 24-25 2017/3
高山望, 管野敦 ベストナース,高次(脳)ノウハウ第2弾社会的行動障害第7回 株式会社北海道新聞社,ベストナース2月号 28 2 60-61 2017/2
高山 望 ベストナース,高次(脳)ノウハウ第2弾社会的行動障害第6回 株式会社北海道新聞社,ベストナース1月号 28 1 50-51 2017/1
高山望, 管野敦 ベストナース,高次(脳)ノウハウ第2弾社会的行動障害第5回 株式会社北海道新聞社,ベストナース12月号 27 12 68-69 2016/12
編集協力/高山 望 第1特集高次脳機能障害者・家族の生活を見据えたアプローチ:看護技術 看護技術 62 13 1288-1345 2016/11
高山望, 管野敦 ベストナース,高次(脳)ノウハウ第2弾社会的行動障害第4回 株式会社北海道新聞社,ベストナース11月号 27 11 52-53 2016/11
高山望, 管野敦 ベストナース,高次(脳)ノウハウ第2弾社会的行動障害第3回 株式会社北海道新聞社,ベストナース10月号 27 10 56-57 2016/10
高山望, 管野敦 ベストナース,高次(脳)ノウハウ第2弾社会的行動障害第2回 株式会社北海道新聞社,ベストナース9月号 27 9 32-34 2016/9
高山 望 ベストナース,高次(脳)ノウハウ第2弾社会的行動障害第1回 株式会社北海道新聞社,ベストナース8月号 27 8 50-51 2016/8
高山望、菅野敦 ベストナース,高次(脳)ノウハウ第12回 株式会社北海道新聞社,ベストナース3月号 27 3 41-43 2016/3
高山望 ベストナース,高次(脳)ノウハウ第11回 株式会社北海道新聞社,ベストナース2月号 27 2 41-42 2016/2
高山望、管野敦 ベストナース,高次(脳)ノウハウ第10回 株式会社北海道新聞社,ベストナース1月号 27 1 52-54 2016/1
高山望、管野敦 ベストナース,高次(脳)ノウハウ第9回 株式会社北海道新聞社,ベストナース12月号 26 12 42-44 2015/12
高山望 ベストナース,高次(脳)ノウハウ第8回 株式会社北海道新聞社,ベストナース11月号 26 11 48-50 2015/11
高山望 ベストナース,高次(脳)ノウハウ第7回 株式会社北海道新聞社,ベストナース10月号 26 10 50-52 2015/10
高山望 ベストナース,高次(脳)ノウハウ第6回 株式会社北海道新聞社,ベストナース9月号 26 9 52-54 2015/9
高山望、管野敦 ベストナース,高次(脳)ノウハウ第5回 株式会社北海道新聞社,ベストナース8月号 26 8 52-54 2015/8
高山望、管野敦 ベストナース,高次(脳)ノウハウ第4回 株式会社北海道新聞社,ベストナース7月号 26 7 52-53 2015/7
高山望,管野敦 ベストナース,高次(脳)ノウハウ第3回 株式会社北海道新聞社,ベストナース6月号 26 6 30-32 2015/6
高山望、管野敦 ベストナース,高次(脳)ノウハウ第2回 株式会社北海道新聞社,ベストナース5月号 26 5 50-51 2015/5
東藤れい子,菅野 敦,高山 望 ベストナース,高次(脳)ノウハウ第1回 株式会社北海道医療新聞社 26 4 50-52 2015/4
高山 望 ベストナース,専門看護師のチカラ第7回 株式会社北海道医療新聞社 25 12 36-37 2014/12
高山 望 看護実践の科学,慢性病看護の新しい技術第8回軽度な高次脳機能障害患者が代償訓練を受け入れるための看護面接 看護の科学社,看護実践の科学 36 12 43-47 2011/11
高山 望 Nursing today:特集 さまざまな疾患のエンドオブライフ①脳血管疾患 日本看護協会出版会, Nursig Today 26 5 26-30 2011/10
林裕子,市原多香子,伊藤康幸,神島滋子,下村晃子,鈴木順子,高山望,田村綾子,千葉美,登喜和江,永濱郁代,南里千春,橋本洋一郎,林裕子,日高紀久江,福良薫,渕本雅昭,光藤尚,南川貴子,山本文夫 ブレインナーシング:ブレインナーシング2009年夏季増刊号「決定版自立生活を回復させるニューロリハビリ看護」フローチャートで今必要な援助がわかる,第2章-5神経因性膀胱で排尿できない排泄障害で便意を感じない・自然に便が出ない ブレインナーシング夏季増刊,メディカ出版 118-134 2009/8
高山 望 看護実践の科学:進化する慢性病看護第19回リハビリテーションを必要とする人への支援 看護の科学社,看護実践の科学 34 6 84-87 2009/7
高山 望 看護実践の科学:進化する慢性病看護第18回脳梗塞(脳卒中)を抱えながら生きる人への支援 看護の科学社,看護実践の科学 34 8 84-88 2009/6
石山光枝,有田優子,飯野智恵子,池戸初枝,石川孝則,市原多香子,井町のぞみ,今西恭子,岩倉麻生子,高山望,他45名 ブレインナーシング:ブレインナーシング2009年春季増刊号「先輩ナース必携 脳神経外科新人ナース指導育成マニュアル」第Ⅲ章‐8.排泄障害 メディカ出版,ブレインナーシング春季増刊 2009/1
臼井千津監修,諌山幸弘,成田延幸,高山望 特集 患者さんを支えるために知っておくべき薬物療法と看護の役割 「疾患別の基本薬と看護過程から学ぶ看護の役割」/「脳梗塞と薬」 日本看護協会出版会 ,看護 83-87 2006/11