アイヌ伝承の薬用及び食用植物の生理活性成分の探索研究

北海道に自生するアイヌ有用植物の成分より新たな生理活性化合物を見出し、医薬品を創製することができれば、原材料となる植物の新たな薬用資源としての可能性が期待され、北海道の一次産業の新しい展開として期待できます。

薬学部
薬学科

臨床薬学専攻(博士課程)

教授

博士(薬学)

和田 浩二
( ワダ コウジ )

学位

博士(薬学):北海道薬科大学:2001年

研究分野

天然物化学/有機化学/医薬化学

キーワード

植物成分探索/アルカロイド/生理活性成分探索/核磁気共鳴法(NMR)/創薬/クルクミン化合物/クマリン化合物

学会・社会活動等

日本薬学会代議員/日本薬学会北海道支部幹事/日本生薬学会代議員/日本生薬学会北海道支部委員

免許

薬剤師免許/臨床検査技師免許

資格

赤十字救急法救急員/赤十字雪上安全法救助員Ⅱ

エピソード

「抗がん薬を目指した天然化合物誘導体の開発研究」「クマリン環を有する新しい光学異性体識別試薬の開発研究」も行っています。

研究・学術活動

  • 論文(51件)
  • 会議論文(0件)
  • 紀要(0件)
  • 講演(94件)
  • 著書(2件)
  • 作品(0件)
  • 受賞(0件)
  • その他(3件)
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
H. Yamashita, K. Takeda, M. Haraguchi, Y. Abe, N. Kuwahara, S. Suzuki, A. Terui, T. Masaka, N. Munakata, M. Uchida, M. Nunokawa, K. Kaneda, M. Goto, K.-H. Lee, K. Wada, Four new diterpenoid alkaloids from Aconitum japonicum subsp. subcuneatum J. Nat. Med. 72 1 230-237 2018/1
H. Yamashita, M. Katoh, A. Kokubun, A. Uchimura, S. Mikami, A. Takeuchi, K. Kaneda, Y. Suzuki, M. Mizukami, M. Goto, K.-H. Lee, K. Wada, Four new C19-diterpenoid alkaloids from Delphinium elatum Phytochem. Lett. 24 6-9 2018/1
K.Wada, M. Goto, H. Yamashita, K. Nagasawa, Novel Chiral Derivatizing Agents for 1H NMR Determination of Enantiomeric Purities of Carboxylic Acid Heterocycles 94 5 964-978 2017/5
k. Wada, E. Asakawa, Y, Tosho, A. Nakata, Y. Hasegawa, K. Kaneda, M. Goto, K.H Lee Four new diterpenoid alkaloids from?Delphinium elatum Phytochem. Lett. 17 190-193 2016/9
K. Wada, R. Chiba, R. Kanazawa, K. Matsuoka, M. Suzuki, M. Ikuta, M. Goto, H. Yamashita, K.-H. Lee, Six new norditerpenoid alkaloids from Delphinium elatum Phytochemistry Lett. 12 79-83 2015/6
K. Wada, E. Ohkoshi, Y. Zhao, M. Goto, S. L. Morris-Natschke, K.-H. Lee, , Evaluation of Aconitum diterpenoid alkaloids as antiproliferative agents Bioorg. Med. Chem. Lett. 25 7 1525-1531 2015/4
K. Wada, J-Y Lee, H-Y Hung, Q. Shi, L. Lin, Y. Zhao, M. Goto, P-C Yang, S-C Kuo, H-W Chen, K-H Lee Novel curcumin analogs to overcome EGFR?TKI lung adenocarcinoma drug resistance and reduce EGFR?TKI-induced GI adverse effects Bioorg. Med. Chem. 23 7 1507-1514 2015/4
M. Mizukami, K. Wada, G. Sato, Y. Ishii, N. Kawahara, S. Nagumo, Novel method for construction of tetrahydro-1-benzazepine and tetrahydro-2-benzazepine based on 7-endo selective Friedel-Crafts cyclization of vinyloxirane Tetrahedron 69 20 4120-4138 2013/5
Hazawa M, Wada K, Kashiwakura I., The Aconitum C20-diterpenoid alkaloid derivatives regulate the growth and differentiation of cord blood derived human hematopoietic stem/progenitor cells Phytother. Res. 26 8 1262-1264 2012/8
K. Wada CHEMISTRY AND BIOLOGICAL ACTIVITY OF DITERPENOID ALKALOIDS Studies in Nat. Prod. Chem. 38 191-223 2012/8
Qian Shi, Koji Wada, Emika Ohkoshi, Li Lin, Rong Huang, Susan L. Morris-Natschke, Masuo Goto, Kuo-Hsiung Lee, Antitumor agents 290. Design, synthesis, and biological evaluation of new LNCaP and PC-3 cytotoxic curcumin analogs conjugated with anti-androgens Bioorg. Med. Chem. 20 13 4020-4031 2012/6
K.-H. Lee, S. Morris-Natschke, K. Qian, Y. Dong, X. Yang, R. Huang, T. Zhou, E. Belding, S.-F. Wu, Q. Shi, H. Itokawa, K. Wada, T. Akiyama, Recent Progress of Research on Herbal Products Used in Traditional Chinese Medicine J. Trad. Complement. Med. 2 1 6-26 2012/1
Wada K., Ohkoshi E., Morris-Natschke S.L., Bastow K.F., Lee K.H., Cytotoxic esterified diterpenoid alkaloid derivatives with increased selectivity against a drug-resistant cancer cell line Bioorg. Med. Chem. Lett. 22 1 249-252 2012/1
Hazawa M., Wada K., Takahashi K., Mori T., Kawahara N., Kashiwakura I. Structure-activity relationships between the Aconitum C20-diterpenoid alkaloid derivatives and the growth suppressive activities of Non-Hodgkin’s lymphoma Raji cells and human hematopoietic stem/progenitor cells Investig. New Drugs 29 1 1-8 2011/1
Wada K, Hazawa M, Takahashi K, Mori T, Kawahara N, Kashiwakura I. Structure-activity relationships and the cytotoxic effects of novel diterpenoid alkaloid derivatives against A549 human lung carcinoma cells J. Nat. Med. 65 1 43-49 2011/1
Hazawa M., Wada, K. Takahashi, T. Mori, N. Kawahara, and I. Kashiwakura Suppressive effects of novel derivatives prepared from Aconitum alkaloids on tumor growth Investig. New Drugs 27 2 111-119 2009/4
Wada, K. and Kawahara K. Diterpenoid and norditerpenoid alkaloids from the roots of Aconitum yesoense var. macroyesoense Helv. Chim. Acta 92 4 629-637 2009/4
Nagumo S., Mizukami M., Wada K., Miura T., Bando H., Kawahara N., Hashimoto Y., Miyashita M. and Akita H Novel construction of hydro-2-benzazepines based on 7-endo selective Friedel-Crafts-type reaction of vinyloxiranes Tetrahedron Lett. 48 48 8558-8561 2007/11
Wada K., Hazawa M., Takahashi K., Mori T., Kawahara N., and Kashiwakura I. Inhibitory Effects of Diterpenoid Alkaloids on the Growth of A172 Human Malignant Cells J. Nat. Prod. 70 12 1854-1858 2007/11
和田浩二 トリカブト属ジテルペンアルカロイドのLC-APCI-MSによる構造解析と末梢血流量増加作用について 薬学雑誌 122 11 929-956 2002/11
K.Wada, T.Mori and N.Kawahara  Application of Liquid Chromatography-Atmospheric Pressure Chemical Ionization Mass Spectrometry to the Differentiation of Stereoisomeric Diterpenoid Alkaloids Chemical and Pharmaceutical Bulletin 48 7 1065-1074 2000/7
K.Wada, T.Mori and N.Kawahara Stereochemistry of norditerpenoid alkaloids by liquid chromatography- atmospheric pressure chemical ionization mass spectrometry Journal of Mass Spectrometry 35 5 432-439 2000/5
K.Wada, T.Mori and N.Kawahara Application of Liquid Chromatography?Atmospheric Pressure Chemical Ionization Mass Spectrometry to the Differentiation of Stereoisomeric C19-Norditerpenoid Alkaloids Chemical and Pharmaceutical Bulletin 48 5 660-668 2000/5
K.Wada, S.Ishizuki, T.Mori, E.Fujihira and N.Kawahara Effects of Aconitum Alkaloid Kobusine and Pseudokobusine Derivatives on Cutaneous Blood Flow in Mice; II Biological and Pharmaceutical Bulletin 23 5 607-615 2000/5
S.Itoh, T.Hirai, Y.Totsuka, H.Takagi, Y.Tashiro, K.Wada, K.Watanabe, S.Shibutani, and I.Yoshizawa Identification of Estrogen-Modified Nucleosides from Calf Thymus DNA Reacted with 6-Hydroxyestrogen 6-Sulfates Chemical Research in Toxicology 11 11 1312-1318 1998/11
K.Wada, S.Ishizuki, T.Mori, E.Fujihira and N.Kawahara Effects of Aconitum Alkaloid Kobusine and Pseudokobusine Derivatives on Cutaneous Blood Flow in Mice Biological and Pharmaceutical Bulletin 21 2 140-146 1998/2
K.Wada, S.Ishizuki, T.Mori, H.Bando, M.Murayama and N.Kawahara Effects of Alkaloids from Aconitum yesoense var. macroyesoense on Cutaneous Blood Flow in Mice Biological and Pharmaceutical Bulletin 20 9 978-982 1997/9
K.Nagasawa, R.Okazaki, A.Yamashita, K.Ito, and K.Wada New crystalline N-(coumarin-4-yl)-L-pyroglutamic acid. The first synthesis and application to 1H NMR optical purity determination of alcohols and amines Heterocycles 45 6 1047-1050 1997/6
K.Wada, H.Bando and N.Kawahara Analysis of Aconitum Alkaloids in Clonally Propagated Aconitum yesoense var. macroyesoense by Liquid Chromatography-Atmospheric Pressure Chemical Ionization Mass Spectrometry Natural Medicines 51 1 37-39 1997/1
和田浩二、坂東英雄、川原徳夫 組織培養によるテリハブシの増殖に関する研究 Natural Medicines 49 3 298-302 1995/9
和田浩二 トリカブトとその周辺 ファルマシア 31 5 459-461 1995/5
K.Nagasawa, A.Yamashita, S.Katoh, K.Ito, and K.Wada N-Coumarinyl-L-proline, a novel chiral derivatizing agent for 1H nmr determination of enantiomeric purities of alcohols and amines Chemical and Pharmaceutical Bulletin 43 2 344-346 1995/2
K.Wada, H.Bando, N.Kawahara, T.Mori and M.Murayama Determination and quantitative analysis of Aconitum japonicum by liquid chromatography atomospheric pressure chemical ionization mass spectrometry Biol Mass Spectrom 23 2 97-102 1994/2
K.Wada, H.Bando and N.Kawahara Determination and quantitative analysis of Aconitum alkaloids in plants by liquid chromatography-atomospheric pressure chemical ionization mass spectrometry Journal of Chromatography A 644 1 43-48 1993/7
K.Wada, T.Yamamoto, H.Bando, and N.Kawahara Four diterpenoid alkaloids from Delphinium elatum Phytochemistry 31 6 2135-2138 1992/6
K.Wada, H.Bando, and N.Kawahara Studies on Aconitum Species. XIII. Two New Diterpenoid Alkaloids from Aconitum yesonese var. macroyesoense (Nakai) Tamura. VI. Heterocycles 31 6 1081-1088 1990/6
K.Wada, H.Bando, and N.Kawahara Studies on Aconitum Species. XIV. Deoxygenation of pseudokobusine to kobusine Heterocycles 32 7 1297-1300 1990/6
K.Wada, H.Bando, and N.Kawahara Studies on Aconitum Species. XI. Two new diterpenoid alkaloids from Aconitum yesoense var. macroyesoense (NAKAI) TAMURA V Heterocycles 29 11 2141-2148 1989/11
H.Bando, K.Wada, J.Tanaka, S.Kimura, E.Hasegawa, and T.Amiya Two new alkaloids from Delphinium pacific giant and revised 13C-NMR assignment of delpheline Heterocycles 29 7 1293-1300 1989/7
T.Mori, T.Ohsawa, M.Murayama, H.Bando, K.Wada, and T.Amiya Studies on Aconitum Species. VIII. Components of "Kako-busi-matsu” Heterocycles 29 5 873-885 1989/5
和田浩二、坂東英雄、和田理穂、網谷孝 テリハブシの主要塩基成分および Pseudokobusine 誘導体の鎮痛効果 生薬雑誌 43 1 50-54 1989/1
H.Bando, K.Wada, T.Amiya, Y.Fujimoto, and K.Kobayashi Studies on the constituents of Aconitum Species. VII. On the components of Aconitum japonicum THUNB. Heterocycles 27 9 2167-2174 1988/9
K.Wada, H.Bando, and T.Amiya Studies on Aconitum Species. VI. Yesoline, a new C20-diterpenoid alkaloids from Aconitum yesoense var. macroyesoense (NAKAI) TAMURA Heterocycles 27 5 1249-1252 1988/5
H.Bando, K.Wada, T.Amiya, Y.Fujimoto, and K.Kobayashi Structures of secojesaconitine and subdesculine, two new diterpenoid alkaloids from Aconitum japonicum THUNB. Chemical and Pharmaceutical Bulletin 36 4 1604-1606 1988/4
H.Bando, K.Wada, T.Amiya, Y.Fujimoto, K.Kobayashi, and T.Sakurai Studies on Aconitum Species. V. Constituents of Aconitum yesoense var. macroyesoense (NAKAI) TAMURA Heterocycles 26 10 2623-2637 1987/10
H.Bando, K.Wada, M.Watanabe, T.Mori, and T.Amiya Studies on the constituents of Aconitum Species. IV. On the components of Aconitum japonicum THUNB. Chemical and Pharmaceutical Bulletin 33 11 4717-4722 1985/11
K.Wada, H.Bando, and T.Amiya Two new C20-diterpenoid alkaloids from Aconitum yesoense var. macroyesoense (NAKAI) TAMURA. Structures of dehydrolucidusculine and N-deethyldehydrolucidusculine Heterocycles 23 10 2473-2477 1985/10
K.Wada, H.Bando, T.Mori, R.Wada, Y.Kanaiwa, and T.Amiya Studies on the constituents of Aconitum Species. III. On the components of Aconitum subcuneatum NAKAI Chemical and Pharmaceutical Bulletin 33 9 3685-3661 1985/9
T.Mori, H.Bando, Y.Kanaiwa, K.Wada, and T.Amiya Studies on the constituents of Aconitum Species. II. Structure of deoxyjesaconitine Chemical and Pharmaceutical Bulletin 31 8 2884-2886 1983/8
T.Mori, H.Bando, Y.Kanaiwa, K.Wada, R.Sato, and T.Amiya The transformation of mesaconitine to isodelphinine: deoxygenation of bridgehead hydroxyl Chemical and Pharmaceutical Bulletin 31 4 1422-1423 1983/4
H.Bando, Y.Kanaiwa, K.Wada, T.Mori, and T.Amiya Structure of deoxyjesaconitine. A new diterpene alkaloid from Aconitum subcuneatum NAKAI Heterocycles 16 10 1723-1725 1981/10
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
原田真弓、高橋周兵、上坂優希、加藤ナンシーマリセル、藤川加奈、山下絵里菜、中根孝久、柴田敏郎、坂東英雄、山下浩、和田浩二 キタコブシ (Magnolia kobus DC. var. borealis Sarg.) の成分研究 (2) 日本薬学会第138年会 2018/3
Hiroshi Yamashita, Madoka Matsuzaki, Yuria Kurokawa, Takahisa Nakane, Toshiro Shibata, Hideo Bando, Koji Wada Four new triterpenoids from Euonymus alatus f. ciliatodentatus 2017 The American Society of Pharmacognosy Annual Meeting 2017/7
Megumi Katoh, Akane Kokubun, Ayano Uchimura, Sakina Mikami, Ayana Takeuchi, Hiroshi Yamashita, Koji Wada Four new C19-diterpenoid alkaloids from Delphiniumum elatum 2017 The American Society of Pharmacognosy Annual Meeting 2017/7
山下絵里菜、高橋周兵、太田裕也、藤川加奈、上坂優希、柴田敏郎、坂東英雄、山下浩、和田浩二 キタコブシ(Magnolia kobus DC. var. borealis Sarg.)の成分研究(2) 」 日本薬学会北海道支部第144回例会 2017/5
加藤ナンシーマリセル、太田裕也、山下絵里菜、中根孝久、柴田敏郎、坂東英雄、山下浩、和田浩二 キタコブシ (Magnolia kobus DC. var. borealis Sarg.) の成分研究 日本薬学会第137年会 2017/3
加藤 愛、國分あかね、山下 浩、和田浩二 Delphinium 属植物の塩基成分の探索研究(6) 日本薬学会第137年会 2017/3
小林大祐、山下浩、和田浩二 オクトリカブトの塩基成分の探索研究(7) 」 日本生薬学会第63回年会 2016/9
K. Wada, K. Takeda, M. Haraguchi, Y. Abe, N Kuwahara, S. Suzuki, A. Terui, T. Masaka, N. Munakata, M. Uchida, M. Nunokawa, H. Yamashita, M. Goto, K.H. Lee Four new diterpenoid alkaloids from Aconitum japonicum 9th Joint Natural Products Conference 2016, Copenhagen, Denmark 2016/7
加藤愛、國分あかね、三上咲菜、竹内綾菜、内村彩乃、山下浩、和田浩二 Delphinium属 植物の塩基成分の探索研究(5) 日本薬学会北海道支部第143回例会 2016/5
小林大祐、鈴木翔太、山下浩、和田浩二 オクトリカブトの塩基成分の探索研究(6) 日本薬学会北海道支部第143回例会 2016/5
山下 浩、吉田崇将、千徳亮介、松崎円香、中根孝久、和田浩二、柴田敏郎、坂東英雄 ニシキギ科植物コマユミの成分研究(9) 日本薬学会第136年会 2016/3
鈴木翔太、竹田桂子、眞坂拓実、照井絢佳、桑原菜摘、宗像奈央子、内田麻梨子、原口真智子、布川昌史、阿部優紀、山下浩、和田浩二 オクトリカブトの塩基成分の探索研究(5) 日本薬学会第136年会 2016/3
和田浩二、後藤益生、E. Ohkoshi, K.H. Lee ジテルペノイドアルカロイド誘導体による多剤耐性がん細胞を標的とした化学療法増感剤の開発 第33回メディシナルケミストリーシンポジウム 2015/11
Asakawa E., Tosho Y., Nakata A., Hasegawa Y., Yamashita H., Wada k., Four new C19-norditerpenoid alkaloids from Delphinium elatum 2015 Annual Meeting of the American Society of Pharmacognosy 2015/7
三上咲菜、竹内綾菜、内村彩乃、浅川英里加、中田絢子、長谷川裕子、東松美映、山下浩、和田浩二 Delphinium 属植物の塩基成分の探索研究(4) 」 日本薬学会北海道支部第142回例会 2015/5
R. Chiba, R. Kanazawa, K. Matsuoka, A. Nakata, Y. Tosho, E. Asakawa, M. Suzuki, M. Ikuta, H. Yamashita, K. Wada SEVEN C19-NORDITERPENOID ALKALOIDS FROM DELPHINIUM ELATUM 2014 Annual Meeting of the American Society of Pharmacognosy 2014/8
中田絢子、長谷川裕子、東松美映、浅川英里加、山下浩、和田浩二 Delphinium 属植物の塩基成分の探索研究(3) 日本薬学会北海道支部第141回例会 2014/5
眞坂拓実、照井絢佳、桑原菜摘、内田麻梨子、竹田桂子、宗像奈央子、山下浩、和田浩二 オクトリカブトの塩基成分の探索研究(4) 日本薬学会北海道支部第141回例会 2014/5
和田浩二 北海道産トリカブトのジテルペノイドアルカロイド成分と生理活性 日本生薬学会第60回年会、シンポジウム1「アイヌの医療と利用薬物」 2013/9
金澤里奈、千葉亮太、松岡慧、鈴木都子、生田翠、和田浩二 Delphinium 属植物の塩基成分の探索研究(2) 日本生薬学会第60回年会 2013/9
Wada K, Ohkoshi E, Bastow KF, Lee KH New Advances with C20-Diterpenoid Alkaloids as Anticancer Agents 2013 Annual Meeting of the American Society of Pharmacognosy 2013/7
和田浩二 日本におけるトリカブト属植物の研究の歴史- 北海道産トリカブト属植物を中心に- 日本薬史学会 北海道支部 2013年度 特別講演 2013/5
千葉亮太、松岡 慧、金澤里奈、鈴木都子、生田 翠、和田浩二 Delphinium 属植物の塩基成分の探索研究(1) 日本薬学会北海道支部第140回例会 2013/5
竹田桂子、宗像奈央子、内田麻梨子、和田浩二 オクトリカブトの塩基成分の探索研究(3) 日本薬学会北海道支部第140回例会 2013/5
阿部優紀、布川昌史、原口真智子、宗像奈央子、竹田桂子、内田麻梨子、和田 浩二 オクトリカブトの塩基成分の探索研究(2) 日本薬学会第133年会 2013/3
K. Wada, E. Ohkoshi, S. L. Morris-Natschke, K. F. Bastow, and K.-H. Lee, CYTOTOXIC ESTERIFIED DITERPENOID ALKALOID DERIVATIVES WITH INCREASE SELECTIVITY AGAINST A DRUG-RESISTANT CANCER CELL LINE the International Congress on Natural Products Research, New York City 2012/7
原口真智子、布川昌史、阿部優紀、和田浩二、 オクトリカブトの塩基成分の探索研究 日本薬学会北海道支部第138回例会 2012/6
和田浩二、Qian Shi、Li Lin, Emika Ohkoshi, Rong Huang, Masuo Goto, Kuo-Hsiung Lee、 抗前立腺癌薬を目指したクルクミン誘導体の開発研究 日本薬学会第132年会 2012/3
Koji Wada, Emika Ohkoshi, Kenneth F. Bastow, and Kuo-Hsiung Lee, Novel diterpenoid alkaloid derivatives as cytotoxic agents 8th AFMC International Medicinal Chemistry Symposium 2011/11
M. Mizukami, K. Wada, M. Imai, N. Kawahara, M. Miyashita, H. Akita, S. Nagumo, Novel method for construction of medium-sized cyclic amines based on intramolecularFriedel?Crafts reaction of vinyloxiranes 2010 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies 2010/12
Wada K., Hazawa M.,Takahashi K., Mori T., Kawahara N., Kashiwakura I.、 Structure-activity relationship study of novel diterpenoid alkaloid derivatives on the growth of A549 human lung carcinoma cells 50th Annual Meeting of the American Society of Pharmacognosy 2009/6
村岡早苗、丹保好子、和田浩二、櫻井秀彦、古田精一、村上智彦、渡辺一弘、 臨床能力を育む地域密着型体験実習:薬剤師業務経験学習(3年生)〜夕張での学習を中心に〜 第13回日本地域薬局薬学会年会 2009/6
丹保好子、村岡早苗、和田浩二、櫻井秀彦、古田精一、村上智彦、渡辺一弘、 北海道薬科大学における臨床能力を育む体験型実習:薬剤師業務経験学習(3年生)〜夕張での学習を中心に〜 第 56回北海道薬学大会 2009/5
小松健一、櫻井秀彦、水上徳美、今井幹典、大野裕昭、丁野純男、高梨香織、丹保好子、村岡早苗、山下浩、和田浩二、伊藤慎二、佐藤重一、高橋和彦、森田一彦、山下(金内)美妃、野呂瀬崇彦 北海道薬科大学2年生のPBL学習における意識調査(2)?スタチンをテーマとして? 第 56回北海道薬学大会 2009/5
櫻井秀彦、小松健一、水上徳美、今井幹典、大野裕昭、丁野純男、高梨香織、丹保好子、村岡早苗、山下浩、和田浩二、伊藤慎二、佐藤重一、高橋和彦、森田一彦、山下(金内)美妃、野呂瀬崇彦 北海道薬科大学2年生のPBL学習における意識調査(1)?チーム医療をテーマとして? 第 56回北海道薬学大会 2009/5
丹保好子、村岡早苗、和田浩二、櫻井秀彦、渡辺一弘、 北海道薬科大学医療人GP平成20年度活動報告(3):医療関連施設等での経験学習(3年生) 日本薬学会第 129 年会 2009/3
和田浩二、羽澤勝治、高橋賢次、盛 孝男、川原徳夫、柏倉幾郎、 ヒト腫瘍細胞増殖抑制作用を有するジテルペンアルカロイド誘導体の構造活性相関 日本薬学会第 129 年会 2009/3
櫻井秀彦、小松健一、水上徳美、今井幹典、大野裕昭、丁野純男、高梨香織、丹保好子、村岡早苗、山下浩、和田浩二、伊藤慎二、佐藤重一、高橋和彦、森田一彦、山下(金内)美妃、野呂瀬崇彦、 PBL形式による学習に対する2年次学生の意識調査の解析(1)−チーム医療を題材として− 日本薬学会第 129 年会 2009/3
櫻井秀彦、小松健一、水上徳美、今井幹典、大野裕昭、丁野純男、高梨香織、丹保好子、村岡早苗、山下浩、和田浩二、伊藤慎二、佐藤重一、高橋和彦、森田一彦、山下(金内)美妃、野呂瀬崇彦、 PBL形式による学習に対する2年次学生の意識調査の解析(2)−スタチンを題材として− 日本薬学会第 129 年会 2009/3
和田浩二、羽澤勝治、高橋賢次、盛 孝男、川原徳夫、柏倉幾郎、 ジテルペンアルカロイド及び新規誘導体のヒトリンパ腫及びヒト造血幹細胞の増殖に対する作用 日本生薬学会第55年会 2008/9
大野裕昭、立浪良介、田中三栄子、遠藤菊太郎、島森美光、小松健一、水上徳美、山下浩、高橋淳、桜井光一、村岡早苗、丹保好子、和田浩二、櫻井秀彦、渡辺一弘、“北海道薬科大学 医療人GP 臨床能力を育む地域体験型学習とその支援” 第18回 日本医療薬学会年会 2008/9
M. HAZAWA, K. WADA, K. TAKAHASHI, T. MORI, N. KAWAHARA and I. KASHIWAKURA、 Suppressive effects of novel derivatives prepared from Aconitum alkaloids on the growth of human Raji lymphoma cells ISEH 37th Annual Scientific Meeting 2008/7
羽澤勝治、和田浩二、高橋賢次、盛 孝男、川原徳夫、柏倉幾郎、 トリカブト属アルカロイド新規誘導体のヒトリンパ腫及びヒト造血幹細胞の増殖に対する作用 第38回放射線による制癌シンポジウム−基礎と臨床の対話−・第47回日本医学放射線学会生物部会学術大会 2008/6
和田浩二、羽澤勝治、高橋賢次、盛 孝男、川原徳夫、柏倉幾郎、 ジテルペンアルカロイドとその誘導体によるヒト腫瘍細胞増殖抑制作用 日本薬学会第 128 年会 2008/3
羽澤勝治、和田浩二、高橋賢次、盛 孝男、川原徳夫、柏倉幾郎、 トリカブト属アルカロイド新規誘導体による増殖抑制作用 第37回放射線による制癌シンポジウム−基礎と臨床の対話−・第46回日本医学放射線学会生物部会学術大会 2007/7
和田浩二、羽澤勝治、高橋賢次、盛 孝男、川原徳夫、柏倉幾郎、 腫瘍細胞増殖抑制活性を有するジテルペンアルカロイドの探索 日本薬学会第 127 年会 2007/3
和田浩二、羽澤勝治、高橋賢次、盛 孝男、川原徳夫、柏倉幾郎、 ジテルペンアルカロイドとその誘導体の細胞増殖抑制活性 第25回メディシナルケミストリーシンポジウム 2006/11
和田浩二、近江 崇、長澤一男、 1H-NMR によるキラルアルコールおよびアミンに対するクマリン核含有キラル誘導化試薬の開発研究・2 日本薬学会第 126 年会 2006/3
水上徳美、和田浩二、南雲紳史、川原徳夫、坂東英雄、秋田弘幸、 Amaryllidaceae アルカロイド Montanine の合成研究 (4) 日本薬学会第 126 年会 2006/3
水上徳美、和田浩二、南雲紳史、川原徳夫、坂東英雄、秋田弘幸、 ビニルエポキシドの 7-endo 環化選択的フリーデルクラフツ反応を基盤とする(-)-モンタニンの合成研究(2) 日本化学会第86回春季年会 2006/3
和田浩二、後藤瑞子、長澤一男 1H-NMR 専用キラルアルデヒドおよびカルボン酸に対するクマリン核含有キラル誘導化試薬の開発研究・7 日本薬学会第 125 年会 2005/3
水上徳美、和田浩二、南雲紳史、川原徳夫、秋田弘幸 Amaryllidaceae アルカロイド Montanine の合成研究 (3) 日本薬学会第 125 年会 2005/3
水上徳美、和田浩二、南雲紳史、川原徳夫、秋田弘幸 ビニルエポキシドの 7-endo 環化選択的フリーデルクラフツ反応を基盤とする(-)-モンタニンの合成研究 日本化学会第 84 回春季年会 2004/
和田浩二、後藤瑞子、長澤一男 1H-NMR 専用キラルアルデヒドおよびカルボン酸に対するクマリン核含有キラル誘導化試薬の開発研究・6 日本薬学会第 124 年会 2004/
水上徳美、和田浩二、南雲紳史、川原徳夫、秋田弘幸 Amaryllidaceae アルカロイド Montanine の合成研究 (2) 日本薬学会第 124 年会 2004/
水上徳美、和田浩二、川原徳夫、南雲紳史、秋田弘幸 7-endo 環化選択的分子内Friedel-Crafts反応を基盤とする (-)-montanineの合成研究 第122回日本薬学会北海道支部例会 2004/
長澤一男、和田浩二、伊藤慎二 クマリン核含有キラル誘導化試薬の開発研究 第30回反応と合成の進歩シンポジウム 2004/
三浦淑恵、和田浩二、水上徳美、南雲紳史、川原徳夫 6-6 アザスピロ型フェノニウムカチオンを経由する新規環拡大反応 第 119 回日本薬学会北海道支部例会 2003/
南雲紳史、和田浩二、水上徳美、三浦淑恵、三好以里恵、川原徳夫、秋田弘幸 窒素含有ビニルエポキシドの 7-エンド環化選択的 Friedel-Crafts 反応およびその展開 第 33 回複素環化学討論会 2003/
和田浩二、南雲紳史、三好以里恵、川原徳夫 ベンジルアミンとビニルエポキシドの酸触媒的分子内反応の検討 日本薬学会第 122 年会 2002/
和田浩二、水上徳美、斉藤以里恵、南雲紳史、川原徳夫 ビニルエポキシドの分子内フリーデルクラフツ反応を利用した含窒素中員環の新規構築法 第 118 回日本薬学会北海道支部例会 2002/
島森美光、森田一彦、和田浩二 薬学部入学生のコンピュータ使用経験の変遷とこれからの情報処理教育 日本薬学会第 121 年会 2001/
和田浩二 トリカブト属ジテルペンアルカロイドの LC-APCI-MS による構造解析と末梢血流量増加作用について 第 116 回日本薬学会北海道支部例会 2001/
和田浩二、盛孝男、川原徳夫 マススペクトルによるジテルペンアルカロイドの構造解析の試み 日本薬学会第 119 年会 1999/
島森美光、和田浩二、森田一彦 薬系大学における情報処理教育 日本薬学会第 118 年会 1998/
和田浩二、坂東英雄、川原徳夫 テリハブシの新規アルカロイド成分の構造 日本薬学会第 117 年会 1997/
森田一彦、和田浩二、島森美光 薬科大学におけるコンピュータリテラシ 第 11 回私情協大会 1997/
和田浩二、坂東英雄、川原徳夫 組織培養によるテリハブシの増殖に関する研究(その2):アルカロイドの分析 日本薬学会第 116 年会 1996/
和田浩二、盛 孝男、石突 諭、坂東英雄、川原徳夫、藤平栄一、村山光雄、三浦力 テリハブシ由来アルカロイドの末梢血流量に対する影響 日本薬学会第 115 年会 1995/
和田浩二、坂東英雄、川原徳夫 組織培養によるテリハブシの増殖に関する研究 日本生薬学会北海道支部第 19 回例会 1995/
和田浩二、坂東英雄、川原徳夫、盛 孝男、村山光雄 LC/MS によるトリカブト属アルカロイドの分析 日本薬学会第 113 年会 1993/
和田浩二、坂東英雄、川原徳夫 Pseudokobusine から Kobusine への変換 日本薬学会第 111 年会 1991/
和田浩二、山本崇子、坂東英雄、川原徳夫 Delphinium pacific giant (種子)のアルカロイド成分について 日本薬学会第 110 年会 1990/
和田浩二、坂東英雄、網谷 孝 トリカブト属植物成分の研究.テリハブシの塩基成分について V 日本薬学会第 109 年会 1989/
盛 孝男、大沢孝臣、村山光雄、坂東英雄、和田浩二、網谷 孝 加工ブシ末の成分とその鎮痛効果および抗炎症作用について 日本薬学会第 109 年会 1989/
和田浩二、坂東英雄、田中淳子、木村幸恵、長谷川恵久美、網谷 孝、川原徳夫 Delphinium pacific giant (種子)のアルカロイド成分について 日本生薬学会北海道支部第 13 回例会 1989/
和田浩二、坂東英雄、和田理穂、網谷 孝、小林公子、藤本康雄 トリカブト属植物成分の研究.銭凾産トリカブトの塩基成分について 日本薬学会第 108 年会 1988/
坂東英雄、和田浩二、和田理穂、網谷 孝 銭凾産オクトリカブトの新 C19 型アルカロイドの構造とアコニチン型アルカロイドの鎮痛活性について 日本生薬学会北海道支部第 12 回例会 1988/
坂東英雄、和田浩二、和田理穂、金岩孝夫、網谷 孝 オクトリカブトのジテルペン型アルカロイドの構造および鎮痛活性 第 30 回天然有機化合物討論会 1988/
坂東英雄、船越栄樹、和田浩二、和田理穂、網谷 孝 銭凾産トリカブトの成分研究 日本薬学会第 107 年会 1987/
和田浩二、吉田智美、坂東英雄、網谷 孝 トリカブト属植物成分の研究.テリハブシの塩基成分について III 日本薬学会第 107 年会 1987/
坂東英雄、和田浩二、和田理穂、田中淳子、網谷 孝 Delphinium pacific giant (種子)のアルカロイド成分について 日本生薬学会北海道支部第 11 回例会 1987/
和田浩二、坂東英雄、網谷 孝、藤本康雄、小林公子 トリカブト属植物成分の研究.テリハブシの塩基成分について IV 日本生薬学会第 34 回年会 1987/
H. Bando, K. Wada, R. Wada, T. Amiya Studies on Aconitum species : Structures and Analgesic Activity of Alkaloids Isolated from Aconitum japonicum THUNB. The Japanese-United States Congress of Pharmaceutical Sciences 1987/
K. Wada, H. Bando, R. Wada, T. Amiya Studies on Aconitum species : Structures and Analgesic Activity of Alkaloids Isolated from Aconitum yesoense var. macroyesoense (NAKAI) TAMURA The Japanese-United States Congress of Pharmaceutical Sciences 1987/
金岩孝夫、坂東英雄、和田浩二、和田理穂、網谷 孝 北海道(層雲峡)産トリカブトの塩基成分について 日本薬学会第 106 年会 1986/
和田浩二、坂東英雄、金岩孝夫、和田理穂、田中淳子、船越栄樹、網谷 孝 トリカブト属植物成分の研究.テリハブシの塩基成分について 日本薬学会第 106 年会 1986/
和田浩二、坂東英雄、網谷 孝 トリカブト属植物成分の研究.テリハブシの塩基成分について 日本生薬学会第 33 回年会 1986/
渡辺正喜、坂東英雄、和田浩二、網谷 孝 銭凾産トリカブトの成分研究.アコニチン型 C-8 位 alkoxy 誘導体とそれらの急性毒性について 日本薬学会第 105 年会 1985/
和田浩二、渡辺正喜、坂東英雄、金岩孝夫、盛 孝男、佐藤理穂、網谷 孝 トリカブト属植物成分の研究.オクトリカブトの成分について 日本薬学会第 104 年会 1984/
渡辺正喜、和田浩二、坂東英雄、網谷 孝 銭凾産トリカブトの成分について.アコニットアルカロイドの C-8 位 alkoxy derivative について 日本生薬学会北海道支部第 8 回例会 1984/
盛 孝男、坂東英雄、金岩孝夫、和田浩二、佐藤理穂、網谷 孝 Mesaconitine から Isodelphinine への変換 日本薬学会第 103 年会 1983/
網谷 孝、坂東英雄、金岩孝夫、盛 孝男、和田浩二 トリカブト属植物成分の研究.Deoxyjesaconitine の単離と Jesaconitine の Deoxyjesaconitine への変換 日本薬学会第 103 年会 1983/
網谷 孝、坂東英雄、金岩孝夫、盛 孝男、和田浩二 トリカブト属植物成分の研究.エゾトリカブトの成分について 日本生薬学会北海道支部第 5 回例会 1981/
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
渡辺泰裕 監修 多面的症例解析演習 京都廣川書店 第3章慢性閉塞性肺疾患(COPD) 2014/4
大和田榮治 監修 症例まるごと基礎から解析[第2版]臨床薬学総論、患者ケアへのアプローチ 京都廣川書店 パーキンソン病 2010/4
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
和田浩二 アイヌ伝承の薬用及び食用植物の生理活性成分の探索研究 北海道の研究開発?研究開発支援事業 研究成果報告書? 1998/10
和田浩二 北海道産トリカブトの研究 北海道企画振興部 1992/
和田浩二 札幌市定山渓産テリハブシの成分研究 北海道企画振興部 1989/