薬の効果・副作用の個人差と薬物代謝酵素遺伝子変異との関連性について

薬の効果や副作用の現れ方には大きな個人差があります。その原因の一つとして、薬を代謝(多くは薬を無害にする酵素反応。時に薬を活性化する場合もある)する酵素の遺伝子の変異が考えられています。薬の効果・副作用の個人差と薬物代謝酵素遺伝子変異との関連性を調べることにより、その人にとって安全で効果的な薬物療法、すなわち個別化薬物療法を提案することを目指しています。

薬学部
薬学科

臨床薬学専攻(博士課程)

教授

博士(医学)

三浦 淳
( ミウラ ジュン )

学位

博士(医学):北海道大学:2003年

研究分野

臨床薬理学/薬理遺伝学/臨床精神医学

キーワード

薬物治療/効果/副作用/個人差/薬物代謝酵素/遺伝子/個別化薬物療法

学会・社会活動等

日本臨床薬理学会専門医/日本臨床精神神経薬理学会専門医/日本精神神経学会会員/日本時間生物学会評議員/日本睡眠学会会員/日本生物学的精神医学会会員/多文化間精神医学会会員/北海道性差医学・医療研究会世話人

エピソード

大学での教育・研究がメインですが、臨床医(精神科)としても活動を続けています。大学での研究成果を医療の現場に生かし、医療水準を向上させるのが目標です。

 

研究・学術活動

  • 論文(12件)
  • 会議論文(1件)
  • 紀要(5件)
  • 講演(53件)
  • 著書(5件)
  • 作品(0件)
  • 受賞(0件)
  • その他(7件)
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
Miura J, Honma R. Daytime sleepiness in relation to gender and premenstrual symptoms in a sample of Japanese college students. Sleep Biol Rhythms 18 1 43898 2020/1
Kaori Yama, Yuki Asari, Aiko Ono, Maiko Machida, Jun Miura Plasma interleukin-10 levels are altered in women with severe premenstrual syndrome: A preliminary study, Women's Health Reports 2020/
Tomonori YUASA, Jun MIURA, Yasunori SUGAI, Yousuke ITO, Yoshihisa AIZU, Development and performance evaluation of portable light therapy apparatus for improvement of sleep and wakefulness. Asian Journal of Physics 27 44086 529-539 2018/9
湯浅友典, 三浦淳, 須貝保徳, 伊藤洋輔, 佐々木春喜, 相津佳永. 睡眠覚醒改善のための可搬型光治療器の開発と性能評価. 計測自動制御学会論文集 54 8 691-693 2018/8
Jun Miura, Tomonori Yuasa, Yasunori Sugai, Kana Yamagami, and Yoshihisa Aizu. Effects of Bright Light with Reduced Blue Light on Sleepiness on Rising: A Small Exploratory Study. Sleep Disorders 2018 Article ID 2378630, 7 pages 2018/
Kaori Yama, Eri Minami, Maiko Machida, Nobumasa Hayase, Jun Miura. 95 (1/2) 19-24, 2018. Relation between Premenstrual Syndrome, Oxidative Stress and Depression. Pharmacometrics (Oyo Yakuri) 95 43832 19-24 2018/
三浦麻緒、岩山訓典、大桃史也、林信子、大滝康一、北村大、加納誠一朗、山佳織、町田麻依子、三浦淳、早勢伸正 小児の服薬実態調査に基づくアジスロマイシン細粒服用時の苦味に対する飲食物によるマスキング効果 Progress in Medicine 37 8 975-983 2017/8
Yasuko Fuse-Nagasea, Jun Miura, IkuroNamura, Takeshi Sato, Katsuhiro Yasumi, Toshiyuki Marutani, Yoshiro Sugita Decline in the severity or the incidence of schizophrenia in Japan: a survey of university students. Asian Journal of Psychiatry 24 120-123 2016/8
Okubo M, Murayama N, Jun Miura, Yasuji Chiba, Hiroshi Yamazaki. Effects of cytochrome P450 2D6 and 3A5 genotypes and possible coadministered medicines on the metabolic clearance of antidepressant mirtazapine in Japanese patients. Biochem Pharmacol 93 1 104-109 2015/
三浦淳、佐々木春喜. 夕方の高照度光療法が大うつ病エピソードに有効であった双極II型障害の一例. 精神医学 54 5 509-512 2012/5
Okubo M, Murayama N, Miura J, Shimizu M, Yamazaki H. A rapid multiplex PCR assay that can reliably discriminate the cytochrome P450 2D6 whole-gene deletion allele from 2D6*10 alleles. Clin Chim Acta 413 1675-1677 2012/
Hajime Nakashima, Jun Miura, Tsukasa Uno, Terufumi Matsunaga, and Tomonori Tateishi. Influence of genetic polymorphisms and non-genetic factors upon warfarin maintenance dose in Japanese elderly patients. (受賞有) Jpn J Clin Pharmacol Ther (臨床薬理) 42 5 333-340 2011/
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
三浦淳、元村博美、石崎泰斗、山佳織、田所重紀、佐々木春喜、町田麻依子、早勢伸正 日本人におけるCYP2D6遺伝型 第27回日本臨床精神神経薬理学会年会 2017/11
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
布施泰子、三浦淳、平井伸英、苗村育郎、佐藤武 大学における休・退学、留年学生に関する調査結果と考察ー平成25年度分集計結果からー Campus Health 53 2 157-162 2016/5
布施泰子、三浦淳、苗村育郎、佐藤武 大学における休・退学,留年学生に関する調査結果と考察ー平成24(2012)年度分の調査について Campus Health 52 2 169-174 2015/5
三浦 淳、湯浅 友典、千葉 武雄、相津 佳永、佐々木 春喜 擬似夜明け療法の覚醒効果. 室蘭工業大学紀要 64 137-142 2015/3
三浦淳, 湯浅友典, 千葉武雄, 相津佳永, 佐々木春喜. 擬似夜明け療法による生体リズム位相調節の試み. 室蘭工業大学紀要 63 117-121 2014/
湯浅友典, 三浦淳, 千葉武雄, 佐々木春喜, 相津佳永. 擬似夜明け療法のための効果的照明方法の検討と装置開発. 室蘭工業大学紀要 63 111-115 2014/
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
山佳織、町田麻依子、三浦淳. レビー小体型認知症患者における血中ドネペジル濃度と生化学的背景に関する研究. 日本薬学会第140年会 2020/3
野々村美咲、白井小百合、山佳織、町田麻依子、三浦淳. レビー小体型認知症患者におけるCYP2D6*4アレル頻度に関する調査. 日本薬学会第140年会 2020/3
丸井万由香、早坂麻依、山佳織、町田麻依子、三浦淳. 認知症患者における酸化ストレス状態. 日本薬学会第140年会 2020/3
早坂麻依、白井小百合、野々村美咲、丸井万由香、田端一基、蓮川岳志、横尾和宣、直江寿一郎、山佳織、町田麻依子、三浦淳. 認知症患者および非認知症高齢者におけるCYP2D6遺伝子多型. 日本薬学会第140年会 2020/3
清水彩也香、町田麻依子、菊地将貴、森田祐介、加藤理紗、山佳織、三浦淳、志賀咲紀、町田拓自、平藤雅彦、飯塚健治. メトトレキサート投与によるラット腸管幹細胞遺伝子マーカーの誘導. 日本薬学会第140年会 2020/3
三浦淳. 若年女性の睡眠・覚醒?月経周期・月経前症候群との関連? 第1回札幌睡眠フォーラム学術集会 2019/11
三浦淳. 精神科臨床における光療法?薬物療法との住み分け? 愛成会精神医学セミナー(弘前神経科学研究所) 2019/9
三浦淳. 認知症の症状・原因と薬物治療について 稲苑大学公開講座・北海道科学大学公開講座 2019/8
三浦淳、秋元麻菜、赤繁初音、山佳織、町田麻依子. 若年女性における月経前症候群と気質・性格との関連. 第16回日本うつ病学会総会. 2019/7
野田久美子, 野田絵莉, 衛藤遼太, 櫻井秀彦, 三浦淳. 女子大学生における脂質・炭水化物摂取量と身体症状の関係(中間報告) 第48回日本女性心身医学会学術集会. 2019/6
赤繁初音、秋元麻菜、熊川郁英、山佳織、町田麻依子、三浦淳. 睡眠の質と日中の眠気の男女差. 日本薬学会第139年会. 2019/3
秋元麻菜、赤繁初音、山佳織、町田麻依子、三浦淳. 若年女性における月経前症候群と気質・性格との関連. 日本薬学会第139年会. 2019/3
山佳織, 町田麻依子, 三浦淳. 腸管細胞におけるシアニジン-3-グルコシドによる細胞保護作用. 日本薬学会第139年会. 2019/3
三浦淳. 睡眠障害の診断と薬物治療 第10回札幌薬剤師会臨床薬学講演会 2019/2
三浦淳. 普通のかかわりが難しい人へのアプローチ 札幌市立大学看護学部FD講演会 2019/1
Kaori Yama, Honoka Shinbo, Maiko Machida, Jun Miura Relation between menstrual cycle and oxidative stress in young Japanese women The 22nd International Federation of Gynecology and Obstetrics (FIGO) World Congress. 2018/10
Jun Miura, Ikue Kumakawa, Fumika Sato, Kaori Yama, Maiko Machida. Relation between menstrual cycle, sleep and daytime sleepiness. 24th Congress of the European Sleep Research Society 2018/9
三浦淳. 睡眠障害の診断と治療のコツ Sleep Disorder Seminar (MSD株式会社主催) 2018/9
三浦淳. 精神科臨床における睡眠障害の診断・治療?非薬物療法を含めて? 愛成会精神医学セミナー(弘前神経科学研究所) 2018/8
Jun Miura, Jun Itahashi, Takuya Ogata, Hiromi Motomura, Kaori Yama, Shigenori Tadokoro, Haruki Sasaki, Maiko Machida, Nobumasa Hayase. First-generation antihistamine-induced drowsiness and the CYP2D6 genotype. The 18th World Congress of Basic and Clinical Pharmacology (WCP2018) 2018/7
三浦淳、佐藤史佳、熊川郁英、南英里、山佳織、町田麻依子 月経前症候群・月経前不快気分障害と酸化ストレス・うつ・睡眠覚醒との関連 第15回日本うつ病学会 2018/7
三浦淳、熊川郁英、佐藤史佳、山佳織、町田麻依子 月経周期と睡眠、日中の眠気との関連 日本睡眠学会第43回定期学術集会 2018/7
三浦淳. 青年期の睡眠障害の特徴と対処法 日本精神神経学会精神科専門医制度生涯教育研修会(北海道精神神経学会主催) 2018/7
Tomonori Yuasa, Jun Miura, Yasumori Sugai, Yousuke Ito, Yoshihisa Aizu Development of portable light therapy apparatus using LED for improvement of sleep and wakefulness. The 7th Laser Display and Lighting Conference 2018 (LDC'18) 2018/4
山佳織, 町田麻依子, 早勢伸正, 三浦淳 シアニジン-3-グルコシドによるグルタチオン合成誘導に関する研究 日本薬学会第138年会 2018/3
緒方拓哉, 板橋準, 山佳織, 田端一基, 蓮川岳志, 横尾和宜, 直江寿一郎, 三浦淳 認知症患者における CYP2D6 遺伝型. 日本薬学会第138年会 2018/3
板橋準, 緒方拓哉, 元村博美, 山佳織, 田所重紀, 佐々木春喜, 町田麻依子, 早勢伸正, 三浦淳 第一世代抗ヒスタミン薬による眠気と CYP2D6・3A5 遺伝型との関連性 日本薬学会第138年会 2018/3
熊川郁英, 佐藤史佳, 山佳織, 町田麻依子, 早勢伸正, 三浦淳 月経周期と睡眠、日中の眠気との関連 日本薬学会第138年会 2018/3
新保ほのか, 三上千晶, 藤兼由佳, 山佳織, 町田麻依子, 早勢伸正, 三浦淳 月経周期における血漿中 8-hydroxydeoxyguanosine 量 日本薬学会第138年会 2018/3
佐藤史佳, 熊川郁英, 南英里, 山佳織, 町田麻依子, 早勢伸正, 三浦淳 月経周期と酸化ストレス・うつ傾向との関連性(第 2 報) 日本薬学会第138年会 2018/3
三浦淳. 管理職のための職場のメンタルヘルス 北星学園大学安全衛生委員会主催講演会 2018/1
三浦淳. 神経症性障害の病態生理・薬物治療・非薬物治療 日本女性薬剤師会薬剤師継続学習通信教育講座スクーリング(北海道女性薬剤師会主催) 2017/8
三浦 淳 第一世代抗ヒスタミン薬による眠気とCYP2D6遺伝型との関連性 日本臨床薬理学会第1回北海道・東北地方会 2017/7
三浦 淳、湯浅友典、須貝 保徳、山上佳那、佐々木 春喜、相津佳永 日中の眠気の性差と月経前症状との関連性 日本睡眠学会第42回定期学術集会 2017/6
三浦 淳、山 佳織、町田麻 依子、早勢伸正 月経周期と酸化ストレス・うつ傾向との関連性 日本薬学会第137年会 2017/3
三浦 淳、山佳織、町田麻依子、早勢伸正 第一世代抗ヒスタミン薬による眠気とCYP2D6・2C19遺伝型との関連性 日本薬学会第137年会 2017/3
三浦淳. 発達障害(自閉スペクトラム症) 薬にできること・できないこと 平成28年度北海道余市養護学校PTA講演会 2016/11
三浦淳. 認知症の理解と予防、治療、対応について 天使大学・北海道薬科大学連携公開講座 2016/9
三浦淳. 睡眠障害の薬物療法・非薬物療法 北海道薬科大学生涯学習センター第3回薬剤師アップトゥデート講座 2016/9
三浦 淳、湯浅友典、須貝 保徳、山上佳那、佐々木 春喜、相津佳永 青色光を低減したゴーグル型高照度光療法器の安全性と有効性 日本睡眠学会第41回定期学術集会. 2016/7
三浦淳. 大学生のメンタルヘルスについて 北海道薬科大学父母後援会平成28年度定期総会教養セミナー 2016/7
三浦淳. 精神科における睡眠障害とこれからの睡眠外来について 大塚製薬株式会社札幌支店 CNS領域医薬情報担当者研修会 2016/4
三浦 淳 The genetic polymorphisms of cytochrome P450s of Japanese populations and the clinical relevance. Open scientific seminar of division of clinical pharmacology, department of laboratory medicine, Karolinska Institutet, Huddinge. 2016/3
三浦淳. The genetic polymorphisms of cytochrome P450s of Japanese populations and the clinical relevance Open Scientific Seminar Series of Division of Clinical Pharmacology, Department of Laboratory Medicine, Karolinska Institutet, Huddinge 2016/3
三浦 淳 他 プレガバリン投与中にせん妄を呈した一例 第36回日本臨床薬理学会. 2015/12
三浦 淳 他 抗精神病薬・抗うつ薬を安全・効果的に使用するためには〜臨床薬理学の視点から〜 道東北精神医学研究会. 2015/11
三浦淳. 抗精神病薬・抗うつ薬を安全・効果的に使用するためには?臨床薬理学の視点から? 道東北精神医学研究会 2015/11
三浦 淳 他 発達障害ー薬にできること・できないこと 北海道女性薬剤師会平成27年度薬剤師継続学習通信教育講座. 2015/8
三浦淳. 発達障害ー薬にできること・できないことー 北海道女性薬剤師会平成27年度薬剤師継続学習通信教育講座 2015/8
三浦淳. 若者のメンタルヘルス・こどもたちを支えるためにできること?最近の若者の心理的特徴と自殺対策の実際? 平成26年度北空知地域自殺対策連絡会議自殺予防研修会 2015/2
三浦淳. 抗うつ薬を安全・効果的に使用するには?薬理遺伝学の観点から? 第36回日本生物学的精神医学会,第57回日本神経化学会大会,ランチョンセミナー 2014/10
三浦淳. 多剤併用による薬物相互作用の問題 日本精神神経学会精神科専門医制度生涯教育研修会(北海道精神神経学会主催) 2014/7
三浦淳. こころの問題を抱えた生徒への理解と対応について 平成26年度胆振管内高等学校教育相談研究会 2014/6
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
三浦淳. サーカディアンリズムと身体疾患 千葉茂, 本間研一編:サーカディアンリズムと睡眠, 新興医学出版社, 東京 171-184 2018/
三浦淳 大学生に多い睡眠障害の理解と対応. 全国大学メンタルヘルス研究会編:大学のメンタルヘルスの現状と課題、そして対策. 全国大学メンタルヘルス研究会事務局,岡山. 82-90 2015/
布施泰子,三浦淳. 休学・退学,留年問題ー学部学生についてー. 全国大学メンタルヘルス研究会編:大学のメンタルヘルスの現状と課題、そして対策. 全国大学メンタルヘルス研究会事務局,岡山. 114-120 2015/
三浦淳 臨床に役立つ抗精神病薬の薬理遺伝. 大森哲郎監修:統合失調症ケーススタディー?症例が導く社会復帰・QOL向上への道?,メディカルレビュー社,大阪. 25-27 2014/
三浦淳,湯浅友典,相津佳永,佐々木春喜. 光による健康増進と病気の予防. 国立大学法人室蘭工業大学編:室蘭工大未来をひらく技術と研究,北海道新聞社,札幌. 133-140 2014/
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
三浦淳, 湯浅友典, 相津佳永. 高照度光療法器の活用. 精神医学61(8) 935-942, 2019. 精神医学 61 8 935-942 2019/8
三浦淳. 良い睡眠と悪い睡眠. 平成30年度北海道性差医学・医療研究会講演集 24-29 2018/
三浦淳, 相津佳永, 湯浅友典, 光照射装置 特許第6061216号 2016/
三浦淳. 脳とこころの性差はいかにして生じるのか?どのような性差があるのか? 平成26年度北海道性差医学・医療研究会講演集 27-30 2014/
三浦淳, 相津佳永, 湯浅友典, 鴨田秀一. 生活リズム改善用光照射機器の開発. 産学官連携ジャーナル 9 10 22-23 2013/
三浦淳,立石智則 気分障害の発症脆弱性・薬物治療反応性に関連する生物学的指標. 臨床薬理の進歩 32 143-148 2011/
三浦淳 新規抗うつ薬の副作用と遺伝子多型 Depression Frontier 9 1 95-102 2011/