エストロゲンの代謝活性化に関する研究

女性ホルモンのエストロゲンは、代謝活性化により変異原性物質となり乳がん等の発がんリスクを上昇させます。この発がん機序の解明と、発がん過程における阻害薬の開発を目指しています。

薬学部
薬学科

臨床薬学専攻(博士課程)

教授

博士(薬学)

伊藤 慎二
( イトウ シンジ )

学位

博士(薬学):北海道薬科大学:1993年

研究分野

分析化学/医薬化学

キーワード

エストロゲン/代謝活性化/乳がん/発がんメカニズム/がん化学予防

学会・社会活動等

日本薬学会代議員/日本分析化学会理事/日本化学会代表正会員/日本癌学会/日本がん予防学会/北海道分析化学賞

エピソード

48歳で、第1種放射線取扱主任者免状を取得しましたが、年を取ってからの受験は大変でした。

研究・学術活動

  • 論文(72件)
  • 会議論文(0件)
  • 紀要(0件)
  • 講演(96件)
  • 著書(26件)
  • 作品(0件)
  • 受賞(0件)
  • その他(2件)
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
Mihara Y., Sikder M.T., Yamagishi H., Sasaki T., Kurasaki M., Itoh S., Tanaka S., Adsorption kinetic model of alginate gel beads synthesized micro particle-prussian blue to remove cesium ions from water J Water Process Eng 10 9-19 2016/4
Mihara Y., Sikder M.T., Yamagishi H., Sasaki T., Kurasaki M., Itoh S., Tanaka S., Adsorption kinetic model of alginate gel beads synthesized micro particle-prussian blue to remove cesium ions from water J Water Process Eng 10 9-19 2016/4
Okahashi Y., Iwamoto T., Suzuki N., Shibutani S., Sugiura S., Itoh S., Nishiwaki T., Ueno S., and Mori T. Quantitative detection of 4-hydroxyequilenin-DNA adducts in mammalian cells using an immunoassay with a novel monoclonal antibody Nucleic Acids Research 38 12 e133 2010/4
Okahashi Y., Iwamoto T., Suzuki N., Shibutani S., Sugiura S., Itoh S., Nishiwaki T., Ueno S., and Mori T. Quantitative detection of 4-hydroxyequilenin-DNA adducts in mammalian cells using an immunoassay with a novel monoclonal antibody Nucleic Acids Research 38 12 e133 2010/4
Kinning Poon, Shinji Itoh, Naomi Suzuki, Y. R. Santosh Laxmi, Itsuo Yoshizawa and Shinya Shibutani Miscoding Properties of 6α- and 6β-Diastereoisomers of the N2-(Estradiol-6-yl)-2′-deoxyguanosine DNA Adduct by Y-Family Human DNA Polymerases Biochemistry 47 25 6695-6701 2008/6
Kinning Poon, Shinji Itoh, Naomi Suzuki, Y. R. Santosh Laxmi, Itsuo Yoshizawa and Shinya Shibutani Miscoding Properties of 6α- and 6β-Diastereoisomers of the N2-(Estradiol-6-yl)-2′-deoxyguanosine DNA Adduct by Y-Family Human DNA Polymerases Biochemistry 47 25 6695-6701 2008/6
Yuko Matsumoto, Hideki Kuramitz, Shinji Itoh, Shunitz Tanaka New fluorometric enzyme immunoassay for 17β-estradiol by homogeneous reaction using biotinylated estradiol Talanta 69 3 663-668 2006/5
Yuko Matsumoto, Hideki Kuramitz, Shinji Itoh, Shunitz Tanaka New fluorometric enzyme immunoassay for 17β-estradiol by homogeneous reaction using biotinylated estradiol Talanta 69 3 663-668 2006/5
Itoh S., Shibutani S., Ikegami M., Watanabe S., Santosh Laxmi R. Y., Suzuki N., Kohda K., Takanashi K., and Yoshizawa I. Synthesis of Oligodeoxynucleotides Containing a Single 6α- or 6β-Diastereoisomer of N2-(Estradiol-6-yl)-2‘-deoxyguanosine. Chem. Res. Toxicol. 19 3 450-456 2006/2
Itoh S., Shibutani S., Ikegami M., Watanabe S., Santosh Laxmi R. Y., Suzuki N., Kohda K., Takanashi K., and Yoshizawa I. Synthesis of Oligodeoxynucleotides Containing a Single 6α- or 6β-Diastereoisomer of N2-(Estradiol-6-yl)-2‘-deoxyguanosine. Chem. Res. Toxicol. 19 3 450-456 2006/2
Matsumoto Yuko, Kuramitz Hideki, Itoh Shinji, Tanaka Shunitz Quantitative analysis of 17?-estradiol in river water by fluorometric enzyme immunoassay using biotinylated estradiol Analytical Sciences 21 3 219-224 2005/3
Matsumoto Yuko, Kuramitz Hideki, Itoh Shinji, Tanaka Shunitz Quantitative analysis of 17?-estradiol in river water by fluorometric enzyme immunoassay using biotinylated estradiol Analytical Sciences 21 3 219-224 2005/3
Satoh Takashi, Tomikawa Yuki, Takanashi Kaori, Itoh Shinji, Itoh Shungo, Yoshizawa Itsuo Studies on the interactions between drugs and estrogen. III. Inhibitory effects of 29 drugs reported to induce gynecomastia on the glucuronidation of estradiol Biological and Pharmaceutical Bulletin 27 11 1844-1849 2004/11
Satoh Takashi, Tomikawa Yuki, Takanashi Kaori, Itoh Shinji, Itoh Shungo, Yoshizawa Itsuo Studies on the interactions between drugs and estrogen. III. Inhibitory effects of 29 drugs reported to induce gynecomastia on the glucuronidation of estradiol Biological and Pharmaceutical Bulletin 27 11 1844-1849 2004/11
Suzuki Naomi, Itoh Shinji, Poon Kinning, Masutani Chikahide, Hanaoka Fumio, Ohmori Haruo, Yoshizawa Itsuo, Shibutani Shinya Translesion synthesis past estrogen-derived DNA adducts by human DNA polymerases η and κ Biochemistry 43 20 6304-6311 2004/5
Suzuki Naomi, Itoh Shinji, Poon Kinning, Masutani Chikahide, Hanaoka Fumio, Ohmori Haruo, Yoshizawa Itsuo, Shibutani Shinya Translesion synthesis past estrogen-derived DNA adducts by human DNA polymerases η and κ Biochemistry 43 20 6304-6311 2004/5
Satoh Takashi, Munakata Haruka, Fujita Ken-ichi, Itoh Shinji, Itoh Shungo, Kamataki Tetsuya, Yoshizawa Itsuo Studies on the interactions between drug and estrogen. II. On the inhibitory effect of 29 drugs reported to induce gynecomastia on the oxidation of estradiol at C-2 or C-17 Biological and Pharmaceutical Bulletin 26 5 695-700 2003/5
Satoh Takashi, Munakata Haruka, Fujita Ken-ichi, Itoh Shinji, Itoh Shungo, Kamataki Tetsuya, Yoshizawa Itsuo Studies on the interactions between drug and estrogen. II. On the inhibitory effect of 29 drugs reported to induce gynecomastia on the oxidation of estradiol at C-2 or C-17 Biological and Pharmaceutical Bulletin 26 5 695-700 2003/5
Itoh Yoshimi, Matsuda Noriko, Matsuura Keiko, Watanabe Kazuhiro, Takanashi Kaori, Itoh Shinji, Takagi Hidetoshi, Yoshizawa Itsuo On the structure of hydroxylated metabolites of estradiol 17-sulfate by rat liver microsomes Steroids 67 11 907-915 2002/10
Satoh Takashi, Itoh Shinji, Seki Toshio, Itoh Shungo, Nomura Norikazu, Yoshizawa Itsuo On the inhibitory action of 29 drugs having side effect gynecomastia on estrogen production The Journal of Steroid Biochemistry and Molecular Biology 82 2-3 209-16 2002/10
Itoh Yoshimi, Matsuda Noriko, Matsuura Keiko, Watanabe Kazuhiro, Takanashi Kaori, Itoh Shinji, Takagi Hidetoshi, Yoshizawa Itsuo On the structure of hydroxylated metabolites of estradiol 17-sulfate by rat liver microsomes Steroids 67 11 907-915 2002/10
Satoh Takashi, Itoh Shinji, Seki Toshio, Itoh Shungo, Nomura Norikazu, Yoshizawa Itsuo On the inhibitory action of 29 drugs having side effect gynecomastia on estrogen production The Journal of Steroid Biochemistry and Molecular Biology 82 2-3 209-16 2002/10
Kuramitz Hideki, Natsui Junpei, Sugawara Kazuharu, Itoh Shinji, Tanaka Shunits Electrochemical evalution of the interaction between endocrine disrupter chemicals and estrogen receptor using 17β-estradiol labeled with daunomycin Analytical Chemistry 74 3 533-538 2002/2
Kuramitz Hideki, Natsui Junpei, Sugawara Kazuharu, Itoh Shinji, Tanaka Shunits Electrochemical evalution of the interaction between endocrine disrupter chemicals and estrogen receptor using 17β-estradiol labeled with daunomycin Analytical Chemistry 74 3 533-538 2002/2
Itoh Yoshimi, Takanashi Kaori, Itoh Shinji, Yoshizawa Itsuo High-performance liquid chromatographic separation of potential hydroxylated metabolites of estradiol 17-sulfate by female rat liver microsomes(査読付) Analytical Sciences 17 5 659-661 2001/5
Itoh Yoshimi, Takanashi Kaori, Itoh Shinji, Yoshizawa Itsuo High-performance liquid chromatographic separation of potential hydroxylated metabolites of estradiol 17-sulfate by female rat liver microsomes(査読付) Analytical Sciences 17 5 659-661 2001/5
Satoh Takashi, FujitaKen-ichi, Munakata Haruka, Itoh Shinji, Nakamura Katsunori, Kamataki Tetsuya, Itoh Shungo, Yoshizawa Itsuo Studies on the interactions between drugs and estrogen: Analytical method for predictin system of gynecomastia induced by drugs on the inhibitory metabolism of estradiol using Escherichia coli coexpressing human CYP3A4 with human NADPH-cytochrome P450 red Analytical Biochemistry 286 2 179-186 2000/11
Satoh Takashi, FujitaKen-ichi, Munakata Haruka, Itoh Shinji, Nakamura Katsunori, Kamataki Tetsuya, Itoh Shungo, Yoshizawa Itsuo Studies on the interactions between drugs and estrogen: Analytical method for predictin system of gynecomastia induced by drugs on the inhibitory metabolism of estradiol using Escherichia coli coexpressing human CYP3A4 with human NADPH-cytochrome P450 red Analytical Biochemistry 286 2 179-186 2000/11
Itoh Yoshimi, Matsuda Noriko, Harada Kohji, Takanashi Kaori, Watanabe Kazuhiro, Takagi Hidetoshi, Itoh Shinji, Yoshizawa Itsuo Synthesis of 6- and 7-hydroxyestradiol 17-sulfates: The potential metabolites of estradiol 17-sulfate by female rat liver microsomes Steroids 64 4 363-370 1999/4
Itoh Yoshimi, Matsuda Noriko, Harada Kohji, Takanashi Kaori, Watanabe Kazuhiro, Takagi Hidetoshi, Itoh Shinji, Yoshizawa Itsuo Synthesis of 6- and 7-hydroxyestradiol 17-sulfates: The potential metabolites of estradiol 17-sulfate by female rat liver microsomes Steroids 64 4 363-370 1999/4
Itoh Shinji, Hirai Toshiaki, Totsuka Yukari, Takagi Hidetoshi, Tashiro Yumiko, Wada Koji, Wakabayashi Keiji, Shibutani Shinya, Yoshizawa Itsuo Identification of estrogen-modified nucleosides from calf thymus DNA reacted with 6-hydroxyestrogen 6-sulfates Chemical Research in Toxicology 11 11 1312-1318 1998/11
Itoh Shinji, Hirai Toshiaki, Totsuka Yukari, Takagi Hidetoshi, Tashiro Yumiko, Wada Koji, Wakabayashi Keiji, Shibutani Shinya, Yoshizawa Itsuo Identification of estrogen-modified nucleosides from calf thymus DNA reacted with 6-hydroxyestrogen 6-sulfates Chemical Research in Toxicology 11 11 1312-1318 1998/11
Terashima Isamu, Suzuki Naomi, Itoh Shinji, Yoshizawa Itsuo, Shibutani Shinya Mutagenic specificity of model estrogen-DNA adducts in mammalian cells Biochemistry 37 24 8803-8807 1998/6
Terashima Isamu, Suzuki Naomi, Itoh Shinji, Yoshizawa Itsuo, Shibutani Shinya Mutagenic specificity of model estrogen-DNA adducts in mammalian cells Biochemistry 37 24 8803-8807 1998/6
Shibutani Shinya, Itoh Shinji, Yoshizawa Itsuo Miscoding properties of model estrogen-DNA adducts in reactions catalyzed by mammalian and E. coli DNA polymerases Biochemistry 36 7 1755-1765 1997/2
Shibutani Shinya, Itoh Shinji, Yoshizawa Itsuo Miscoding properties of model estrogen-DNA adducts in reactions catalyzed by mammalian and E. coli DNA polymerases Biochemistry 36 7 1755-1765 1997/2
Itoh Shinji, Yamauchi Akihiro, Itoh Yoshimi, Takagi Hidetoshi, Yoshizawa Itsuo Reaction of adenine with 6-hydroxyestrogen 6-sulfates: Model compounds to demonstrate carcinogenesis by estrogen Chemical and Pharmaceutical Bulletin 44 9 1754-1757 1996/9
Itoh Shinji, Yamauchi Akihiro, Itoh Yoshimi, Takagi Hidetoshi, Yoshizawa Itsuo Reaction of adenine with 6-hydroxyestrogen 6-sulfates: Model compounds to demonstrate carcinogenesis by estrogen Chemical and Pharmaceutical Bulletin 44 9 1754-1757 1996/9
高梨香織,渡辺一弘,伊藤慎二,鎌田摩樹,本間貴史,吉沢逸雄 D環抱合型エストロゲンの高速液体クロマトグラフィーによる一斉分離検出 分析化学 44 10 793-796 1995/10
高梨香織,渡辺一弘,伊藤慎二,鎌田摩樹,本間貴史,吉沢逸雄 D環抱合型エストロゲンの高速液体クロマトグラフィーによる一斉分離検出 分析化学 44 10 793-796 1995/10
Minami M, Terado M, Kudo M, Endo T, Hamaue N, Hirafuji M, Ohno K, Itoh S, Yoshizawa I, Parvez H. S. The hypotensive effects of intracerebroventricularly administered dopamine-3-O-sulfate in anesthetized rats Biogenic Amines 11 6 487-504 1995/6
Minami M, Terado M, Kudo M, Endo T, Hamaue N, Hirafuji M, Ohno K, Itoh S, Yoshizawa I, Parvez H. S. The hypotensive effects of intracerebroventricularly administered dopamine-3-O-sulfate in anesthetized rats Biogenic Amines 11 6 487-504 1995/6
Itoh Shinji, Matsuo Shigeki, Yoshizawa Itsuo On the acid-catalyzed D-homoannulation of pregnanetriol 20-sulfate and its C-20 isomeric sulfate Chemical and Pharmaceutical Bulletin 42 9 1736-1744 1994/9
Itoh Shinji, Matsuo Shigeki, Yoshizawa Itsuo On the acid-catalyzed D-homoannulation of pregnanetriol 20-sulfate and its C-20 isomeric sulfate Chemical and Pharmaceutical Bulletin 42 9 1736-1744 1994/9
伊藤慎二 20位硫酸抱合型5β-プレグナンの酸による転位反応(博士論文) 北海道薬科大学 全97 1993/3
伊藤慎二 20位硫酸抱合型5β-プレグナンの酸による転位反応(博士論文) 北海道薬科大学 全97 1993/3
Satoh Takashi, Watanabe Kazuhiro, Takanashi Kaori, Itoh Shinji, Takagi Hidetoshi, Yoshizawa Itsuo Evidence of direct conversion of testosterone sulfate to estradiol 17-sulfate by human placental microsomes Journal of Pharmacobio-Dynamics 15 8 427-436 1992/8
Satoh Takashi, Watanabe Kazuhiro, Takanashi Kaori, Itoh Shinji, Takagi Hidetoshi, Yoshizawa Itsuo Evidence of direct conversion of testosterone sulfate to estradiol 17-sulfate by human placental microsomes Journal of Pharmacobio-Dynamics 15 8 427-436 1992/8
Itoh Shinji, Ichikawa Harumi, Takagi Hidetoshi, Yoshizawa Itsuo On the rearrengement reactions of pregnanediol disulfate to Δ13- steroid, and its 20-isomeric sulfate to D-homosteroids (Clinical analysis on steroids. XLII) Chemical and Pharmaceutical Bulletin 36 11 4261-4268 1988/11
Itoh Shinji, Ichikawa Harumi, Takagi Hidetoshi, Yoshizawa Itsuo On the rearrengement reactions of pregnanediol disulfate to Δ13- steroid, and its 20-isomeric sulfate to D-homosteroids (Clinical analysis on steroids. XLII) Chemical and Pharmaceutical Bulletin 36 11 4261-4268 1988/11
伊藤慎二,吉沢逸雄 5β-Pregn-20-en-3α-ol のリトコール酸からの合成 薬学雑誌 105 5 507-511 1985/5
伊藤慎二,吉沢逸雄 5β-Pregn-20-en-3α-ol のリトコール酸からの合成 薬学雑誌 105 5 507-511 1985/5
吉沢逸雄、永田恭子、伊藤慎二 5β-Pregnane-3α, 20β-diol Disulfate の 3N 塩酸煮沸による分解について−ステロイドの臨床分析(第26報) 薬学雑誌 104 1 20-27 1984/1
吉沢逸雄、永田恭子、伊藤慎二 5β-Pregnane-3α, 20β-diol Disulfate の 3N 塩酸煮沸による分解について−ステロイドの臨床分析(第26報) 薬学雑誌 104 1 20-27 1984/1
Yoshizawa Itsuo, Itoh Shinji, Nagata Kyoko, Kawahara Norio Mechanism of the D-homoannulation of pregnanediol disulfate in refluxing 3N hydrochloric acid Chemical and Pharmaceutical Bulletin 31 11 3819-3828 1983/11
Yoshizawa Itsuo, Itoh Shinji, Nagata Kyoko, Kawahara Norio Mechanism of the D-homoannulation of pregnanediol disulfate in refluxing 3N hydrochloric acid Chemical and Pharmaceutical Bulletin 31 11 3819-3828 1983/11
Yoshizawa Itsuo, Nagata Kyoko, Itoh Shinji Confirmation of the involvement of C20-carbonium cation during the hot acid hydrolysis of pregnanediol disulfate (Clinical analysis on steroids. XXIII) Chemical and Pharmaceutical Bulletin 30 12 4325-4333 1982/12
Yoshizawa Itsuo, Nagata Kyoko, Itoh Shinji Confirmation of the involvement of C20-carbonium cation during the hot acid hydrolysis of pregnanediol disulfate (Clinical analysis on steroids. XXIII) Chemical and Pharmaceutical Bulletin 30 12 4325-4333 1982/12
Yoshizawa Itsuo, Oh'uchi Ryoko, Nagata Kyoko, Itoh Shinji, Kawahara Norio Isolation and structural elucidation of the degradation products of pregnanediol disulfate obtained by hot acid hydrolysis (Clinical analysis on steroids. XXI) Chemical and Pharmaceutical Bulletin 30 7 2474-2486 1982/7
Yoshizawa Itsuo, Oh'uchi Ryoko, Nagata Kyoko, Itoh Shinji, Kawahara Norio Isolation and structural elucidation of the degradation products of pregnanediol disulfate obtained by hot acid hydrolysis (Clinical analysis on steroids. XXI) Chemical and Pharmaceutical Bulletin 30 7 2474-2486 1982/7
吉沢逸雄、永田恭子、大内涼子、伊藤慎二 ステロイドの臨床分析(第16報)プレグナンジオール硫酸抱合体の合成 薬学雑誌 101 3 282-285 1981/3
吉沢逸雄、神谷恵利子、伊藤慎二 ステロイドの臨床分析(第18報)6,17-Dioxo-catechol Estrogen およびその関連化合物の合成 薬学雑誌 101 3 285-290 1981/3
吉沢逸雄、永田恭子、大内涼子、伊藤慎二 ステロイドの臨床分析(第16報)プレグナンジオール硫酸抱合体の合成 薬学雑誌 101 3 282-285 1981/3
吉沢逸雄、神谷恵利子、伊藤慎二 ステロイドの臨床分析(第18報)6,17-Dioxo-catechol Estrogen およびその関連化合物の合成 薬学雑誌 101 3 285-290 1981/3
吉沢逸雄、神谷恵利子、伊藤慎二  高速液体クロマトグラフィーによるグアヤコールエストロジェン異性体の分離定量法 臨床化学 10 2 155-159 1981/2
吉沢逸雄、神谷恵利子、伊藤慎二  高速液体クロマトグラフィーによるグアヤコールエストロジェン異性体の分離定量法 臨床化学 10 2 155-159 1981/2
吉沢逸雄、中川明子、神谷恵利子、伊藤慎二 ステロイドの臨床分析(第14報)2-ヒドロキシエストラジオール17β抱合体の合成 薬学雑誌 100 8 867-870 1980/8
吉沢逸雄、中川明子、神谷恵利子、伊藤慎二 ステロイドの臨床分析(第14報)2-ヒドロキシエストラジオール17β抱合体の合成 薬学雑誌 100 8 867-870 1980/8
Yoshizawa Itsuo, Nagata Kyoko, Oh'uchi Ryoko, Itoh Shinji, Kanaiwa Yoshio, Amiya Takashi Clinical analysis on steroids. XII. Occurrence of D-homoannulation during the hot acid hydrolysis of 5β-pregnane-3α, 20α-diol disulfate Steroids 36 1 87-96 1980/7
Yoshizawa Itsuo, Nagata Kyoko, Oh'uchi Ryoko, Itoh Shinji, Kanaiwa Yoshio, Amiya Takashi Clinical analysis on steroids. XII. Occurrence of D-homoannulation during the hot acid hydrolysis of 5β-pregnane-3α, 20α-diol disulfate Steroids 36 1 87-96 1980/7
Yoshizawa Itsuo, Nakagawa Akkiko, Kamiya Eriko, Itoh Shinji, Ogiso Taketo Evidence of the directive effect of 17β-conjugate group on the enzymatic O-methylation of catechol estrogen Journal of Pharmacobio-Dynamics 3 6 317-319 1980/6
Yoshizawa Itsuo, Nakagawa Akkiko, Kamiya Eriko, Itoh Shinji, Ogiso Taketo Evidence of the directive effect of 17β-conjugate group on the enzymatic O-methylation of catechol estrogen Journal of Pharmacobio-Dynamics 3 6 317-319 1980/6
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
山根真歩、熊野由起、村津圭俊、三原義広、高梨香織、伊藤慎二 細胞膜透過性の向上を目指したChrysin誘導体の合成 日本薬学会第138年会(金沢) 2018/3
高梨香織、辻勇樹、三原義広、伊藤慎二 生体内細胞傷害に対する2-hydroxyestradiol と 2-hydroxyestradiol 17-sulfate による防御機構 日本薬学会第138年会(金沢) 2018/3
圓田裕司、三原義広、高梨香織、伊藤慎二、 シラカバ含有ベツリン酸の分析と抗腫瘍効果の検討 日本薬学会北海道支部第144回例会 2017/5
塚越麻美、三原義広、高梨香織、伊藤慎二、 生活習慣病予防に関連するフラボノイドの抗酸化作用の検討 日本薬学会北海道支部第144回例会 2017/5
小西真以、佐藤綾香、白井壮弥、三原義広、伊藤慎二、高梨香織、 シラカバ樹液の機能性表示食品としての可能性検討のための基礎研究 日本薬学会北海道支部第144回例会 2017/5
圓田裕司、三原義広、高梨香織、伊藤慎二、 シラカバ含有ベツリン酸の分析と抗腫瘍効果の検討 日本薬学会北海道支部第144回例会 2017/5
塚越麻美、三原義広、高梨香織、伊藤慎二、 生活習慣病予防に関連するフラボノイドの抗酸化作用の検討 日本薬学会北海道支部第144回例会 2017/5
小西真以、佐藤綾香、白井壮弥、三原義広、伊藤慎二、高梨香織、 シラカバ樹液の機能性表示食品としての可能性検討のための基礎研究 日本薬学会北海道支部第144回例会 2017/5
三原義広、高梨香織、伊藤慎二、 小腸上皮様細胞(Caco-2)におけるフラボノイド類透過性の分析 日本薬学会第137年会(仙台) 2017/3
伊藤慎二、笠谷侑美、 カテコールエストロゲンの位置選択的アシル化反応(その2) 日本薬学会第137年会(仙台) 2017/3
佐藤綾香、白井壮弥、中尾凱、三原義広、伊藤慎二、高梨香織、 過酸化水素による細胞傷害に対するシラカバ樹液の防御効果の検討 その2 日本薬学会第137年会(仙台) 2017/3
白井壮弥、佐藤綾香、大石悠斗、三原義広、伊藤慎二、高梨香織、 過酸化水素による細胞傷害に対するシラカバ樹液の防御効果の検討 その1 日本薬学会第137年会(仙台) 2017/3
三原義広、高梨香織、伊藤慎二、 小腸上皮様細胞(Caco-2)におけるフラボノイド類透過性の分析 日本薬学会第137年会(仙台) 2017/3
伊藤慎二、笠谷侑美、 カテコールエストロゲンの位置選択的アシル化反応(その2) 日本薬学会第137年会(仙台) 2017/3
佐藤綾香、白井壮弥、中尾凱、三原義広、伊藤慎二、高梨香織、 過酸化水素による細胞傷害に対するシラカバ樹液の防御効果の検討 その2 日本薬学会第137年会(仙台) 2017/3
白井壮弥、佐藤綾香、大石悠斗、三原義広、伊藤慎二、高梨香織、 過酸化水素による細胞傷害に対するシラカバ樹液の防御効果の検討 その1 日本薬学会第137年会(仙台) 2017/3
三原義広、高梨香織、伊藤慎二、 フラボノイド及びその類縁化合物の小腸上皮細胞に対する膜透過性の検討 日本分析化学会第65年会、札幌 2016/9
三原義広、高梨香織、伊藤慎二、 フラボノイド及びその類縁化合物の小腸上皮細胞に対する膜透過性の検討 日本分析化学会第65年会、札幌 2016/9
佐藤正和、大嶋啓司、三原義広、高梨香織、伊藤慎二、 フラボノイドの小腸上皮細胞を介した膜透過性 日本薬学会北海道支部第143回例会、札幌 2016/5
三原義広、高梨香織、若命浩二、伊藤慎二、 ライチ由来低分子ポリフェノール中の抗腫瘍活性成分の分析と腸管吸収性の検討 第76回分析化学討論会、岐阜 2016/5
佐藤正和、大嶋啓司、三原義広、高梨香織、伊藤慎二、 フラボノイドの小腸上皮細胞を介した膜透過性 日本薬学会北海道支部第143回例会、札幌 2016/5
三原義広、高梨香織、若命浩二、伊藤慎二、 ライチ由来低分子ポリフェノール中の抗腫瘍活性成分の分析と腸管吸収性の検討 第76回分析化学討論会、岐阜 2016/5
伊藤慎二、檜山亜由美、祐川美沙希、 カテコールエストロゲンの位置選択的アシル化反応 日本薬学会第136年会、横浜 2016/3
千田一輝、三原義広、若命浩二、高梨香織、伊藤慎二、 ライチ由来低分子ポリフェノール(Oligonol)中の抗腫瘍活性成分の探索 日本薬学会第136年会、横浜 2016/3
高梨香織、三原義広、伊藤慎二、 ヒト胎盤性2-hydroxyestradiol 17-sulfateの産生に関与するP450酵素特定の試み 日本薬学会第136年会、横浜 2016/3
伊藤慎二、檜山亜由美、祐川美沙希、 カテコールエストロゲンの位置選択的アシル化反応 日本薬学会第136年会、横浜 2016/3
千田一輝、三原義広、若命浩二、高梨香織、伊藤慎二、 ライチ由来低分子ポリフェノール(Oligonol)中の抗腫瘍活性成分の探索 日本薬学会第136年会、横浜 2016/3
高梨香織、三原義広、伊藤慎二、 ヒト胎盤性2-hydroxyestradiol 17-sulfateの産生に関与するP450酵素特定の試み 日本薬学会第136年会、横浜 2016/3
三原義広、伊藤慎二、田中俊逸、 Development of shuttle adsorbent between the bottom and surface of water for adsorption of pollutants THE INTERNATIONAL CHEMICAL CONGRESS OFPACIFIC BASIN SOCIETIES 2015、ホノルル 2015/12
三原義広、伊藤慎二、田中俊逸、 Development of shuttle adsorbent between the bottom and surface of water for adsorption of pollutants THE INTERNATIONAL CHEMICAL CONGRESS OFPACIFIC BASIN SOCIETIES 2015、ホノルル 2015/12
三原義広、高梨香織、伊藤慎二、  シラカバ抽出物に含有するCYP1B1および1A1阻害活性物質の分析と腸管吸収性の予測 第13回次世代を担う若手のためのフィジカルファーマフォーラム、長崎 2015/8
三原義広、高梨香織、伊藤慎二、  シラカバ抽出物に含有するCYP1B1および1A1阻害活性物質の分析と腸管吸収性の予測 第13回次世代を担う若手のためのフィジカルファーマフォーラム、長崎 2015/8
三原義広、辻雄介、大嶋啓司、伊藤慎二、 LC/MSを用いたシラカバ中フラボノイドの分析と小腸上皮細胞への透過性の検討 日本分析化学会第75回分析化学討論会、山梨 2015/5
三原義広、辻 雄介、大嶋啓司、若命浩二、佐藤隆司、渡辺一弘、伊藤慎二、 シラカバ抽出物に含有するCYP1B1阻害活性物質の分析と腸管吸収性の予測 日本薬学会北海道支部第142回例会、札幌 2015/5
三原義広、辻雄介、大嶋啓司、伊藤慎二、 LC/MSを用いたシラカバ中フラボノイドの分析と小腸上皮細胞への透過性の検討 日本分析化学会第75回分析化学討論会、山梨 2015/5
三原義広、辻 雄介、大嶋啓司、若命浩二、佐藤隆司、渡辺一弘、伊藤慎二、 シラカバ抽出物に含有するCYP1B1阻害活性物質の分析と腸管吸収性の予測 日本薬学会北海道支部第142回例会、札幌 2015/5
三原義広、 西崎颯斗、南洋、 伊藤慎二、 シラカバ抽出物に含有する CYP1B1 阻害活性物質の分析 日本薬学会第135年会、神戸 2015/3
伊藤慎二、斉藤大輔、坂川彩、三原義広、 フラボン類の併用によるCYP1B1阻害活性 日本薬学会第135年会、神戸 2015/3
三原義広、 西崎颯斗、南洋、 伊藤慎二、 シラカバ抽出物に含有する CYP1B1 阻害活性物質の分析 日本薬学会第135年会、神戸 2015/3
伊藤慎二、斉藤大輔、坂川彩、三原義広、 フラボン類の併用によるCYP1B1阻害活性 日本薬学会第135年会、神戸 2015/3
西崎颯斗、南洋、三原義広、伊藤慎二、 シラカバ抽出物含有成分によるCYP1B1阻害活性の評価 化学系学協会北海道支部2015年冬季研究発表会、札幌 2015/1
西崎颯斗、南洋、三原義広、伊藤慎二、 シラカバ抽出物含有成分によるCYP1B1阻害活性の評価 化学系学協会北海道支部2015年冬季研究発表会、札幌 2015/1
斉藤大輔、坂川彩、伊藤慎二、 CYP1B1阻害活性に及ぼすフラボン類の併用効果 日本薬学会北海道支部第141回例会、札幌 2014/5
斉藤大輔、坂川彩、伊藤慎二、 CYP1B1阻害活性に及ぼすフラボン類の併用効果 日本薬学会北海道支部第141回例会、札幌 2014/5
伊藤慎二、坂川彩、本田晴菜、梅澤雅利、Xin MENG、 フラボン類によるCYP1B1阻害活性の評価法による影響 日本薬学会第134年会、熊本 2014/3
伊藤慎二、坂川彩、本田晴菜、梅澤雅利、Xin MENG、 フラボン類によるCYP1B1阻害活性の評価法による影響 日本薬学会第134年会、熊本 2014/3
本田晴菜、梅澤雅利、伊藤慎二、 フラボンのCYP1B1阻害活性に及ぼす置換基の影響 日本薬学会北海道支部第140回例会、札幌 2013/5
本田晴菜、梅澤雅利、伊藤慎二、 フラボンのCYP1B1阻害活性に及ぼす置換基の影響 日本薬学会北海道支部第140回例会、札幌 2013/5
本田晴菜、Xin MENG、川村洋貴、今由香莉、清水理愛、伊藤慎二、  Estradiol の4位水酸化を指標とするフラボン類のCYP1B1阻害活性 日本薬学会第133年会、横浜 2013/3
本田晴菜、Xin MENG、川村洋貴、今由香莉、清水理愛、伊藤慎二、  Estradiol の4位水酸化を指標とするフラボン類のCYP1B1阻害活性 日本薬学会第133年会、横浜 2013/3
清水理愛、今由香莉、川村洋貴、伊藤慎二、 エストラジオールの4位水酸化を指標とするCYP1B1阻害剤の探索 日本薬学会北海道支部第138回例会、札幌 2012/6
清水理愛、今由香莉、川村洋貴、伊藤慎二、 エストラジオールの4位水酸化を指標とするCYP1B1阻害剤の探索 日本薬学会北海道支部第138回例会、札幌 2012/6
伊藤慎二、石王麻里乃、浮穴健太、谷磨紗美、星野寿裕、  CYP1B1によるエチニルエストラジオールの代謝 第21回日本医療薬学会年会、神戸 2011/10
伊藤慎二、石王麻里乃、浮穴健太、谷磨紗美、星野寿裕、  CYP1B1によるエチニルエストラジオールの代謝 第21回日本医療薬学会年会、神戸 2011/10
本田晴菜、浮穴健太、湯浅慎司、伊東佳美、伊藤慎二、  CYP2C11およびCYP2C12 によるestradiol 17-sulfate の代謝 日本薬学会北海道支部第136回例会、札幌 2011/5
谷磨砂美、石王麻里乃、星野寿裕、伊藤慎二、 CYP1B1による17α-ethinylestradiol代謝物のHPLC分析 日本薬学会北海道支部第136回例会、札幌 2011/5
本田晴菜、浮穴健太、湯浅慎司、伊東佳美、伊藤慎二、  CYP2C11およびCYP2C12 によるestradiol 17-sulfate の代謝 日本薬学会北海道支部第136回例会、札幌 2011/5
谷磨砂美、石王麻里乃、星野寿裕、伊藤慎二、 CYP1B1による17α-ethinylestradiol代謝物のHPLC分析 日本薬学会北海道支部第136回例会、札幌 2011/5
本田晴菜、伊藤慎二、浮穴健太、湯浅慎司、伊東佳美、 CYP2C11およびCYP2C12によるestradiol 17-sulfateの水酸化 日本薬学会第131年会、静岡 2011/3
浮穴健太、湯浅慎司、本田晴菜、伊藤慎二、 CYP1B1によるestradiol 17-sulfateの4位水酸化 日本薬学会第131年会、静岡 2011/3
本田晴菜、伊藤慎二、浮穴健太、湯浅慎司、伊東佳美、 CYP2C11およびCYP2C12によるestradiol 17-sulfateの水酸化 日本薬学会第131年会、静岡 2011/3
浮穴健太、湯浅慎司、本田晴菜、伊藤慎二、 CYP1B1によるestradiol 17-sulfateの4位水酸化 日本薬学会第131年会、静岡 2011/3
浮穴健太、湯浅慎司、伊藤慎二、 CYP2C9によるestradiol 17-sulfateの水酸化 日本薬学会北海道支部第134回例会、札幌 2010/5
浮穴健太、湯浅慎司、伊藤慎二、 CYP2C9によるestradiol 17-sulfateの水酸化 日本薬学会北海道支部第134回例会、札幌 2010/5
浮穴健太、湯浅慎司、本田晴菜、伊藤慎二、 Estrogenの硫酸抱合化に及ぼすNSAIDsの影響 日本薬学会第130年会、岡山 2010/3
湯浅慎司、浮穴健太、高梨香織、伊東佳美、伊藤慎二、 CYP2C8によるestradiol 17-sulfateの2位水酸化 日本薬学会第130年会、岡山 2010/3
浮穴健太、湯浅慎司、本田晴菜、伊藤慎二、 Estrogenの硫酸抱合化に及ぼすNSAIDsの影響 日本薬学会第130年会、岡山 2010/3
湯浅慎司、浮穴健太、高梨香織、伊東佳美、伊藤慎二、 CYP2C8によるestradiol 17-sulfateの2位水酸化 日本薬学会第130年会、岡山 2010/3
湯浅慎司、伊藤慎二、 Estradiolおよびestradiol 17-sulfateのヒト肝ミクロゾームによる水酸化の比較 日本薬学会北海道支部第133回例会、札幌 2009/11
湯浅慎司、伊藤慎二、 Estradiolおよびestradiol 17-sulfateのヒト肝ミクロゾームによる水酸化の比較 日本薬学会北海道支部第133回例会、札幌 2009/11
湯浅慎司、高梨香織、伊東佳美、伊藤慎二、 ヒト肝ミクロゾームによるestradiol 17-sulfateの水酸化代謝物の分析 日本薬学会北海道支部第132回例会、札幌 2009/5
湯浅慎司、高梨香織、伊東佳美、伊藤慎二、 ヒト肝ミクロゾームによるestradiol 17-sulfateの水酸化代謝物の分析 日本薬学会北海道支部第132回例会、札幌 2009/5
小松健一、櫻井秀彦、水上徳美、今井幹典、大野裕昭、丁野純男、高梨香織、丹保好子、村岡早苗、山下 浩、和田浩二、伊藤慎二、佐藤重一、高橋和彦、森田一彦、山下(金内)美紀、野呂瀬崇彦、 PBL形式による学習に対する2年次学生の意識調査の解析(2)−スタチンを題材として− 日本薬学会第129年会、京都 2009/3
櫻井秀彦、小松健一、水上徳美、今井幹典、大野裕昭、丁野純男、高梨香織、丹保好子、村岡早苗、山下 浩、和田浩二、伊藤慎二、佐藤重一、高橋和彦、森田一彦、山下(金内)美紀、野呂瀬崇彦、 PBL形式による学習に対する2年次学生の意識調査の解析(1)−チーム医療を題材として− 日本薬学会第129年会、京都 2009/3
湯浅慎司、伊藤慎二、高梨香織、伊東佳美、 ヒト肝ミクロゾームによる estradiol 17-sulfate の代謝物のHPLC分析 日本薬学会第129年会、京都 2009/3
郡 修徳、吉岡忠夫、伊藤慎二、小松健一、 北海道薬科大学における薬剤師再チャレンジ・スキルアッププログラム 日本薬学会第129年会、京都 2009/3
高梨香織、水上徳美、伊藤慎二、國仙久雄、 演習授業における学生の理解度に対するサポートスタッフ導入の効果(その2) 日本薬学会第129年会、京都 2009/3
小松健一、櫻井秀彦、水上徳美、今井幹典、大野裕昭、丁野純男、高梨香織、丹保好子、村岡早苗、山下 浩、和田浩二、伊藤慎二、佐藤重一、高橋和彦、森田一彦、山下(金内)美紀、野呂瀬崇彦、 PBL形式による学習に対する2年次学生の意識調査の解析(2)−スタチンを題材として− 日本薬学会第129年会、京都 2009/3
櫻井秀彦、小松健一、水上徳美、今井幹典、大野裕昭、丁野純男、高梨香織、丹保好子、村岡早苗、山下 浩、和田浩二、伊藤慎二、佐藤重一、高橋和彦、森田一彦、山下(金内)美紀、野呂瀬崇彦、 PBL形式による学習に対する2年次学生の意識調査の解析(1)−チーム医療を題材として− 日本薬学会第129年会、京都 2009/3
湯浅慎司、伊藤慎二、高梨香織、伊東佳美、 ヒト肝ミクロゾームによる estradiol 17-sulfate の代謝物のHPLC分析 日本薬学会第129年会、京都 2009/3
郡 修徳、吉岡忠夫、伊藤慎二、小松健一、 北海道薬科大学における薬剤師再チャレンジ・スキルアッププログラム 日本薬学会第129年会、京都 2009/3
高梨香織、水上徳美、伊藤慎二、國仙久雄、 演習授業における学生の理解度に対するサポートスタッフ導入の効果(その2) 日本薬学会第129年会、京都 2009/3
梅田純代、黒澤菜穂子、伊藤慎二、森田一彦、児玉毅、市原和夫、 「地域医療を支える医薬情報室のあり方」のアンケート調査報告 第55回北海道薬学大会、札幌 2008/5
郡 修徳、石森靖啓、市原和夫、伊藤慎二、佐藤重一、竹内伸仁、野呂瀬崇彦、早川 達、早勢伸正、早瀬幸俊、三浦俊明、吉岡忠夫、渡辺泰裕、 北海道薬科大学における人材育成への支援 第55回北海道薬学大会、札幌 2008/5
高梨香織、伊藤慎二、高橋和彦、 演習授業における学生の理解度に対するサポートスタッフ導入の効果 第55回北海道薬学大会、札幌 2008/5
梅田純代、黒澤菜穂子、伊藤慎二、森田一彦、児玉毅、市原和夫、 「地域医療を支える医薬情報室のあり方」のアンケート調査報告 第55回北海道薬学大会、札幌 2008/5
郡 修徳、石森靖啓、市原和夫、伊藤慎二、佐藤重一、竹内伸仁、野呂瀬崇彦、早川 達、早勢伸正、早瀬幸俊、三浦俊明、吉岡忠夫、渡辺泰裕、 北海道薬科大学における人材育成への支援 第55回北海道薬学大会、札幌 2008/5
高梨香織、伊藤慎二、高橋和彦、 演習授業における学生の理解度に対するサポートスタッフ導入の効果 第55回北海道薬学大会、札幌 2008/5
伊藤慎二、吉沢逸雄、 エストラジオール修飾デオキシアデノシンホスホロアミダイトの合成 日本薬学会第128年会、横浜 2008/3
高梨香織、伊藤慎二、高橋和彦、 演習授業における学生の理解度に対するサポートスタッフ導入の効果 日本薬学会第128年会、横浜 2008/3
伊藤慎二、吉沢逸雄、 エストラジオール修飾デオキシアデノシンホスホロアミダイトの合成 日本薬学会第128年会、横浜 2008/3
高梨香織、伊藤慎二、高橋和彦、 演習授業における学生の理解度に対するサポートスタッフ導入の効果 日本薬学会第128年会、横浜 2008/3
市原和夫、梅田純代、森田一彦、伊藤慎二、丹保好子、 薬学教育6年制導入に伴う本学図書館改革—蔵書の保管場所から情報発信基地へ— 第10回日本医薬品情報学会総会・学術大会、札幌 2007/7
市原和夫、梅田純代、森田一彦、伊藤慎二、丹保好子、 薬学教育6年制導入に伴う本学図書館改革—蔵書の保管場所から情報発信基地へ— 第10回日本医薬品情報学会総会・学術大会、札幌 2007/7
伊藤慎二、 硫酸抱合型ステロイドに関する研究 北海道支部2006年冬季研究発表会 札幌 2006/1
伊藤慎二、 硫酸抱合型ステロイドに関する研究 北海道支部2006年冬季研究発表会 札幌 2006/1
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
渡辺泰裕監修 多面的症例解析演習 京都廣川書店 2014/4
渡辺泰裕監修 多面的症例解析演習 京都廣川書店 2014/4
小林典裕・藤井洋一編集 NEW薬品分析化学 第2版(第4章 定性分析) 廣川書店 111-136 2012/3
小林典裕・藤井洋一編集 NEW薬品分析化学 第2版(第5章 重量分析) 廣川書店 137-144 2012/3
小林典裕・藤井洋一編集 NEW薬品分析化学 第2版(第7章 容量分析各論 沈殿滴定) 廣川書店 204-218 2012/3
小林典裕・藤井洋一編集 NEW薬品分析化学 第2版(第4章 定性分析) 廣川書店 111-136 2012/3
小林典裕・藤井洋一編集 NEW薬品分析化学 第2版(第5章 重量分析) 廣川書店 137-144 2012/3
小林典裕・藤井洋一編集 NEW薬品分析化学 第2版(第7章 容量分析各論 沈殿滴定) 廣川書店 204-218 2012/3
中村 洋 編集 分析化学Ⅰ・Ⅱ 第4版(第24章 脂質分析) 廣川書店 449-465 2011/9
中村 洋 編集 分析化学Ⅰ・Ⅱ 第4版(第24章 脂質分析) 廣川書店 449-465 2011/9
大和田栄治 早川達 渡辺泰裕 症例まるごと基礎から解析 臨床薬学総論患者ケアへのアプローチ 京都廣川書店 2010/4
大和田栄治 早川達 渡辺泰裕 症例まるごと基礎から解析 臨床薬学総論患者ケアへのアプローチ 京都廣川書店 2010/4
小林典裕・藤井洋一編集 NEW薬品分析化学(第5章 重量分析) 廣川書店 139-149 2007/3
小林典裕・藤井洋一編集 NEW薬品分析化学(第7章 容量分析各論 7.3 沈殿滴定 廣川書店 213-229 2007/3
中村 洋 編集 分析化学I・II 第3版(第24章 脂質分析) 廣川書店 437-453 2007/3
小林典裕・藤井洋一編集 NEW薬品分析化学(第5章 重量分析) 廣川書店 139-149 2007/3
小林典裕・藤井洋一編集 NEW薬品分析化学(第7章 容量分析各論 7.3 沈殿滴定 廣川書店 213-229 2007/3
中村 洋 編集 分析化学I・II 第3版(第24章 脂質分析) 廣川書店 437-453 2007/3
片山正光、高橋英明、乗木新一郎、伊藤八十男、加藤拓紀、小澤幸男、三浦敏明、田中俊逸、中村博、高木英利、伊藤慎二、他48名 水の分析 第5版(4章 水の分析に適用される方法 4.9 イムノアッセイ) 化学同人 163-167 2005/6
片山正光、高橋英明、乗木新一郎、伊藤八十男、加藤拓紀、小澤幸男、三浦敏明、田中俊逸、中村博、高木英利、伊藤慎二、他48名 水の分析 第5版(4章 水の分析に適用される方法 4.9 イムノアッセイ) 化学同人 163-167 2005/6
吉沢逸雄、三浦敏明、伊藤慎二 環境ホルモンと人類の未来 三共出版 1-18 2003/6
吉沢逸雄、三浦敏明、伊藤慎二 環境ホルモンと人類の未来 三共出版 1-18 2003/6
乗木新一郎、伊藤純一、加藤拓紀、齋藤 健、笹木圭子、佐々木胤則、高木英利、田中俊逸、中村 博、伊藤慎二、他27名 演習で学ぶ環境 三共出版 95-98 2002/3
乗木新一郎、伊藤純一、加藤拓紀、齋藤 健、笹木圭子、佐々木胤則、高木英利、田中俊逸、中村 博、伊藤慎二、他27名 演習で学ぶ環境 三共出版 95-98 2002/3
片山正光、高橋英明、乗木新一郎、伊藤八十男、加藤拓紀、小澤幸男、三浦敏明、田中俊逸、中村博、高木英利、伊藤慎二、他48名 環境の化学分析 三共出版 259-265 1998/3
片山正光、高橋英明、乗木新一郎、伊藤八十男、加藤拓紀、小澤幸男、三浦敏明、田中俊逸、中村博、高木英利、伊藤慎二、他48名 環境の化学分析 三共出版 259-265 1998/3
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
伊藤慎二 エストロゲンと発癌−代謝活性化による発がん機構− 道薬誌 19 10 2-6 2002/10
伊藤慎二 エストロゲンと発癌−代謝活性化による発がん機構− 道薬誌 19 10 2-6 2002/10