超高齢社会における疾病予防・医療・介護・福祉の在り方や連携を、医療の現場を越えて日常生活に普及する方途について考えています。

超高齢社会における疾病予防・医療・介護・福祉の在り方や連携を、医療の現場を越えて日常生活に普及する方途について考えています。

保健医療学部
理学療法学科

リハビリテーション科学専攻(修士課程)

教授

博士(医学)

河口 明人
( カワグチ アキト )

学位

博士(医学):滋賀医科大学:2001年

研究分野

社会健康科学(社会医学・疫学・医療学)/生活習慣病危険因子/循環器内科学

キーワード

社会疫学/社会医療学/生活習慣病/動脈硬化症/循環器代謝学/臨床栄養学

学会・社会活動等

日本内科学会/日本循環器学会(専門医)/日本脈管学会(専門医)/日本動脈硬化学会(評議委員)/日本臨床栄養学会(臨床栄養指導医・評議委員)

一般住民を対象とした介入疫学研究を実施し、また海外の有力大学と連携し、双方向性学生交流を通じてESD(Education for Sustainable Development)に関する国際交流を実施してきました。

エピソード

九州で生まれ育ち、東京で成長し、北海道で学びました。学生及び教員として、文学部、医学部、教育学部、および保健医療学部を経験しています。

座右の銘:蝸牛 そろそろ登れ 富士の山(一茶)

研究・学術活動

  • 論文(41件)
  • 会議論文(18件)
  • 紀要(10件)
  • 講演(30件)
  • 著書(7件)
  • 作品(0件)
  • 受賞(0件)
  • その他(14件)
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
安倍嘉彦、高橋収、本多丘人、兼平孝、竹原順次、今村理子、澤飯順子、菊田有美、花田優里子、齊藤麻美、河口明人 高齢者におけるオーラルフレイルの診断とサルコペニアおよびメタボリック・シンドロームとの関連について 北海道歯学雑誌 38 2 234-242 2018/3
安倍嘉彦、高橋収、本多丘人、兼平孝、竹原順次、今村理子、澤飯順子、菊田有美、花田優里子、齊藤麻美、河口明人 高齢者におけるオーラルフレイルの診断とサルコペニアおよびメタボリック・シンドロームとの関連について 北海道歯学雑誌 38 2 234-242 2018/3
浅野榛菜、木下美緒、菊田有美、大塚吉則、河口明人 地域在住高齢者のQOLと社会・生活環境およびソーシャルキャピタルについて 北海道公衆衛生学雑誌 31 2 85-91 2017/12
木下美緒、大塚吉則、河口明人 小学校児童における身体組成指標としての体脂肪量/除脂肪量比の意義と健康体力との関連性について 体力科学 66 4 255-262 2017/7
細谷志帆、佐藤洋一郎、河口明人 青年期における脈波速度と交感神経活動との関連およびその性差 理学療法科学 32 2 273-278 2017/4
山本武志、河口明人 医療プロフェッショナル概念の検討 北海道大学大学院教育学研究院紀要 126 1-18 2016/6
小笠原晴子、田中豪一、堀口雅美、河口明人 医学生における抑うつ傾向と生活習慣病危険因子についての検討 -インスリン抵抗性および低血圧との関連性- 健康心理学研究 2 24 42-49 2011/
笹田麻由香、岩田銀子、河口明人 胎児発育および新生児出生体重に及ぼす妊婦の体重増加に関する研究 母性衛生 1 51 92-98 2010/4
Momiyama Y, Kawaguchi A, Kajiwara I, Ohmori R, Okada K,Saito I, Konishi M, Nakamura M, Sato S, Kokubo Y, Mannami T, Adachi H, Kario K, Iso H, Ohsuzu F, Tsushima M. Prognostic value of plasma high-sensitivity C-reactive protein levels in Japanese patients with stable coronary artery disease: The Japan NCVC-Collaborative Inflammation Cohort (JNIC) Study Atherosclerosis 207 272-276 2009/
河口明人、柚木孝敬、黒川正博 札幌ライフスタイルスタディー運動習慣導入による健康指標改善効果に関する研究 デサントスポーツ科学 29 152-159 2008/3
中村由光、都島基夫、山下尚子、川田由香、松田彩子、野口正吾、山田貴之、村田弘隆、森田龍平、杉沢貴子、斯波真理子、河口明人 心臓弁の逆流は動脈硬化の一形態である 日本未病システム学会雑誌 14 2 232-33 2008/
河口明人、石井好二郎、柚木孝敬 生活習慣病のリクス分布と高齢者対策に関する研究 Annual Report of Gerontological Research 22 15-32 2006/3
Yokoi H, Nobuyoshi M, Mitsudo K, Kawaguchi A, Yamamoto A; ATHEROMA Study Investigators. Three-year follow-up results of angiographic intervention trial using an HMG-CoA reductase inhibitor to evaluate retardation of obstructive multiple atheroma (ATHEROMA) study Criculation Journal 8 69 875-883 2005/
Kujiraoaka T, Iwasaki T, Ishihara M, Ito M, Nagano M, Kawaguchi A, Takahashi S, Ishi J, Tsuji M, Egashira T, Stepanova I, Miller NE, Hattori H. Altered distribution of plasma PAF-AH between HDLs and other lipoproteins in hyperlipidemia and diabetes mellitus. Journal of Lipid Research 44 2006-2014 2003/
Kawaguchi A, Yutani C, Yamamoto A. Hypercholesterolemic valvulopathy - an aspect of malignant atherosclerosis- Therapeutic Apheresis and Dialysis 4 7 439-443 2003/
Kawaguchi A, Mitsudou K, Nobuyoshi M, Minamino R, Hayasaki K, Nakashima M, Yamamoto A for the ATHEROMA study group. Angiographic intervention trial using HMG CoA reductase inhibitor to evaluate retardation of obstructive multiple atheroma in West-Japan (ATHEROMA Study): Rationale, design and baseline. Jounal of Cardiovasc Risk 9 7-16 2002/
Yamamoto A, Mankumo M, Kawaguchi A, Nishizawa H, toyoshima H, Kankawa K. Leg edema, ST abnormalities, and high BNP values are important signs of heart failure in the elderly. Archives of Gerontology and Geriatrics 33 37-52 2001/
Yamamoto A, Harada-shaba M, Kawaguchi A, Tsushima M Apheresis technology for prevention and regression of atherosclerosis. Therapeutic Apheresis 5 221-225 2001/
Kawaguchi A, Miyao Y, Noguchi T, Nonogi H, Yamagichi M, Miyatake K, Kamikubo Y, Kumeda K, Tsushima M, Yamamoto A, Kato H Intravascular tissue factor pathway inhibitor was inversely correlated with HDL cholesterol and post-heparin lipoprotein lipase, but proportional to apolipoprotein A-II Atherosclrerosis, Thrombosis and Vascular Biology 20 251-258 2000/1
Yamamoto A, Harada-shaba M, Kawaguchi A, Oi K, Kubo H, Sakai S, Mikami Y, Imai T, Ito T, Kato H, Endo M, Sato I, Suzuki Y, Hori H, Japan Atrovastatin/LDL-aphersis group. The effect of atrovastatin on serum lipids and lipoproteins in patients with homozygous familial hypercholesterolemia undergoing LDL-apheresis therapy. Atherosclerosis 153 89-98 2000/
Kawaguchi A, Miyatake K, Yutani C, Tshushima M, Yamamura T, Yamamoto A. Characteristic cardiovascular manifestation in homozygous and heterozygous familial hypercholesterolemia. American Heart Journal 137 410-418 1999/3
河口明人、山本祐輔、宮尾雄治、野口輝夫、野々木宏、加藤久雄 PTCAとTGF-β 脈管学 38 817-821 1998/12
Mamo JCL, Smith D, Yu KCW, Kawaguchi A, Harada-Shiba M, Yamamura T, Yamamoto A. Accumulation of chylomicron in homozygous subjects with familial hypercholesterolemia European Jpurnal of Clinical Investigation 28 379-384 1998/5
K. Yu, D. Smith, Yamamoto A, Kawaguchi A, Harada-Shiba M, Yamamura T, J.Mamo. Phagocytic degradation of chylomicron remnants by fibroblasts from subjects with homozygous familial hypercholesterolemia. Clinical Science 92 197-203 1997/2
Yamamoto A, Kawaguchi A, Harada-shiba M, Tsushima M, Kojima S. Apheresis technology for prevention and regression of atherosclerosis: An overview. Therapeutic Apheresis 1 233-241 1997/
Matsuda H, Kawaguchi A, Tamai J, Uematsu M, Nagata S, Miyatake K. Attenuated inhibition of adrenergic contraction by nitric oxide in injured gunia pig femoral artery. Heart and Vessel 12 10-18 1997/
Matsuda H, Kawaguchi A, Uematsu M, Ohmori F, Nagata S, Miyatake K. Endothelins contract guinea-pig pulmonary artery and enhance its adrenergic response via ET(A) receptors. Clinical Experimental Pharmacology and Physiology 5 23 379-385 1996/
都島基夫、斯波真理子、河口明人 ヒト動脈硬化の進展抑制におけるLDLアフェレーシス の意義 日本アフェ-レシス学会雑誌 15 244-251 1996/
Nakatani S, Yamagishi M, Tamai J, Goto Y, UmenoT, Kawaguchi A, Yutani C, Miyatake K. Assessment of coronary artery distensibility by intravascular ultrasound: application of simultaneous measurements of luminal area and pressure. Circulation 91 2904-2910 1995/
河口明人、宮武邦夫、由谷親夫、別府慎太郎、山村卓、都島基夫、山本章 高コレステロール血症による大動脈弁障害とその意義 Journal of Cardiology suppl 38 24 139-144 1994/
山本章、河口明人、野々木宏 PTCA後再狭窄に関わる血漿脂質・ならびに線溶 ・凝固系の役割についての検討 Jpn Circ J 11 761-762 1994/
河口明人、松尾汎、対馬信子、山本章 閉塞性動脈硬化症と糖代下肢謝異常-血管造影所見の重症度と臨床診断- 糖尿病 37 7-15 1994/
河口明人、佐藤啓、 宮武邦夫、 都島基夫、 原納優、山本章 インスリン抵抗性の位相と冠動疾患-血糖/インスリン面積相応関係に基づく病態分類の臨床的意義 糖尿病 36 177-184 1993/12
Ueshima H, Mikawa K, Baba S, Sasaki S, Ozawa H, Tsushima M, Kawaguchi A, Omae T, Katayama Y, Kayamori Y, Ito K. Effect of reduced alcohol consumption on blood pressure in untreated hypertensive men Hypertension 21 248-252 1993/
河口明人、宮武邦夫、佐藤啓、 都島基夫、原納優、山本章 喫煙に関わる糖代謝変動と冠危険因子の修飾 糖尿病合併症 6 140-145 1993/
Yamamoto A, Kijima S, Shiba-Harada M, Kawaguchi A, Hatanaka K. Assessment of the biocompatibility and longterm effect of LDL-apheresis by dextran sulfate-cellulose column Artificail Organ 16 177-181 1992/
Yamamoto A, Yamamura T, Kawaguchi A, Kameda K, Matsuzawa Y. Triglyceride and glucose intolerance as a risk factor for coronary heart disease. Cardiology 78 185-193 1991/
河口明人、佐藤啓、 宮武邦夫、 都島基夫、 原納優 高インスリン血症と冠動脈病変-冠危険因子としての潜在性糖代謝異常- 糖尿病 33 787-792 1990/
Yamamoto A, Kamiya T, Yamamura T, Yokoyama S, Horiuchi Y, Funahashi T, Kawaguchi A, Miyake Y, Beppu S, Ishikawa K, Matsazawa Y, Takaichi S. Clinical features of familial hypercholesterolemia. Arteriosclerosis 9 (Suppl) I-66-74 1989/
Yokoyama S, Tani N, Kikkawa T, Hayashi R, Kojima T, Kawaguchi A, Harada M, Tsushima M, Yamamoto A. Low density lipoprotein-apheresis by dextran sulfate-cellulose adsorption. Therapeutic Plasmapheresis 8 254-256 1989/
Kawaguchi A, Yokoyama S, Kojima T, Yamamoto A. Seiving of low density lipoprotein at low blood and plasma flow rates through polysulfone hollow fiber filter. Therapeutic Plasmapheresi 8 254-256 1989/
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
Shiho Hosoya, Yoichiro Sato, Akito Kawaguchi Significant of Fat Free Mass related with Peak Bone mass in male and female adolescents WCPT-AWP & PTAT Congress 2017, Thailand 2017/6
Kawaguchi A, Mitudo K, Nobuyoshi M, Hayasaki , MinaminoT,Nakashimam,Yamamoto A for the ATHEROMA Study group Three-year follow-up results of angiographic intervention trial using an HMG-CoA reductase inhibitor to evaluate retardation of obstructive multiple atheroma (ATHEROMA) study 12th International Atherosclerosis Society, Rome , Italy, 2007 2007/
A Kawaguchi, G Kobayashi, C Yasue, T Suda, M Kurokawa, S Yamabe. Brisk walking increases high-density lipoprotein cholesterol level coupling with augmented fish oil intake: Sapporo Lifestyle Study 80th American Heart Association, Orland, USA, 2007 2007/
Akito Kawaguchi Hypercholesterolemic Valvulopathy-An aspect of malignant arherosclerosis- 4rd Asia-Pacific Society of atherosclerosis and Vascular Disease, Bali, Indonesia, 2004 2004/
Kawaguchi A, Kato H Interaction of antithrombotic properties and lipase on endothelial cell 1st North Sea Conference on Thrombosis and Heamostatsis, Maastricht, 2001 2001/
Kawaguchi A, Mitudo K, Nobuyoshi M, Hayasaki , MinaminoT,Nakashimam,Yamamoto A for the ATHEROMA Study group TFPI competes with LPL in endothelium; A possible mechanism of low-HDL cholesterolemia 72th European Atherosclerosis Society, Glasgow UK, 2001 2001/
Kawaguchi A, Kato H.   TFPI compete with LPL on endothelium-New aspect of low HDL cholesterolemia Core of Excellence Symposium, Osaka, Japan, 2000 2000/
Akito Kawaguchi Atherothrombotic facet in low HDL cholesterolemia: Role of HDL and triglyceride in atherosclerosis. 2nd Asia-Pacific Society of Atherosclerosis and Vascular Disease, Chengmai, Thailand, 2000 2000/
Kawaguchi A, Yamamoto A.  Long-term assessment of LDL-apheresis to Heterozygous familial hypercholesterolemia 2nd Intrnation Congress of Apheresis, Sarrbrucken, Germany, 1999 1999/4
Kawaguchi A, Sato H, Yamamoto A. Mechanism of elevated serum uric acid in metabolic syndrome 4th International Symposium on Multiple Risk Factor in Cardiovascular Disease, Washington, USA, 1997 1997/
Kawaguchi A, Yamamoto A Characteristic distribution of atherosclerotic lesions in familial hypercholesterolemia 11th International Atherosclerosis Society, Paris, France, 1997 1997/
Kawaguchi A, Sato H, Miyatake K, Yamamoto A. Clinical characterization ofinsulin resistance stages and coronary atherosclerosis 15th International Fedarartion of Diabetes, Kobe, Japan, 1994 1994/10
Kawaguchi A, Sato H, Miyatake K, Yamamoto A. Clinical characterization of insulin resistance stages and coronary atherosclerosis Asia-Pasific Lpid Control, Hong Kong, China, 1994 1994/
Kawaguchi A, Beppu S, Miyatake K, Yutani C, Tsushima M, Yamamura T, Yamamoto A.  Hypercholesterolemi c valvulopathy: Aortic regurgitation and subclinical supravalvular aortic stenosis in heterozygous familial hypercholesterolemia. World Congress of Medical Physiology and BioEnginerring, Kyoto, 1991 1991/3
Kawaguchi A, Yamamoto A, Beppu S, Yamamura T, Tsushima M. Impaired distensibility of ascending aorta in heterozygous familial hypercholesterolemia estimated by two-dimensional echocardiography 64th American Heart Association, Anaheim, USA, 1991 1991/
Kawaguchi A, Yamamoto A, Haze K, Haranou Y, Oda Y. Hyperinsulinemia as an indicator of latent glucose intolerance in euglycemic patients 63th American Heart Association, Dallas, USA, 1990 1990/11
Kawaguchi A, Sato H, Yamamoto A. Angiographic assessment of coronary atherosclerosis in hyperinsulinemic patients with normal glucose tolerance 1st Multiple Risk Factor Symposium, Washington USA, 1990 1990/
Kawaguchi A, Miyatake K, Beppu S, Omori F, Yamagishi M, Yutani C, Yokoyama S, Yamamoto A.   Hyperlipidemic valvulopathy: Aortic regurgitation in familial hypercholesterolemia studied by color Doppler echocardiography 38th American College of Cardiology, Anaheim, USA, 1989 1989/3
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
河口明人 グローバル教育の思想 - Global issues, historical origin - 北海道大学大学院教育学研究院紀要 123 1-43 2015/12
河口明人 近代市民社会の形成とpublic healthの展開-1.近代的個人の胎動 北海道大学大学院教育学研究院紀要 119 69-103 2013/12
河口明人 健康概念の起源について:古代ギリシャ世界における身体と生命-Ⅲ. 祭典の思想と生存の意志 北海道大学大学院教育学研究院紀要 112 1-26 2011/6
河口明人 健康概念の起源について:古代ギリシャ世界における身体と生命-Ⅱ. 生命のアイデンティティ 北海道大学大学院教育学研究院紀要 111 163-196 2010/12
河口明人 健康概念の起源について:古代ギリシャ世界における身体と生命-I. イオニアの精神と哲学の発見 北海道大学大学院教育学研究院紀要 107 37-70 2009/6
河口明人 健康概念の射程 北海道大学大学院教育学研究院紀要 105 29-55 2008/6
河口明人 予防概念の史的展開-中世・ルネサンス期におけるヨーロッパ社会と黒死病- 北海道大学大学院教育学研究院紀要 102 15-53 2007/6
小林玄、河口明人 メタボリックシンドローム集簇因子の単一指標化:札幌ライフスタイルスタディの成績から 北海道大学大学院教育学研究院紀要 98 251-261 2006/6
須田力、河口明人、森田勲 豪雪地住民の冬季の身体活動 北海道大学大学院教育学研究院紀要 97 1-25 2005/12
河口明人 医学哲学序論-いのちの定義 北海道大学大学院教育学研究院紀要 95 1-27 2004/12
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
浅野榛菜、木下美緒、菊川幸恵、菊田有美、斎藤麻実、桜井勝義、大塚吉則、細谷志帆、河口明人 地域在住独居高齢者の日常生活動作とQOLについて−喜茂別研究②− 北海道公衆衛生学雑誌 31 1 38 2017/11
菊川幸恵、木下美緒、浅野榛菜、菊田有美、花田優里子、斎藤麻実、桜井勝義、井野拓実、大塚吉則、水野眞佐夫、河口明人 地域高齢者のサルコペニアの診断とその分布について−喜茂別研究③− 北海道公衆衛生学雑誌 31 1 39 2017/11
木下美緒、浅野榛菜、菊川幸恵、菊田有美、花田優里子、斎藤麻実、桜井勝義、大塚吉則、水野眞佐夫、佐藤洋一郎、河口明人 地域高齢者のフレイルの評価・診断とその分布について−喜茂別研究④− 北海道公衆衛生学雑誌 31 1 40 2017/11
安倍嘉彦、 高橋 収、本多丘人、兼平 孝、今村理子、澤飯順子、菊田有美、花田優里子、齊藤麻実、小玉悠加花、桜井勝義、河口明人 高齢者におけるオーラルフレイルの診断と分布について−喜茂別研究⑤− 北海道公衆衛生学雑誌 31 1 41 2017/11
菊田有美、花田優里子、斎藤麻実、桜井勝義、東原弘行、井原典明、森脇幸恵、大平菜央、河口明人 地域包括ケアに関わるハイリスク高齢者の把握とその対策−喜茂別研究⑥− 北海道公衆衛生学雑誌 31 1 42 2017/11
安倍嘉彦、 高橋 収、本多丘人、兼平 孝、今村理子、澤飯順子、菊田有美、花田優里子、齊藤麻実、小玉悠加花、桜井勝義、河口明人 高齢者におけるオーラルフレイルの診断と分布について 北海道口腔保健学会 2017/11
河口明人、木下美緒、安倍嘉彦、菊田有美、花田優里子、桜井勝義、井野拓実、佐藤洋一郎、細谷志帆、水野眞佐夫、大塚吉則、兼平孝 超高齢社会にむけた介護予防健診の開発−喜茂別研究①− 北海道公衆衛生学雑誌 31 1 37 2017/11
Mio Kinoshita、Mayuka Sasada,Akito Kawaguchi 10th World Congress on Developmental Origin s of Health & Disease Proceedonhg of 10th World Congress on DOHaD 2017/10
木下美緒、紀室幸恵、大塚吉則、水野眞佐夫、佐藤洋一郎、井野拓実、河口明人 サルコペニアにおける診断三要素の関連性と意義について 体力医学会 2017/
木下美緒、大塚吉則、河口明人 赤血球膜脂肪酸に占めるオレイン酸とインスリン抵抗性の関連について 日本臨床栄養学会 191 2016/10
木下美緒、大塚吉則、河口明人 出生体重に関わる母子の世代間効果(Transgenerational effect)について 日本健康教育学会 2016/6
小笠原晴子、土屋律子、柳澤三枝、大塚吉則、河口明人 インスリン抵抗性とリスク形成に関わる心理―病態相関の解析 糖尿病 Supplement 1 54 S-296 2011/4
柳澤三枝、小笠原晴子、土屋律子、大塚吉則、河口明人 郡部コホートにおけるインスリン抵抗性と炎症マーカーの意義 糖尿病 Suppl 1 54 S-305 2011/4
土屋律子、柳澤三枝、小笠原晴子、大塚吉則、河口明人 生活習慣是正によるメタボリックシンドロームの改善効果に関する無作為化介入研究 54 S-204 2011/4
KISHIMOTO Noriaki、SUZUKI Junko、YAMAGIWA Mutsuko、KUROKAWA Masahiro、TSUCHIYA Ritsuko, Akito KAwagcuhi Relationship between dyslipidemia and nutritional intake in postmenopausal women: A cross-sectional study and investigation of entry data from the Sapporo Life-style study 日本動脈硬化学会総会 42 306 2010/7
村松宰、水野尚子 、河口明人, 高感度CRPと血液生化学所見及び栄養摂取との関連~主に共分散構造分析による因果分析から~ 日本栄養・食糧学会大会 64 145 2010/5
岸本憲明、河口明人 閉経後女性の脂質異常症と脂質関連栄養素摂取との関係~Sapporo Life‐style Study断面調査検討~ 日本循環器病予防学会誌 2 45 117 2010/4
小笠原晴子、高橋恵子、河口明人 肥満傾向住民における多価不飽和脂肪酸摂取量と気分の関係 日本健康心理学会大会発表論文集 22 74 2009/9
小笠原晴子、河口明人、加藤華奈子、黒川正博、黒川正博 リノール酸摂取量とメタボリックシンドローム札幌ライフスタイルスタディ 栄養学雑誌 5 Suppl 67 235 2009/9
土屋律子、黒川正博、黒川正博、山際睦子、山部秀子、河口明人 赤血球膜多価不飽和脂肪酸分布と生活習慣病危険因子―札幌ライフスタイルスタディから― 栄養学雑誌 5 Suppl 67 159 2009/9
鈴木純子、大塚吉則、河口明人 肥満傾向を有する成人のメタボリック・シンドローム形成因子と栄養摂取―札幌ライフスタイルスタディから― 日本病態栄養学会誌 10 4 564 2007/11
河口明人、橋本亜希 メタボリック・シンドローム形成因子と栄養素に関する検討―インスリンの役割― 日本臨床栄養学会雑誌 29 3 233 2007/10
藤井瑞恵、藤井瑞恵、河口明人 無作為化試験(札幌ライフスタイルスタディ)におけるメタボリックシンドローム該当者の食生活の課題 日本糖尿病教育・看護学会誌 11 129 2007/8
河口明人 運動・栄養指導による生活習慣改善の効果―地域祉会におけるエビデンスとしての札幌ライフスタイルスタディー 日本動脈硬化学会総会 39 251 2007/6
もみ山幸彦、河口明人、梶原一郎、大森玲子、大鈴文孝 日本人の安定CAD例において高感度CRPは予後因子となるか:厚生労働省循環器病研究委託費(14公‐6)による研究 J Cardiology Suppl 1 45 425 2005/8
川内健太郎、橋本好弘、森谷きよし、河口明人 消防職員の勤務時における心身への負荷とその関連要因 体力科学 53 6 832 2004/12
宮下豊 、斉藤郁夫 、河口明人,長浜貴彦、久保田英司 動脈硬化の進行度からみたK分類の有効性の検討 日本動脈硬化学会総会 36 252 2004/7
A. KAWAGUCHI 、H. KATO Augmented TFPI results in low HDL cholesterolemia through interaction with LPL on the endothelium 日本動脈硬化学会総会 35 148 2003/9
A. KAWAGUCHI、K. MIYATAKE K、A. YAMAMOTO A Hyperinsulinemia as the Culprit for Metabolic Syndrome Associated with Coronary Artery Disease. Circ J Suppl 1 67 423 2003/3
Akito Kawaguchi Interaction of thrombosis-fibrinolysis with hypertriglyceridemia 3rd Asia-Pacific Society of atherosclerosis and Vascular Disease, Cebu, Phillipine, 2002 2002/
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
河口明人:今中雄一・大日康史編著 「生活習慣病と健康政策」 シリーズ清明倫理学「医療制度・医療政策・医療経済」 丸善 17 85-102(4621084941) 2012/3
河口明人:山本章編「トリグリセライド、HDLと動脈硬化」 高トリグリセライド血症および低HDL.c血症における凝固線溶反応 フジメディカル出版 162-175 2001/
山本章、河口明人、松澤佑次、寺元民雄、永井良三、斉藤康、武城明 Long-term effect of LDL-apheresis on familial hypercholesterolemia. In Lipoprotein Metabolism and Atherosclerosis, Lipoprioteins, Springer-Verlag 19-25 2000/
河口明人 LDL apheresis 心臓病診療プラクティス13 「心疾患の薬物療法を考える」笠貫宏編 文光堂 13 242-243 1997/
河口明人  家族性高コレステロール血症に対する適応は? 心臓病診療プラクティス8 「虚血性心疾患を診る 」土師一夫編 8 56-58 1996/
河口明人 高脂血症と冠動脈硬化退縮 心臓病診療プラクティス8「虚血性心疾患を診る 」土師一夫編 40-44 1996/
山本章、河口明人  冠動脈疾患 「遺伝子病入門」 高久史磨編、 南江堂 188-197 1993/
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
河口明人 LIPID 高脂血症ナビゲーター 331 2003/
河口明人 循環器疾患の予防と治療-日本のエビデンスはどれだけあるか- 循環器科、科学評論社 52 137-143 2002/
河口明人 . 高脂血症の心エコー図:-コレステロールを診る- 心エコー、文光堂 2 56-63 2001/
河口明人 糖・脂質代謝異常の病態解析と高インスリン血症の臨床診断基準化に関する研究 財団法人健康科学管理事業団 研究助成論文集 17 71-79 2001/
都島基夫、斯波真理子、河口明人、山本章 動脈硬化にLDL アフェレーシスが有効であった家族性高コレステロール血症の症例 治療学 、ライフサイエンス出版 32 106-110 1998/
山本章、河口明人、都島基夫 高脂血症 診断と治療、診断と治療社 85 685-689 1997/
河口明人 心疾患における脂質異常 臨床成人病、東京医学社 25 1242-1248 1995/
河口明人、山村卓 Lp(a)のトランスジェニックマウス The Lipid、メジカルレビュー社 6 352-360 1995/
河口明人 冠動脈疾患 からだの科学、日本評論社 178 40-44 1994/
河口明人 高インスリン血症における冠危険因子とその代謝相関-インスリン/血糖面積相応関係に基づく病態分類の臨床的意義- 平成4年度協栄生命研究助成論文集8 8 17-23 1992/
河口明人 遺伝素因 臨床成人病、東京医学社 22 26-30 1992/
河口明人 家族性高コレステロール 血症の血管病変 循環器病研究の進歩、協立出版 13 145-156 1992/
河口明人 高インスリン血症に伴う糖代謝異常の臨床的病態解析と循環器合併症の評価に関する研究 日本糖尿病財団研究助成報告書 1991/
河口明人 急性心筋梗塞発作 総合臨床、永井書店 38 93-97 1989/