活性酸素によるミトコンドリア機能障害と疾患に関する研究

生体は栄養素を摂取してエネルギーに変換し、生理機能を維持しています。ミトコンドリアは、細胞内に存在する生体エネルギーを産生とともに、脂質を含む種々物質の代謝合成を行う小器官です。このエネルギー産生には、空気中の酸素分子を利用しますが、副産物として反応性の極めて高い活性酸素が生成し、機能障害を惹起します。この機能障害が、がん、糖尿病、心疾患や運動機能障害に関与することが示唆れています。私は活性酸素生成機構とエネルギー生成障害及び細胞死誘導との関係について研究をしています。

薬学部
薬学科

臨床薬学専攻(博士課程)

教授

博士(薬学)

桜井 光一
( サクライ コウイチ )

学位

博士(薬学):北海道薬科大学:1995年

研究分野

薬学/生命科学/生化学/細胞生物学

キーワード

ミトコンドリア/活性酸素/アポトーシス/エネルギー産生/細胞/糖尿病

学会・社会活動等

日本薬学会代議員/日本生化学会/日本酸化ストレス学会

エピソード

入学して来た学生が、勉強をする喜びを感じて成長し、薬剤師となり卒業していくことに喜びを感じます。さらに社会人としての労働し、社会に貢献していることに感銘します。

研究・学術活動

  • 論文(37件)
  • 会議論文(0件)
  • 紀要(1件)
  • 講演(85件)
  • 著書(3件)
  • 作品(0件)
  • 受賞(0件)
  • その他(3件)
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
S Fujii, S Muraoka, A Miyamoto, and K Sakurai Linezolid-induced apoptosis through mitochondrial damage and role of superoxide dismutase-1 in human monocytic cell line U937 Yakugaku Zasshi 138 1 73-81 2018/1
村岡早苗、新田侑生、山田大樹、佐久間勇輔、市村碧唯、桜井光一 3T3-L1前駆脂肪細胞の脂肪細胞への分化に伴う抗酸化能の増加 薬学雑誌 137 9 1137-1145 2017/9
Koichi Sakurai, Mika Itoh. Mitochondrial respiration is associated with alloxan-induced mitochondrial permeability transition. Journal of Biophysical Chemistry 7 87-97 2016/9
Yoshimi Satoh, Kyohei Oyama, Koichi Sakurai. Hemin protects U937 cells from oxidative stress via glutathione synthesis. Journal of Biophysical Chemistry  5 13-23 2014/4
Fujii S. Takahashi S. Makino S. Kunimoto Y. Nakata H. Noda N. Sakurai K. Miyamoto A.  Impact of Vancomycin or Linezolid Therapy on Development of Renal Dysfunction and Thrombocytopenia in Japanese Patients. Chemotherapy 59 319-324 2013/12
Hironori Motoshige, Kyohei Oyama, Kiyoshi Takahashi, Koichi Sakurai. Involvement of phosphatidylinositol 3-kinase/Akt pathway in gemcitabine-induced apoptosis-like cell death in insulinoma cell line INS-1. Biological Pharmaceutical Bulletin  35 11 1932-1940 2012/11
Kyohei Oyama, Kiyoshi Takahashi, Koichi Sakurai. Hydrogen peroxide induces cell cycle arrest in cardiomyoblast H9c2 cells, which is related to hypertrophy. Biological Pharmaceutical Bulletin.  34 4 501-506 2011/4
Takuya Ichimura, Mika Ithoh, Kiyoshi Takahashi, Kyohei Oyama, Koichi Sakurai.   Involvement of mitochondrial swelling in cytochrome c release from mitochondria treated with calcium and alloxan. Journal of Biophysical Chemistry  2 1 10-18 2011/2
Kiyoshi Takahashi, Kyohei Oyama, Hironori Motoshige, Koichi Sakurai, Antioxidative action of N-a-tosyl-L-lysine chloromethyl ketone prevents death of glutathione-depleted cardiomyocytes induced by hydrogen peroxide. Journal of Biophysical Chemistry  1 3 164-171 2010/11
Oyama K., Takahashi K., and Sakurai K. Cardiomyocyte H9c2 cells exhibit differential sensitivity to intracellular reactive oxygen species generation with regard to their hypertrophic vs death responses to exogenously added hydrogen peroxide. J. Clin Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition 45 3 361-369 2009/11
大野裕昭、岡崎光洋、桜井光一、関俊暢、村上美穂、早勢信正、島森美光、郡 修徳、佐藤重一、渡辺一弘、渡辺泰裕、早瀬幸俊、市原和夫: 介護・養護施設における2年次学生を対象とした体験型学習の実施と評価 −地域医療に貢献する医療人の養成を目指して− 社会薬学 27 2 27-31 2009/2
Kyohei Takahashi, Koichi Sakurai, Kiyoshi Takahashi, HIroyuki Tanaka, Yukio Fujimoto. Necrotic pathway in human osteosarcoma Saos-2 cell death induced by Chloroacetaldehyde. Anti-Cancer Drugs 18 5 543-553 2007/6
Koichi Sakurai, Ami Nabeyama and Yukio Fujimoto : Ascorbate-mediate iron release from ferritin in the presence of alloxan BioMetals 19 3 323-333 2006/3
田中寛之、桜井光一、高橋 淳、藤本幸男 Requirement for Intracellular Free Thiols for Hydrogen Peroxide-Induced Hypertrophy in Cardiomyocytes. Jounal of Cellular Biochemistry 89 944-955 2003/8
加藤三佳、桜井光一、藤本幸男 アロキサンとアスコルビン酸の反応系におけるアロキサンラジカル誘導活性酸素生成 薬学雑誌 122 10 831-839 2002/10
桜井光一、加藤三佳、染野公男、藤本幸男 Apoptosis and Mitochondrial Damage in INS-1 Cells Treated with Alloxan. Biological Pharmaceutical Bulletin 24 8 876-882 2001/8
桜井光一、加藤三佳、藤本幸男 Alloxan-induced Mitochondrial Permeability Transition Triggered By Calcium, Thiol Oxidation, and Matrix ATP. The Journal of Biological Chemistry 276 29 26942-26946 2001/7
桜井光一、Detcho A. Stoyanovsky, 藤本幸男、 Arthur I. Cederbaum. Mitochondrial Permeability Transition Induced By 1-hydroxyethyl Radical. Free Radical Biology and Medicine 28 2 273-280 2000/2
桜井光一、Arthur I. Cederbaum. Oxidative Stress and Cytotoxicity Induced by Ferric-Nitrilotriacetate in HepG2 Cells That Express Cytochrome P450 2E1. Molecular Pharmacology 54 1024-1035 1998/6
Dayuan Gao, 桜井光一、加藤三佳、Jimin Chen, 小木曽健人 Inhibition of Microsomal Lipid Peroxidation by Baicalein: A Possible Formation of An Iron-Baicalein Complex. Biochemistry and Molecular Biology Internatonal 39 2 215-225 1996/3
Dayuan Gao, 桜井光一、Jimin Chen, 小木曽健人 Protection by Baicalein Against Ascorbic Acid-induced Lipid Peroxidation of Rat Liver Microsomes. Reseasch Communications in Molecular Pathology and Pharmacology 90 1 103-114 1995/10
桜井光一、小木曽健人 Effect of Ferritin on λDNA Strand Breaks in the Reaction System of Alloxan Plus NADPH-Cytochrome P450 Reductase: Ferritin’s Role in Diabetogenic Action of Alloxan. Biological Pharmaceutical Bulletin 18 2 262-266 1995/2
桜井光一、小木曽健人 アロキサンの糖尿病誘発作用に関与する活性酸素の研究     過酸化脂質研究 19 2 98-102 1995/2
桜井光一、小木曽健人 Generation of Alloxan Radical in Rat Islet Cells: Participation of NADPH: Cytochrome P-450 Reductase. Biological Pharmaceutical Bulletin 17 11 1451-1455 1994/11
桜井光一、羽賀かおり、小木曽健人 A Role of Iron In λDNA Strand Breaks in the Reaction System of Alloxan with Reduced Glutathione: Iron(III) Binding to the DNA. Biological Pharmaceutical Bulletin 17 2 227-231 1994/2
桜井光一、羽賀かおり、小木曽健人 Effect of Glutathione on λDeoxyribonucleic Acid Strand Breaks in the Reaction System of Glutathione-Alloxan in the Presence of Fe3+-Ethylenediamine-tetraacetic Acid. Chemical Pharmaceutical Bulletin 40 8 2147-2150 1992/8
桜井光一、羽賀かおり、小木曽健人 Enzymatic Generation of Alloxan Radicals in Rat Liver Microsomes: Possible Participation of Reduced Nicotiamide Adenine Dinucleotide Phosphate (NADPH)-Cytochrome P-450 Reductase. Chemical Pharmaceutical Bulletin 40 2 432-435 1992/2
桜井光一、三浦俊明、小木曽健人 アロキサンからのヒドロキシラジカル産生におけるアロキサンラジカルの役割 過酸化脂質研究 16 2 102-105 1992/2
桜井光一、小木曽健人 Inhibitory Effect of Glutathione on the Generation of Hydroxyl Radical in the Reaction System of Glutathione-Alloxan. Chemical Pharmaceutical Bulletin 39 3 737-742 1991/3
桜井光一、三浦俊明、小木曽健人 Role of Alloxan Radical in Generation of Hydroxyl Radical by Reaction of Alloxan with Glutathione in the Presence of Fe3+-Ethylenediaminetetraacetic Acid. Chemical Pharmaceutical Bulletin 38 4 993-997 1990/4
三浦俊明、桜井光一 Iron Release from Ferritin by Alloxan Radical. Life Science 43 25 2145-2149 1989/10
桜井光一、三浦俊明 Generation of Free Radicals by Alloxan in the Presence of Bovine Serum Albumin: A Role of Protein Sulfhydryl Groups in Alloxan Cytotoxicity. Biochemistry International 19 2 405-412 1989/8
桜井光一、小木曽健人 活性酸素による生体障害に関する研究 (第3報).膵臓ランゲルハンス氏島細胞存在下、ヒポキサンチン−キサンチン・オキシダーゼ反応系におけるヒドロキシルラジカル産生とインスリン分泌の阻害 薬学雑誌 109 2 102-106 1989/2
桜井光一、三浦俊明 Iron Release From Ferritin and Generation of Hydroxyl Radical in the Reaction System of Alloxan with Reduced Glutathione; A Role of Ferritin in Alloxan Toxicity. Chemical Pharmaceutical Bulletin 36 11 4534-4538 1988/11
桜井光一、小川陽子、三浦俊明、小木曽健人 活性酸素による生体障害に関する研究 (第2報).ヒポキサンチン−キサンチン・オキシダーゼのO2− 産生系における分離ランゲルハンス氏島からのインスリン分泌の阻害 薬学雑誌 108 2 150-155 1988/2
桜井光一、三浦俊明、小木曽健人 活性酸素による生体障害に関する研究 (第1報).アロキサン糖尿病発症に対する種々ヒドロキシル・ラジカル消去剤の防御作用 薬学雑誌 106 11 1034-1039 1986/11
三浦俊明、桜井光一、小木曽健人 Enhanced Lipid Peroxidation of Erythrocyte Membranes and Phosphatidylcholine Liposomes Induced by a Xanthine Oxidase in the Presence of Catalase. Chemical Pharmaceutical Bulletin 32 8 3227-3234 1984/8
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
桜井光一 アロキサンのλDNA鎖切断作用に対するグルタチオンの影響. (博士論文) 北海道薬科大学 1995/1
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
稲村明洋、王 月秋、平山(村岡)早苗、桜井光一 ゲムシタビンによるマイトファジーと細胞死の誘導 日本薬学会北海道支部第145回例会(札幌) 2018/5
新田侑生、平山(村岡)早苗、桜井光一 脂肪細胞の分化に伴う油滴の蓄積に対するカタラーゼの役割 日本薬学会北海道支部第145回例会(札幌) 2018/5
稲村明洋、平山(村岡)早苗、桜井光一 ゲムシタビンによる培養膵β細胞死におけるオートファジーの関与 日本薬学会第138回年会(金沢) 2018/3
平山(村岡) 早苗、新田 侑生、市村 碧唯、桜井 光一 3T3-L1脂肪細胞の抗酸化能に対するロシグリタゾンの影響 日本薬学会第138回年会(金沢) 2018/3
新田 侑生、平山(村岡) 早苗、神田 憲生、桜井 光一 脂肪細胞の分化に伴う油滴の蓄積に対するATZの影響 日本薬学会第138回年会(金沢) 2018/3
新田侑生、村岡早苗、桜井光一  脂肪細胞におけるミトコンドリア機能の抑制による油滴の減少とGAPDHの増加 第64回 北海道薬学大会 (札幌) 2017/5
東 敬太,稲村明洋,村岡早苗,藤居賢,桜井光一  リネゾリド誘導細胞死におけるミトコンドリア機能変化 第64回 北海道薬学大会 (札幌) 2017/5
稲村明洋、村岡早苗、桜井 光一  ゲムシタビンによるミトコンドリア機能変化とオートファジーの誘導 第64回 北海道薬学大会 (札幌) 2017/5
新田侑生、村岡早苗、桜井光一  3T3-L1細胞の分化に伴うミトコンドリア機能の変化とオートファジー 日本薬学会第137年会(仙台) 2017/3
村岡早苗、新田侑生、桜井光一  3T3-L1分化脂肪細胞による抗酸化能におけるオートファジーの役割 日本薬学会第137年会(仙台) 2017/3
東 敬太、村岡早苗、桜井光一  リネゾリドによるINS-1細胞の傷害とオートファジーの防御作用 日本薬学会第137年会(仙台) 2017/3
Sakuria K., Mogi T.,   Protective Mechanism of Hemoglobin Against Cell Damages in Alloxan and GSH System. Annual Meeting of the Society for Free Radical Research Europe 2016 (Budapest) 2016/6
三浦明香里、村岡早苗、桜井光一 有機ラジカル誘導脂質過酸化に対する3T3-L1細胞の影響 第143回日本薬学会北海道支部例会(札幌) 2016/5
嶋村 純、高橋まどか、藤居 賢、村岡早苗、桜井光一  U937単球および分化マクロファージに対するリネゾリドの影響 第143回日本薬学会北海道支部例会(札幌) 2016/5
新田侑生、本多礼於、村岡早苗、桜井光一  3T3-L1細胞の分化に伴うミトコンドリア機能と抗酸化能の変化 第143回日本薬学会北海道支部例会(札幌) 2016/5
村岡早苗、伊藤瑞希、山下 浩、桜井光一  分化3T3-L1脂肪細胞における脂肪含量とオートファジー誘導へのアイヌ有用植物エキスの影響 日本薬学会第136年会(横浜) 2016/3
稲村明洋、村岡早苗、桜井光一  ゲムシタビンによるINS-1 細胞へのオートファジー誘導 日本薬学会第136年会(横浜) 2016/3
Muraoka S, Yamada T, Sakuma Y, Sakurai K.., Change of anti-oxidative ability with differentiation to adipocytes. 2015 The American Society for Cell Biology Annual Meeting. (San Diego) 2015/12
村岡早苗、山田大樹、佐久間勇輔、桜井光一  3T3-L1脂肪細胞の分化に伴う抗酸化能の変化 第142回日本薬学会北海道支部例会(札幌) 2015/5
稲村明洋、村岡早苗、桜井光一  ゲムシタビンによる培養膵β細胞へのオートファジー誘導 第142回日本薬学会北海道支部例会(札幌) 2015/5
本多礼於、村岡早苗、桜井光一 3T3-L1脂肪細胞の脂肪蓄積におけるミトコンドリア機能 日本薬学会第135年会(神戸) 2015/3
新田侑生、村岡早苗、桜井光一  3T3-L1脂肪細胞の分化に伴う抗酸化能の変化におけるGSHとカタラーゼの関与 日本薬学会第135年会(神戸) 2015/3
山田大樹、明石 恵、佐渡美穂、佐久間勇輔、村岡早苗、桜井光一  脂肪細胞への分化誘導過程における抗酸化能の変化 日本薬学会第134年会(熊本) 2014/3
松川美咲、木崎久実、櫻井隼平、村岡早苗、山下 浩、桜井光一  脂肪細胞の分化に対するアイヌ有用植物エキスの影響 日本薬学会第134年会(熊本) 2014/3
水谷彰史、山口淳仁、村岡早苗、桜井光一  Linezolid処理によるU937細胞死について 日本薬学会第134年会(熊本) 2014/3
若井香鈴、村岡早苗、桜井光一  膵β細胞INS-1の酸化ストレスに対する細胞障害におけるSOD1の役割 日本薬学会第134年会(熊本) 2014/3
村岡 早苗、旭 祐介、上田 洋平、佐渡 美穂、芳賀 静香、桜井 光一  酸化ストレスによる脂肪細胞の耐性能について 日本薬学会第133年会(横浜) 2013/3
Sakurai K, Oyama K. Effect of BAPTA-AM on H2O2-induced cell hypertrophy in H9c2 cardiomyblasts. 2012 FIP Centennial Congress of Pharmacy and Pharmaceutical Sciences (Amusterudam) 2012/10
KOICHI SAKURAI, MIKA ITO. ALLOXAN RADICAL INDUCES REACTIVE OXYGEN SPECIES IN THE REACTION SYSTEM OF ALLOXAN WITH GLUTATHION OR ASCORBATE. 4th International Symposium on Nutrition, Oxygen Biology & Medicine (Paris) 2011/6
Koichi Sakurai, Takuya Ichimura, Mika Ito, Kiyoshi Takahashi, Kyohei Oyama. Involvement of mitochondrial swelling in cytochrome c release from mitochondria treated with calcium and alloxan. FIP 2010、the 70th world congress of pharmacy and pharmaceutical science (Risbon) 2010/8
佐藤慶三、高橋 淳、伊藤三佳、柏倉幾郎、桜井光一  ヒト骨髄単球性白血病細胞株U937における細胞内GSH含量がhemin誘導Heme Oxygenase-1遺伝子発現とH2O2誘導酸化ストレスに及ぼす影響 日本薬学会第130年会 (岡山) 2010/3
小山恭平、高橋 淳、伊藤三佳、桜井光一  H2O2誘導H9c2心筋細胞肥大における細胞内Ca2+レベルの変動とCa2+キレート剤BAPTA-AMの影響 日本薬学会第130年会 (岡山) 2010/3
山本 潤、高橋 淳、伊藤三佳、桜井光一  Copper,Zinc-superoxide dismutaseのRNA鎖切断作用 日本薬学会第130年会 (岡山) 2010/3
元茂拓法、高橋 淳、桜井光一  ゲムシタビン誘導膵β細胞死におけるphosphatidylinositol 3-kinase経路の関与 第133回日本薬学会北海道支部例会(札幌) 2009/11
藤木亮太、小山恭平、桜井光一、高橋 淳  メナジオン誘導培養ラット心筋細胞肥大 第133回日本薬学会北海道支部例会(札幌) 2009/11
Motoshige H., Takahashi K., and Sakurai K.  PI3-K/Akt pathway is involved in GEM-induced apoptosis in INS-cells The 4th international congress on stress responses in biology and medicine (Sapporo, Japan) 2009/10
Oyama K., Takahashi K., and Sakurai K.  Differential response with regard to hypertrophy versus death to added hydrogen peroxide in cardiomyocyte H9c2 cells The 4th international congress on stress responses in biology and medicine (Sapporo, Japan) 2009/10
高橋 淳、桜井光一、水上徳美、山下 浩、渡辺一弘  臨床能力を育む地域密着型体験学習:介護福祉体験学習(2年生) 第13回日本地域薬局薬学会年会 (帯広) 2009/6
高橋 淳、桜井光一、水上徳美、山下 浩、渡辺一弘 北海道薬科大学における臨床能力を育む体験型学習:保健・福祉施設等での介護体験学習(2年生) 第56回北海道薬学大会 (札幌) 2009/5
小山恭平、高橋 淳、桜井光一  培養ラット心筋芽細胞H9c2におけるH2O2誘導細胞周期停止と細胞肥大 第56回北海道薬学大会 (札幌) 2009/5
元茂拓法、高橋淳、桜井光一  ゲムシタビン誘導膵臓β細胞株INS-1細胞死に及ぼすPhosphatidylinositol 3-Kinase阻害剤の影響 日本薬学会第129年会 (京都) 2009/3
小山恭平、高橋淳、桜井光一  培養ラット心筋細胞におけるH2O2誘導p21遺伝子発現と細胞肥大 日本薬学会第129年会 (京都) 2009/3
藤木亮太、小山恭平、桜井光一、高橋淳  メナジオンは培養ラット心筋芽細胞を肥大させる 日本薬学会第129年会 (京都) 2009/3
高橋淳、桜井光一、水上徳美、山下浩、渡辺一弘  北海道薬科大学医療人GP平成20年度活動報告(2):介護・養護施設等での体験学習(2年生) 日本薬学会第129年会 (京都) 2009/3
茂木俊朗、小山恭平、高橋淳、桜井光一  アロキサン‐グルタチオン系誘導培養膵β細胞死に対するヘモグロビンの防御作用 第131回日本薬学会北海道支部例会 (小樽) 2008/11
大野裕昭、立浪良介、田中三栄子、遠藤菊太郎、島森美光、小松健一、水上徳美、山下浩、高橋淳、桜井光一、村岡早苗、丹保好子、和田浩二、櫻井秀彦、渡辺一弘  北海道薬科大学医療人GP「臨床能力を育む地域体験学習とその支援」 第18回医療薬学会年会 (札幌) 2008/9
大野裕昭、岡崎光洋、桜井光一、関俊暢、村上美穂、早勢伸正、島森美光、渡辺一弘、郡修徳、佐藤重一、渡辺泰裕、早瀬幸俊、市原和夫  北海道薬科大学「医療人GP」2年次学生の介護・養護施設に追いける体験学習 日本薬学会第128年会 (横浜) 2008/3
小山恭平、高橋 淳、桜井光一  H9c2心筋細胞において過酸化水素は細胞内ROS非依存的に肥大を誘導する 日本薬学会第128年会 (横浜) 2008/3
山下(金内)美妃、野呂瀬崇彦、牧野高壮、小松健一、桜井光一、櫻井秀彦、高橋 淳、丹保好子、村上美穂、島森美光、早川達、渡辺泰裕  チーム医療の学習を目的としたPBLチュートリアルの実践(1)〜2年次実習導入時における『チーム医療体験ゲーム』の有用性〜 日本薬学会第128年会 (横浜) 2008/3
島森美光、野呂瀬崇彦、高梨香織、、田中三栄子、一戸貴行、猪爪信夫、神山俊夫、桜井光一、野村憲和、森本一洋、市原和夫  2年次病院・薬局実務実習における学生の医療人としての態度−実習施設に対するアンケート調査− 日本薬学会第128年会 (横浜) 2008/3
櫻井秀彦、野呂瀬崇彦、牧野高壮、山下(金内)美妃、小松健一、桜井光一、高橋 淳、丹保好子、村上美穂、島森美光、早川達、渡辺泰裕  チーム医療の学習を目的としたPBLチュートリアルの実践(2)〜PBL型実習に対する2年次学生の意識調査 日本薬学会第128年会 (横浜) 2008/3
渡辺泰裕、野呂瀬崇彦、牧野高壮、山下(金内)美妃、小松健一、桜井光一、櫻井秀彦、高橋 淳、丹保好子、村上美穂、島森美光、早川達  薬科大学1年次における問題発掘型PBLチュートリアルの実践 日本薬学会第128年会 (横浜) 2008/3
茂木俊朗、伊藤三佳、高橋 淳、桜井光一  生体内抗酸化物質によるアロキサン誘導INS-1細胞障害の促進 日本薬学会第128年会 (横浜) 2008/3
市村拓也、伊藤三佳、高橋 淳、桜井光一、 ミトコンドリアの内膜透過性亢進と害膜電位依存性アニオンチャネル開口によるシトクロムc遊離 第129回日本薬学会北海道支部例会 (札幌) 2007/12
平野元規、山下あゆみ、高橋 淳、桜井光一、  SODによるDNA鎖切断反応に対するキサンチンオキシダーゼの阻害作用 第129回日本薬学会北海道支部例会 (札幌) 2007/12
Koichi Sakurai, Kyohei Oyama, Hiroyuki Tanaka and Kiyoshi Takahashi. Effect of antioxidant on death and hypertrophy in cardiomyocytes induced by hydrogen peroxide The 7th Meeting of Society for the Study of AOB (Taipei, Taiwan) 2007/6
小山恭平、高橋 淳、田中寛之、桜井光一、  H2O2誘導培養心筋細胞死と細胞肥大の関係 第54回北海道薬学大会支部例会 (札幌) 2007/5
桜井光一、斉藤雅明、伊藤三佳、高橋 淳、藤本幸男、  パルミチン酸存在下Ca2+ 誘導classic型とnon−classic型ミトコンドリア膜透過性亢進 日本薬学会第126年会 (仙台) 2006/3
高橋恭兵、桜井光一、高橋 淳、田中寛之、伊藤三佳、加藤則夫、藤本幸男、  クロロアセトアルデヒドによる培養ヒト骨肉腫Saos-2細胞のATP枯渇とネクローシス 第125回日本薬学会北海道支部例会 (札幌) 2005/12
山下あゆみ、桜井光一、高橋 淳、藤本幸男、  Cu, Zn-SODによるDNA鎖切断反応に対するヌクレオチドの影響 日本薬学会第125年会 (東京) 2005/3
石野祐子、桜井光一、高橋 淳、伊藤三佳、藤本幸男、  培養心筋細胞H9c2の過酸化水素誘導細胞死に対する硫酸銅の影響 日本薬学会第125年会 (東京) 2005/3
高橋恭兵、桜井光一、田中寛之、高橋 淳、伊藤三佳、遠藤一司、藤本幸男、 クロロアセトアルデヒドによるヒト骨肉腫Saos-2細胞死の誘導 日本薬学会第125年会 (東京) 2005/3
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
薬学教育研究会編 CBT対策と演習 生化学 廣川書店 P179−208 2009/3
監修:大和田榮治、編集:早勢伸正 「症例まるごと基礎から解析」臨床薬学総論−糖尿病・肺炎− 廣川書店 第2章.第2節、病態把握のための生化学(P29−40)、第4節 合併症とその進行(P55−68) 2008/3
編集:堅田利明、菅原一幸、富田基郎 「NEW生化学 第2版」 Ⅲ.4アミノ酸・タンパク質代謝(P313−343) 廣川書店 2006/3
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
桜井 光一 糖尿病発症におけるミトコンドリア機能障害とアポトーシスの関与. 道薬誌 19 8 3-8 2002/8
桜井 光一 活性酸素によるインスリン分泌細胞のアポトーシス 財団法人 北海道科学・産業技術振興財団 若手研究者奨励補助金 1999/
桜井 光一 ミトコンドリア遺伝子変異を有する2型糖尿病患者のミトコンドリア機能評価 財団法人 秋山生命科学振興財団 奨励助成 1999/