患者における薬物血中濃度と臨床効果・有害作用の個体差解析

臨床において使用される薬物の臨床効果・有害作用にはその発現に大きな個体差があります。薬物血中濃度指標として個体差の原因を明らかにすることにより、患者さんへ合理的な薬物療法を提供するための研究を、妊婦に用いる薬物の適正使用を含めて進めています。

薬学部
薬学科

臨床薬学専攻(博士課程)

教授

薬学博士

猪爪 信夫
( イノツメ ノブオ )

学位

薬学博士:千葉大学:1986年

研究分野

臨床薬物動態学、臨床薬理学

キーワード

薬物動態/臨床効果/副作用/臨床薬理/薬物血中濃度/薬物濃度測定

学会・社会活動等

日本TDM学会評議員/日本臨床薬理学会評議員/日本医療薬学会評議員/日本臨床薬理学会編集委員会委員/北海道TDM学会相談役/北海道社会事業協会小樽病院倫理委員会委員/(財)臨床薬理研究振興財団賞受賞(1995、2010)

エピソード

北海道科学大学薬学部として地域社会に貢献するとともに、統合することの利点を活かして他学部と協働した教育・研究が盛んになるように努力致します。

研究・学術活動

  • 論文(113件)
  • 会議論文(0件)
  • 紀要(0件)
  • 講演(125件)
  • 著書(15件)
  • 作品(0件)
  • 受賞(0件)
  • その他(45件)
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
Kato, Y., Mukai, Y., Rane, A., Inotsume, N., and Toda, T., Combined effect of telmisartan and fluvastatin on arachidonic acid metabolism in human liver microsomes Xenobiotica DOI: 10.1080/00498254.2017.1384079. 2017/10
Senda, A., Mukai, Y., Hayakawa, T., Kato, Y., Eliasson E., Rane, A., Toda, T., Inotsume, N., Angiotensin II receptor blockers inhibit the generation of epoxyeicosatrienoic acid from arachidonic acid in recombinant CYP2C9, CYP2J2, and human liver microsomes Basic Clin. Pharmacol. Toxicol. 121 4 239-245 2017/10
Senda, A., Mukai, Y., Hayakawa, T., Kato, Y., Eliasson E., Rane, A., Toda, T., Inotsume, N., Reply to ‘Multiple and opposite effects of angiotensin II receptor bolockers on the bioavailability of epoxyeicosatirienoic acids’ Basic Clin. Pharmacol. Toxicol. 121 4 215-216 2017/10
Kato, Y., Mukai, Y., Rane, A., Inotsume, N., and Toda, T., The inhibitory effect of telmisartan on the metabolism of arachidonic acid by CYP2C9 and CYP2C8: An in vitro study Biol. Pharm. Bull. 40 9 1409-1415 2017/9
Fujieda, S., Keira, M., Soma, M., Sasaki, Y., Konda, A., Mukai, Y., Toda, T., Inotsume, N., and Yoshida H., Elimination of ritodrine in twin pregnant mothers and their neonatal twins Jpn. J. Clin. Pharmacol. 48 3 91-94 2017/
Mukai, Y., Narita, M., Akiyama, E., Ohashi, K., Horiuchi, Y., Kato, Y., Toda, T., Rane, A., and Inotsume, N., Co-administration of fluvastatin and cytochrome P450 (CYP) 3A4 and CYP2C8 inhibitors may increase the exposure to fluvastatin Biol. Pharm. Bull. 40 7 1078-1085 2017/
Soma, M., Konda, A., Fujieda, S., Sasaki, Y., Keira, M., Yoshida, H., Mukai, Y., Toda,, T. and Inotsume, N., Concentration of sulfate and glucuronide conjugates of ritodrine in twin pregnancy Biol. Pharm. Bull. 40 6 922-925 2017/
Mukai, Y., Senda A., Toda T., Eliasson E., Rane A., Inotsume N., The role of CYP2C8 and CYP2C9 Genotypes in Losartan-Dependent Inhibition of Paclitaxel Metabolism in Human Liver Microsomes. Basic Clin Pharmacol Toxicol. 118 408-414 2016/6
Machida M., Tamaki S., Fukai Y., Kawaguchi H., Endo M., Takahashi Y., Inotsume, N., A patient developing chemotherapy-induced peripheral neuropathy in which development correlated with changes in current perception threshold and plasma neurotrophins and substance P levels Jpn. J. Clin. Pharmacol. Ther. 47 2 43-47 2016/
Mukai Y., Senda, A., Toda T., Hayakawa T., Eliasson E., Rane A., InotsumeN., Drug-drug interaction between losartan and paclitaxel in human liver microsomes with different CYP2C8 genotypes Basic Clin. Pharmacol. Toxicol. 116 6 493-498 2015/6
Itoh T., Konda A., Yasuda, S., Fujimura T., Soma M., Sasaki, Y., Mukai, Y., Toda, T., Tsujisaki, M., Inotsume, N., A case of hyperammonemia in an epileptic patient after heavy overdose of sodium valproate: relationship between concentration of free valproate and plasma ammonia Jpn. J. Clin. Pharmacol. Ther. 46 2 77-79 2015/
Mukai, Y., Toda T., Takeuchi S., Senda A., Yamashita M., Eliasson E., Rane A., Inotsume N., Simultaneous derermination Method of Epoxyeicosatrienoic acids and dihydroxyeicosatrienoic acids by LC-MS/MS system Biol. Pharm. Bull. 38 10 1673-1679 2015/
Senda, A., Mukai Y., Toda T., Hayakawa T., Yamashita, M., Eliasson E., Rane A., InotsumeN., Effects of angiotensin II receptor blockers on metabolism of arachidonic acid via CYP2C8 Biol. Pharm. Bull. 38 12 1975-1979 2015/
Mukai Y, Tota T, Hayakawa T, Elliason E, Rane A, Inotsume N, Losartan competitively inhibits CYP2C8-dependent paclitaxel metabolism Biol. Pharm. Bull. 37 9 1550-1554 2014/9
鈴木小夜, 今村知世, 末丸克矢, 戸田貴大, 矢野育子, 湯川栄二, 中村秀文, 猪爪信夫, 抗てんかん薬のTDM Vita 31 2 37-42 2014/
Soma M., Konda A., Fujieda S., Sasaki Y., Watari M., Keira M., Yoshida H., Toda T., Hayakawa T., Kishimoto S., Fukushima S., and Inotsume N., Difference in ritodrine pharmacokinetics between singleton and twin pregnancies Jpn. J. Clin. Pharmacol. Ther. 44 5 389-394 2013/9
Soma M., Konda A., Fujieda S., Sasaki Y., Takahashi N., Yoshida H., Toda T., Hayakawa T., Fukushima S., Inotsume N., Validation of a novel sensitive method for measuring maternal and neonatal serum ritodrine concentrations Jpn. J. Ther. Drug Monitor. 30 4 134-141 2013/
Soma M., Konda A., Yoshida H., Kishimoto S., Fukushima S., Toda T., Sasaki Y., Hayakawa T., and Inotsume N., Maternal-to-fetal transfer of ritodrine in twin pregnancy Jpn. J. Clin. Pharmacol. Ther. 43 5 339-343 2012/
Hasegawa Y., Kishimoto S., Takahashi H., Inotsume N., Takeuchi Y., and Fukushima S., Enhanced CYP3A activity in hypercholesterolemic rat liver accelerates nicardipine elimination J. Appl. Ther. Res. 8 1 29-37 2011/1
Hasegawa Y., Kishimoto S., Takahashi H., Inotsume N., Takeuchi Y., and Fukushima S., The mRNA expressions of hepatic transporters in the streptozotocin-induced diabetic rats are ameliorated by insulin treatment J. Appl. Ther. Res. 8 1 19-28 2011/1
Hasegawa Y., Kishimoto S., Shinatani N., Inotsume N., Takeuchi Y., and Fukushima S., Effects of insulin on CYP3A activity and nicardipine disposition in streptozotocin-induced diabetic rats J. Pharm. Pharmacol. 62 7 883-889 2010/7
Hasegawa Y., Kishimoto S., Shinatani N., Nomura H., Ishii Y, Onishi M, Inotsume N., Takeuchi Y., and Fukushima S., The pharmacokinetics of morphine and its glucuronide conjugate in a rate model of streptozotocin-induced diabates and the expression of MRP2, MRP3, and UGT2B1 in the liver J. Pharm. Pharmacol. 62 3 310-314 2010/3
Hasegawa Y., Kishimoto S., Takahashi H., Inotsume N., Takeuchi Y., and Fukushima S., The disposition of pravastatin in a rat model of streptozotocin-induced diabetes and organic anion transporting polypeptide 2 and multidrug resistance-associated protein 2 expression in the liver Biol.Pharm.Bull. 33 1 153-156 2010/1
Hasegawa Y., Kishimoto S., Takahashi H., Inotsume N., Takeuchi Y., and Fukushima S., Altered expression of nuclear receptors affects the expression of metabolic enzymes and transporters in a rat model of cholestasis Biol.Pharm.Bull. 32 12 2046-2052 2009/12
Toda T., Eliasson E., Ask B., Inotsume N., and Rane A., Roles of different CYP enzymes in the formation of specific fluvastatin metabolites by human liver microsomes Basic Clin.Pharmacol.Toxicol. 105 5 327-332 2009/11
Hasegawa Y., Kishimoto S., Takahashi H., Inotsume N., Takeuchi Y., and Fukushima S., Altered expression of MRP2, MRP3 and UGT2B1 in the liver affects the disposition of morphine and its glucuronide conjugate in a rat model of cholestasis J.Pharm.Pharmacol. 61 9 1205-1210 2009/9
Konda A., Ito T., Yoshida H., Toda T., Hayakawa T.,and Inotsume N., Pharmacokinetics of ritodrine diastereomers in patients pregnant with singletons and twins Eur.J.Clin.Pharmacol. 65 9 913-917 2009/9
松原秀樹,冨田昌志,山本崇,森分実加,佐藤裕美,戸田貴大,猪爪信夫,早川達, 疑義照会内容の分析からみた薬歴管理業務評価と電子薬歴の有用性評価 日本薬剤師会雑誌 61 8 1013-1015 2009/8
Inotsume N., Fukushima S., Hayakawa T., Kishimoto S., Yanaguimoto H., Toda T., Goto N., and Imai S., Pharmacokinetics of ephedrine and pseudoephedrine after oral administration of Kakkonto to healthy male volunteers Jpn.J.Clin.Pharmacol. 40 3 79-83 2009/5
Ding G., Yang K., Li X., Yan S., Chen L., Li Q., Wu Y., Inotsume N., Correlations of mercury between salive and blood or tissue after oral administration of cinnabar to rats Chin. Hosp. Pharam. J. 29 9 709-712 2009/
Konda A., Noda A., Soma M., Koga Y., Yoshida H.,Toda T., Hayakawa T., Inotsume N., Ritodrine pharmacokinetics in twin pregnancy patients Eur. J. Clin. Pharmacol. 64 4 399-404 2008/4
Ding G,, Liu Y., Sun J., Takeuchi Y., Takaki Toda T., Hayakawa T., Fukushima S., Kishimoto S., Lin W., and Inotsume N. Effect of absorption rate on pharmacokinetics of ibuprofen in relation to chiral inversion in humans J. Pharm. Pharmacol. 59 11 1509-1513 2007/11
佐藤秀紀、和田佳子、安孫子久美子、廣畑多恵、牧野あずさ、戸津佐和子、佐藤真由美、早川達、猪爪信夫 肺癌化学療法による副作用調査 北海道病院薬剤師会誌 70 39-44 2006/
前田剛司, 鈴木大吾, 坂田 洋, 早川 達, 猪爪信夫, 肝硬変患者に対する標準ケア計画の構築と臨床評価 医療薬学 32 2 110-117 2006/
早川 達, 佐藤真由美, 廣畑多恵, 戸津佐和子, 牧野あずさ, 和田佳子, 佐藤秀紀, 猪爪信夫, 藤田昭久, 関根球一郎, 精神障害発現に及ぼすシスプラチン分割投与の影響 医療薬学 32 1 60-63 2006/
早川 達, 佐藤真由美, 廣畑多恵, 戸津佐和子, 牧野あずさ, 和田佳子, 佐藤秀紀, 猪爪信夫, 藤田昭久, 関根球一郎, 肺癌化学療法におけるデキサメタゾン8 mgと16 mgの急性及び遅延性悪心・嘔吐に対する効果の比較検討 薬学雑誌 126 1 61-66 2006/
Wenfui Lin, Fude Cui, Bin Wu, Toru Hayakawa, Hitomi Yanaguimoto, and Nobuo Inotsume Interaction of ibuprofen enantiomers during the chiral inversion in vitro J. Shenyang Pharmaceut. Univ 22 1 1-4 2005/1
早川 達, 山野内香織, 廣畑多恵, 戸津佐和子, 牧野あずさ, 佐藤秀紀, 藤田昭久, 関根球一郎, 猪爪信夫, 肺がん化学療法に対する薬学的管理手法の構築とその定量的評価, フェノフィブラートによる肝機能検査値上昇の危険因子に関する研究 薬学雑誌 125 5 405-416 2005/
Wenhui Lin, Toru Hayakawa, Hitomi Yanaguimoto, Mamoru Kuzuba, Takako Obara, Guohua Ding, and Nobuo Inotsume Pharmacokinetic interaction of ibuprofen enantiomers in rabbits J. Pharm. Pharmacol 56 3 317-321 2004/3
Kosuke Doki, Toru Hayakawa, Wenhui Lin, Hitomi Yanaguimoto, Ding Guohua, and Nobuo Inotsume Effects of absorption rate on the presystemic chiral inversion of ibuprofen in rabbits J. Pharm. Pharmacol 55 8 1091-1097 2003/8
Toru Hayakawa, Koichi Shimoyama, Shigeru Sekiya, Masatomo Sekiguchi, and Nobuo Inotsume Pharmacoeconomic evaluation of antihyperlipidemic agent fenofibrate Yakugaku Zasshi 122 12 1145-1151 2002/12
Takashi Yoshitani, Hitoshi Yagi, Nobuo Inotsume, and Masato Yasuhara Effect of experimental ranal failure on the pharmacokinetics of losartan in rats Biol. Pharm. Bull 25 8 1077-1083 2002/8
早川 達、林 明美、宮川舞子、下山光一、関谷 繁、関口雅友、猪爪信夫 フェノフィブラートによる肝機能検査値上昇の危険因子に関する研究 薬学雑誌 122 2 169-175 2002/2
姜 暁民、沈 四清、福島昭二、猪爪信夫 2種のインドメタシン含有徐放性製剤の溶出試験比較 中国薬事 15 5 336-337 2001/6
早川 達、林 明美、宮川舞子、木村 治、下山光一、関谷 繁、関口雅友、猪爪信夫 高脂血症用薬フェノフィブラートの空腹時血糖値への影響 医療薬学 27 6 535-540 2001/6
Junko Fujii, Akimasa Higashi, Nobuo Inotsume, Ichiro Matsuda, and Masahiro Nakano Studies on Pharmacokinetics of ethotoin inepileptic children and adolescents using a stable isotope Jpn J. Clin. Pharmacol. Ther 32 2 59-64 2001/2
丁 国華、直良浩司、平野栄作、岩本喜久生、猪爪信夫 腎障害ラットにおけるオフロキサシンの分布 中国医院薬学雑誌 21 1 26-29 2001/1
姜 暁民、王 由、福島昭二、猪爪信夫 2種のニフェジピン含有徐放性製剤の溶出試験比較 中国薬学雑誌 35 12 821-822 2000/12
丁 国華、直良浩司、平野栄作、岩本喜久生、猪爪信夫 腎障害ラットにおけるシプロフロキサシンの唾液中排泄 中国薬学雑誌 35 12 827-829 2000/12
Rumiko Minami, Chizuko Nakamura, Nobuo Inotsume, and Masahiro Nakano Effects of aluminum hydroxide and famotidine on bioavailability of tosufloxacin in healthy volunteers Antimicrob. Agents Chemother 42 2 453-455 1998/2
Nobuo Inotsume, Taisuke Iwaoka, Mikiko Honda, Masahiro Nakano, Yoshio Okamoto, Shojiro Naomi, Kimio Tomita, Toshio Teramura, and Saburo Higuchi Pharmacokinetics of nicardipine enantiomers in healthy young volunteers Eur. J. Clin .Pharmacol 52 4 289-292 1997/4
Aki Tomimaru, Kazuhiko Arimori, Nobuo Inotsume, and Masahiro Nakano Efect of activated charcoal and atropine on absorption and/or exsorption of organophosphorous compounds in rats J. Pharm. Pharmacol 48 4 351-356 1996/4
Takeshi Ohtomo, Hideyuki Saito, Nobuo Inotsume, and Ken-ichi Inui Interaction of lovofloxacin with organic transport systems in a kidny epithelial cell line, LLC-PK1 J. Pharmacol. Exp. Ther 276 3 1143-1148 1996/3
Taisuke Iwaoka, Nobuo Inotsume, Shojiro Naomi, Junnosuke Inoue, Yoshio Okamoto, Toshio Teramura, Saburo Higuchi, Masahiro Nakano, and Teruhisa Umeda Determination of (+)- and (-)- nicardipine in human serum and their correlations with antihypertensive effect after an oral administration of racemic nicardipine Eur. J. Clin. Pharmacol 48 5 345-349 1995/5
藤井淳子、東 明正、猪爪信夫、麻生範雄、松田一郎、中野眞汎 成人および小児における経口大量投与時のAmphotericin Bの血清中濃度 臨床薬理 26 4 779-784 1995/4
Nobuo Inotsume, Mayumi Oniki, Seiichi Takeshita, Shigefumi Fujiyama, Tatsuo Sato, Kazutaka Matsushita, and Masahiro Nakano Pharmacokinetics of intravenous famotidine in elderly patients with and without renal insufficiency and in healthy young volunteers Jpn J Clin. Pharmacol. Ther 25 3 563-567 1994/3
香月久和、猪爪信夫、中野眞汎、松下和孝、竹下政一、藤山重俊 Roxatidineの体内動態に及ぼす腎不全の影響 臨床薬理 25 3 577-582 1994/3
Ayako Kamizono, Nobuo Inotsume, Shoji Fukushima, Masahiro Nakano, and Yoshio Okamoto The inhibitory effect of procainamide and probenecid on renal excretion of sultopride enantiomers in rats J. Pharmaceut. Sci 82 12 1259-1261 1993/12
Ayako Kamizono, Nobuo Inotsume, Shoji Fukushima, and Masahiro Nakano Disposition of enantiomers of sultopride in a human, rats and rabbits Biol. Pharm. Bull 16 11 1121-1123 1993/11
Ayako Kamizono, Nobuo Inotsume, Shoji Fukushima, Mashiro Nakano, and Yoshio Okomoto Disposition of enentiomers of sulpiride in humans and rats Biopharmaceut. Drug Dispos 14 6 475-481 1993/8
Rumiko Minami, Nobuo Inotsume, Chizuko Nakamura, and Masahiro Nakano Stereoselective analysis of disposition of tosufloxacin enantiomers in human Eur. J. Clin. Pharmacol 45 5 489-491 1993/5
Rumiko Manami, Nobuo Inotsume, Masahiro Nakano, Yoshihisa Sudo, Akimasa Higashi, and Ichiro Matsuda Effect of milk on absorption of norfloxacin in healthy volunteers J. Clin. Pharmacol 33 12 1238-1240 1993/1
姜 暁民、猪爪信夫、渋田達幸、中野眞汎 2数種のβ遮断薬含有徐放性製剤の溶出挙動 病院薬学 18 3 252-256 1992/3
Ayako Kamizono, Nobuo Inotsume, Kenshiro Miyamoto, Keishi Ueda, Taihei Miyakawa, Hiromi Arimoto, and Masahiro Nakano Sensitive determination of sultopride and tiapride in serum by gas chromatography using a surface ionization detector J. Chromatogr 567 1 113-120 1991/6
Yoshio Okamoto, Ryo Aburatani, Koichi Hatada, Mikiko Honda, Nobuo Inotsume, and Masahiro Nakano Optical resolution of dihydropyridine enantiomers by high-performance liquid chromatography using phenylcarbamates of polysaccarides as a chiral stationary phase J. Chromatogr. A 513 375-378 1990/8
Junko Fujii, Nobuo Inotsume, Masahiro Nakano, Ikuro Matsukane, Akimsa Higashi Ichiro Matsuda, Yoshihisa Sudo, and Yasuyo Takahata Rapid determination of serum oxatomide levels with on-line precolumn solid-phase extraction J. Chromatogr 530 2 469-473 1990/7
原田知枝、太田清美、飛野幸子、池田経子、本田俊弘、早崎和也、河野ひとみ、猪爪信夫、岩奥玲子、中野眞汎 不整脈患者におけるアプリンジンの蛋白結合に及ぼす併用薬の影響 TDM研究 6 2 223-230 1990/4
Nobuo Inotsume, Masanori Nishimura, Masahiro Nakano, Shigefumi Fujiyama, Tatsuo Sato, Kazukata Matsushita, Yasuhiko Imai, and Hidefumi Matsui Removal of famotidine by haemodialysis in elderly anuric patients Eur. J. Clin. Pharmacol 38 2 313-314 1990/2
中村千鶴子、河野ひとみ、猪爪信夫、中野眞汎 Cefteram PivoxilのBioavailabilityに及ぼす併用薬物の影響 臨床薬理 21 2 363-368 1990/2
Nobuo Inotsume, Masanori Nishimura, Masahiro Nakano, Shigefumi Fujiyama, and Tatsuo Sato The inhibitory effect of probenecid on renal excretion of famotidine in young healthy volunteers J. Clin. Pharmacol 30 1 50-56 1990/1
Junko Fujii, Nobuo Inotsume, and Masahiro Nakano Effect of food on the bioavailability of bromazepam following oral administration in healthy volunteers J. Pharmacobio-Dyn 13 5 265-271 1990/1
Kozaburo Matsuyama, Hirofumi Yasue, Ken Okumura, Koshi Matsuyama, Hisao Ogawa, Yasuhiro Morikami, Nobuo Inotsume, and Masahiro Nakano Effects of H1-receptor stimulation on coronary arterial diameter and coronary hemodynamics in humans Circulation 81 1 65-71 1990/1
Yoshio Okamoto, Ryo Aburatani, Yuriko Kaida, Koichi Hatada, Nobuo Inotsume, and Masahiro Nakano Direct chromatographic separation of 2-arylpropionic acid enantiomers using tris(3,5-dimethylphenyl-carbamate)s of cellulose and amylose as chiral stationary phases Chirality 1 3 239-242 1989/9
森山祐輔、福島昭二、猪爪信夫、中野眞汎 5種類の硝酸イソソルビド徐放性製剤の製剤評価 病院薬学 15 6 409-416 1989/6
Nobuo Inotsume, Masanori Nishimura, Shigetoshi Fujiyama, Katsuro Sagara, Tatsuo Sato Pharmacokinetics of famotidine in elderly patients with and without renal insufficiency and in healthy volunteers Eur. J. Clin. Pharmacol 36 2 517-520 1989/5
濱島昌子、福島昭二、猪爪信夫、小川久雄、奥村 謙、泰江弘文、中野眞汎 血中メキシレチン濃度測定における蛍光偏光免疫測定法の評価 病院薬学 15 5 368-372 1989/5
中村千鶴子、東 明正、池田哲雄、入部兼繁、猪爪信夫、中野眞汎 未熟児・新生児におけるセフメノキシムの薬物動態 臨床薬理 20 2 421-426 1989/2
Nobuo Inotsume and Masahiro Nakano Reversible azomethine bond cleavage of guanabenz in acidic solutions at body temperature Chem. Pharm. Bull 36 9 3692-3695 1988/9
Nobuo Inotsume, Junko Fujii, Mikiko Honda, Masahiro Nakano, Akimasa Higashi, and Ichiro Matsuda Stereoselective analysis of the enantiomers of ethotoin in human serum using chiral stationary-phase liquid chromatography and gas chromatography - mass spectrometory J. Chromatogr 428 2 402-407 1988/7
Nobuo Inotsume, Akihiko Kimoto, Hirotada Katsuya, Masahiro Nakano, and Akimasa Higashi Accelerated elimination of phenobarbital by oral activated charcoal suspensions with alkaline diuresis in an overdose patient 臨床薬理 19 4 779-781 1988/4
Junko Fujii, Nobuo Inotsume, and Masahiro Nakano Relative bioavailability of midazolam following sublingual versus oral administration in healthy volunteers J. Pharmacobio. -Dyn 11 2 206-209 1988/2
渋田達幸、猪爪信夫、岩奥玲子、中野眞汎 フロセミドの体内動態と作用に及ぼす食事の影響 病院薬学 14 1 12-15 1988/1
猪爪信夫、三嶋基弘、中野眞汎、金子泰史、宮内好正 賦形乳糖の処方変更に伴うジゴキシン製剤の生物学的同等性試験 病院薬学 14 1 66-69 1988/1
Masahiro Nakano, Naoko Nakazono, and Nobuo Inotsume Preparation and evaluation of sustained release tablets prepared with α-starch Chem. Pharm. Bull 35 10 4346-4350 1987/10
Junko Fujii, Nobuo Inotsume, and Masahiro Nakano Degradation of bromazepam by the intestinal microflora Chem. Pharm. Bull 35 10 4338-4341 1987/10
森山祐輔、猪爪信夫、岩奥玲子、中野眞汎 共沈物坐剤によるジアゼパム直腸吸収速度の改善 薬剤学 47 3 147-153 1987/3
Nobuo Inotsume, Akimasa Higashi, Emiko Kinoshita, Tomoko Matsuoka, and Masahiro Nakano Rapid and sensitive determination of ethotoin as well as carbamazepine, phenobarbital, phenytoin, and primidone in human serum J. Chromatogr 383 1 166-171 1986/11
黒岩 信、猪爪信夫、中野眞汎 消化管内細菌によるカルシウム拮抗薬ニカルジピンの還元 薬学雑誌 106 8 698-702 1986/8
河野ひとみ、猪爪信夫、有森和彦、岩奥玲子、中野眞汎 薬物血中濃度測定に及ぼす各種市販血清分離剤の影響 病院薬学 12 6 401-404 1986/6
黒岩 信、猪爪信夫、中野眞汎 消化管内細菌によるニトラゼパム及びニメタゼパムの還元 薬学雑誌 106 5 414-419 1986/5
Nobuo Inotsume, Akimasa Higashi, Ikuro Matsukane, Shoji Chikazawa, Masahiro Nakano, and Ichiro Matsuda Relationship between serum concentration and daily dose of dantrolene in cerebral palsy patients, Pediatr. Pharmacol Pediatr. Pharmacol 5 4 253-259 1986/4
中村千鶴子、猪爪信夫、岩奥玲子、中野眞汎 セフェム系抗性物質注射剤の溶解後の安定性:セフメノキシム, ラタモキセフ, セフォペラゾン, セフォチアム, セフォタキシム 病院薬学 12 4 299-302 1986/4
松金郁郎、東 明正、馬場智子、猪爪信夫、中野眞汎、松田一郎 帝切時の硬膜外麻酔におけるMepivacaineの胎盤移行性と蛋白結合率 臨床薬理 17 4 663-668 1986/4
河野ひとみ、猪爪信夫、岩奥玲子、中野眞汎 新徐放性懸濁製剤PharmaZomesの放出機構とBioavailabilityの検討 臨床薬理 17 4 669-676 1986/4
Naoko Ohmori, Nobuo Inotsume, Makoto Matsukura, Akimasa Higashi, Reiko Iwaoku, Yukiko Tobino, Masahiro Nakano, and Ichiro Matsuda Part I., Effect of food on bioavailability and pharmacokinetics of theophylline following administration of two sustained release dosage forms Int. J. Clin. Pharmacol. Ther. Toxicol 24 3 148-152 1986/3
Naoko Ohmori, Nobuo Inotsume, Makoto Matsukura, Akimasa Higashi, Reiko Iwaoku, Yukiko Tobino, Masahiro Nakano, and Ichiro Matsuda Study of bioavailability and pharmacokinetics of theophylline following administration of two sustained release dosage forms as assessed by salivary data: Part II Int. J. Clin. Pharmacol. Ther. Toxicol 24 3 196-201 1986/3
中園直子、猪爪信夫、岩奥玲子、中野眞汎 唾液中濃度測定によるTheophyllineの徐放性製剤Slo-bid Gyrocapsの評価 臨床薬理 17 3 551-558 1986/3
中野尚美、岩坂かをる、船田昌子、力久哲二、田代 昭、田中信明、猪爪信夫、本田義輝、中野眞汎 陽イオン交換樹脂を包埋したアガロースビーズによるパラコートの血液吸着 医学のあゆみ 137 2 139-140 1986/2
Nobuo Inotsume, Junko Fujii, and Masahiro Nakano Plasma concentration profile of diazepam after oral administration of the open-ring form of diazepam to man Chem. Pharm. Bull 34 2 937-940 1986/2
従二和彦、猪爪信夫、岩奥玲子、中野眞汎 消化管内細菌によるフルニトラゼパムの還元 薬学雑誌 105 12 1184-1187 1985/12
従二和彦、猪爪信夫、岩奥玲子、中野眞汎 消化管内細菌によるクロナゼパムの還元 薬学雑誌 105 10 960-965 1985/10
黒岩 信、猪爪信夫、岩奥玲子、中野眞汎 消化管内細菌によるダントロレンの還元 薬学雑誌 105 8 770-774 1985/8
黒岩 信、首藤貴代、猪爪信夫、従二和彦、岩奥玲子、中野眞汎 原末変更に伴うジゴキシン製剤の生物学的同等性の検討 病院薬学 11 4 322-327 1985/4
従二和彦、猪爪信夫、岩奥玲子、中野眞汎 ケノデオキシコ?ル酸カプセル剤の品質試験 病院薬学 10 4 254-257 1984/4
猪爪信夫、従二和彦、岩奥玲子、中野眞汎 セファドロキシルカプセルの溶出試験 病院薬学 10 1 21-23 1984/1
Nobuo Inotsume and Masahiro Nakano Hydrolytic behavior of dantrolene in acidic media at body temperature Int. J. Pharmaceut 17 2-3 357-360 1983/12
猪爪信夫、岩奥玲子、中野眞汎 難溶性薬物グリベンクラミドの溶出試験法 病院薬学 9 5 407-409 1983/5
Nobuo Inotsume and Masahiro Nakano Reversible azomethine bond cleavage of nitrofurantoin in acidic solutions at body temperature Int. J. Pharmaceut 8 2 111-119 1981/4
Nobuo Inotsume and Masahiro Nakano Reversible ring-opening reactions of nimetazepam and nitrazepam in acidic media at body temperature J. Pharm. Sci 69 11 1331-1334 1980/11
Nobuo Inotsume and Masahiro Nakano Reversible ring-opening reactions of triazolobenzo- and triazolothieno-diazepines in acidic media at around body temperature Chem. Pharm. Bull 28 8 2536-2540 1980/8
Nobuo Inotsume and Masahiro Nakano Reversible azomethine bond leavage of 2'-fluoroderivatives of benzodiazepines in acidic media at body temperature Int. J. Pharmaceut 6 2 147-154 1980/8
Masahiro Nakano, Nobuo Inotsume, Naonori Kohri, and Takaichi Arita Reversible ring-opening reaction of diazepam in acidic media around body temperature Int. J. Pharmaceut 3 4-5 195-204 1979/9
Miwako Mori, Katsumi Chiba, Nobuo Inotsume, and Yoshio Ban The synthesis of benzolactones by palladium catalyzed carbonylation Heterocycles 12 7 921-924 1979/7
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
加藤由佳、向 祐志、猪爪信夫、戸田貴大 ラット血漿中エイコサノイド類濃度に及ぼすテルミサルタンの影響 日本薬学会第138年会、金沢 2018/3
戸田貴大、江田侑貢、加藤由佳、向 祐志、Anders Rane、猪爪信夫、 アラキドン酸代謝に及ぼすソラフェニブの影響 第38回日本臨床薬理学会学術総会、横浜 2017/12
花房喜子、小椋 大、小森亮子、鈴木ゆきえ、荒川裕明、藤宮 剛、入江嘉仁、髙木賢司、蛭田留里子、林 靖子、中山晴夫、猪爪信夫 心臓血管外科における術後感染予防抗菌薬適性使用のための取り組み 第27回日本医療薬学会年会、幕張 2017/11
野木山史恭、相馬まゆ子、佐々木洋一、今田愛也、猪爪信夫、吉田 博 産褥期における軽症高血圧治療 第27回日本医療薬学会年会、幕張 2017/11
Kato, Y., Senda, A., Mukai, Y., Yamashita, M., Sasaoka Y., Hanada, M., Hongo, F., Hirokami, M., Rane, A., Inotsume, N., Toda, T. Effect of angiotensin II receptor blockers on serum levels of epoxyeicosatrienoic acids 15th International Congress of Therapeutic Drug Monitoring & Clinical Toxicology, Kyoto 2017/9
Soma, M., Konda, A., Fujieda, S., Sasaki, Y., Keira, M., Yoshida, H., Mukai, Y., Toda, T., and Inotsume, N., Serum Concentrations of Sulfate and Glucuronide Conjugates of Ritodrine in Twin Pregnancy 15th International Congress of Therapeutic Drug Monitoring & Clinical Toxicology, Kyoto 2017/9
戸田貴大、島津智行、高橋侑希、加藤由佳、向 祐志、猪爪信夫 イマチニブによるアラキドン酸代謝阻害および関与するCYP分子種の同定 日本臨床薬理学会第1回北海道・東北地方会、札幌 2017/7
戸田貴大、大岩みか、加藤由佳、向祐志、猪爪信夫、 Pharmacokinetic-Pharmacodynamicモデルに基づくスボレキサントの適正使用に関する考察 日本薬学会第137年会、仙台 2017/3
加藤由佳、千田明日菜、向 祐志、山下美妃、笹岡佑樹、花田美奈世、本郷文教、佐藤誠二、廣上 貢、Anders Rane、猪爪信夫、戸田貴大 アンジオテンシンII受容体拮抗薬服用患者の血清中エイコサノイド類濃度への併用薬の影響 第37回日本臨床薬理学会学術総会、米子 2016/12
町田麻衣子、玉木慎也、深井雄太、遠藤雅之、高橋康雄、猪爪信夫 神経栄養性因子、血中サブスタンスP濃度および電流知覚域値の同時測定が、がん化学療法誘発性末梢神経障害の初期症状の評価に有用であった症例 第37回日本臨床薬理学会学術総会、米子 2016/12
相馬まゆ子、神垣輝美、佐々木洋一、今田愛也、猪爪信夫、吉田 博 潰瘍性大腸炎が周産期に再燃した切迫早産妊婦の薬学的管理 第26回日本医療薬学会年会、京都 2016/9
加藤由佳、向 祐志、Erik Eliasson、Anders Rane、猪爪信夫、戸田貴大 アラキドン酸代謝に及ぼすアンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬とフルバスタチン併用の影響 第33回日本TDM学会・学術大会、宇都宮 2016/5
加藤由佳、小黒大志郎、二丹田季親、千田明日菜、向 祐志、猪爪信夫、戸田貴大、 ヒト肝ミクロソーム中のアラキドン酸代謝におけるCYP2C9およびCYP2C8の寄与率 日本薬学会第136年会、横浜 2016/3
千田明日菜、加藤由佳、向 祐志、戸田貴大、山下美妃、笹岡佑樹、花田美奈世、本郷文教、佐藤誠二、廣上貢、Erik Eliasson、Anders Rane、猪爪信夫 アンジオテンシンII受容体拮抗薬服用患者の血清中エイコサノイド類濃度 日本薬学会第136年会、横浜 2016/3
堀内保顕、秋山恵里佳、大橋佳奈美、成田正幸、加藤由佳、千田明日菜、向 祐志、Erik Eliasson、Anders Rane、猪爪信夫、戸田貴大、 In vitroデータに基づくフルバスタチンの薬物動態におけるCYP2C9遺伝子多型の影響予測 日本薬学会第136年会、横浜 2016/3
寺田友子、伊東輝美、藤村拓也、相馬まゆ子、佐々木洋一、 今田愛也、猪爪信夫 グラニセトロン投与量の減量に伴う患者に与える影響調査 日本薬学会第136年会、横浜 2016/3
相馬まゆ子、藤枝聡子、今田愛也、佐々木洋一、渡利道子、計良光昭、吉田 博、向 祐志、戸田貴大、早川 達、猪爪信夫 双胎妊婦におけるリトドリン代謝物濃度 第36回日本臨床薬理学会学術総会、新宿 2015/12
伊東輝美、藤村拓也、相馬まゆ子、佐々木洋一、久馬理史、今田愛也、猪爪信夫、 抗凝固薬とカペシタピンの併用時におけるPT-INR値変動 日本医療薬学会第25回年会、横浜 2015/11
Kato Y., Saiki S., Mukai, Y., Toda, T., Eliasson, E., Rane, A., Inotsume, N., The inhibitory effect of statins and diclofenac on arachidonic acid metabolism in vitro The 14th International Congress of Therapeutic Drug Monitoring & Clinical Toxicology, Lotterdam 2015/10
Mukai, Y., Senda A., Toda T., Hayakawa T., Inotsume N., Rane A., and Eliasson E., Inhibition of paclitaxel metabolism by losartan and a losartan metabolite depends on CYP2C8 and CYP2C9 genotypes of human liver microsomes The 14th International Congress of Therapeutic Drug Monitoring & Clinical Toxicology, Lotterdam 2015/10
Senda, A., Mukai, Y., Toda, T., Hayakawa, T., Inotsume, N., Rane, A., Eliasson, E., Serum concentrations of eicosatrienoic acids in patients treated with and without angiotensin II receptor blockers The 14th International Congress of Therapeutic Drug Monitoring & Clinical Toxicology, Lotterdam 2015/10
山﨑雅史、加藤由佳、村尾 優、今田愛也、戸田貴大、丹保好子、猪爪信夫、相馬まゆ子、佐々木洋一、吉田和博、 高血糖を呈する妊婦における産後のインスリン関連値 日本薬学会北海道支部第142回例会、札幌 2015/5
戸田貴大、小林万里子、奥野麻衣、加藤由佳、千田明日菜、向 祐志、Erik Eliasson、Anders Rane、猪爪信夫、 アラキドン酸代謝に及ぼすアンジオテンシン変換酵素阻害薬の影響 第32回日本TDM学会・学術大会、松本 2015/5
加藤由佳、向 祐志、戸田貴大、Erik Elliason、Anders Rane、猪爪信夫、 CYP2C8を介したアラキドン酸代謝に対するテルミサルタンの阻害形式 日本薬学会第135年会、神戸 2015/3
千田明日菜、向 祐志、山下美妃、戸田貴大、梶田絵美、小島雅和、本郷文教、廣上 貢、佐藤誠二、 アンジオテンシン Ⅱ受容体拮抗薬服用患者における血清エイコサノイド類の濃度 第35回日本臨床薬理学会学術総会、松山 2014/12
山下美妃、向 祐志、戸田貴大、猪爪信夫、郡 修徳、茶木友浩、杉野繁一、早瀬 知、山蔭道明、 局所麻酔薬の頭皮下投与後の血中濃度 第35回日本臨床薬理学会学術総会、松山 2014/12
相馬まゆ子、今田愛也、藤枝聡子、佐々木洋一、渡利道子、計良光昭、吉田 博、戸田貴大、早川 達、猪爪信夫、 妊婦および新生児のリトドリン体内動態 第35回日本臨床薬理学会学術総会、松山 2014/12
遠藤菜緒、伊藤 拓、小澤 純、相馬まゆ子、今田愛也、佐々木洋一、猪爪信夫、藤野通宏、 小細胞肺癌による抗利尿ホルモン不適合分泌症候群にトルバプタンが有効であった一例 日本医療薬学会第24回年会、名古屋 2014/9
Inotsume N., Soma M., Konda A., Toda T., Mukai, Y., Hayakawa T., Kishimoto S., Fukushima S., Prenatal and postnatal ritodrine pharmacokinetics of women and twin neonates The 74th FIP World Congress of Pharmacy and Pharmaceutical Sciences, Bangkok. 2014/8
Senda, A., Toda, T., Hayakawa, T., Inotsume, N., Rane, A., Eliasson, E., Effect of angiotensin II receptor blockers on formation of epoxyeicosatrienoic acids from arachidonic acid via P450(CYP)2C9 and CYP2C8 The 74th FIP World Congress of Pharmacy and Pharmaceutical Sciences, Bangkok. 2014/8
Toda,T., Mukai, Y., Takeuchi S., Semda, A., Hayakawa, T., Inotsume N., Rane A., Eliasson, E., A new determination method of epoxyeicosanoic and dihydroxyeicosatrienoic acids by LC-MS/MS The 74th FIP World Congress of Pharmacy and Pharmaceutical Sciences, Bangkok. 2014/8
山口直人、千田明日菜、劉陽、藤岡可奈恵、向 祐志、戸田貴大、猪爪信夫、 CYP2C9酵素を介したアラキドン酸代謝におけるアジルサルタンの影響 日本薬学会北海道支部第141回例会、札幌 2014/5
毛木菜摘、千田明日菜、寒藤雅俊、枝澤瑞記、加藤由佳、向 祐志、戸田貴大、猪爪信夫、 CYP2C8を介したアラキドン酸代謝におけるアジルサルタンの影響 日本薬学会北海道支部第141回例会、札幌 2014/5
湯浅麻紀、千田明日菜、橋本栞弥、斎木章太、向 祐志、戸田貴大、猪爪信夫、 ヒト肝ミクロソームにおけるアラキドン酸代謝に及ぼすアジルサルタンの影響 日本薬学会北海道支部第141回例会、札幌 2014/5
加藤由佳、岡本 望、佐伯有紀、新井 諒、吉村和晃、千田明日菜、向 祐志、戸田貴大、早川 達、Eirk Elliason、Anders Rane、福島昭二、猪爪信夫、 アンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬によるアラキドン酸代謝阻害様式 日本薬学会第134年会、熊本 2014/3
千田明日菜、戸田貴大、向 祐志、早川 達、Erik Elliason、Anders Rane、福島昭二、猪爪信夫、 CYP2J2を介したエポキシエイコサトリエン酸類生成に及ぼすアンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬の影響 日本薬学会第134年会、熊本 2014/3
向 祐志、毛木菜摘、山口直人、湯浅麻記、千田明日菜、戸田貴大、Erik Elliason、Anders Rane、福島昭二、猪爪信夫、 アラキドン酸代謝に及ぼすアジルサルタンの影響 日本薬学会第134年会、熊本 2014/3
村尾 優、今田愛也、丹保好子、猪爪信夫、相馬まゆ子、佐々木洋一、児玉奈津子、 妊婦に対するブデソニド/ホルモテロール配合剤の有用性評価 日本薬学会第134年会、熊本 2014/3
柴谷直樹、仲宗根亜紀、佐藤志穂、岸本修一、北田徳昭、西岡和子、青木卓哉、北 正人、猪爪信夫、橋田 亨、福島昭二、 切迫早産患者におけるリトドリンの全身クリアランスに及ぼす遺伝子多型の影響 日本薬学会第134年会、熊本 2014/3
相馬まゆ子、今田愛也、藤枝聡子、佐々木洋一、吉田 博、戸田貴大、早川 達、岸本修一、福島昭二、猪爪信夫、 LC-MS/MSを用いた妊婦および新生児血清中リトドリン濃度測定法の信頼性評価と臨床応用 第34回日本臨床薬理学会学術総会、東京 2013/12
Senda A., Toda T., Hayakawa T., Inotsume N., Rane A., and Eliasson E., Effect of angiotensin II receptor blockers on formation of epoxyeicosatrienoic acids from arachidonic acid via P450(CYP)2C9 and CYP2C8 The 13th International Congress of Therapeutic Drug Monitoring & Clinical Toxicology, Salt Lake City 2013/9
Toda T., Mukai Y., Takeuchi S., Senda A., Hayakawa T., Inotsume N., Rane A., and Eliasson E., A new determination method of epoxyeicosatrienoic and dihydroxyeicosatrienoic acids by LC-MS/MS The 13th International Congress of Therapeutic Drug Monitoring & Clinical Toxicology, Salt Lake City 2013/9
伊東輝美、今田愛也、安田祥子、藤村拓也、相馬まゆ子、佐々木洋一、戸田貴大、猪爪信夫、辻崎正幸、 血中アンモニア値と血清中遊離形バルプロ酸濃度が相関した中毒症例 第30回日本TDM学会・学術大会、熊本 2013/5
升井 樹、千田明日菜、戸田貴大、早川 達、猪爪信夫、 ヒト肝ミクロソームにおけるカンデサルタンのエポキシドヒドロラーゼ活性への影響 日本薬学会北海道支部第140回例会、札幌 2013/5
千田明日菜、枝澤瑞記、寒藤雅俊、斎木章太、戸田貴大、早川 達、猪爪信夫、Erik Eliasson、Anders Rane、 CYP2C8を介したエポキシエイコサトリエン酸類生成に及ぼすアンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬の影響 日本薬学会133回年会、横浜 2013/3
宮下日菜子、千田明日菜、今田愛也、早川 達、猪爪信夫、田畑安英、山崎布美子、小澤絵美、相馬まゆ子、佐々木洋一、辻崎正幸、 妊娠高血圧症候群に対する薬剤管理指導業務の標準化 日本薬学会133回年会、横浜 2013/3
橋本茉弥、斎木章太、升井 樹、千田明日菜、戸田貴大、早川 達、Erik Eliasson、Anders Rane、福島昭二、猪爪信夫、 ヒト肝ミクロソームにおけるエイコサノイド類生成に対するアンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬の影響 日本薬学会133回年会、横浜 2013/3
伊東輝美、今田愛也、安田祥子、藤村拓也、相馬まゆ子、佐々木洋一、戸田貴大、猪爪信夫、辻崎正幸、 バルプロ酸ナトリウム中毒により高アンモニア血症が認められた症例 第26回北海道TDM研究会、札幌 2012/12
相馬まゆ子、佐々木洋一、藤枝聡子、渡利道子、計良光昭、吉田博、今田愛也、戸田貴大、早川 達、猪爪信夫、 単胎及び多胎妊娠妊婦におけるリトドリンの体内動態差 第33回日本臨床薬理学会学術総会、宜野湾 2012/12
福島昭二、藤原由佳、仲宗根亜紀、佐藤志穂、鈴木亮祐、岸本修一、柴谷直樹、田中詳二、北田徳昭、橋田 亨、北正人、猪爪信夫、 微量採血とチップタイプ固相抽出カラムを用いたリトドリン血中濃度のLC-MS測定法の開発 第33回日本臨床薬理学会学術総会、宜野湾 2012/12
藤枝聡子、渡利道子、計良光昭、吉田 博、相馬まゆ子、佐々木洋一、今田愛也、戸田貴大、早川 達、猪爪信夫、 新規高感度分析法を用いた双胎妊婦母子間リトドリン移行性の検討 第33回日本臨床薬理学会学術総会、宜野湾 2012/12
Inotsume N., Konda A., Soma M., Toda T., Hayakawa T., Horii S., Kishimoto S., and Fukushima S., Direct optical resolution of racemic ritodrine in serum The 2012 FIP Centennial Congress, Amsterdam 2012/10
Konda A., Soma M., Fujieda S., Watari M., Keira M., Yoshida H., Sasaki Y., Toda T., Hayakawa T., Inotsume N., A new analytical method of ritodrine in newborn serum by LC-MS/MS The 2012 FIP Centennial Congress, Amsterdam 2012/10
Toda T., Senda A., Yang R., Fujioka K., Hosokawa A., Yoshimura K., Hayakawa T., Inotsume N., Ask B., Rane A., Eliasson E., Different inhibitory effects of angiotensin II receptor blockers on cytochrome P4502C9 dependent formation of epoxyeicosatrienoic acids from arachidonic acid The 2012 FIP Centennial Congress, Amsterdam 2012/10
山崎将英、渋谷ゆかり、矢萩秀人、矢部勇人、小島弘、西山薫、菅谷文子、小場弘之、猪爪信夫、戸田貴大、本郷文教、 がん化学療法施行時の好中球減少に対するアプレピタントの影響 医療薬学フォーラム2012・第20回クリニカルファーマシーシンポジウム、福岡 2012/7
吉村和晃、戸田貴大、早川 達、猪爪信夫、Ask B.、Eliasson E.、Rane A.、 アラキドン酸代謝におけるCYP2C9遺伝子多型の影響 第29回日本TDM学会・学術大会、神戸 2012/6
相馬まゆ子、田畑安英、山﨑布美子、小澤絵美、佐々木洋一、藤枝聡子、渡利道子、計良光昭、吉田博、今田愛也、戸田貴大、早川達、猪爪信夫、 リトドリン投与中に肺水腫を発症した一症例 — 血清中リトドリン濃度の経時的解析 — 第29回日本TDM学会・学術大会、神戸 2012/6
千田明日菜、戸田貴大、劉 揚、藤岡可奈絵、細川歩美、早川 達、猪爪信夫、Ask B.、Eliasson E.、Rane A.、 アラキドン酸からのエポキシエイコサノイド類生成に及ぼすアンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬の影響 日本薬学会第132回年会、札幌 2012/3
今田愛也、戸田貴大、早川 達、猪爪信夫、岸本修一、福島昭二、相馬まゆ子、佐々木洋一、吉田 博、 リトドリン光学異性体の高感度分析法開発(1) 第32回日本臨床薬理学会年会、浜松 2011/12
相馬まゆ子、小澤絵美、佐々木洋一、渡利道子、相澤貴之、計良光昭、吉田 博、高橋伸浩、今田愛也、戸田貴大、早川 達、猪爪信夫、 双胎新生児検査データに及ぼす臍帯血中リトドリン濃度の影響 第32回日本臨床薬理学会年会、浜松 2011/12
福島昭二、久保理美、岸本修一、今田愛也、戸田貴大、早川 達、猪爪信夫、田中詳二、橋田 亨、相馬まゆ子、佐々木洋一、吉田 博、 LC-MSによる高感度リトドリン血中濃度測定法の開発 第32回日本臨床薬理学会年会、浜松 2011/12
Inotsume N., Konda A., Toda T., Hayakawa T., Soma M., and Yoshida H., Pharmacokinetics of ritodorine in single and twin pregnancies and their neonates The 12th International Congress of Therapeutic Drug Monitoring & Clinical Toxicology, Stuttgart 2011/10
Toda T, Inotsume N, Sakamoto K, Takeuchi S, Hayakawa T, Ask B., Eliasson E, Ask B, and Rane A, Inhibitory effect of losartan on biosynthesis of eicosanoids via arachidonic acid The 12th International Congress of Therapeutic Drug Monitoring & Clinical Toxicology, Stuttgart 2011/10
山下美妃、町田麻依子、野呂瀬崇彦、早川達、早勢伸正、阿部真治、土屋浩一郎、猪爪信夫、大和田榮治、Williams D. M.、 リアルタイム症例ディスカッションによる日米薬学生の国際交流プロジェクト 第21回日本医療薬学会年会、神戸 2011/10
戸田貴大、竹内里哉、清水 俊、千田明日菜、吉村和晃、坂本和央、早川 達、猪爪信夫、Ask B.、Eliasson E.、Rane A.、 アラキドン酸からのエイコサノイド類生成に及ぼすロサルタンの影響 第28回日本TDM学会・学術大会、広島 2011/6
竹内里哉、清水 俊、千田明日菜、吉村和晃、坂本和央、戸田貴大、早川 達、猪爪信夫、Eliasson E.、Rane A.、 各種遺伝子組換え酵素を用いたエイコサノイド類生成に及ぼすロサルタンの影響 日本薬学会北海道支部第136回例会, 札幌 2011/5
竹内里哉、濱 克徳、山岡慶子、吉村和晃、坂本和央、戸田貴大、早川達、猪爪信夫、Eliasson E、Rane A、 ロサルタンによるアラキドン酸代謝阻害活性の濃度依存性 日本薬学会第131年会, 静岡 2011/3
相馬まゆ子、佐々木洋一、三島 隆、川口 哲、渡利道子、相澤貴之、計良光昭、吉本 満、今田愛也、戸田貴大、早川 達、猪爪信夫、 双胎妊婦の切迫早産治療における臍帯静脈中リトドリン濃度 第31回日本臨床薬理学会年会、京都 2010/12
越野早紀、坂野峻亮、大野凌也、角谷直志、佐藤宝、阿部なつき、鵜野竜馬、猪爪信夫、 北海道薬科大学における薬物乱用防止活動(第2報) 日本薬学会北海道支部第135回例会、札幌 2010/11
伊藤悠里子、吉村和晃、竹内里哉、戸田貴大、早川達、猪爪信夫、Elliason E、Rane A、 ロサルタン代謝物E-3174によるシトクロム酵素阻害 日本薬学会北海道支部第135回例会、札幌 2010/10
Inotsume N, Toda T, Sakamoto K, Takeuchi S, Hayakawa T, Eliasson E, Ask B, and Rane A, Effect of losartan on metabolism of arachidonic acid in human liver microsomes WorldPharma2010, Copenhagen 2010/7
Toda T, Inotsume N, Sakamoto K, Takeuchi S, Hayakawa T, Eliasson E, Ask B, and Rane A, Effect of losartan on metabolism of arachidonic acid using recombinant cytochrome P450 (CYP) enzymes WorldPharma2010, Copenhagen 2010/7
坂本和央、竹内里哉、戸田貴大、早川達、猪爪信夫、Ask B、Eliasson E, Rane A、 アラキドン酸代謝に及ぼすロサルタンの影響 日本薬学会第130年会, 岡山 2010/3
相馬まゆ子、今田愛也、小澤純、藤村拓也、佐々木洋一、吉本満、戸田貴大、早川達、猪爪信夫, 大腸がん化学療法時における好中球数に及ぼす5FU血清中濃度の影響 第30回日本臨床薬理学会年会, 東京 2009/12
伊藤拓、相馬まゆ子、佐々木洋一、今田愛也、戸田貴大、早川達、猪爪信夫, 小児において高い血中フェノバルビタール濃度によりけいれん発作頻度が減少した症例 第23回北海道TDM研究会研究発表会, 札幌 2009/11
大津圭介,梅原健吾,和田佳子,牧野あずさ,初山多恵,佐藤秀紀,早川達,猪爪信夫, 非小細胞肺がん治療におけるカルボプラチン/ペメトレキセド併用療法の副作用調査 第14回札幌病院薬剤師会会員発表会, 札幌 2009/11
佐藤秀紀、梅原健吾、和田佳子、大津圭介、牧野あずさ、初山多恵、早川達、猪爪信夫, 高度催吐リスクがん化学療法における、デキサメサゾン先発品と後発品の急性及び遅発性悪心・嘔吐に対する効果の比較検討 第19回日本医療薬学会年会, 長崎 2009/10
和田佳子、梅原健吾、大津圭介、牧野あずさ、初山多恵、佐藤秀紀、早川達、猪爪信夫, 肺癌化学療法における5-HT3受容体拮抗薬の注射と経口の制吐効果の比較検討 第19回日本医療薬学会年会, 長崎 2009/10
本田絵美、今田愛也、尾迫明日香、相馬まゆ子、佐々木洋一、吉田博、佐藤信範、猪爪信夫, 抗リン脂質抗体症候群における低用量アスピリンの使用経験 第19回日本医療薬学会年会, 長崎 2009/10
福島昭二、田中詳二、田端淑江、中嶋真大、波多野友希、松下章子、高橋隆幸、岸本修一、登佳寿子、森田有香子、猪爪信夫、橋田亨, サリドマイドのラセミ体および光学活性体のHPLC、LC-MSによる血中濃度測定法の開発 第19回日本医療薬学会年会, 長崎 2009/10
苫米地竜次,山田和範,冨田昌志,戸田貴大,猪爪信夫,早川達, 感染症治療における薬剤師の介入効果についての調査・検討 第56回日本化学療法学会東日本支部総会, 東京 2009/10
Inotsume N, Toda T, Kudo S, Mukai Y, Mori A, Yamawaki M, Hayakawa T, Eliasson E, Ask B, and Rane A, Effect of losartan on drug metabolism by human liver microsomes with CYP isoform variants The 69th World Congress of Pharmacy and Pharmaceutical Sciences, Istanbul 2009/9
Toda T, Inotsume N, Mukai Y, Kudo S, Yamawaki M, Mori A, Hayakawa T, Eliasson E, Ask B, and Rane A, Characterization of inhibitory effects of losartan on paclitaxel metabolism using recombinant cytochrome P450s The 69th World Congress of Pharmacy and Pharmaceutical Sciences, Istanbul 2009/9
伊藤拓、中村明子、今田愛也、佐々木洋一、吉本満、戸田貴大、早川達、猪爪信夫, 直腸がん再発に対する5FU持続静注療法施行中に高アンモニア血症を呈した一症例 第26回日本TDM学会学術大会, 新潟 2009/6
梅原健吾,和田佳子,牧野あずさ,廣畑多恵,佐藤秀紀,早川 達,猪爪信夫, 肺癌化学療法における5-HT3受容体拮抗薬の静注と経口の制吐効果の比較検討 第56回北海道薬学大会, 札幌 2009/5
今田愛也、伊藤 拓、吉田 博、戸田貴大、早川 達、猪爪信夫、 切迫早産治療薬リトドリンの光学異性体別定量法の開発 第29回日本臨床薬理学会年会、東京 2008/12
相曽啓史、松井美奈子、小林誠一、西野亜紀、鳴島智子、阿部多一、井口恵美子、高橋弘充、猪爪信夫、 PK/PDを活かしたイミペネム/シラスタチン投与に対する臨床的評価 第18回日本医療薬学会年会、札幌 2008/9
Inotsume N., Miyajima K., Suzuki Y., Toda T., Hayakawa T., Lin W., Cui F., and Ding G., GC ? single quadrupole MS screening of 17 benzodiazepines, zopiclone, and zolpidem in serum The 68th World Congress of Pharmacy and Pharmaceutical Sciences, Basel 2008/8
Toda T., Eliasson E., Ask B., Inotsume N. and Rane A., Roles of CYP enzymes on formation of fluvastatin metabolites by human liver microsomes The 68th World Congress of Pharmacy and Pharmaceutical Sciences, Basel 2008/8
今田愛也、尾迫明日香、佐々木洋一、古賀康嗣、吉田 博、戸田貴大, 早川 達, 猪爪信夫, 切迫早産治療におけるリトドリンのクリアランス変動 第28回日本臨床薬理学会年会, 宇都宮 2007/11
相馬まゆ子, 今田愛也, 藤村拓也、中村明子、佐々木洋一、古賀康嗣, 吉本 満, 戸田貴大, 早川 達, 猪爪信夫, 大腸がんの化学療法施行時における5FU血中濃度と好中球減少との関係 第17回日本医療薬学会年会, 群馬 2007/9
Inotsume N., Hayakawa T., Obara T., Yanaguimoto H., Toda T., Fukushima S., Kishimoto S., Lin W., Cui F., Liu Y., Sun J., and Ding G., Pre-systemic Chiral Inversion of Ibuprofen in Rabbits and Humans The 67th World Congress of Pharmacy and Pharmaceutical Sciences, Beijing 2007/8
Konda A., Nodai A., Soma M., Koga Y., Yoshida H., Toda T., Hayakawa T., Inotsume N., Total body clearance of ritodrine during twin pregnancy women The 67th World Congress of Pharmacy and Pharmaceutical Sciences, Beijing 2007/8
尾迫明日香、今田愛也, 野代明子、佐々木洋一、古賀康嗣, 吉田 博, 戸田貴大, 早川 達, 猪爪信夫、 双胎妊娠患者におけるリトドリン投与量と血清中濃度 医療薬学フォーラム2007、山形 2007/7
野呂瀬崇彦、石黒祐介、市原和夫、猪爪信夫、上山俊夫、桜井光一、島森美光、高梨香織、田中三栄子、野村憲和、森本一洋、山田惠、 北海道薬科大学における「医療人としての態度」習得支援を目的とした実務実習態度調査 第54回北海道薬学大会 2007/5
今田愛也, 野代明子、相馬まゆ子, 古賀康嗣, 吉田 博, 戸田貴大, 早川 達, 猪爪信夫, 妊娠期間中におけるリトドリン全身クリアランスの変動 日本薬学会第127年会, 富山 2007/3
山脇充善, 戸田貴大, 早川 達, 猪爪信夫, Eliasson E., Rane A., CYP2C8を介したアラキドン酸代謝に及ぼすロサルタンの影響 ? パクリタキセルを用いた検討- 日本薬学会第127年会, 富山 2007/3
森 彰規, 戸田貴大, 早川 達, 猪爪信夫, Eliasson E., Rane A., CYP2C9を介したアラキドン酸代謝に及ぼすロサルタンの影響 ? フルバスタチンを用いた検討- 日本薬学会第127年会, 富山 2007/3
鈴木喜子, 戸田貴大, 早川 達, 猪爪信夫, Ding G., 中毒患者における原因薬毒物の迅速測定法の開発 - GC-MSを用いた催眠・鎮静薬の同時検出 - 日本薬学会第127年会, 富山 2007/3
Inotsume N., Fukushima S., Hayakawa T., Kishimoto S., Yanaguimoto H., Goto N., and Imai S., Pharmacokinetic analysis of serum ephedrine and pseudoephedrine profiles after oral administration of Kampo Kakkonto preparation to healthy volunteers The 66th World Congress of Pharmacy and Pharmaceutical Sciences, Salvador 2006/8
井上恵理子, 西川香奈子、相馬まゆ子, 今田愛也, 金重啓子, 吉本 満, 戸田貴大, 早川 達, 猪爪信夫, 大腸がんの化学療法レジメンFOLFIRIおよびFOLFOX施行中の5FU血清中濃度変動 医療薬学フォーラム, 大阪 2006/7
Ding G., Liu Y., Sun J., 早川 達,柴田哲夫, 融 健, 猪爪信夫, ヒトにおけるイブプロフェン普通製剤と徐放性製剤の生体内キラル変換 日本薬学会第126年会, 仙台 2006/3
竹内悠理子, 早川 達,柴田哲夫, 融 健, 猪爪信夫 ヒト全血中サリドマイド及びヒドロキシ代謝物のHPLCによる同時光学異性体別定量法の開発 日本薬学会第126年会, 仙台 2006/3
野代明子、坪井 瞳, 相馬まゆ子, 今田愛也, 金重啓子,吉田 博, 藤本征一郎, 早川 達, 猪爪信夫, リトドリン薬物動態の線形性に関する統計学的検討 日本薬学会第126年会, 仙台 2006/3
牧野あずさ,佐藤真由美,廣畑多恵,戸津佐和子,和田佳子,佐藤秀紀,早川 達,猪爪信夫, 遅延性悪心・嘔吐に対するステロイド至適投与量の検討 医療薬学フォーラム2005,鹿児島 2005/7
猪爪信夫 2?アリルプロピオン酸系抗炎症薬の生体内キラル変換 中国黒竜江省薬学会 2002/4
猪爪信夫 消炎鎮痛薬の立体選択性 中国黒竜江省薬学会 2001/8
猪爪信夫 製剤評価法 中国陝西省西安市薬品検験所 2000/12
猪爪信夫 医薬品の消化管吸収 中国瀋陽薬科大学 2000/11
猪爪信夫 製剤評価法 中国陝西省西安市薬品検験所 2000/1
猪爪信夫 最近の免疫抑制剤 中国哈爾濱医科大学第一臨床医学院建院50周年記念講演会 1999/8
猪爪信夫 新規製剤と薬物動態学 中国黒竜江省薬学会 1998/8
猪爪信夫 製剤評価法 中国陝西省西安市薬品検験所 1997/10
猪爪信夫 製剤評価法 中国陝西省西安市薬品検験所 1996/6
猪爪信夫 消化性潰瘍治療薬の臨床薬理 青森県病院薬剤師会弘前支部研修会 1996/6
猪爪信夫 病態時の薬物動態 第17回薬物治療モニタリング研究会特別ゼミナール 1994/9
猪爪信夫 薬理学・与薬の対する注意 第30回准看護婦卒後教育講習会 1994/1
猪爪信夫 光学異性体 ?その臨床的意義について 第2回POPS熊本講演会 1993/3
猪爪信夫 消化性潰瘍治療薬の体内動態 第7回臨床薬理セミナー 1992/7
猪爪信夫 キラル薬物の臨床薬理 第17回西日本薬剤学研究会 1992/7
猪爪信夫 薬物動態学の臨床応用 第8回熊本県医療法人病院薬剤師研修会 1992/6
猪爪信夫 薬物動態学の臨床応用 熊本県医療法人薬局長会研修会 1990/11
猪爪信夫 医薬品の相互作用 熊本県卸勤務薬剤師会研修会 1990/7
猪爪信夫 医薬品の重複・相互作用(総論) 熊本県薬剤師指導者研修会 1990/3
猪爪信夫 医薬品の重複・相互作用(各論) 熊本県薬剤師指導者研修会 1990/3
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
猪爪信夫,栄田敏之,伊藤邦彦編 個別化医療を目指した臨床薬物動態学 Ⅰ基礎編 廣川書店 2016/3
猪爪信夫,栄田敏之,伊藤邦彦編 個別化医療を目指した臨床薬物動態学 Ⅱ治療薬物モニタリング編 廣川書店 2016/3
谷川原祐介ら編 TDMクリニカルガイド 第3版(抗てんかん薬) アボット 2015/1
岩川精吾ら編 臨床への薬物動態学 廣川書店 2009/4
伊藤正男ら編 第2版医学大辞典 医学書院 2009/2
北海道TDM研究会 TDM用語解説, TDM実践ハンドブック 薬事新報社 22-26 2007/6
伊藤正男ら編 医学大辞典 医学書院 2002/4
早川達、猪爪信夫 他 消化器疾患, 看護のための最新医学講座 中山書店 152-168 2002/3
猪爪信夫、乾 賢一 他 最新輸液ハンドブック 中外医学社 464-473 1994/3
熊本県病院薬剤師会学術委員会 医薬品の使用禁忌とその理由改訂3版 医薬ジャーナル社 1993/9
猪爪信夫、中野眞汎 他 Famotidine - その基礎から臨床まで - Yamada Medical Information 200-204 1990/9
熊本県病院薬剤師会学術委員会 改訂2版医薬品の使用禁忌とその理由 医薬ジャーナル社 1990/3
東 明正、猪爪信夫 他 小児臨床検査ハンドブック 講談社サイエンティフィック 98-107 1988/3
中野眞汎、猪爪信夫 他 医療薬剤学 廣川書店 143-162 1988/2
猪爪信夫、東 明正 他 臨床薬理学体系, 第7巻 新生児・小児 情報開発研究所 109-115、317-331 1986/2
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
向 祐志、猪爪信夫、 第4章 薬効別にみた薬物動態と臨床でのポイント 抗てんかん薬 月間薬事 59 14 2017/10
町田麻衣子、猪爪信夫 重症病態での抗けいれん薬投与設計 ICUとCCU 40 7 479-487 2016/7
猪爪信夫, 今村知世, 末丸克矢, 鈴木小夜, 戸田貴大, 矢野育子, 湯川栄二, 中村秀文, 抗てんかん薬TDMガイドライン TDM研究 30 2 53-108 2013/4
藤枝 聡子, 相馬まゆ子, 渡利 道子, 計良 光昭, 吉田 博, 高橋 伸浩, 外木 秀文, 佐々木洋一, 福島 昭二, 今田 愛也, 猪爪 信夫, 新規高感度測定法による双胎妊婦と新生児における血清中リトドリン濃度 北海道産婦人科学会誌 57 11-16 2013/
Jakobsson J., Ekstrom L., Inotsume N., Garle M., Lorentzon M., Ohlsson C., Roh H-K., Carlstrom K., and Rane A., Large differences in testosterone excretion in Korean and Swedish men is strongly associated with an UDP-glucuronosyl transferase 2B17 Polymorphism J. Clin. Endocrinol. Metab. 91 2 687-693 2005/12
佐藤秀紀、廣畑多恵、戸津佐和子、牧野あずさ,早川達、猪爪信夫 薬-学連携による病院薬局業務向上を指向した実務参画型の大学院臨床薬学教育の試み 北海道病院薬剤師会誌 68 47-50 2005/
Nobuo Inotsume and Masahiro Nakano Stereoselective pharmacokinetics and pharmacodynamics of dihydropyridines. An updated review Biochem. Biophys.Methods 54 1-3 255-274 2002/12
早川 達、猪爪信夫 鉛・水銀・銅中毒と金属解毒薬?ペニシラミン 治療 21 6 566-569 2002/6
猪爪信夫、安原眞人 MRSA用抗生物質のTDM 治療学 34 3 343-344 2000/3
猪爪信夫、安原眞人 免疫抑制剤の血中濃度測定 検査と技術 28 1 21-26 2000/1
猪爪信夫、安原眞人 気管支喘息治療薬と患者への説明 薬局 50 1 420-437 1999/1
猪爪信夫、安原眞人 お薬の話(全39回連載) 地域ケアリング 1 1 40-41 1999/
猪爪信夫、中野眞汎 腎機能障害および高齢者におけるファモチジンの適正投与 Prog. Med 16 11 2897-2903 1996/11
猪爪信夫、安原眞人 高カロリー輸液療法施行中のアシドーシスについて 治療学 30 6 737-738 1996/6
猪爪信夫 腎機能低下時におけるH2受容体拮抗薬の適正投与 医学のあゆみ 176 12 770-771 1996/3
根津雅和、高橋弘充、猪爪信夫、乾 賢一 患者別注射薬供給システム 保健医療 49 2 14-17 1994/2
猪爪信夫 エナンチオマーの体内動態 - その立体選択性に加齢は影響するのか - ファルマシア 29 2 189 1993/2
東 明正、猪爪信夫 薬物療法において配慮すべき個体要因2 乳児・幼児・学童 小児科 34 1 7-12 1993/1
猪爪信夫 敗血症ショックに酸化窒素合成酵素阻害薬が有効 医学のあゆみ 162 13 937 1992/6
猪爪信夫、中野眞汎 小児用薬剤と混合の問題 ?ジュース・ミルク等に混合注意の薬剤と注射剤の混合 臨床と薬物治療 11 1 54-57 1992/1
福島昭二、猪爪信夫、金子美香、中野眞汎 テオフィリンTDMの実際  - 薬剤師および臨床医の現場からの報告 - Pharma Medica 9 3 119-120 1991/3
猪爪信夫、中野眞汎 ファモチジンの体内動態に及ぼす加齢と腎機能の影響 臨床と研究 67 11 3659-3573 1990/11
猪爪信夫 新抗うつ薬のヒトにおける立体選択的体内動態 ファルマシア 26 6 576-577 1990/6
Ichiro Matsuda, Akimasa Higashi, and Nobuo Inotsume Physiologic and metabolic aspects of anticonvulsants Pediatr. Clin. North Am 36 5 1099-1111 1989/10
猪爪信夫 麻薬性鎮痛薬の口腔粘膜吸収 医学のあゆみ 150 12 786 1989/6
猪爪信夫 光学異性体間の体内動態差 - 2-アリルプロピオン酸系抗炎症薬 - 医学のあゆみ 148 2 103 1989/4
猪爪信夫 皮膚水疱への薬物移行 - トリメトプリムの血漿中および水疱中濃度の測定 - 医学のあゆみ 149 2 103 1989/4
中野眞汎、猪爪信夫、中園直子 「製剤の品質評価に関する研究」 2.徐放性製剤の評価に関する研究 病院薬学 15 2 136-139 1989/2
猪爪信夫、中野眞汎 最近の新薬 - 精神神経用薬 Pharma Medica 6 1 60-64 1988/1
猪爪信夫 ベンゾジアゼピン系睡眠導入薬の開環誘導体 薬物動態 3 1 111-113 1988/1
東 明正、猪爪信夫、藤井淳子、松田一郎 てんかん治療におけるTDM - 肝機能障害例を中心に - 治療学 18 6 867-870 1987/6
猪爪信夫、中野眞汎 薬物動態研究のための安定同位元素の利用 - 治療を継続しながらの薬物動態の研究 医学のあゆみ 141 3 121-123 1987/4
猪爪信夫、中野眞汎 抗アルドステロン薬の体内動態 薬局 38 2 173-178 1987/2
猪爪信夫 薬物動態学入門 クリニカルファーマシー 1 11 90-93 1987/
猪爪信夫 薬物動態学入門 クリニカルファーマシー 1 12 106-109 1987/
猪爪信夫、中野眞汎 薬物投与計画 クリニカルファーマシー 1 5 77-79 1986/
猪爪信夫、中野眞汎 注射・点滴静注後の生体内動態 薬局 36 10 1373-1376 1985/10
猪爪信夫、中野眞汎 薬剤部における試験研究設備 月刊薬事 27 7 1373-1377 1985/7
猪爪信夫 入眠薬と酒の相互作用 医学のあゆみ 135 7 531 1985/5
猪爪信夫、中野眞汎 薬物投与計画 クリニカルファーマシー 1 1 54-56 1985/
猪爪信夫、中野眞汎 薬物投与計画 クリニカルファーマシー 1 2 83-85 1985/
猪爪信夫、中野眞汎 薬物投与計画 クリニカルファーマシー 1 3 79-81 1985/
猪爪信夫、中野眞汎 抗うつ薬の生体内動態. 薬局 34 4 485-490 1983/4
猪爪信夫、従二和彦、中野眞汎 消炎酵素類の生体内動態 薬局 31 7 803-809 1980/7
中野眞汎、関川 彬、猪爪信夫 自律神経失調症治療薬の生体内動態 薬局 30 9 1193-1199 1979/9