・小児患者の服薬アドヒアランス向上を目的とした、食品との混合投与における食品中の医薬品の安定性 ・カフェインの経口徐放性製剤の開発

・小児患者において、薬剤の不快な味や匂いによって服薬が困難なとき、ジュースやヨーグルトなどに混ぜて服用させます。このとき医薬品の力価の低下しが懸念されます。医薬品ごとに混合可能な食品等が判明していれば、小児患者への薬物治療に貢献できます。特に抗菌薬の食品中の安定性について検討しています。 ・がん患者の緩和医療において、キードラッグとなるオピオイド(麻薬性鎮痛薬)の副作用の中でも特に対応が困難なものとして眠気が挙げられます。その対策にカフェインが使用されていますが、患者のQOLの向上を考慮して、1日に服用する回数を出来る限り少なくするためにカフェインの経口徐放性製剤の開発を行っています。

薬学部
薬学科

教授

博士(薬学)

郡 修徳
( コオリ ナオノリ )

学位

博士(薬学):北海道大学:1991年

研究分野

臨床薬学

キーワード

・小児患者/服薬アドヒアランス/食品/医薬品の安定性
・がん患者/緩和医療/眠気/カフェイン/経口徐放性製剤

学会・社会活動等

薬剤師国家試験委員/医道審議会専門委員/日本高等教育評価機構大学評価員/病院薬学論文賞

エピソード

最近読んだ本の中から紹介します。「『本なんて役に立たないから、読む必要がない』そんな考え方をする人が少なからず出てきたということは、小さい頃から遊びも勉強も習いごとも、親や周りから、よかれと思って与えられた環境で育った人が多いことを表しているのだと思います。与えられたもののなかでばかり生きていると、『自分の頭で考える』ということができなくなります。」1日の読書時間が0分の大学生が約5割に上るという調査結果があります。大学時代、多くの本と出会ってほしいと思います。

研究・学術活動

  • 論文(33件)
  • 会議論文(0件)
  • 紀要(0件)
  • 講演(35件)
  • 著書(11件)
  • 作品(0件)
  • 受賞(0件)
  • その他(32件)
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
Chaki, T., Sugino, S., Janicki, P.K., Ishioka, Y., Hatakeyama, Y., Hayase, T., Kaneuchi-Yamashita, M., Kohri, N. and Yamakage, M. Efficacy and Safety of a Lidocaine and Ropivacaine Mixture for Scalp Nerve Block and Local Infiltration Anesthesia in Patients Undergoing Awake Craniotomy Journal of Neurosurgical Anesthesiology 28 1 1-5 2016/1
郡 修德、山下美妃、金澤 勉、小寺 一. 地膚子と蛇床子を含む高水分含有率油中水型クリーム剤の調製 薬学雑誌 131 12 1835-1841 2011/12
大野裕明、岡崎光洋、桜井光一、関 俊暢、村上美穂、早勢伸正、島森美光、郡 修徳、佐藤重一、渡辺一弘、渡辺泰裕、早瀬幸俊、市原和夫  介護・養護施設における2年次学生を対象とした体験型学習の実施と評価 −地域医療へ貢献する医療人の養成を目指して− 社会薬学 27 2 27−31 2009/2
Kaneuchi M., Sawaguchi R., Kohri N., Senbongi K., Sasaki H., Asano M., and Iseki K.  Evaluation of preparation of ketamine in hospital for practical use-analysis of plasma concentration profiles of ketamine and norketamine after oral and buccal administration- 日本ペインクリニック学会誌 13 1 18-22 2006/
金内美妃、浅野 真、郡 修徳、千本木 要、井関 健. ケタミン寒天製剤の神経因性疼痛患者における使用経験−鎮痛効果と血漿中濃度− 日本ペインクリニック学会誌 13 1 8-12 2006/
Sugawara M., Kadomura S., He X., Takekuma Y., Kohri N., and Miyazaki K.  The use of an in vitro dissolution and absorption system to evaluate oral absorption of two weak bases in pH-independent controlled-release formulations Eur.J.Pharm.Sci. 26 1-8 2005/9
須田範行、新里利香、清川真美、金内美妃、菅原満、郡 修徳、宮崎勝巳  造影剤による腎機能低下の予防を目的としたアセチルシステインゼリーの調製と評価 医療薬学 31 5 355-359 2005/5
金内美妃、郡 修徳、千本木 要、坂井英夫、井関 健  調製法の簡便さと服用制の向上を目指した院内製剤としての経口ケタミン製剤の調製と評価(1)−寒天を用いた製剤の検討− 薬学雑誌 125 2 187−196 2005/2
郡 修德、板垣文雄、長坂博範、岸野吏志、井関 健、小林邦彦、宮崎勝巳 先天性尿素サイクル異常症に伴う高アンモニア血症治療薬 病院薬学 25 2 118-122 1999/4
Naonori Kohri, Yasuko Yamayosi,He xin, Ken lseki, Naoki Sato,Satoru Todo and Katsumi Miyazaki Improving the oral bioavailability of albendazole in rabbits by the solid dispersion technique J.Pharm.Pharmaco1 51 2 159-164 1999/2
郡 修德、板垣文雄、岸野吏志、井関 健、宮崎勝巳 リン酸ナトリウム塩の錠剤化における添加剤としての無水リン酸水素カルシウム(フジカリンS?)と結晶セルロース(アビセルPH-F20?)の比較 病院薬学 24 6 711-715 1998/12
Ken lseki, Kazuhiro Yonemura, Takayuki Kikuchi,Imad Naasani, Mitsuru Sugawara, Michiya Kobayashi,Naonori Kohri and Katsumi Miyazaki Purification by ceftibuten-affinity chromatography and the functional reconstitusion of oligopeptide transporter(s) in rat intestinal brush-boeder membrane Biochim.Biophs.Acta 1370 1 161-168 1998/10
荒島真一郎、高橋徹夫、日向平明、富田雅枝、西川武志、岡安多香子、荻野悦子、宮崎勝巳、岸野吏志、郡 修徳 フェニル酢酸の静脈内点滴におよる尿素サイクル異常症の長期治療成績 臨床遺伝研究 20 1・2 41-52 1998/7
Naonori Kohri, Yasuko Yamayoshi,Ken lseki, Naoki Sato, Satoru Todo and Katsumi Miyazaki Effect of gastric pH on the bioabailability of albendazole in rabbits Pharm.Pharmaco1.Commun 4 5 267-270 1998/5
Ken lseki, Imad Naasani, Takayuki Kikuchi, Mitsuru Sugawara, Michiya Kobayashi,Naonori Kohri and Katsumi Miyazaki Purification and liposomal reconstitution of oligopeptide transport activity in arat renal cortex using ceftibuten-affinity chromatography Biochim.Biophs.Acta 1368 329-337 1998/
Naonori Kohri, lmad Naasani,Ken lseki and Katsumi Miyazaki Improving the oral bioavailability of sulpiride by a gastric-retained form in rabbits J.Pharm.Pharmaco1 48 4 371-374 1996/4
郡 修徳、小林道也、井関 健、宮崎勝巳 リソ酸ナトリウム塩の錠剤化と製剤学的評価 薬剤学 55 4 231-236 1995/12
Imad Naasani, Naonori Kohri, Ken Iseki and Katsumi Miyazaki Improving the oral bioavailability of sulpiride by sodium oleate in rabbits J.Pharm.Pharmaco1 47 6 469-473 1995/6
佐藤直樹、内野純一、青本 茂、田目宏一、西川 真、馬場英治、中川隆公、秦 庸壮、鴫村 剛、神山悛哉、高橋昌宏、松下通明、中島保明、宇根 良衛、栗林 弘、鈴木清繁、郡 修徳、井関 健、宮崎勝巳 多包性肝エキノコックス症に対するbenzimidazole系薬剤の効果 日本消化器病学会雑誌 91 7 1197-1204 1994/7
Naonori Kohri,Natsumi Miyata,Masaki Takahashi, Harumi Endo,Ken Iseki, Katsumi Miyazaki, Shigeru Takechi and Akikazu Nomura Evaluation of pH-independent sustained-release granules of dipyridamole by using gastric-acidity-controlled rabbits and human subjects lnter.J.Pharm 8 1 49-58 1992/3
Akikazu Nomura, Hisakazu Yasuda,Satoshi Kishino, Naonori Kohri,Ken lseki and Katsumi Miyazaki Serum alpha-1-acid glycoprotein protein binding of disopyramide in patients with congestive heart failure Eur. J. Clin. Pharmacol 42 1 115-116 1992/1
Yukihiro Chiba,Naonori Kohri,Ken lseki and Katsumi Miyazaki Improvement of dissolution and bioavailability for mebendazole,an agent for human echinococcosis,by preparing solid dispersion with polyethylene glyco1 Chem. Pharm. Bull 39 8 2158-2160 1991/8
Satoshi Kishino, Naonori Kohri,Ken lseki, Katsumi Miyazaki,Akikazu Nomura and Hisakazu Yasuda A simple method for the simulation of unbound serum disopyramide concentration in patients J. Pharmacobio-Dyn 14 1 493-499 1991/1
Naonori Kohri, Hiroshi Yatabe,Ken lseki and Katsumi Miyazaki A new type of a pH-independent controned release tablet lnter.J.Pharm 6 1-3 255-264 1990/2
Naonori Kohri, Kaoru lwasa,Jun Kurihara, Katsumi Miyazaki andTakaichi Arita Inter-subject variation in oral absorption of ketoprofen from controlled-release granules in rabbits lnter.J.Pharm 49 3 213-221 1989/2
Naonori Kohri, Katsumi Miyazaki,Takaichi Arita, Hisashi Shimono,Akikazu Nomura and Yasuda Hisakazu Release characteristic of nifedipine sustained-release granules in vitro and in healthy subjects Chem. Pharm. Bull 35 6 2504-2509 1987/6
笹山辰之、郡 修徳、宮崎勝巳、有田隆一 ラットにおけるジエチレングリコールモノブチルエーテルの吸収および尿中排泄 薬剤学 46 4 235-239 1986/12
Naonori Kohri, Ken-ichi Mori,Katsumi Miyazaki and Takaichi Arita Sustained release of nifedipine from granules J.Pharm.Sci 7 1 57-61 1986/1
Katsumi Miyazaki, Naonori Kohri andTakaichi Arita High-performance liquid chromatographic determination of nifedipine in plasma J.Chromatogr 310 1 219-222 1984/9
久保田潔、熊切正信、三浦祐晶、日根久美子、郡 修徳、斉藤浩司、宮崎勝巳、有田隆一 ホウ酸亜鉛華軟膏に代わる亜鉛華軟膏の基礎的性質と臨床効果 北海道医学雑誌 5 4 400-405 1983/7
有田隆一、宮崎勝巳、郡 修徳、斉藤浩司 アセメタシンの消化管内挙動と胆汁排泄 薬学雑誌 477-483 1982/5
Masahiro Nakano, Nobuo lnotsume,Naonori Kohri and Takaichi Arita Reversible-ring opening reaction of diazepam in acid media around body temperature lnter.J.Pharm 3 4-5 195-204 1979/9
Masahiro Nakano, Naonori Kohri,Yoshiko Arakawa and Takaichi Arita The permeation of benzodiazepines through synthetic membranes Chem.Pharm.Bu11 27 3 573-577 1979/3
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
鍵谷瑞穂、守屋寛之、郡 修徳、山下美妃  薬剤師の関わりが患者によるジェネリック医薬品の選択に与える影響について 第11回日本ファーマシューティカルケアコミュニケーション学会大会 2017/9
守屋寛之、大石梨乃、早坂優輝、牧野愛弓、横井雄一、横川詩於理、山下美妃、郡 修徳、山崎将英、本郷文教、菅谷文子、宮本 篤、小場弘之、樫村I暢一  イリノテカン低容量レジメンにより誘発される重篤な副作用発現とABCG1およびABCC5遺伝子変異との関連 日本薬学会第137年会(仙台) 2017/3
上元麻由、我妻拓弥、田原稔之、後藤勝博、守屋寛之、郡修徳、山下美妃  簡易懸濁後の医薬品と経腸栄養剤との配合変化 第26回日本医療薬学会(京都) 2016/9
中村 和也,森川 小雪,瀬尾 優紀,守屋 寛之,郡 修徳,山下 美妃  アンケートに基づく残薬の発生防止対策に関する検討 第26回日本医療薬学会年会(京都) 2016/9
野本祐香、我妻拓弥、田原稔之、後藤勝博、守屋寛之、郡修徳、山下美妃  複数医薬品を同時簡易懸濁した際の医薬品の安定性 第26回日本医療薬学会(京都) 2016/9
高橋正幸、平野卓哉、瀧本瑞恵、加藤由紀子、木幡明子、山口智子、齋藤善也、北川 拓、田澤佑基、山下美妃、郡 修徳、吉山友二、野田敏宏、 ビホナゾール含有クリーム剤における先発医薬品と後発医薬品の比較評価 医療薬学フォーラム2013 第21回クリニカルファーマシーシンポジウム 金沢 2013/7
松井 萌、中村勝貴、金子圭太、山下美妃、山 佳織、丹保好子、郡 修徳、森本一洋、葛西亮也、丁野純男  ランソプラゾールOD錠先発品と後発品の口腔内崩壊性と服用感 日本薬学会第133年会(横浜) 2013/3
藤本万里恵、大瀬戸翔太、山下美妃、郡 修徳、新谷知久、山内正憲,山蔭」道明  局所麻酔薬の過剰投与に対する脂肪乳剤の有用性 第133回日本薬学会年会 2013/3
佐々木慎太朗、山下美妃、水野芳宏、郡 修徳、山下光一  薬薬連携のための新たな施設間情報連絡書の作成と運用方法に関する検討 第45回日本薬剤師会学術大会(浜松) 2012/10
松井 萌、金子圭太、山下美妃、山 佳織、佐藤恵亮、丹保好子、郡 修徳、森本一洋、葛西亮也、丁野純男  ランソプラゾールOD錠先発品と後発品の製剤学的な検討 第6回日本薬局学会学術大会(福岡) 2012/10
梅田純代、 黒澤菜穂子、板倉宏予、石津浩、 土橋幸恵、 郡 修徳.  北海道の保険薬局薬剤師における情報収集法の調査 第15回日本医薬品情報学会 2012/7
安田祐也、鈴木康之、大北麻友美、金澤 勉、小寺 一、山下美妃、郡 修徳  漢方ローションのw/o型クリーム剤への剤形変更について 日本薬学会第130年会 2010/3
鈴木康之、大北麻友美、山下美妃、郡 修徳  漢方ローションのw/o型クリーム剤への剤形変更について 第131年会日本薬学会北海道支部例会 2009/11
Nahoko Kurosawa, Naonori Kohri, Kazuo Ichihara, Eiji Owada  Continuing professional development and its accrediation in Japan using Hokkaido Pharmaceutical University as an example. World Congress of Pharmacy and Pharmaceutical Sciences 2009(69th International congress of FIP), Istanbul, Turkey 2009/9
鈴木康之、大北麻友美、金澤 勉、小寺 一、山下美妃、郡 修徳  漢方ローションのw/o型クリーム剤への剤形変更について 日本薬学会第129年会 2009/3
郡 修徳 、吉岡忠夫、伊藤慎二、小松健一、 北海道薬科大学における薬剤師再チャレンジ・スキルアッププログラム 日本薬学会第129年会 2009/3
Kurosawa K., Watanabe Y., Kohri N., Hayase Y., Ichihara K., Owada E.   Changes in the provision of pharmacy education in Japan using Hokkaido Pharmaceutical University as an example 15th International Social Pharmacy Workshop, Queenstown, New Zealand 2008/7
郡 修徳、石森靖啓、市原和夫、伊藤慎二、佐藤重一、竹内伸仁、野呂瀬崇彦、早川 達、早勢伸正、早瀬幸俊、三浦俊明、吉岡忠夫、渡辺泰裕  北海道薬科大学における人材育成への支援 第55回北海道薬学大会 2008/5
大北麻友美、金澤 勉、小寺 一、山下美妃、郡 修徳、 漢方ローションのw/o型乳剤性軟膏への剤形変更とその安定性 日本薬学会第128年会 2008/3
渡辺泰裕、黒澤菜穂子、郡修徳、早勢伸正、桜井光一、渡辺一弘、山下浩、神久聡、高橋和彦、市原和夫、 効果的な実務実習を可能にする大学における事前学習 日本薬学会薬学教育部会 教育フォーラム2007 2007/12
Kohri N., Yamashita M., Hirata S., Iseki K.  Preparation of the gargle showing the retention enhancement of Amphotericin B in the mouth World Congress of Pharmacy and Pharmaceutical Sciences 2007(67th International congress of FIP) 2007/9
山下(金内)美妃、野呂瀬崇彦、村上美穂、郡修徳、早瀬幸俊、 薬局教育担当者および大学教員によるSP参加型研修技法のコラボ学習の実践 第54回北海道薬学大会 2007/5
尾崎尚子、山下美妃、郡 修徳  アムホテリシンBの口腔内滞留性を目的とした含嗽液の試作 日本薬学会第127年会 2007/3
郡 修徳  薬学6年制教育における実務家教員の取り組み 日本医療薬学会第24回医療薬学公開シンポジウム 2006/10
Kurosawa N., Ichihara K., Watanabe Y., Kohri N., Hayase Y., Owada E.  Commencement of the new six year pharmacy program in Japan and in particular at Hokkaido Pharmaceutical University 67th International Congress of International Pharmaceutical Federation 2006/8
千本木要, 澤口利香, 金内美妃, 郡 修徳.  経口ケタミン製剤の開発と評価(3) 平成17年度 逓信医学年次大会 2005/11
千本木要, 日向真知子, 坂井英夫, 浅井絵理, 唯野貢司, 井関 健, 金内美妃, 郡 修徳.  水溶性高分子カーボポール添加B含嗽液の簡易調製法の開発とその評価 第15回日本医療薬学会年会 2005/10
郡 修徳, 早瀬幸俊  北海道薬科大学における薬学生の長期実習の試行 第15回日本医療薬学会年会 2005/10
桂 正俊, 竹内伸仁, 早瀬幸俊, 大森 章, 岡崎光洋, 牧野利明, 郡 修徳, 佐藤重一.  「平成16年度薬局実務実習」実施報告 第52回北海道薬学大会 2005/5
竹内伸仁, 桂 正俊, 岡崎光洋, 遠藤菊太郎, 郡 修徳, 佐藤重一, 早瀬幸俊, 大森 章.  北海道薬科大学(薬局実習)実施結果報告 第52回北海道薬学大会 2005/5
新里利香, 金内美妃, 郡 修徳, 千本木要, 坂井英夫, 浅野 真, 井関 健.  経口ケタミン製剤の開発と評価(4) 日本薬学会第125年会 2005/3
早川 達, 黒澤菜穂子, 野村憲和, 早瀬幸俊, 星 勝治, 渡辺泰裕, 江川祥子, 早勢伸正, 岡崎光洋, 村上美穂. 北海道薬科大学における実務実習プレトレーニングの評価 日本薬学会第125年会 2005/3
水谷雅子, 森田勝幸, 熊谷明史, 本荘公博, 石井隆司, 野村憲和, 郡 修徳, 宮崎勝巳.  北海道郡部病院での実務実習受入対策とグループ実習の試み 日本薬学会第125年会 2005/3
黒澤菜穂子, 岡崎光洋, 郡 修徳, 佐藤重一, 桂 正俊, 竹内伸仁, 早瀬幸俊.  北海道薬科大学「薬局実習」実施結果報告 日本薬学会第125年会 2005/3
黒澤菜穂子, 岡崎光洋, 郡 修徳, 早瀬幸俊, 早川 達, 野村憲和, 星 勝治, 江川祥子, 島森美光, 早勢伸正, 村上美穂, 渡辺泰裕.  北海道薬科大学における新実務実習プレトレーニングと病院実習および薬局実習に対する教育効果 日本薬学会第125年会 2005/3
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
岩川精吾 他編 わかりやすい調剤学 第6版 廣川書店 計量調剤,外用剤の調剤 2010/3
郡 修徳、栄田敏之編 わかりやすい輸液製剤 廣川書店 生体の内部環境,腎臓と体液恒常性維持,酸塩基平衡異常, 2009/3
岩川精吾 他編 わかりやすい調剤学 第5版 廣川書店 計量調剤,計量器の取扱い,散剤・顆粒剤の調剤,内用液剤の調剤,外用剤の調剤 2006/9
深井敏隆、早川 達、川合真次、岸野吏志、小林道也、郡 修徳、宮崎勝巳、唯野貢司、高橋保志、結城祥充 薬学生のための病院実習ガイド 改訂第2版 南山堂 全312頁(79-131) 2003/3
わかりやすい調剤学 第4版 廣川書店 全456頁(69-145) 2002/4
和田 攻、朝永文彌、小林輝明、市川正孝、池崎降司、奥村勝彦、乾 賢一、矢野育子、宮崎勝巳、細田順一、五味田 裕、古野勝志、加野弘道、後藤光良、土屋文人、神田 直、深井敏隆、平井俊策、田代邦雄、黒澤 恵、高須俊明、郡 修徳ほか 薬剤師のための服薬指導ガイド 第2版   文光堂 全1279頁(157-177) 2000/10
岩川精吾、大嶋耐之、大西憲明、河島 進、郡 修徳、徳久和夫、齋藤浩司、西野隆雄、宮本悦子、横山照由、吉富博則 わかりやすい調剤学 第3版 廣川書店 全452頁(67-144) 1999/3
伊賀立二、土屋文人、渡辺 徹、中村 均、山田安彦、郡 修德、宮崎勝巳、中嶋克佳、神谷 晃、石本敬三、久保田 潔、小滝 一、澤田康文 最新医療薬学 I 南山堂 全388頁(165-180) 1998/9
深井敏隆、早川 達、川合真次、岸野吏志、小林道也、郡 修徳、宮崎勝巳、唯野貢司、高橋保志、結城祥充 薬学生のための病院実習ガイド 南山堂 全312頁(79-131) 1998/3
和田 攻、朝永文彌、小林輝明、市川正孝、池崎降司、奥村勝彦、乾 賢一、矢野育子、宮崎勝巳、細田順一、五味田 裕、古野勝志、加野弘道、後藤光良、土屋文人、神田 直、深井敏隆、平井俊策、田代邦雄、黒澤 恵、高須俊明、郡 修徳ほか 薬剤師のための服薬指導ガイド 第1版 文光堂 全1279頁(125-133) 1996/10
斉藤秀哉、南 勝、富所謙吉、高橋保志、宮崎勝巳、内田一也、高田昌彦、宮崎正三、郡 修徳、唯野貢司、吉岡充弘、首藤 勇、大和田栄治、斉藤嘉津彦、板谷幸一、野村憲和、富樫広子、関川 彬、内山芳朗、結城祥充 TDM 治療薬物モニタリングの理論と実際 シュプリング・フェアラーク東京 全309頁(96-117) 1990/12
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
金内美妃、郡 修徳、千本木要、坂井英夫、浅野 真、井関 健 神経因性疼痛に対する鎮痛薬としての経口ケタミンゲル製剤の調製と評価 Pharm Tech Japan 20 12 2453-2458 2004/11
郡 修徳 北海道薬科大学の改革と病院実習への取り組み 北海道病院薬剤師会誌 66 44 2004/5
郡 修徳 北海道薬科大学における病院実習へ向けての教育の現況 北海道病院薬剤師会誌 64 70-71 2003/5
岸野吏志、菅原 満、宮崎勝巳、郡 修徳 くる病患者のリン酸補給に対するリン酸バッファー錠の調製と製剤学的評価 Pharm Tech Japan 18 8 1227-1238 2002/7
郡 修徳、黒澤菜穂子、伊藤敬一 病院実習のための新規プレトレーニングに実施とその評価 北海道病院薬剤師会雑誌 2002/5
立野雅行、山田良治、永井誠晃、押田久美子、郡 修徳、渡辺宏幸 院外処方箋発行後の疑義紹介発生件数の軽減について 北海道病院薬剤師会雑誌 2001/11
郡 修徳 クリニカルファーマシーとファーマシューティカルケアを超える試み ファルマシア 37 11 1031-1035 2001/11
郡 修徳 癌化学療法時の口腔粘膜障害予防を目的としたメシル酸カモスタットトローチ剤の開発 医薬ジャーナル 37 4 1357-1362 2001/4
大和田栄治、郡 修徳 医療薬学分野 薬事日報 9426 24 2001/3
郡 修徳、小澤武史、高崎雅彦、江口久恵、美濃興三、沼 潤幸、阿部 信 院内製剤と添加物 薬剤学 61 1 34-45 2001/1
郡 修徳 UCSF薬学部における薬学教育 札病薬会報 108 3-6 2000/8
大和田栄治、郡 修徳、黒澤菜穂子 薬剤師教育における卒前実務実習 日本病院薬剤師会会報 4 2 1-8 2000/8
郡 修徳 変わるアメリカにおける薬剤師教育(上)−UCSF薬学部におけるあたらな教育体制− 薬事日報 9261 8 2000/3
郡 修徳 変わるアメリカにおける薬剤師教育(中)−UCSF薬学部におけるあたらな教育体制− 薬事日報 9262 16 2000/3
郡 修徳 変わるアメリカにおける薬剤師教育(下)−UCSF薬学部におけるあたらな教育体制− 薬事日報 9263 6 2000/3
郡 修徳 米国における新しい臨床薬学教育(UCSFの新カリキュラムを中心として) 生命とくすり 16 2 3 2000/3
郡 修徳 UCSFの大学病院における薬剤師業務と薬学部における薬剤師教育の現況 道薬誌 16 10 2-8 1999/10
郡 修徳 製剤特性と医薬品の適正使用 道薬誌 1 1 32-40 1998/1
郡 修徳 ファーマシューティカルケアと院内特殊製剤 生命とくすり 13 6 3 1997/11
郡 修徳、宮崎勝巳 ファーマシューティカルケアと特殊製剤−高アンモニア血症の薬物治療を中心として− クリニカルファーマシー 13 49 42-47 1997/4
郡 修德、宮崎勝巳 院内製剤の必要性と現況 月刊薬事 37 10 2135-2140 1995/10
宮崎勝巳、郡 修德、唯野貢司、中村浩規、小澤和雄、多田昭博、石本敬三 院内製剤の品質保証に関する実態調査研究 病院薬学 20 2 36-41 1994/4
郡 修徳、宮崎勝巳 院内特殊製剤について Pharmacy Today 4 1 27-30 1991/2
郡 修徳、宮崎勝巳 医薬品の品質に及ぼす包装容器の影響 Pharm.Tech.Japan 5 12 1369-1379 1989/12
郡 修徳 消化管生理と薬物吸収について    北海道病院薬剤師会雑誌 36 5-9 1989/5
郡 修徳 消化管生理と製剤からの吸収について 札病薬会報 48 2-5 1988/9
郡 修徳 院内特殊製剤の開発について 北海道病院薬剤師会雑誌 32 109-125 1987/3
郡 修徳、宮崎勝巳、有田隆一 体液中濃度測定に基づいた薬物療法の管理と適正化 −病態時における薬物移行動態および血中濃度モニタリングと薬 物投与管理− 病院薬学 11 2 164-169 1985/4
郡 修徳、宮崎勝巳 ニフェジピソ特効製剤の試作                    製薬工場 3 10 23-28 1983/10
:郡 修徳、松田俊之、梅庭和敏、宮崎勝巳、有田隆一 トリエタノールアミンの体液中定量法の検討と2、3の体内挙動  薬剤学 42 4 342-348 1982/12
有田隆一、宮崎勝巳、郡 修德、斎藤浩司 アセメタシソの消化管内挙動と胆汁排泄       薬学雑誌 102 5 477-483 1982/5
郡 修徳 痔の薬物療法 薬事日報 6273 4 1981/10