宗教学・宗教史学 ルーマニア思想史

ヨーロッパにおける宗教学・宗教史学の成立過程を検討することにより、「宗教」を研究することが社会・文化の中でになってきた役割について研究しています。

全学共通教育部

講師

博士(文学)

奥山 史亮
( オクヤマ フミアキ )

学位

博士(文学):北海道大学:2011年

研究分野

宗教学

キーワード

エリアーデ/宗教現象学/宗教史学/クリアーヌ/ルーマニア

学会・社会活動等

日本宗教学会/宗教倫理学会

研究・学術活動

  • 論文(9件)
  • 会議論文(0件)
  • 紀要(4件)
  • 講演(27件)
  • 著書(4件)
  • 作品(0件)
  • 受賞(1件)
  • その他(0件)
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
奥山史亮 マッキオロとエリアーデの往復書簡における「宇宙的キリスト教」の問題 『宗教と倫理』宗教倫理学会 第17号 pp.29-43 2017/11
奥山史亮 エリアーデの戦時体験と苦難の正当化 ―― 「歴史の恐怖」 と死生観の構築 ―― 『北海道生命倫理研究』北海道生命倫理研究会 25-39 2017/3
奥山史亮 「ステインハルトの『幸福の日記』におけるエリアーデ宗教学に関する言及」 『宗教研究』日本宗教学会 第381号 181‐205頁 2014/12
奥山史亮 「ポルトガル滞在期におけるエリアーデの思想形成」 『哲学年報』北海道哲学会 第58号 21‐43頁 2011/7
奥山史亮 「ルーマニア民族主義運動をめぐるエリアーデ批判とクリアーヌ」 『宗教と倫理』宗教倫理学会 第10号 19‐33頁 2010/10
Fumiaki Okuyama "The Exile Eliade and His Concept of "Religion" Analele Ştiintifice ale Universităţii “Alexandru Ioan Cuza” Din Iasi 95‐102 2009/10
奥山史亮 「ルーマニア・フォークロア研究におけるエリアーデとクリアーヌ」 『基督教学』北海道基督教学会 第44号 24‐48頁 2009/9
奥山史亮 「エリアーデ文学における宗教思想―クリアーヌのエリアーデ文学論を通して―」 『宗教研究』日本宗教学会 第358号 1‐24頁 2008/12
奥山史亮 「エリアーデの死生観」 『宗教と倫理』宗教倫理学会 第7号 20‐39頁 2007/10
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
奥山史亮 「ルーマニア保安警察の供述調書にみるシオランとエリアーデ」 『東京大学宗教学年報』東京大学宗教学研究室 第33号 33-45 2016/3
奥山史亮 「モニカ・ロヴィネスクの反体制運動におけるエリアーデ宗教学の展開」 『東京大学宗教学年報』、東京大学宗教学研究室 第31号 35‐47頁 2013/3
奥山史亮 「エリアーデとクリアーヌの思想における「ソヴィエト」と「宗教」」 『哲学』北海道大学哲学会 第48号 179‐200頁 2012/7
奥山史亮 「エリアーデのヨーガ研究における死の表象」 『哲学』北海道大学哲学会 第44号 171‐192頁 2008/3
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
奥山史亮 エリアーデにおける神秘主義概念の構築――マッキオロとの関連―― 日本宗教学会第76回学術大会、東京大学 2017/9
奥山史亮 20世紀初頭のイタリアとルーマニアにおける宗教研究と政治状況 宗教倫理学会第17回学術大会、関西大学 2016/10
奥山史亮 エリアーデにおける宗教史学と宗教現象学の受容と批判 日本宗教学会第75回学術大会、早稲田大学、パネル企画「現代宗教学におけるエリアーデ研究の展望」における発表 2016/9
奥山史亮 「クリアーヌの宗教研究と死後生の問題」 宗教倫理学会第16回学術大会、キャンパスプラザ京都 2015/10
奥山史亮 「オランダにおけるクリアーヌの宗教研究」 日本宗教学会第74回学術大会、創価大学 2015/9
奥山史亮 「ルーマニア保安警察の供述調書におけるシオランとエリアーデ」 日本宗教学会第73回学術大会、同志社大学 2014/9
奥山史亮 「ルーマニア保安警察の調査報告書における亡命者の宗教思想」 北海道基督教学会第53回学術大会、北翔大学 2014/7
奥山史亮 「戦後フランスにおけるルーマニア人亡命者の活動と宗教学」 宗教倫理学会第14回学術大会、キャンパスプラザ京都 2013/10
奥山史亮 「ニコラエ・ステインハルトの反体制運動におけるエリアーデの宗教学」 日本宗教学会第72回学術大会、國學院大学 2013/9
奥山史亮 「在ポルトガル・ルーマニア大使館におけるエリアーデの宗教思想」 日本宗教学会第71回学術大会、皇學館大学 2012/9
奥山史亮 「文化参事官エリアーデがみた「ポルトガル」と「ルーマニア」」 日本西スラヴ学研究会、北海道大学スラブ研究センター、パネル企画「東欧文学における東のイメージ」における発表 2012/3
奥山史亮 「クリアーヌの思想における反ソヴィエト的「宗教」」 日本宗教学会第70回学術大会、関西学院大学 2011/9
奥山史亮 「エリアーデの文学創作と「ソヴィエト」」 北海道基督教学会第50回学術大会、北海道大学 2011/7
奥山史亮 「クリアーヌの思想における「ルーマニア」と「ソヴィエト」」 日本西スラヴ学研究会、立教大学 2011/6
奥山史亮 「ルーマニアに対するエリアーデの負い目」 宗教倫理学会第11回学術大会、キャンパスプラザ京都 2010/10
奥山史亮 「クリアーヌから見たエリアーデ宗教学批判の再考」 日本宗教学会第69回学術大会、東洋大学、パネル企画「パネル企画「エリアーデにおけるhistory of religionsとstoria delle religioni」における発表 2010/9
奥山史亮 「亡命者エリアーデの思想におけるエリアーデ宗教学」 北海道基督教学会第49回学術大会、北星学園大学 2010/7
奥山史亮 「エリアーデの思想形成と第二次世界大戦の動向」 北海道哲学会、北海学園大学 2010/7
奥山史亮 「ポルトガル滞在期におけるエリアーデの思想形成」 日本西スラヴ学研究会、武蔵大学 2010/3
奥山史亮 「レジオナール運動に関するクリアーヌからエリアーデへの詰問」 宗教倫理学会第10回学術大会、キャンパスプラザ京都 2009/9
奥山史亮 「亡命者エリアーデの思想における「宗教」」 日本宗教学会第68回学術大会、京都大学 2009/9
奥山史亮 「エリアーデ文学における宗教思想―クリアーヌとの関連において―」 日本宗教学会第67回学術大会、筑波大学 2008/9
奥山史亮 「クリアーヌからエリアーデへの21の質問」 北海道基督教学会第47回学術大会、藤女子大学 2008/7
奥山史亮 「エリアーデの死生観」 宗教倫理学会第8回学術大会、龍谷大学 2007/10
奥山史亮 「エリアーデのヨーガ論再考」 北海道大学哲学会、北海道大学 2007/7
奥山史亮 「エリアーデとシュタイナーの思想におけるライフサイクル」 北海道基督教学会第46回学術大会、酪農学園大学 2007/7
奥山史亮 「〈宗教〉に対するエリアーデの「不安」」 北海道基督教学会第45回学術大会、旭川 2006/7
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
塚越久美子、山畑倫志、塚崎今日子、奥山史亮 要約の技術−大学生の文章表現入門ー 北海道科学大学出版会 2018/3
佐々木啓、奥山史亮共訳 ミルチャ・エリアーデ、ヨアン・ペトル・クリアーヌ著『エリアーデ=クリアーヌ往復書簡 1972‐1986年』 慶應義塾大学出版会 2015/8
奥山倫明監修、飯嶋秀治、奥山史亮、ほか共訳 ミルチャ・エリアーデ著『アルカイック宗教論集―ルーマニア・オーストラリア・南アメリカ』 国書刊行会 2013/8
奥山史亮 『エリアーデの思想と亡命―クリアーヌとの関係において』 北海道大学出版会 2012/8
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
奥山史亮 日本宗教学会賞 日本宗教学会 2013/9
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日