ウイルス感染における免疫抑制機構の研究

ヒトにウイルスが感染すると、生体内ではインターフェロンをはじめとした抗ウイルス作用を持つ様々な因子が産生され、病原体を排除しようとしています。しかし、ウイルスも排除されまいとして、生体の免疫機能をすり抜けようといろいろな作戦を立てて最終的には感染症が発症します。抗ウイルス作用を持つ因子が細胞内でどのようにしてシグナルを伝達していくか、また逆にウイルスがその作用をどのようにして阻害するか調べています。

保健医療学部
臨床工学科

教授

博士(医学)

印藤 智一
( インドウ トモカズ )

学位

博士(医学):札幌医科大学:2007年

研究分野

微生物学、免疫学、臨床生理学

キーワード

ウイルス/感染症/自然免疫/免疫制御/心電図/超音波

実務経験

聖母会天使病院/住友生命札幌総合健診センター/北海道社会保険病院/独立行政法人地域医療機能推進機構北海道病院

学会・社会活動等

日本臨床衛生検査技師会/日本超音波医学会/日本静脈経腸栄養学会/札幌臨床検査技師会理事/国際バレーボール連盟国際審判員/日本バレーボール協会審判規則委員会ブロック審判委員長

エピソード

20年前に国際審判員の試験を受けに、一人で深夜にテヘラン空港に到着しましたが、税関は長蛇の列で、ようやく通過しても迎えが来ていませんでした。不安いっぱいで1時間ほど待っているとやっと私の名前を揚げて近づいてくる男性が。顔面ひげだらけでしたが、その時は天使に見えました。

研究・学術活動

  • 論文(19件)
  • 会議論文(3件)
  • 紀要(6件)
  • 講演(9件)
  • 著書(1件)
  • 作品(0件)
  • 受賞(0件)
  • その他(0件)
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
中村実 岡山雅哉 木村主幸 柴田晴昭 萩原誠也 名和伴恭 菅原俊継 黒田聡 印藤智一 透析用監視装置内金属腐食ポンプの緑膿菌汚染が末端透析液に与える影響 日本透析医学会雑誌 52 1 43659 2019/1
Indoh T, Yokota S, Okabayashi T, Yokosawa N, Fujii N Suppression of NF-κB and AP-1 activation in monocytic cells persistently infected with measles virus. Virology 361 2 294-303 2007/5
Okabayashi T, Kariwa H, Yokota S, Iki S, Indoh T, Yokosawa N, Takashima I, Tsutsumi H, Fujii N Cytokine regulation in SARS coronavirus infection compared to other respiratory virus infections. Journal of Medical Virology 78 4 417-424 2006/4
Isogai E, Isogai H, Kubota T, Fujii N, Hayashi S, Indoh T, Takagi S, Miura H, Kimura K Apoptosis of lymphocytes in mice administered lipopolysaccharide from Leptospira interrogans. Journal of veterinary medicine. Series B. 45 9 529-537 1998/9
Kubota T, Watanabe T, Yokosawa N, Tsuzuki K, Indoh T, Moriishi K, Sanda K, Maki Y, Inoue K, Fujii N Epitope regions in the heavy chain of Clostridium botulinum type E neurotoxin recognized by monoclonal antibodies. Applied and Environmental Microbiology 63 4 1214-1218 1997/4
Yokosawa N, Indoh T, Kubota T, Yashiki T, Fujii N Suppressed induction of 2-5AS in cells with HTLV-I is not associated with the fluctuation of IFN-receptor, IFN-regulatory factors (IRF-1 and IRF-2) or STAT-1 alpha. Microbiology and Immunology 41 1 63-66 1997/1
Fujii N, Yokosawa N, Ishida S, Shirakawa S, Kubota T, Indoh T, Fujinaga K, Yashiki T Investigation of IFN type-I receptor and IFN regulatory factor expression relating to induction of 2', 5'-oligoadenylate synthetase in cells persistently infected with the mumps virus. Microbiology and Immunology 40 10 777-781 1996/10
Indoh T, Shirakawa S, Kubota T, Yashiki T, Isogai E, Fujii N Augmentation of interferon production after cell-differentiation of U937 cells by TPA. Microbiology and Immunology 40 9 675-679 1996/9
白川幸子, 印藤智一, 谷敷輝夫 酸化電位水の殺ウイルス効果について 医学検査 44 11 1667-1670 1995/1
Kimura K, Fujii N, Tsuzuki K, Murakami T, Indoh T, Yokosawa N, Oguma K. Cloning of the structural gene for Clostridium botulinum type C1 toxin and whole nucleotide sequence of its light chain component. Applied and Environmental Microbiology 57 4 1168-1172 1991/7
Fujii N, Kimura K, Yashiki T, Indoh T, Murakami T, Tsuzuki K, Yokosawa N, Oguma K Cloning of a DNA fragment encoding the 5'-terminus of the botulinum type E toxin gene from Clostridium butyricum strain BL6340. Microbiology Society Journals 137 3 519-525 1991/6
Fujii N, Kimura K, Tsuzuki K, Murakami T, Indoh T, Yokosawa N, Oguma K. Studies on Clostridium botulinum type E and C1 toxin genes. Japanese Journal of Medical Science and Biology. 43 6 256-257 1990/9
Fujii N, Kwon K W, Isogai E, Isogai H, Indoh T, Murakami T, Kimura K, Sekiguchi S, Oguma K Effect of Interferon on Cells Persistently Infected with Human T Cell Leukemia Virus(HTLV-Ⅰ). Tumor research 25 6 1-6 1990/9
Kimura K, Fujii N, Tsuzuki K, Murakami T, Indoh T, Yokosawa N, Takeshi K, Syuto B, Oguma K The complete nucleotide sequence of the gene coding for botulinum type C1 toxin in the C-ST phage genome. Biochem Biophys Res Commun. 171 3 1304-1311 1990/6
Fujii N, Kimura K, Murakami T, Indoh T, Yashiki T, Tsuzuki K, Yokosawa N, Oguma K The nucleotide and deduced amino acid sequences of EcoRI fragment containing the 5'-terminal region of Clostridium botulinum type E toxin gene cloned from Mashike, Iwanai and Otaru strains. Microbiology and Immunology. 34 12 1041-1047 1990/3
Fujii N, Kimura K, Murakami T, Indoh T, Ishida S, Fujinaga K, Oguma K Suppression of interferon-induced oligo-2',5'-adenylate synthetase induction in persistent infection. Journal of General Virology. 71 12 3071-3074 1990/3
Tsuzuki K, Kimura K, Fujii N, Yokosawa N, Indoh T, Murakami T, Oguma K Cloning and complete nucleotide sequence of the gene for the main component of hemagglutinin produced by Clostridium botulinum type C. Infection and Immunity. 58 10 3173-3177 1990/2
Fujii N, Kimura K, Murakami T, Indoh T, Yashiki T, Tsuzuki K, Yokosawa N, Oguma K Genetic aspects of Clostridium botulinum toxigenicity. Recent Advances in Microbial Ecology. 478-489 1989/8
Fujii N, Indoh T, Murakami T, Kimura K, Oguma K Suppression of interferon-induced oligo-2’,5’-adenylate synthetase induction in human hepatoma cell line, Li-7. Tumor research 23 5 103-109 1988/8
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
板垣 佑司 , 印藤 智一 , 石川 由美子 , 須田 一穂 , 斎藤 正道 CYFRA 21-1の肺癌検診への導入 日本総合健診医学会誌 2 24 234-234 1997/9
印藤智一、石川由美子、須田一穗、 板垣佑司 総合健診におけるLipoprotein(a)測定の意義 日本総合健診医学会誌 22 2 222 1995/10
印藤智一, 藤井暢弘, 木村浩一, 村上忠之, 続佳代, 横沢紀子, 小熊恵二 ブチリカム菌のボツリヌスE型毒素遺伝子のクローニングについて 日本細菌学雑誌 46 3 627 1991/6
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
印藤智一, 木村主幸, 菅原俊継, 横山徹, 相川武司, 黒田聡 消化器疾患におけるプロカルシトニン半定量検査の臨床的有用性の検討 北海道科学大学研究紀要(論文) 45 91-98 2018/8
佐藤恵美子、佐藤綾子、吉田奈央、山田正昭、松本英伸、印藤智一、古山秀人、澤田博行 小児の発熱性疾患におけるPCTの臨床意義の検討 北海道社会保険病院紀要 12 22-23 2013/9
山田正昭、佐藤綾子、松本英伸、印藤智一 PURE-LAMP法における結核菌群検出キットの検討 北海道社会保険病院紀要 12 31-34 2013/9
山田正昭、吉田奈央、野田康子、印藤智一、石丸伸司、五十嵐慶一 高感度トロポニン測定試薬(トロポニンTとトロポニンI)の比較検討 北海道社会保険病院紀要 11 32-35 2012/9
紙谷宜行、松本英伸、沖中友美、佐藤綾子、印藤智一 コバスTaqMan48MTB・MAIにおける検体前処理試薬添加剤「SOL-M」の検討 北海道社会保険病院紀要 9 16-20 2010/9
沖中友美、紙谷宜行、松本英伸、印藤智一 当院におけるCLDMの誘導耐性菌の検出状況 北海道社会保険病院紀要 9 21-24 2010/9
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
横山徹, 菅原俊継, 相川武司, 渡邉翔太郎, 清水久恵, 山下政司, 印藤智一, 三浦寛子, 黒田聡, 木村主幸 尿中バイオマーカーの分光的検出に向けた基礎的検討(第2報)—微量アルブミンの高感度比色定量法の構築— 平成31年電気学会全国大会, 3-183 261 2019/3
金田晃明, 横山徹, 清水久恵, 山下政司, 印藤智一, 木村主幸 簡便で迅速な尿試験紙判定システム構築に向けた基礎的検討−色情報による「潜血」の判定に関する検討− 平成30年度電気・情報関係学会北海道支部連合大会, 59 13-14 2018/10
金田晃明, 横山徹, 木村主幸, 清水久恵, 山下政司, 印藤智一 スマートフォンを用いた簡便で迅速な尿成分の半定量システム開発に向けた基礎的検討 第57回日本生体医工学会大会, O2-6-3-3 22-23, 296 2018/6
横山徹, 菅原俊継, 相川武司, 渡邉翔太郎, 清水久恵, 山下政司, 印藤智一, 三浦寛子, 黒田聡, 木村主幸 尿中バイオマーカーの分光的検出に向けた基礎的検討—微量アルブミンの高感度比色定量法の構築— 第57回日本生体医工学会大会, O2-6-3-2 295 2018/6
三浦寛子、清水久恵、木村主幸、黒田聡、山下政司、印藤智一、横山徹、菅原俊継、相川武司、渡邉翔太郎 複数教員によるルーブリック評価のための改善点 ールーブリック導入2年目の挑戦ー 第24回 大学教育研究フォーラム 123 2018/3
金田 晃明、横山 徹、木村 主幸、清水 久恵、山下 政司、印藤 智一 簡便で迅速な尿中総蛋白検出手法の構築に向けた基礎的検討 第56回日本生体医工学会北海道支部大会 2017/10
吉田奈央、印藤智一、佐藤恵美子、阿部恵子、宮川寿美代、大江真司、秋山也寸志 骨髄異形成症候群と他疾患の鑑別に難渋した3例 日本社会保険医学会総会 2010/11
印藤 智一, 石川 由美子, 須田 一穂,板垣 佑司 総合健診におけるラテックス凝集法によるTP抗体測定の導入 日本総合健診医学会学術大会 1996/11
印藤智一、村上忠之、木村浩一、藤井暢弘、小熊恵二 2',5'オリゴアデニル酸合成酵素について 札幌臨床衛生検査技師会第8回会員講演会 1990/2
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
横田 伸一、岡林 環樹、印藤 智一、横沢 紀子、藤井 暢弘 麻疹ウイルス感染によるToll-like receptor情報伝達系の抑制とその意義 エンドトキシン研究 (医学図書出版株式会社) 10 77-87 2007/10
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日