突発性肺繊維症(IPF)治療のための薬物インテリジェント肺送達システムの構築 

突発性肺繊維症(IPF)は、肺癌より予後が悪く、現代医学では、病態の進行を抑制するのが限界とされる難病です。最終手段として肺移植があるのみです。私共の研究グループは、治療薬のピルフェニドンは服用しても、肺組織中濃度が血中に比べて低いことを動物実験で明らかしました。ニンテナニブは増量により下痢が頻発し、双方の薬物共に効率よく治療薬を肺に移行させる手段が必要です。そこで、肺への薬物送達を効率的運搬する微小吸入型担体(リポソームや小球体)の開発に取り組んでおります。

薬学部
薬学科

臨床薬学専攻(博士課程)

教授

博士(医学)

多田 均
( タダ ヒトシ )

学位

博士(医学):秋田大学:1992

研究分野

ドラッグデリバリーシステム/免疫抑制剤の臨床薬物速度論と一塩基置換/生物薬剤学/簡易薬物定量法の確立/各種病態時の処方解析と臨床検査学/民事訴訟

キーワード

薬物動態解析/薬物動態制御/ドラッグデリバリーシステム/肺繊維症/腎臓移植時の薬物療法/神経内科領域の薬物療法/泌尿器科領域の薬物療法/投与設計学/治験

学会・社会活動等

日本薬学会/日本薬剤学会/日本薬物動態学会/日本DDS学会/医薬品相互作用研究会/医薬品相互作用研究Editor 受賞歴 1997年12月日本薬学会東北支部奨励賞受賞「薬物体内動態を基にした数種の徐放性製剤の評価」

エピソード

秋田大学医学部附属病院薬剤部勤務時代において、日本初のドミノ肝移植患者のタクロリムスの投与設計とケアー、秋田県警と協力して偽薬販売業者の摘発(旧薬事法)など、泌尿器科との共同研究において、日本人の約60%において、タクロリムスの吸収が、遺伝子変異のため、遺伝子変異のない40%の残りの人と比較して約1.5倍高いことを世界で初めて立証いたしました。さらにタクロリムスとカルシウム拮抗薬の相互作用に関して、Applied Parmacokinetics &Pharmacodynamics第4版に引用されました。

関連リンク

医薬品相互作用研究会

http://www.drug-interaction-research.jp/

 

秋田大学医学部附属病院薬剤部

http://di.hos.akita-u.ac.jp/

 

研究・学術活動

  • 論文(76件)
  • 会議論文(2件)
  • 紀要(0件)
  • 講演(51件)
  • 著書(3件)
  • 作品(0件)
  • 受賞(0件)
  • その他(11件)
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
戸上 紘平, 小笠原 安理, 沙入江 沙世, 岩田 健嗣, 山口 広太郎, 多田 均, 丁野 純男 ヒドロキシプロピル-γ-シクロデキストリンを用いた抗線維化薬ニンテダ ニブ肺投与の有用性 日本薬学会第140年会 2020/3
石澤清心, 戸上紘平, 多田均, 丁野純男 ドラッグキャリアの体内動態を可視化するreal-time FRET imaging 第35回日本DDS学会学術集会:一般口演25:イメージング(2-5-20) 2019/7
Yukimune Kanehira, Kohei Togami, Kiyomi Ishizawa, Shingo Sato, Hitoshi Tada, Sumio Chono Intratumoral delivery and therapeutic efficacy of nanoparticle-encapsulated anti-tumor siRNA following intrapulmonary administration for potential treatment of lung cancer PHARMACEUTICAL DEVELOPMENT AND TECHNOLOGY 24 9 1095-1103 2019/6
石澤清心, 戸上紘平, 多田均, 丁野純男 Real-time FRET imagingによる ドラッグキャリアの体内動態の可視化 日本薬剤学会第34年会 2019/5
Kohei Togami, Takayuki Daisho, Yuki Yumita, Anri Kitayama, Hitoshi Tada, Sumio Chono Evaluation of various tissue-clearing techniques for the three-dimensional visualization of liposome distribution in mouse lungs at the alveolar scale International Journal of Pharmaceutics 562 218-227 2019/3
Kohei Togami, Kenta Fukuda, Kotaro Yamaguchi, Sumio Chono, Hitoshi Tada Facile and sensitive HPLC-UV Method for Dertermiation of nintetanib in rat plasma Int J Pharmacy Pharmaceu Sciences 10 6 133-137 2018/10
Shu Tomita, Shinya Yamazaki, Kohei Togami, Hitoshi Tada, and Hiroyoshi Kawaai The Effect of Dexmedetomidine on Oral Mucosal Blood Flow and the Absorption of Lidocaine Anesth Prog 65 19-27 2018/9
Kohei Togami, Anri Kitayama, Takayuki Daisho, Rui Wang, Hitoshi Tada, and Sumio Chono Tissue-Clearing Techniques Enable Three-Dimensional Visualization of Aerosolized Model Compound and Lung Structure at the Alveolar Scale Biol. Pharm. Bull. 41 24-28 2018/1
Kohei Togami※, Kotaro Yamaguchi, Sumio Chono, Hitoshi Tada Evaluation of permeability alteration and epithelial-mesenchymal transition induced by transforming growth factor-β1 in A549, NCI-H441, and Cali-3 cells: Development of an in vitro model of respiratory epithelial cells in idiopathic pulmonary fibrosis Journal of Pharmacological and Toxicological Method 86 19-27 2017/
丁野純男、中川麻奈、松井萌、佐藤卓馬、相澤麻里子、石澤清心、北山晏利、丸田勇樹、戸上紘平、多田均、寺崎智博、土井良輔 タムスロシン塩酸塩口腔内崩壊錠0.1 mgの製剤品質および服用性の臨床的評価 ジェネリック研究 10 1 27-34 2016/6
Togami K, Chono S, Tada H Alteration in Intrapulmonary Pharmacokinetics of Aerozolized Model Compounds due to Disrupition of the Aleveolar Epiithelial Barrriers Following Bleomycin -induced Pulmonary Fibrosis in Rats J. Pharm. Sci. 105 3 1327-34 2016/3
Yukimune Kanehira, Kohei Togami, Hitoshi Tada, Sumio Chono Tumor distribution and anti-tumor effect of doxorubicin following intrapulmonary administration to mice with metastatic lung tumor Journal of Drug Delivery Science and Technology 33 143-148 2016/
Togami K, Miyao A, Miyakoshi K, Kanehira Y, Tada H Chono S  Efficient Delivery to Human Lung Fibroblasts (WI-38) of Pirfenidone Incorporated into Liposomes Modified with Truncated Basic Fibroblast Growth Factor and Its Inhibitory Effect on Collagen Synthesis in Idiopathic Pulmonary Fibrosis Biol.Pharm. Bull., 38 2 270-76 2015/2
Togami K, Yukimune Kanehira, Hitoshi Tada H. Pharmacokinetic evaluation of tissue distribution of pirifenidone and its metabolites for idiopathic pulmonary fibrosis therapy Biopharm. Drug Dispos  36 205-15 2015/2
Ogawa S, Watanabe M,Kawaai H, Tada H, Yamazaki S  Lidocaine concentration in mandibular bone after subperiosteal infiltration anesthesia decreases with elevation of periosteal flap and irrigation with saline Anesth. Prog.  61 2 53-62 2014/5
Kawai H, Yoshida K, Tanaka E, Togami K, Tada H, Ganzberg S, Yamazaki S Dexmedetomidine decrease the oral mucosal blood flow British J Oral Maxillofacial Surgery  51 8 :928-31. 2013/12
Togami K, Kanehira Y, Tada H  Possible involvement of pirfenidone metabolites in the antifibrotic action of a therapy for idiopathic pulmonary fibrosis Biol Pharm Bull 36 10 1525-1527 2013/10
Togami K, Tosaki Y, Chono S, Morimoto K, Hayasaka M Tada H Enantioselective uptake of fexofenadine by Caco-2 cells as model intestinal epithelial cells J Pharmacy Pharmacol 65 22-29 2013/1
向井潤一、 多田 均、 三浦昌朋、 毛利公則  メタアナリシスの手法を用いた境界型糖尿病及び糖尿病患者におけるアンジオテンシン受容体拮抗薬とカルシウム拮抗薬投与時の有効性に関する検討 薬学雑誌 131 8 1213-1223 2011/8
Tada H, Katsuya S, Suzuki K, Miura M, Suzuki T  Application of electric power purification instrument to fluorescence polarization immunoassay for cyclosporine A determination J Drug Inter Res  32 3 1-14 2009/
Satoh S, Kagaya H, Saito M, Inoue T, Miura M, Inoue K, Numakura K, Tsuchiya N, Tada H, Suzuki T, Habuchi T  Lack of tacrolimus circadian pharmacokinetics and CYP3A5 pharmacogenetics in the early and maintenance stages in Japanese renal transplant recipients Br J Clin Pharmacol. 66 2 207-214 2008/2
Mukai J, Tada H, Watanabe Y, Miura M, Katsuyama S, Shoji T, Mohri K, Eto M, Suzuki T Lipids behavior and adverse effects for oral antidiabetic agents in patients with Type 2 diabetes treated with sulfonylureas alone based on systematic review Yakugaku Zasshi 127 10 1747-1756 2007/10
Miura M, Inoue K, Kagaya H, Satoh S, Tada H, Sagae Y, Habuchi T, Suzuki T: Influence of rabeprazole and lansoprazole on the pharmacokinetics of tacrolimus in relation to CYP2C19, CYP3A5 and MDR1 polymorphisms in renal transplant recipients Biopharm Drug Dispos 28 4 167-175 2007/4
Miura M, Inoue K, Satoh S, Itoh Y, Kagaya H, Tada H, Tanaka Y, Habuchi T, Suzuki T Influence of cytochrome P450 (CYP) 3A5 polymorphisms on the pharmacokinetics of lansoprazole enantiomers in CYP2C19 extensive metabolizer renal transplant recipients Clin Drug Invest 27 4 251-258 2007/4
Kagaya H, Inoue K, Miura M, Satoh S, Saito M, Tada H, Habuchi T, Suzuki T Influence of UGT1A8 and UGT2B7 genetic polymorphisms on mycophenolic acid pharmacokinetics in Japanese renal transplant recipients Eur J Clin Pharmacol 63 3 279-288 2007/3
Kagaya H, Inoue K, Miura M, Satoh S, Saito M, Tada H, Habuchi T, Suzuki T  Quantification and 24-hour monitoring of mycophenolic acid by high-performance liquid chromatography in Japanese renal transplant recipients Yakugaku Zasshi 126 12 1357-1362 2006/12
Miura M, Satoh S, Tada H, Saito M, Kagaya H, Inoue K, Sagae Y, Kanno S, Ishikawa M, Habuchi T, Suzuki T  Influence of ABCB1 C3435T polymorphism on the pharmacokinetics of lansoprazole and gastroesophageal symptoms in Japanese renal transplant recipients classified as CYP2C19 extensive metabolizers and treated with tacrolimus Int J Clin Pharmacol Ther 244 12 605-613 2006/12
Satoh S, Tada H, Murakami M, Tsuchiya N, Li Z, Numakura K, Saito M, Inoue T, Miura M, Hayase Y, Suzuki T  Circadian pharmacokinetics of mycophenolic Acid and implication of genetic polymorphisms for early clinical events in renal transplant recipients Transplantation 82 4 486-493 2006/4
Miura M, Kagaya H, Tada H, Uno T, Yasui-Furukori N, Tateishi T, Suzuki T  Enantioselective disposition of rabeprazole in relation to CYP2C19 genotypes Br J Clin Pharmacol 61 3 315-320 2006/3
Miura M, Tada H, Satoh S, Habuchi T, Suzuki T  Determination of rabeprazole enantiomers and their metabolites by high-performance liquid chromatography with solid-phase extraction J Pharm Biomed Anal 41 2 565-570 2006/2
Miura M, Kagaya H, Tada H, Uno T, Yasui-Furukori N, Tateishi T, Suzuki T  Intestinal CYP3A4 is not involved in the enantioselective disposition of lansoprazole Xenobiotica 36 1 95-102 2006/1
Miura M, Tada H, Yasui-Furukori N, Uno T, Sugawara K, Tateishi T, Suzuki T. Effect of clarithromycin on the enantioselective disposition of lansoprazole in relation to CYP2C19 genotypes. Chirality 17 6 338-344 2005/6
Miura M, Tada H, Yasui-Furukori N, Uno T, Sugawara K, Tateishi T, Suzuki T  Effects of clarithromycin on the enantioselective disposition of lansoprazole in relation to CYP2C19 genotypes Chirality 17 6 338-344 2005/6
Miura M, Kagaya H, Tada H, Sagae Y, Satoh S, Habuchi T, Suzuki T Comparison of enantioselective disposition of rabeprazole versus lansoprazole in renal transplant recipients who are CYP2C19 extensive metabolizers Xenobiotica 35 5 479-486 2005/5
Numakura K, Satoh S, Tsuchiya N, Horikawa Y, Inoue T, Kakinuma H, Togashi H, Matsuura S, Tada H, Suzuki T Incidence and risk factors of clinical characteristics, tacrolimus pharmacokinetics, and related genomic polymorphisms for posttransplant diabetes mellitus in the early stage of renal transplant recipients Transplant Proc 37 4 1865-1867 2005/4
Satoh S, Tada H, Murakami M, Tsuchiya N, Inoue T, Togashi H, Matsuura S, Hayase Y, Suzuki T, Habuchi T  The influence of mycophenolate mofetil versus azathioprine and mycophenolic acid pharmacokinetics on the incidence of acute rejection and infectious complications after renal transplantation Transplant Proc 37 4 1751-1753 2005/4
Tada H, Tsuchiya N, Satoh S, Kagaya H, Li Z, Sato K, Miura M, Suzuki T, Kato T, Habuchi T Impact of CYP3A5 and MDR1(ABCB1) C3435T polymorphisms on the pharmacokinetics of tacrolimus in renal transplant recipients Transplant Proc 37 4 1730-1732 2005/4
Saito M, Satoh S, Kojima N, Tada H, Sato M, Suzuki T, Senoo H, Habuchi T Effects of a phenolic compound, resveratrol, on the renal function and costimulatory adhesion molecule CD86 expression in rat kidneys with ischemia/reperfusion injury Arch Histol Cytol 68 1 41-49 2005/1
Miura M, Tada H, Yasui-Furukori N, Uno T, Sugawara K, Tateishi T, Suzuki T Enantioselective disposition of lansoprazole in relation to CYP2C19 genotypes in the presence of fluvoxamine Br J Clin Pharmacol 60 1 61-68 2005/1
Miura M, Tada H, Yasui-Furukori N, Uno T, Sugawara K, Tateishi T, Suzuki T Enantioselective disposition of lansoprazole in relation to CYP2C19 genotypes in the presence of fluvoxamine Br J Clin Pharmacol 60 1 61-68 2005/1
Saito M, Satoh S, Kojima N, Tada H, Sato M, Suzuki T, Senoo H, Habuchi T Effects of a phenolic compound, resveratrol, on the renal function and costimulatory adhesion molecule CD86 expression in rat kidneys with ischemia/reperfusion injury Arch Histol Cytol 68 1 41-49 2005/1
Miura M, Tada H, Yasui-Furukori N, Uno T, Sugawara K, Tateishi T, Suzuki T Pharmacokinetic differences between the enantiomers of lansoprazole and its metabolite, 5-hydroxylansoprazole, in relation to CYP2C19 genotypes Eur J Clin Pharmacol 60 9 623-626 2004/11
Rorihiko Tsuchiya, Shigeru Satoh, Hitoshi Tada, Zhenhua Li, Chikara, Ohyama, Kazunari Sato, Toshio Suzuki, Tomonori Habuchi, Tetsuro Kato Influence of CYP3A5 and MDR1 polymorphisms on the pharmacokinetics and tacrolimus in renal transplant recipients Transplantation 78 8 1182-1187 2004/8
Masatomo Miura, Hitoshi Tada, Toshio Suzuki Simultaneous determination of lansoprazole enantiomers and their metabolites in plasma by liquid chromatography with solid phase extraction J. Chromatogr. B 25 389-395 2004/5
Miura M, Tada H, Satoh S, Kagaya H, Yanagiwara S, Sasaki Y, Habuchi T, Suzuki T Pharmacokinetics of Lansoprazole Enantiomers in Renal Transplant Recipients with CYP2C19 Extensive Metabolizers J Drug Interaction Res 8 1 1-7 2004/4
Hitoshi Tada, Akiko Fujisaki, Kunihiko Itoh, Toshio Suzuki Chronopharmaco-kinetics of tacrolimus in kidney transplant recipients: occurrence of acute rejection. J. Clin. Pharmacol. 43 859-865 2003/8
Hitoshi Tada, Shigeru Sato, Masahiro Iinuma, Naotake Shomoda, Miho Murakami, Yukitoshi Hayase, Tetsuro Kato, Toshio Suzuki Chronopharmaco-kinetics of tacrolimus in kidney transplant recipients: occurrence of acute rejection. J. Clin. Pharmacol. 43 859-865 2003/8
Hitoshi Tada, Akiko Fujisaki, Kunihiko Itoh, Toshio Suzuki Facile and rapid high-performance liquid chromatography method for simultaneous determination of allopurinol and oxypurinol in human serum. J. Clin. Pharm, Ther. 28 229-234 2003/3
Kunihiko Itoh, Takehiko Tezuka, Hitoshi Tada, Yasuyuki Hashimoto, Takashi Masuko, Toshio Suzuki Molecular structural and functional characterization of tumor suppressive anti-ErbB-2 monoclonal antibody by phage display system J. Biochem 133 2 239-245 2003/2
Hitoshi Tada, Atsuko Nakashima, Akira Awaya, Akiko Fujisaki, Kazuyuki, Inoue, Koichi Kawamura, Kunihiko Itoh, Hirotake Masuda, Toshio Suzuki Effects of thymic hormone on reactive oxygen species-scavengers and renal function in tacrolimus-induced nephrotoxicity. Life Sciences 70 1213-1223 2002/1
Kunihiko Itoh, Kazuyuki Inoue, Kazumi Hirooka, Kumiko Maruyama, Mayumi, Ohkawa, Kazuhiro Matsui, Hitoshi Tada, Takemu Enomoto, Yoshiyuki Mashimoto, ToshioSuzuki, Takashi Masuko Phage display cloning and characterization of monoclonal antibody genes and recombinant Fab fragment against the CD98 oncoprotein Jap. J. Cancer Res. 92 1313-1321 2001/12
Kunihiko Itoh, Takehiko Tezuka, Kazuyuki Inoue, Hitoshi Tada, Toshio Suzuki Different binding property of verotoxin-1 and verotoxin-2 against their glycolipid receptor, globotriaosylceramide Tohoku J. Exp. Med 195 237-243 2001/12
S. Satoh, Hitoshi Tada, Y. Tachiki, N. Tsuchiya, N.Shimoda, T. Akao, T. Habuchi, T Suzuki, T. Kato Chrono and clinical pharmacokinetic study of tacrolimus in intravenous administration Int. J. Urology 8 353-358 2001/8
Yasuhiro Watanabe, Yukio Sawaishi, Hitoshi Tada, Etsuko Sato, Toshio Suzuki Immunoliposome-mediated gene transfer into cultured myotubes Tohoku J. Exp. Med. 192 173-180 2000/10
Kunihiko Itoh, Kazuyuki Inoue, Hiroshi Nakano, Seiko Yanagiwara,    Hitohi Tada, Toshio Suzuki Polymerase chain reaction-single-strand conformation polymorphysm based determination of two major genetic defects responsible for a phenotypic polymorphysm of cytochrome P450(CYP)2C19 in japanese population Anal. Biochem 284 160-162 2000/1
多田 均、寒河江喜紀、加藤一麿、菅原正伯、豊島至、渡邊純夫、鈴木敏夫 結節性多発性動脈炎を疑われた症例におけるCyclosporin Aの臨床効果と血中モニタリング 病院薬学 25 6 721-728 1999/12
Toshio Suzuki, Etsuko Sato, Hitoshi Tada, Yoichi Tojima Examination on local anti-inflammatory activities of new steroids, hemisuccinyl methyl glycolates Biol. Pharm. Bull 22 8 816-821 1999/8
Hitoshi Tada, Seiko Yanagiwara, Kunihiko Itoh, Toshio Suzuki Role of diltiazem on tacrolimus pharmacokinetics in tacrolimus induced nephrotoxic rat Pharmacol. Toxicol 84 241-246 1999/6
Toshio Suzuki, Hitoshi Tada, Etsuko Sato, Yoichi Tojima Examination on biological activities and fates of new steroids, steroid-17-yl methyl glycolate derivatives Tohoku J. Exp. Med 187 127-140 1999/3
Kunihiko Itoh, Osamu Nakagomi, Kaori Suzuki, Kazuyuki Inoue, Hitoshi Tada, Toshio Suzuki Recombinant human monoclonal Fab fragments against rotavirus from pharge display combinatorial libraries J. Biochem 125 123-129 1999/1
Toshio Suzuki, Hitoshi Tada General and facile method for determination of configuration of steroid-17-yl methyl glycolates at C-20 based on kinetic examination J.Chem.Soc, Perkin Trans 1 3831-3836 1998/12
多田 均、吉岡克己、佐藤悦子、京谷裕之、伊藤邦彦、柳原せい子、佐々木吉幸、鈴木敏夫 テオフィリン含有徐放性製剤の溶出試験と1日1回投与における持続性の評価 病院薬学 23 4 331-341 1997/4
Toshio Suzuki, Hitoshi Tada, Etsuko Sato Yoshinori Sagae Application of sweet potato fiber to skin wound in rat Biol. Pharm. Bull 19 7 977-983 1996/7
Toshio Suzuki, Hitoshi Tada, Yasuyuki Matsuda, Xiao-Hong Yang General method for determination of configuration of steroid-17-yl methyl glycolates at C-20 Chemical and Pharmaceutical Bulletin 41 8 1481-1483 1993/8
佐藤悦子、山田礼子、多田 均、鈴木敏夫、海野勝男 アズノール・キシロカイン・オラドール含嗽液(OAKG)の安定性に関する研究 病院薬学 19 3 196-202 1993/3
Xiao-Hong Yang, Hitoshi Tada, Toshio Suzuki Synthesis of four possible enantiomer of 2,3-disubstituted-γ-butyllactones from a single progebitor, R-2,3-o-isopropylideneglyceraldehyde Akita J. Med 20 261-265 1993/2
Toshio Suzuki, Xiao-hong Yang, Yasuyuki Matsuda, Hitoshi Tada Approch to 7-dehydroxybrefeldin A by stereoselective intramolecular ring opening of oxide Akita J. Med. 19 545-551 1992/3
金沢知博、三浦傳、佐々木弥、門脇 兼、朱 敏秀、本間真紀子、林雅人、佐藤伸逸、海野勝男、多田 均 心室性期外収縮に対するフレカイニドの抑制効果と薬物動態 臨床薬理 21 713-723 1990/4
Toshio Suzuki, Etsuko Sato, Yasuyuki Matsuda, Hitoshi Tada, Katsuo Unno Preparation of zein microspheres conjyugated with anti-tumor drugs available for selective cancer chemotherapy and development of simple calormetric determination of drugs in microspheres. Chem. Pharm. Bull. 37 4 757-759 1989/4
Hitoshi Tada, Makiko Ishikawa, Etsuko Sato, Toshio Suzuki, Katsuo Unno Influences of food on bioavailability from two controlled-release granules of theophylline J. Clin. Pharm. Ther. 14 145-151 1989/3
Toshio Suzuki, Etsuko Sato, Yasuyuki Matsuda, Hitoshi Tada, Satoko Koizumi, Katsuo Unno Enantioselective route to (-)-chokol A J. Chem.Soc. Perkin Trans 1 1531-1533 1988/12
Hitoshi Tada, Yoshinori Sagae, Toshio Suzuki, Katsuo Unno Comparative studies of influence of diaetary fat on plasma levels of isosorbide dinitrate from two sustained-release products Chem. Pharm. Bull 34 7 2967-2972 1986/7
Toshio Suzuki, Etsuko Sato, Shinko Kamada, Hitoshi Tada, Katsuo Unno, Tetsuji Kametani General method for the preparation of a methylene-γ-butyrolactones from 1,2-isopropylidine (R) and (S) -glyceraldehydes J .Chem.Soc, Perkin Trans 1 387-391 1986/2
菊田孝広、若松章夫、梅津征夫、本谷尚、佐藤重一、中田浩雅、多田 均、大和田栄治、伊藤圭二 逆相分配イオンペア高速液体クロマトグラフィーによる血清テオフィリンの定量 病院薬学 10 291-223 1984/10
Juichi Sato, Kaoru Ueda, Akiko Saito, Hitoshi Tada, Eiji Owada, Keiji Ito, Toshiro Murata Effect of acetazolamide on bariturate induced sleeping time in mice III. Pharmacokinetics of serum elimination and brain distribution J. Pharmacobio-Dyn 6 381-690 1983/6
Yukio Fujimoto, Yasuhiro Watanabe, Michiko Aragane, Hitoshi Tada Yoshimitu Simamori, Masahide Uchida, Masakatsu Ozaki, Kazuei Igarashi, Seiyu Hirose Partial purification of the enzyme obtained from the rat kidney microsomal membrane with succinyl trialanine p-nitroanilide hydrolyzing activity and the one similar to signal peptidase. Chem. Pharm. Bull 31 89 2940-2943 1983/3
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
戸上紘平、石井大嗣、阿部亮太、多田均、丁野純男 肺線維症治療を指向したリポソームの肺線維芽細胞への集積性およびcollagen Iへの付着性に関する検討 日本薬学会第139年会 2019/3
金澤楓、戸上紘平、兼平幸宗、多田均、丁野 純男 肺線維症モデルマウスにおける薬物封入リポソーム肺投与後の肺内滞留性に関する検討 日本薬学会第138年会 2018/3
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
Kiyomi Ishizawa, Kohei Togami, Hitoshi Tada, Sumio Chono Multiscale live-imaging using F?rster resonance energy transfer to evaluate the distribution of nanoparticles for drug delivery Controlled Released Society Annual Meeting & Exposition https://2019.controlledreleasesociety.org/contact 2019/7
石澤清心、戸上紘平、多田均、丁野純男 ドラッグデリバリーシステムに用いるナノ粒子の体内分布特性評価を目的としたマルチスケールイメージング手法の確立 日本薬学会第139年会 2019/3
戸上紘平、石井大嗣、阿部亮太、多田均、丁野純男 肺線維症治療を指向したリポソームの肺線維芽細胞への集積性およびcollagen Iへの付着性に関する検討 日本薬学会第139年会 2019/3
Kiyomi Ishizawa, Kohei Togami, Hitoshi Tada, Sumio Chono Multi-scale imaging using F?rster resonance energy transfer for evaluating drug carrier distribution AAPS 2018 PHARMSCI 360 2018/11
石澤清心、戸上紘平、多田均、丁野純男 FRET現象を応用したmulti-scale imagingによるDDSの機能評価法の確立 日本薬学会北海道支部第145例会 2018/5
藏所楓、兼平幸宗、多田均、丁野純男、戸上紘平 肺線維症発症時における肺投与型リポソームの肺内滞留性に関する検討 日本薬学会北海道支部第145例会 2018/5
金澤楓、戸上紘平、兼平幸宗、多田均、丁野 純男 肺線維症モデルマウスにおける薬物封入リポソーム肺投与後の肺内滞留性に関する検討 日本薬学会北海道支部第145例会 2018/5
山口広太郎、丁野純男、多田均、戸上紘平 肺線維症の病巣細胞によるニンテダニブの取り込みに及ぼす排出トランスポーターの影響 日本薬学会北海道支部第145例会 2018/5
山口広太郎、丁野純男、多田均、戸上紘平 肺線維症の病巣細胞によるニンテダニブの取り込みに及ぼす排出トランスポーターの影響 日本薬学会第138年会 2018/3
戸上 紘平、北山 晏利、多田  均、丁野 純男 肺線維症モデルマウスにおける薬物の肺内分布に及ぼす細胞外マトリックスの影響 日本薬物動態学会 第31回年会、松本 2016/10
戸上紘平、 丁野純男、 多田均 肺線維症発症時における肺胞上皮細胞のタイトジャンクションの障害に基づく肺投与型薬物の肺内動態変化 日本薬学会第136年会、横浜 2016/3
戸上紘平、 多田均、 丁野純男 Altered intrapulmonary pharmacokinetics of aerosolized drugs due to the disruption of the alveolar epithelial barrier in animals with bleomycin-induced pulmonary fibrosis 2015 AAPS Annual Meeting and Exposition  Orlando, Florida、USA 2015/10
戸上紘平、 丁野純男、 多田均 肺線維症モデル動物における肺投与した薬物の肺内動態特性 日本薬剤学会第30年会、長崎 2015/5
兼平宗幸、 戸上紘平、 多田均、 丁野純男 転移性肺がんモデルマウスにおける肺投与型薬物の肺組織分布特性 日本薬学会第135年会、神戸 2015/3
大原宏司、松本和、戸上紘平、佐藤安訓、上野明道、多田均、早坂正孝 細胞外ATPとTGF-βのヒト肺線維芽細胞遊走に関する研究 日本薬学会第135年会、神戸 2015/3
戸上紘平、 丁野純男、 多田均 肺線維症モデル動物における肺投与型薬物の肺内滞留性及び肺胞深部への到達性に関する検討 日本薬学会第135年会、神戸 2015/3
Togami K, Tada H, Chono S Intrapulmonary pharmacokinetics of aerosolized drugs in animals with bleomycin-induced pulmonary fibrosis 19th North American ISSX / 29th JSSX Meeting、SanFrancisco, USA 2014/10
戸上紘平、 宮尾亜希、 宮腰恵生、 多田均、 丁野純男 肺線維症の治療を指向したbasic fibroblast growth factor(bFGF)修飾リポソームの肺線維芽細胞への標的指向化 第30回日本DDS学会、 東京 2014/7
戸上紘平、多田均、丁野純男 肺線維症モデル動物における肺投与型製剤の肺内動態に関する検討 日本薬剤学会第29年会 大宮 2014/5
兼平幸宗、戸上紘平、多田 均 肺繊維症治療薬ピルフェニドン及びその代謝物の体内動態と肺組織移行性 日本薬学会第133年会、横浜 2013/3
大原宏司、戸上紘平、倉本敬二、緑川信幸、佐藤亜希子、真島 崇、伊藤鍛、多田 均、東海林徹、早坂正孝 実務実習事前実習における薬学生の手指衛生効果の検討 日本薬学会133年会、横浜 2013/3
戸上紘平、沖田 彩、粟屋 昭、多田 均  肺繊維症治療薬開発のための血清胸腺因子(FTS)の作用機序の検討 日本薬学会第133年会、横浜 2013/3
大原宏司、 小原 拓、 緑川信幸、 波多江 崇、 倉本敬二、 伊藤 鍛、 佐藤亜希子、 多田 均、 東海林 徹、 早坂正孝 学生アンケートによる6年制実務実習の問題点と今後の課題検討 第22回日本医療薬学会, 新潟 2012/10
多田 均、 波多江 崇、 篠木鮎美、 山下俊之、 阿部賢志、 服部由香、 野島浩史、衛藤雅昭 標準模擬患者満足度度に及ぼす要因分析 日本薬学会第132年会, 札幌 2012/3
戸上紘平、 戸崎由佳、 丁野純男、 森本一洋、 早坂正孝、 多田 均 Caco-2細胞単層膜透過におけるフェキソフェナジン光学異性体のMDR1及びOATPs立体認識性の関与 日本薬学会第132年会, 札幌 2012/3
Togami K, Tosaki Y, Chono S, Morimoto K, Hayasaka M, Tada H Stereoselective and carrier-mediated transport of fexofenadine through Caco-2 cell monolayers 日本薬物動態学会年会, 広島 2011/11
倉本敬二、 波多江 崇、 金子俊幸、 多田 均、 早坂正孝、 東海林 徹 倉本敬二, 波多江 崇, 金子俊幸, 多田 均, 早坂正孝, 東海林 徹:ビカネイトR輸液はビカーボン輸液Rの後発品なのか? 第21回日本医療薬学会, 神戸, 2011/10
倉本敬二、波多江崇、深谷朋美、金子俊幸、渡辺由香、多田 均、早坂正孝、東海林徹 重炭酸リンゲル液の相違はMgイオン濃度だけか? 日本薬学会第131年会, 静岡 2011/3
戸上紘平、戸崎由佳、丁野純男、森本一洋、小畑俊男、早坂正孝、多田 均 Caco-2細胞単層膜におけるフェキソフェナジン光学異性体の薬物トランスポーター認識性に関する検討 日本薬学会第131年会, 静岡 2011/3
波多江 崇、倉本敬二、渡辺由香、深谷朋美、金子俊幸、早坂正孝、多田 均、東海林 徹: 実務実習事前学習におけるロールプレイ実習の学生満足度に及ぼす要因分析 第49回日本薬学会東北支部大会, 郡山 2010/10
倉本敬二、 深谷朋美、 渡辺由香、 鈴木孝司、 波多江 崇、 多田 均、 東海林 徹 クワッドバッグTPN製剤の有用性に関する検討 日本薬学会130年会, 岡山 2010/3
多田 均、 鈴木孝司、 小畑俊男、 山崎信也 骨中リドカインおよぶMEGXの新規HPLC法の確立 日本薬学会130年会, 岡山 2010/3
小畑俊男、 多田 均 心筋エクトヌクレオチダーゼ活性のin vivo計測と病態生理学的意義 日本薬学会130年会, 岡山 2010/3
波多江 崇、 倉本敬二、 渡辺由香、 鈴木孝司、 深谷朋美、 多田 均、 東海林 徹 顧客満足度調査の手法を用いた事前学習の改善と調査 日本薬学会130年会, 岡山 2010/3
Obata T, Tada H, Kashiwagi Y: Protective effect of captopril and enaraprist, angiotensin-converting enzyme inhibitors, on para-nonylphenol-induced ・OH generation and dopamine efflux in rat striatum. The 5th International Congress of Asian Society of Toxicology, Taipei, Taiwan 2009/9
小畑俊男、 多田 均、 柏木良友 アデノシン計測によるエクト−5´—ヌクレチダーゼ活性の評価 日本分析化学会第58年会, 札幌 2009/9
多田 均、 吉川 慧、 鈴木孝司、小川幸恵、 渡辺由香、 川合宏仁、 山崎信也 顎骨中リドカイン濃度に及ぼす骨膜剥離の影響 日本薬学会129年会, 京都 2009/3
深谷朋美、 波多江 崇、 渡辺由香、 鈴木孝司、 多田 均、 東海林 徹 奥羽大学薬学部における病院・薬局実務実習事前学習の取り組み 第16回福島県薬剤師研究発表会, 郡山市 2009/
小窪翔子、 江原潤平、 多田 均、 宮嶋勝春 プラバスタチンナトリウム製剤の後発医薬品に関する品質評価 日本薬学会第128年会, 横浜 2008/3
渡邊由香、 佐藤留美、 勝山 壮、 倉本敬二、 多田 均、 東海林 徹、 仲川義人 注射薬配合データベースの構築 日本医療薬学会, 金沢 2007/10
佐藤留美、 倉本敬二、 勝山 壮、 渡辺由香、 多田 均、東海林 徹 求められる注射薬配合変化対応の進化〜○×式からの脱却(1) 日本薬学会第127年会, 富山 2007/3
倉本敬二、 佐藤留美、 勝山 壮、 渡辺由香、 多田 均、 東海林 徹 求められる注射薬配合変化対応の進化〜○×式からの脱却(2) 日本薬学会第127年会, 富山 2007/3
渡邊由香、 佐藤留美、 多田 均、 佐藤 滋、 村上美穂、 早瀬幸俊、 三浦昌朋、 羽渕友則、 東海林 徹、 鈴木敏夫 腎移植患者におけるミコフェノール酸体内動態の概日リズムと拒絶反応との関連性 日本薬学会第127年会, 富山 2007/3
Saito M.、 Satoh S.、 Inoue T.、 Numakura K.、 Tada、 H、 Tsuchiya N. and Habuchi T The involvement of early clinical outcome tacrolimus pharmacokinetics, and genetic polymorphisms in late subclinical chronic allograft nephropathy. The First Joint international Transplant Meeting , Boston, USA 2006/7
三浦昌朋、 多田 均、 佐藤 滋、 羽渕友則、 鈴木敏夫 ラベプラゾールのエナンチオ選択的代謝とキラル変換 日本薬学会第126年会, 仙台 2006/3
佐々木克也、 宮形慶子、 庄司 学、 多田 均、 鈴木敏夫 抗ガン剤レジメンに対応した放射線科薬剤管理指導業務効率化への取り組み 日本薬学会第126年会, 仙台 2006/3
加賀谷英彰、 三浦昌朋、 佐藤 滋、 井上和幸、 羽渕友則、 多田 均、 鈴木敏夫(生体腎移植患者における 生体腎移植患者における(R)-ランソプラゾールの体内動態および上部食道合併症におけるMDR1 C3435T遺伝子多型の影響 日本薬学会第126年会, 仙台 2006/3
多田 均、 佐藤 滋、 土谷順彦、 三浦昌朋、 加賀谷英彰、 井上和幸、 羽渕友則、 鈴木敏夫 腎移植症例のランソプラゾールとタクロリムスの薬物動態的相互作用におけるCYP2C19遺伝子多型の影響の検証 日本薬学会第126年会, 仙台 2006/3
多田 均、 三浦昌朋、 古郡規雄、 寒河江喜紀、 宇野 司、 菅原和信、 立石智則、 鈴木敏夫 クラリスロマイシン併用時におけるCYP2C19のランソプラゾールに対するエナンチオ選択的代謝 第14回日本医療薬学会年会, 千葉 2005/10
三浦 昌朋、 多田 均、 加賀谷英彰、 佐藤 滋、 羽渕友則、 鈴木敏夫: ラベプラゾールとランソプラゾールの各エナンチオマーの体内動態の比較 日本薬学会第125年会, 東京 2005/3
多田 均、 佐藤 滋、 加賀谷英明、 土谷順彦、 三浦昌朋、 井上和幸、 伊藤邦彦、 羽渕友則、 鈴木敏夫 MDR1(ABC1)遺伝子多型C3435T変異は腎移植レシピエントのタクロリムスのバイオアベイラビリティーに影響しない 日本薬学会第125年会, 東京 2005/3
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
神村英利・木方 正・佐藤拓夫・安田一郎 編集 石津 隆、多田 均他。 わかりやすい薬事関係法規・制度【第4版】 廣川書店 91-105 2018/3
神村英利、木方 正、佐藤拓夫、安田一郎編集 石津 孝、神村英利、木方 正、小竹 武、佐藤拓夫、白畑孝明、多田 均他 わかりやすい薬事関係法規・制度第3版 廣川書店 91-105第7章 薬剤師法 2015/3
薬剤業務委員会、日本病院薬剤師会編集他 実例25 催奇形成が懸念されるプレドニン肝油注腸治療における薬剤の変更(再掲載) 薬事日報社 107-111 1997/1
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
波多江崇、 倉本敬二、 渡辺由香、 深谷朋美、 金子俊幸、 早坂正孝、 多田 均、 東海林 徹  実務実習事前学習における改善策の導入と顧客満足度分析を用いた評価 日本病院薬剤師会雑誌 47 9 1189-1193 2011/9
波多江崇、 倉本敬二、 渡辺由香、 深谷朋美、 金子俊幸、 早坂正孝、 多田 均、 東海林 徹 実務実習事前学習におけるロールプレイ実習に対する薬学生の満足度とその要因 日本病院薬剤師会雑誌 46 8 1118-1121 2011/8
波多江崇、 倉本敬二、 渡辺由香、 鈴木孝司、 深谷朋美、 多田 均、 東海林 徹 学生アンケートによる事前学習の改善に向けた取り組み 日本病院薬剤師会雑誌 46 8 1118-1121 2010/8
倉本敬二、 勝山 壮、 渡辺由香、 多田 均、 東海林 徹  ビタミンB1含有 末梢栄養輸液製剤の有用性に関する検討 医薬品相互作用研究 32 3 33-37 2009/
井上和幸、伊藤邦彦、佐藤悦子、多田 均、鈴木敏夫  蛍光偏光免疫測定(FPIA)法による血中薬物濃度測定に及ぼす総ビリルビンの影響 日本病院薬剤師会雑誌 42 651-653 2006/
宮形慶子、 佐々木克也、 向井潤一、 庄司 学、 室田英行、 三浦昌朋、 多田 均、 鈴木敏夫  癌化学療法レジメンに対応した薬剤管理指導業務 医薬品相互作用研究 30 1 31-34 2006/
手塚 剛彦、伊藤邦彦、井上和幸、多田 均、吉田契造、清水徹男、鈴木敏夫 うつ病患者におけるフルボキサミン応答性に及ぼすセロトニン関連遺伝子多型の解析 医薬品相互作用研究 37 1 5-10 2003/2
多田 均、小松眞史、大嶋重敏、米山和夫、後藤隆、千葉満郎、渡邊純夫、鈴木敏夫 原発性胆汁性肝硬変症におけるウルソデオキシコール酸とシクロスポリンAの併用研究ーシクロスポリンAの血中濃度モニタリングにおける問題点ー TDM研究 17 4 345-353 2000/12
多田 均、鈴木敏夫 母集団薬物速度論解析プログラムNONMEMのパソコン(PC-9801シリーズ)への移植と動作特性 医薬品相互作用研究 19 1 63-66 1995/1
佐藤悦子、伊藤和子、松田泰行、多田 均、海野勝男 当院におけるモルヒネの使用動向 日本病院薬剤師会雑誌 28 12 47-53 1992/12
多田 均 Bayesian理論を用いたFlecainideの投与説計に関する基礎的研究  秋田医学 20 403-414 1992/3