循環器系作用薬の細胞内情報伝達系に関する研究

生体内では、情報を伝える神経伝達物質が、特定の細胞の特定の受容体に特異的に結合すし、細胞内の他の分子へ次々と伝達されて、最終の標的となる分子に到達し、様々な生理作用を発現します。疾患の多くは、その細胞内情報伝達経路の何らかの異常によって発症し、それを正常に戻すのが治療薬の作用機序です。私は、循環器系作用薬を中心に、細胞内情報伝達系に関する研究を行い新たな治療薬の作用機序の可能性について模索しています。

薬学部
薬学科

臨床薬学専攻(博士課程)

教授

博士(薬学)

佐藤 久美
( サトウ クミ )

学位

博士(薬学):北海道薬科大学:1995年

研究分野

薬理学

キーワード

薬理学

学会・社会活動等

日本薬理学会評議員/日本薬学会会員/日本糖尿病学会会員/日本臨床薬理学会会員

エピソード

この10年間ほど、入試と就職に関っていたことから、中高生そして薬剤師である卒業生と接して、大学の特徴、良さをアピールすることに力を入れてきました。今後も、大学の発展に貢献していければと思っています。

研究・学術活動

  • 論文(46件)
  • 会議論文(0件)
  • 紀要(0件)
  • 講演(66件)
  • 著書(10件)
  • 作品(0件)
  • 受賞(0件)
  • その他(15件)
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
Takaguri A, Kubo T, Mori M, Satoh K The protective role of YAP1 on ER stress-induced cell death in vascular smooth muscle cells. European Journal of Pharmacology S0014-2999 17 30620-9 2017/9
Takaguri A, Inoue S, Kubo T, Satoh K AMPK activation by prolonged stimulation with interleukin-1β contributes to the promotion of GLUT4 translocation in skeletal muscle cells Cell Biology International 40 11 1204-11 2016/11
Takaguri A, Morimoto M, Imai S, Satoh K Cilostazol inhibits interleukin-1-induced ADAM17 expression through cAMP independent signaling in vascular smooth muscle cells Cell Biology International 40 3 269-276 2016/3
Takaguri A, Kamato M, Satoh Y, Ohtsuki K, Satoh K Effect of alteration of caveolin-1 expression on doxorubicin-induced apoptosis in H9c2 cardiac cells Cell Biology International 39 9 1053-60 2015/9
Shibata T, Takaguri A, Ichihara K, Satoh K Inhibition of the TNF-α-Induced Serine Phosphorylation of IRS-1 at 636/639 by AICAR Journal of Pharmaceutical Sciences 122 2 93-102 2013/4
Kano S, Ichihara K, Komatsu K, Satoh K  Comparative effects of azelnidipine and amlodipine on myocardial function and mortality after ischemia/reperfusion in dogs. Journal of Pharmaceutical Sciences 116 2 181-7 2011/5
Itagaki M, Takaguri A, Kano S, Kaneta S, Ichihara K, Satoh K  Possible mechanisms underlying statin-induced skeletal muscle toxicity in L6 fibroblasts and in rats Journal of Pharmaceutical Sciences 109 1 94-101 2009/1
加納誠一朗、田口睦、早勢伸正、金田繁、髙栗郷、市原和夫、佐藤久美 コレステロール負荷食ウサギの脂質異常に対するPravastatin先発医薬品と後発医薬品の効果 薬学雑誌 129 1 155-161 2009/1
Satoh K, Takaguri A, Itagaki M, Kano S, Ichihara K  Effects of rosuvastatin and pitavastatin on ischemia-induced myocardial stunning in dogs Journal of Pharmaceutical Sciences 106 4 593-599 2008/4
Kano S, Satoh K, Kaneta S, Ichihara K  Improvement of stunned myocardium in dogs with olmesartan, an angiotensin II type 1 receptor antagonist, is independent of type 2 receptors Pharmacology 82 1 22-29 2008/1
Takaguri A, Satoh K, Itagaki M, Tokumitsu Y, Ichihara K Effects of atorvastatin and pravastatin on signal transduction related to glucose uptake in 3T3L1 adipocytes Journal of Pharmaceutical Sciences 107 1 80-89 2008/1
Satoh K, Keimatsu N, Kanda M, Kasai T, Takaguri A, Sun F, Ichihara K HMG-CoA Reductase Inhibitors do not Improve Glucose Intolerance in Spontaneously Diabetic Goto-Kakizaki Rats Biological and Pharmaceutical Bulletin 28 11 2092-2095 2005/11
Kagawa N, Senbonmatsu T, Satoh K, Ichihara K, Yamagata N, Hatano O, Saito T, Nguyen VQ, Waterman MR, Price E Jr, Atkinson JB, Inagami T Tetracycline protects myocardium against ischemic injury. Frontiers in Bioscience 10 608-19 2005/1
Kanda M, Satoh K, Ichihara K Effects of atrovastatin and pravastatin on glucose tolerance in diabetic rats mildly induced by streptozotocin. Biological and Pharmaceutical Bulletin 26 12 1681-1684 2003/12
Kaneta S, Satoh K, Kano S, Kanda M, Ichihara K All hydrophobic HMG-CoA reductase inhibitors induce apoptotic death in rat pulmonary vein endothelial cells. Atherosclerosis 170 2 237-243 2003/8
Satoh K, Takeda S, Kaneta S, Inagami T, Ichihara K Effects of nebivolol on ischemia-induced metabolic changes in dog hearts. Journal of Cardiovascular Pharmacology 41 5 766-70 2003/5
Kosugi T, Satoh K, Kaneta S, Aoki Y, Takagaki H, Ichihara K Effects of radical scavengers, TA248 and TA 276, on stunned myocardium in dogs: involvement of KATP channels. The Japanese Journal of Pharmacology 90 2 181-188 2002/8
Yamamoto A, Satoh K, Ichinosawa K, Kaneta S, Kano S, Ichihara K Effects of minozidil on ischemia-induced mechanical and metabolic dysfunction in dog myocardium. The Japanese Journal of Pharmacology 90 2 173-180 2002/8
Manabe T, Yamamoto A, Satoh K, Ichihara K Tolerance to nitroglycerin induced by isosorbid-5-mononitrate infusion in vitro. Biological and Pharmaceutical Bulletin 24 12 1370-1372 2001/12
Kiriyama Y, Tsuchiya H, Murakami T, Satoh K, Tokumitsu Y Calcitonin induces IL-6 production via both PKA and PKC pathways in the pituitary folliculo-stellate cell line. Endocrinology 142 8 3563-3569 2001/8
Marumo H, Satoh K, Yamamoto A, Kaneta S, Ichihara K Simvastatin and atorvastatin enhance hypotensive effect of diltiazem in rats. 薬学雑誌 121 10 761-764 2001/8
Satoh K, Shirota F, Tsunajima T, Beinlich CJ, Morgan HE, Ichihara K Limitation of heart growth in neonatal piglets by simvastatin and atorvastatin: comparison with pravastatin. American Journal of Physiology 280 6 2746-2751 2001/6
Satoh K, Ichihara K, Landon EJ, Inagami T, Tang H 3-Hydroxy-3-methylglutaryl-CoA reductase inhibitors block calcium-dependent tyrosine kinase Pyk2 activation by angiotensin II in vascular endothelial cells. involvement of geranylgeranylation of small G protein Rap1. The Journal of Biological Chemistry 276 19 15761-15767 2001/5
Kosugi T, Satoh K, Yamamoto A, Hoshi K, Aoki Y, Takagaki H, Ichihara K Radical scavenging properties of novel benzopyran derivatives, TA248 and TA276, and effects of the compounds on ischemic/reperfused myocardium in dogs. Journal of Pharmaceutical Sciences 89 9 1114-1122 2000/9
Fukutomi T, Satoh K, Ogoshi S, Ichihara K Effects of pimobendan and EGIS 9377, cardiotonic agents, and OG-VI, a nucleoside-nucleotide mixture, administered during reperfusion after ischemia on stunned myocardium in dogs. Coronary Artery Disease 11 1 83-90 2000/2
Satoh K, Ichihara K Lipophilic HMG-CoA reductase inhibitors increase myocardial stunning in dogs. Journal of Cardiovascular Pharmacology 35 2 256-62 2000/2
Kageyama K, Murakami T, Iizuka K, Satoh K, Ichihara K, Tokumitsu Y, Kitabatake A, Kawaguchi H Translocation of G-protein beta3 subunit from the cytosol pool to the membrane pool by beta1-adrenergic receptor stimulation in perfused rat hearts. Biochem Pharmacol 58 9 1497-1500 1999/11
Nakai T, Satoh K, Kosugi T, Hoshi K, Ichihara K Participation of angiotensin II and bradykinin in contractile function in dog stunned myocardium. European Journal of Pharmacology 382 3 187-196 1999/10
Yoshida A, Yamamoto A, Satoh K, Ichihara K, Hoshi K Studies of repeated administration of FK-506 on myocardial metabolism in rats. The Journal of Toxicological Sciences 23 5 403-409 1998/11
Satoh K, Yamamoto A, Hoshi K Effects of azelnidipine, a dihydropyridine calcium antagonist, on myocardial stunning in dogs. The Japanese Journal of Pharmacology 76 4 369-376 1998/4
Kano S, Satoh K, Hoshi K, Ichihara K Effects of OG-VI, a nucleoside/nucleotide mixture, on stunned myocardium in dogs: is the adenosine A1 receptor involved? Coronary Artery Disease 9 1 29-34 1998/1
Tsunajima T, Tatsuki R, Satoh K, Yamamoto A, Hoshi K, Ichihara K Improvement of impaired glucose tolerance by oral administration of vanadyl sulfate by gavage in streptozotocin-induced diabetic rats. Research Communications in Molecular Pathology and Pharmacology 98 2 190-200 1997/11
Tatsuki R, Satoh K, Yamamoto A, Hoshi K, Ichihara K Lipid peroxidation in the pancreas and other organs in streptozotocin diabetic rats. The Japanese Journal of Pharmacology 75 3 267-273 1997/11
Miura K, Kano S, Nakai T, Satoh K, Hoshi K, Ichihara K Inhibitory effects of glibenclamide and pertussis toxin on the attenuation of ischemia-induced myocardial acidosis following ischemic preconditioning in dogs. JAPANESE CIRCULATION JOURNAL 61 8 709-714 1997/8
Ichihara K, Kano S, Satoh K, Nakai T, Fukutomi T, Okazaki Y, Kohri H Limitation of stunning in dog myocardium by nucleoside and nucleotide mixture, OG-VI. Nutrition 13 5 462-464 1997/3
Nakai T, Kano S, Satoh K, Hoshi K, Ichihara K Effects of adenine nucleotide analogues on myocardial dysfunction during reperfusion after ischemia in dogs. Journal of Cardiovascular Pharmacology 28 2 264-270 1996/8
Satoh K, Yamato A, Nakai T, Hoshi K, Ichihara K Effects of 3-hydroxy-3-methylglutaryl coenzyme A reductase inhibitors on mitochondrial respiration in ischaemic dog hearts. British Journal of Pharmacology 116 2 1894-1898 1995/9
Satoh K, Ichihara K Effects of 3-hydroxy-3-methylglutaryl coenzyme A reductase inhibitors on mitochondrial respiration in ischemic rat hearts. European Journal of Pharmacology 292 3-4 271-275 1995/3
Satoh K, Nakai T, Ichihara K Influence of 3-hydroxy-3-methylglutaryl coenzyme A reductase inhibitors on mitochondrial respiration in rat liver during ischemia. European Journal of Pharmacology 270 4 365-369 1994/12
Ichihara K, Satoh K, Abiko Y Influences of pravastatin and simvastatin, HMG-CoA reductase inhibitors, on myocardial stunning in dogs. Journal of Cardiovascular Pharmacology 22 6 852-856 1993/12
Satoh K, Nakai T, Hoshi K, Ichihara Limitation of stunning in dog myocardium by nucleoside and nucleotide mixture, OG-VI. Coronary Artery Disease 4 11 1007-1012 1993/11
Fujino S, Satoh K, Nakai T, Togashi K, Kado T, Fujino M, Arima T, Fujino M Studies of a key protein in the mechanism of the excitation- contraction coupling process of frog skeletal muscle, using phenylglyoxal. Experientia - Journals 49 2 138-144 1993/2
有馬利昭、藤野和宏、長谷川千史、原野貴美江、佐藤久美、藤野雅子、中井徹、藤野澄子 E-C couplingの入力における微小電気・機械変換とその可動実体 日本生理学雑誌 54 12 395-415 1992/12
Fujino M, Fujino S, Satoh K, Nakai T, Kado T Physiological role and localization of the new ouabain receptor protein (31.5 kD) from cat cardiac muscles, using the monoclonal AB against the protein. Advances in Experimental Medicine and Biology 311 449-451 1990/5
Fujino S, Fujino M, Satoh K, Nakai T, Kado T, Arima T, Fujino M Solubilization, physiological role, and localization of a key protein (31.5 kD) to excitation-contraction coupling process of frog skeletal muscle cells, using phenylglyoxal. Advances in Experimental Medicine and Biology 311 339-340 1990/5
Fujino S, Satoh K, Bando T, Kurokawa T, Nakai T, Takashima K, Fujino M Solubilization and characterization of a ouabain-sensitive protein from transverse tubule membrane-junctional sarcoplasmic reticulum complexes (TTM-JSR) in cat cardiac muscle. Experientia 45 5 466-469 1989/5
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
久保貴司、高栗郷 佐藤久美 血管平滑筋細胞におけるYAP1のシグナル伝達機構 日本薬学会第138年会(金沢) 2018/3
久保貴司、高栗郷 佐藤久美 血管平滑筋細胞におけるERストレス誘導性細胞死に対するYAP1の保護的役割 第68回薬理学会北部会(山形) 2017/9
高栗郷、久保貴司、佐藤久美 ERストレス誘導性細胞死におけるYAP1の役割 第90回日本薬理学会年会(長崎) 2017/3
高栗郷、久保貴司、佐藤久美 血管平滑筋細胞におけるERストレス誘導性細胞死に対するYAP1の役割 日本薬学会第137年会(仙台) 2017/3
高栗郷、久保貴司、佐藤久美 Interluekin-1長時間処理によるGLUT4トランスロケーションにおけるAMPKの関与 第67回日本薬理学会北部会 (札幌)) 2016/9
久保貴司、高栗郷、井上紗綾、今井伸一、佐藤久美 L6骨格筋細胞のGLUT4細胞膜移行におけるインターロイキン-1の長時間処理の影響 (受賞有) 第63回北海道薬学大会 (札幌) 2016/5
井上紗綾、 高栗郷、 今井伸一、 佐藤久美 L6骨格筋細胞のインスリンシグナル伝達におけるンターロイキン-1の長時間処理の影響 日本薬学会第136回年会(横浜) 2016/3
久保貴司、高栗郷、佐藤久美 血管平滑筋におけるサイトカイン誘導性ADAM17発言に対するシロスタゾールの影響 第62回北海道薬学大会 2015/5
高栗郷、佐藤久美 L6 骨格筋細胞のインスリンシグナル伝達における ADAM17 の役割 第88回日本薬理学会年会(名古屋) 2015/3
森本真由美、高栗郷、佐藤久美 血管平滑筋におけるIL-1α誘導性ADAM17に対するシロスタゾールの影響 日本薬学会第135回年会(神戸) 2015/3
高栗郷、佐藤久美 インスリンシグナル伝達に対するADAM17の機能的役割解明 第65回 日本薬理学会北部会 2014/9
倉田舞、高栗郷、佐藤久美 サイトカインによるADAM発現メカニズムの解明 第61回北海道薬学大会 2014/5
鎌戸麻衣子、高栗郷、市原和夫、佐藤久美 カベオリンー1はERKおよびp38の活性化を抑制し、H9c2におけるドキソルビシンによるアポトーシスを抑制する 第87回日本薬理学会(仙台) 2014/3
Satoh K, Shibata T, Takaguri A, Ichihara K Inhibitory Mechanism of TNF-α-induced Serine Phosphorylation of IRS-1 at 636/639 Mediated by AMP-activated Protein Kinase in 3T3-L1 Adipocytes. American Diabetes Association 72th scientific session (Philadelphia, USA) 2013/6
髙栗 郷、柴田 倫人、市原 和夫、佐藤 久美 AMPKによるTNFα誘導性IRS-1セリンリン酸化抑制機構 第12回生命科学研究会 2013/6
柴田倫人、高栗郷, 市原和夫, 佐藤久美 AMPK活性化によるTNFα誘導性セリンリン酸化抑制機構 第86回日本薬理学会年会 2013/3
柴田倫人、高栗郷、佐藤久美 脂肪細胞におけるTNF-α 誘導性IRS-1 セリンリン酸化抑制機構 日本薬学会北海道支部第139回例会 2012/12
柴田倫人、高栗郷, 市原和夫, 佐藤久美 AMPKによるTNFα誘導性セリンリン酸化抑制機構 第63回日本薬理学会北部会 2012/9
Satoh K, Shibata T, Takaguri A, Ichihara K Effects of Simvastatin on TNF-α-induced Leukocyte Transendothelial Migration and Adhesion to Human Umbilical Vein Endothelial Cells American Diabetes Association 72th scientific session 2012/6
樋浦一哉、立花絵理、柴田倫人、竹田剛、小森均 関節リウマチ患者におけるTNF阻害薬投与後の血清TNF-α 値の変動 日本薬学会第132年会 2012/3
高栗郷、佐藤久美、市原和夫、江口暁 アンギオテンシンⅡによるEGFRトランスアクチベーションに対するカベオリン-1の影響日本薬学会第132年会 日本薬学会第132年会 2012/3
高栗郷、佐藤久美、市原和夫、江口暁 カベオリン-1はアンギオテンシンⅡによるEGFRトランスアクチベーションを抑制する。 第62回日本薬理学会北部会 2011/9
Kumi Satoh, Tomohito Shibata, Akira Takaguri, Kazuo Ichihara Effects of AMPK Activator on Antidiabetic Action and mitogen activated protein kinases in Leprdb/Leprdb mice. American Diabetes Association 71th scientific session 2011/6
高栗郷、佐藤久美、市原和夫、江口暁 カベオリン-1はアンギオテンシンⅡによるEGFRトランスアクチベーションを抑制する。 第10回生命科学研究会 2011/6
柴田倫人、佐藤久美、加納誠一朗、金田繁、佐々木雄斗、市原和夫  TNF-α誘導性IRS-1セリンリン酸化に対するMetformin の影響 日本薬学会北海道支部第136回例会 2011/5
野崎翔太、吉田聖也、清水目朋子、新井美穂、柴田倫人、金田繁、加納誠一朗、市原和夫、佐藤久美  ラットの肝障害に対するstatins 静脈内持続投与の影響 日本薬学会北海道支部第136回例会 2011/5
加納誠一朗、野崎翔太、吉田聖也、金田繁、柴田倫人、市原和夫、佐藤久美  ラットの肝臓および骨格筋障害に対するスタチン静脈内持続投与の影響 日本薬学会第131年会 2011/3
柴田倫人、Zhenhua Xu、加納誠一朗、佐藤久美、山田みなみ、佐々木雄斗、笹原嵩太郎、市原和夫 TNF-α誘導性IRS-1セリンリン酸化に対するAMPK活性化の影響 日本薬学会第131年会 2011/3
立花絵理、林千景、樋浦一哉、竹田剛、柴田倫人、佐藤久美、江川(岩城)祥子、渡辺泰裕 関節リウマチ患者におけるエタネルセプト投与後の血清TNF-α 値の変動 日本薬学会第131年会 2011/3
柴田倫人、小池麻琴、山田尚枝、佐藤久美、市原和夫 単球遊走に対するシンバスタチンの影響. 日本薬学会北海道支部第135回例会 2010/11
柴田倫人、佐藤久美、加納誠一朗、金田繁、市原和夫  TNF-α誘導性IRS-1セリンリン酸化とインスリン抵抗性 20回日本循環薬理学会 2010/10
Satoh K, Shibata T, Takaguri A, Kano S, Ichihara K Inhibitory mechanism of TNF-α-induced serine phosphorylation of IRS-1 mediated by AMP-activated protein kinase American Diabetes Association 70th scientific session 2010/6
柴田倫人、加納誠一朗、金田繁、佐藤久美、市原和夫  TNF-α誘導性IRS-1セリンリン酸化とインスリン抵抗性. 第9回生命科学研究会 2010/6
板倉宏予、梅田純代、加藤隆治、小松健一、佐藤久美、神久聡、山下浩  英語力向上のための支援プログラム−TOEIC受験の試みとe-learningの導入 日本薬学会北海道支部第134回例会 2010/5
柴田倫人、高栗郷、佐藤久美、市原和夫  IRSセリンリン酸化によるインスリン抵抗性におけるMAPK/AMPKの関与 日本薬学会北海道支部第134回例会 2010/5
加納誠一朗、金田繁、市原和夫、佐藤久美 スタチン処置ラットにおける組織形態学変化および血液性化学的変化 日本薬学会第130年会 2010/3
太田貴洋、加納誠一朗、市原和夫、佐藤久美 ヒト大動脈内皮細胞におけるスタチンの内皮型NO合成酵素に対する影響 日本薬学会第130年会 2010/3
山田尚枝、小池真琴、佐藤久美、金田繁、市原和夫 ヒト大動脈内皮細胞へのTNFα誘導性単球接着に対するシンバスタチンの影響 日本薬学会第130年会 2010/3
柴田倫人、高栗郷、佐藤久美、市原和夫 3T3-L1脂肪細胞におけるAMP-activated protein kinase活性化によるTNF-α誘導性IRS-1セリンリン酸化の抑制機構 日本薬学会第130年会 2010/3
加納誠一朗、金田 繁、市原 和夫、佐藤 久美  スタチンにより誘発されるラット肝臓・骨格筋組織障害 第133回日本薬学会北海道支部例会 2009/11
太田貴洋、加納誠一朗、市原 和夫、佐藤 久美  ヒト大動脈内皮細胞におけるスタチンのNOが合成酵素に対する影響 第133回日本薬学会北海道支部例会 2009/11
山田尚枝、小池真琴、佐藤久美、金田繁、市原和夫 シンバスタチンのヒト大動脈内皮細胞におけるTNFα誘導性接着分子発現及び単球接着に対する影響 第133回日本薬学会北海道支部例会 2009/11
柴田倫人、高栗郷、佐藤久美、市原和夫  脂肪細胞におけるTNF-α誘導性IRS-1セリンリン酸化に対するAMPK活性化剤の影響に関する研究 第133回日本薬学会北海道支部例会 2009/11
加納誠一朗、金田繁、太田貴洋、市原和夫、佐藤久美 スタチン静脈内持続投与による、ラット肝臓・骨格筋組織障害の誘発 第60回日本薬理学会北部会 2009/9
山田尚枝、小池真琴、佐藤久美、金田繁、市原和夫 ヒト ヒト大動脈内皮細胞におけるTNFα誘導性接着分子発現と単球の接着に対するスタチンの影響 第60回日本薬理学会北部会 2009/9
柴田倫人、高栗郷、佐藤久美、市原和夫 3T3-L1脂肪細胞におけるTNF-α誘導性IRS-1 セリンリン酸化に対するAMPK活性化の影響 第60回日本薬理学会北部会 2009/9
Satoh K, Takaguri A, Kano S ,Ichihara K Atorvastatin Affects Insulin Signal Transduction by Inhibiting Rho GTPase in 3T3L1 Adipocytes American Diabetes Association 69th scientific session 2009/6
板倉宏予、梅田純代、加藤隆治、小松健一、佐藤久美、神久聡、山下浩、山田恵 英語力向上のための支援プログラム(1)−包括的英語教育の一環としてのTOEIC受験の試み— 第56回北海道薬学大会 2009/5
板倉宏予、梅田純代、加藤隆治、小松健一、佐藤久美、神久聡、山下浩、山田恵  英語力向上のための支援プログラム(1)−英語に対する意識及び専門化科目成績との相関— 第56回北海道薬学大会 2009/5
小池麻琴、 髙栗郷、 Hu Yinghua、 加納誠一朗、 金田繁、 市原和夫、 佐藤久美  ヒト大動脈内皮細胞におけるTNF-α誘導性接着分子発現に対するHMG-CoA還元酵素阻害薬(スタチン)の影響 日本薬学会第129年会 2009/3
梅坪翔太、 髙栗郷、 Hu Yinghua、 加納誠一朗、 金田繁、 佐藤久美、 市原和夫  ヒト大動脈内皮細胞におけるNO合成酵素の発現とその活性化に対するスタチンの作用 日本薬学会第129年会 2009/3
髙栗郷、 佐藤久美、 板垣麻衣*、 徳光幸子、 市原和夫  インスリン分泌及びインスリンシグナル伝達に及ぼすアトルバスタチンの影響 日本薬学会第129年会 2009/3
小池麻琴、髙栗郷、Hu Yinghua、加納誠一朗、金田繁、佐藤久美、市原和夫  ヒト大動脈内皮細胞におけるTNFα誘導性接着分子発現に対するHMG-CoA還元酵素阻害薬(スタチン)の影響 第131回日本薬学会北海道支部例会 2008/11
板垣麻衣、 髙栗郷、 加納誠一朗、 佐藤久美、 市原和夫  HMG-CoA還元酵素阻害薬(スタチン)の骨格筋に対するアポトーシス誘導機構の解明 第7回生命科学研究会 2008/5
河合永晴、高栗郷、梅坪翔太、加納誠一朗、佐藤久美、市原和夫 高濃度グルコース条件下における接着分子発現低下のシンバスタチンによる回復 日本薬学会第128年会 2008/3
石田絢也、板垣麻衣、高栗郷、小池真琴、金田繁、佐藤久美、志賀隆博*、井藤達也*、竹本功*、市原和夫  3T3L1細胞のmRNA発現に対するスタチンの影響 日本薬学会第128年会 2008/3
河合永晴、宋莉、高栗郷、佐藤久美、市原和夫  ヒト臍帯静脈内皮細胞の接着分子発現に対するスタチンの影響 第129回日本薬学会北海道支部例会 2007/12
高栗郷、佐藤久美、板垣麻衣、金田繁、加納誠一朗、徳光幸子*、市原和夫 アトルバスタチンによる3T3L1脂肪細胞のインスリン情報伝達の障害 第58回日本薬理学会北部会 2007/9
板垣麻衣、高栗郷、佐藤久美、金田繁、加納誠一朗、市原和夫  骨格筋におけるスタチン誘導性アポトーシスの解明 日本薬学会第127年会 2007/3
田口睦、加納誠一朗、金田繁、佐藤久美、早勢伸正、市原和夫  高脂血症モデルウサギの血漿脂質量に対するプラバスタチンの先発医薬品と後発医薬品の作用 日本薬学会第127年会 2007/3
板垣麻衣、佐藤久美、金田繁、加納誠一朗、市原和夫  スタチンによる 格筋細胞におけるアポトーシス誘導機構の解明 第127回日本薬学会北海道支部例会 2006/12
板垣麻衣、高栗郷、加納誠一朗、金田繁、佐藤久美、市原和夫  ラット骨格筋由来L6細胞におけるHMG-CoA還元酵素阻害薬(スタチン)のアポトーシス誘導機構の解明 第75回日本薬理学会北部会 2006/9
高栗郷、板垣麻衣、金田繁、佐藤久美、徳光幸子*、市原和夫 3T3L1 脂肪細胞のインスリン情報伝達に及ぼすHMG-CoA 還元酵素阻害薬(スタチン)の影響 第5回生命科学研究会 2006/7
板垣麻衣、高栗郷、加納誠一朗、金田繁、佐藤久美、市原和夫 ラット骨格筋由来L6細胞におけるHMG-CoA還元酵素阻害薬(スタチン)のアポトーシス誘導機構の解明 第53回北海道薬学大会 2006/5
笠井俊典、高栗郷、孫凡、田口睦、金田繁、佐藤久美、市原和夫 グルコース高濃度条件下のHUVECsにおけるTNFα誘導接着分子発現とシンバスタチンの影響 日本薬学会第126年会 2005/3
高栗郷、板垣麻衣、金田繁、佐藤久美、徳光幸子、市原和夫 3T3L1脂肪細胞のインスリン情報伝達に及ぼすHMG-CoA還元酵素阻害薬(スタチン)の影響 日本薬学会第126年会 2005/3
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
日本薬学会編 スタンダード薬学シリーズⅡ  生物系薬学 東京化学同人 2015/10
香月博志、成田年、川畑篤史、佐藤久美 他 詳解 薬理学 廣川書店 2015/8
市原 和夫、佐藤 久美 スタチン!コレステロール低下薬のウソとホント 薬事日報社 2013/10
日本薬学会 編 スタンダード薬学シリーズ6 薬と疾病 IA. 薬の効くプロセス(1)薬理 東京化学同人 2009/12
百瀬弥寿徳 編 ファーマシューテイカルノート第2版 医学評論社 2008/2
小池勝男、市原和夫、佐藤久美 スタンダード薬学シリーズ6、薬と疾病 Ⅰ 薬の効くプロセス 東京化学同人 210-217 2005/10
佐藤久美 他 南山堂 医学大辞典第19版 ロゴヴィスタ株式会社 2005/3
Kano S, Okazaki Y, Nakai T, Satoh K, Hoshi K, Kohri H, Ichihara K The ischemic heart Kluwer Academic Publishers 451-460 1998/
Ichihara K, Satoh K, Nakai T Protection against ischemia/reperfusion damage of the heart Springer-Verlag 215-227 1998/
矢崎義雄、遠藤政夫、佐藤久美他 カルシウム拮抗薬—解明された基礎と臨床への応用 医薬ジャーナル社 119-127 1995/7
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
佐藤久美   神経伝達物質の異常とうつ病性障害・治療薬 道薬誌 28 10 4-12 2011/10
佐藤久美  神経伝達物質の異常とパーキンソン病・治療薬 道薬誌 28 9 5-12 2011/9
佐藤久美  神経伝達物質の異常と統合失調症・治療薬 道薬誌 28 8 4-13 2011/8
佐藤久美  神経伝達物質の機能と中枢神経系疾患 道薬誌 28 7 6-13 2011/7
市原和夫、 佐藤久美 アゼルニジピンの虚血性心疾患に対する作用 Progress in Medicine 24 11 2665-2669 2004/11
佐藤久美 心筋虚血障害 日本冠疾患学会雑誌 9 2 87-90 2003/2
佐藤久美 スタチンの選択 道薬誌 19 9 16-19 2002/9
Ichihara K, Satoh K Disparity between angiographic regression and clinical event rates with hydrophobic statins. Lancet 359 9324 2195-2198 2002/6
佐藤久美、山本敦子、市原和夫 高脂血症治療薬の種類と特徴—HMG-CoA還元酵素阻害 薬局 51 8 1823-1831 2000/8
市原 和夫、佐藤 久美、山本 敦子、星  勝治 高コレステロール血症治療薬HMG-CoA還元酵素阻害薬は虚血性心疾患を予防できるか? 日本薬理学雑誌 114 6 142-149 1999/10
市原和夫、 佐藤久美 心臓微小循環 日本薬理学雑誌 113 4 227-34 1999/4
市原和夫、 佐藤久美 イヌ虚血スタニングに対するHMG-CoA還元酵素阻剤の影響 Progress in Medicine 18 5 989-995 1998/5
市原和夫、中井徹、 佐藤久美、加納誠一郎、 星勝治 虚血性心筋障害細胞内ATP 心筋の構造と代謝 187 45-49 1996/10
陰山研、 村上猛、 佐藤久美、 市原和夫、村元信之介、川口秀明、北畠顕 サブタイプ特異的なG蛋白質βサブユニットの細胞内局在とβアドレナリン受容体 心筋の構造と代謝 17 129-135 1995/10
佐藤久美 虚血性心疾患の病態モデル動物におよぼすHMG-CoA還元酵素阻害薬の影響 北海道薬科大学 1995/2