酸化的ストレス応答機構における細胞内シグナル伝達系に関する研究

脂肪細胞を使った抗酸化能に関する研究を行なっています。脂肪細胞の新しい役割を探索しています。

薬学部
薬学科

臨床薬学専攻(博士課程)

准教授

博士(薬学)

平山 早苗
( ヒラヤマ サナエ )

学位

博士(薬学):北海道薬科大学:(2003)

研究分野

薬学/生命科学/細胞生物学

キーワード

酸化ストレス/抗酸化能/脂肪細胞

学会・社会活動等

日本薬学会会員/日本生化学会会員/日本酸化ストレス学会会員/札幌薬剤師会会員/日本赤十字社救急法指導員

エピソード

バイクに乗ったり、テニスをしたりとアウトドア大好き派ですが、女子力は若干高いとのことです(学生談)。

研究・学術活動

  • 論文(53件)
  • 会議論文(1件)
  • 紀要(0件)
  • 講演(37件)
  • 著書(2件)
  • 作品(0件)
  • 受賞(0件)
  • その他(0件)
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
Satoshi F., Sanae M. Atsushi M., and Koichi S Linezolid-induced apoptosis through mitochondrial damage and role of superoxide dismutase-1 in human monocytic cell line U937 Yakugaku Zasshi 138 1 73-81 2018/1
Muraoka S, Nitta Y, Yamada T, Sakuma Y, Ichimura A, Sakurai K Increase of Anti-oxidative Capacity during Differentiation of 3T3-L1 Preadipocytes into Adipocytes. Yakugaku Zasshi 137 9 1137-1145 2017/9
Sanae M. and Toshiaki M Inactivation of cholinesterase induced by non-steroidal anti-inflammatory drugs with horseradish peroxidase: implication for Alzheimer's disease. Life Sciences 84(9-10) 272-277 84 9-10 272-277 2009/12
Sanae M. and Toshiaki M Metabolism of non-steroidal anti-inflammatory drugs by peroxidase: implication for gastrointestinal mucosal lesions. Yakugaku Zasshi 127 4 749-756 2007/4
Sanae M. and Toshiaki M Inactivation of alpha1-antiproteinase induced by phenylbutazone: participation of peroxyl radicals and hydroperoxide. Basic Clin Pharmacol Toxicol 99 3 261-266 2006/9
村岡 早苗、三浦 俊明 Salicylic acid-induced inactivation of creatine kinase in the presence of lactoperoxidase and H2O2.(査読付) Chemico-Biological Interactions 151 2 63-70 2005/1
村岡 早苗、三浦 俊明 Thiol oxidation induced by oxidative action of adriamycin.(査読付) Free Radical Research 38 9 963-968 2004/11
村岡 早苗、三浦 俊明 Inactivation of alcohol dehydrogenase by piroxicam-derived radicals.(査読付) Free Radical Research 38 3 217-223 2004/3
村岡 早苗、三浦 俊明 Inhibition of xanthine oxidase by phytic acid and its antioxidative action.(査読付) Life Sciences 74 13 1691-1700 2004/2
村岡 早苗、三浦 俊明 Inhibition by uric acid of free radicals that damage biological molecules.(査読付) Pharmacology & Toxicology 93 6 284-289 2003/12
村岡 早苗、三浦 俊明 Free radicals mediate cardiac toxicity induced by adriamycin(査読付) YAKUGAKU ZASSHI 123 10 855-866 2003/10
村岡 早苗 フリーラジカルを介したアドリアマイシンの心臓毒性発現機構に関する研究 (博士論文) 北海道薬科大学 全98 2003/7
村岡 早苗、三浦 俊明 Inactivation of creatine kinase induced by quercetin with horseradish peroxidase and hydrogen peroxide. pro-oxidative and anti-oxidative actions of quercetin.(査読付) Food and Chemical Toxicology 41 6 759-765 2003/6
村岡 早苗、三浦 俊明 Inactivation of creatine kinase during the interaction of mefenamic acid with horseradish peroxidase and hydrogen peroxide: participation by the mefenamic acid radical.(査読付) Life Sciences 72 17 1897-1907 2003/3
村岡 早苗、三浦 俊明 Inactivation of cholinesterase induced by chlorpromazine cation radicals.(査読付) Chemico-Biological Interactions 145 1 67-75 2003/3
村岡 早苗、三浦 俊明 Inactivation of mitochondrial succinate dehydrogenase by adriamycin activated by horseradish peroxidase and hydrogen peroxide.(査読付) Pharmacology & Toxicology 92 2 100-104 2003/2
村岡 早苗、三浦 俊明 Protection by estrogens of biological damage by 2,2'-azobis(2-amidinopropane) dihydrochloride.(査読付) The Journal of Steroid Biochemistry and Molecular Biology 82 4〜5 343-348 2002/11
三浦 俊明、村岡 早苗、藤本 幸男 Lipid peroxidation induced by indomethacin with horseradish peroxidase and hydrogen peroxide: involvement of indomethacin radicals.(査読付) Biochemical Pharmacology 63 11 2069-2074 2002/6
三浦 俊明、村岡 早苗、藤本 幸男 Lipid peroxidation induced by phenylbutazone radicals.(査読付) Life Sciences 70 22 2611-2621 2002/4
三浦 俊明、村岡 早苗、藤本 幸男 Inactivation of creatine kinase induced by stilbene derivatives.(査読付) Pharmacology & Toxicology 90 2 66-72 2002/2
三浦 俊明、村岡 早苗、藤本 幸男 Inactivation of creatine kinase during the interaction of indomethacin with horseradish peroxidase and hydrogen peroxide: involvement of indomethacin radicals.(査読付) Chemico-Biological Interactions 134 1 13-25 2001/3
三浦 俊明、村岡 早苗、藤本 幸男 Phenylbutazone radicals inactivate creatine kinase.(査読付) Free Radical Research 34 2 167-175 2001/2
三浦 俊明、村岡 早苗、藤本 幸男、Kaicun Zhaob DNA strand break and 8-hydroxyguanine formation induced by 2-hydroxyestradiol dispersed in liposomes.(査読付) The Journal of Steroid Biochemistry and Molecular Biology 74 3 93-98 2000/10
三浦 俊明、村岡 早苗、藤本 幸男 Inactivation of creatine kinase by Adriamycin during interaction with horseradish peroxidase.(査読付) Biochemical Pharmacology 60 1 95-99 2000/7
三浦 俊明、村岡 早苗、池田 菜穂子、渡辺 美紀、藤本 幸男 Antioxidative and prooxidative action of stilbene derivatives.(査読付) Pharmacology & Toxicology 85 5 203-208 2000/5
三浦 俊明、村岡 早苗、藤本 幸男、Kaicun Zhaob DNA damage induced by catechol derivatives.(査読付) Chemico-Biological Interactions 126 2 125-136 2000/5
三浦 俊明、村岡 早苗、藤本 幸男 Inactivation of Cholinasterase Induced by The Chlorpromazine Cation Radical.(査読付) Research Communications in Biological Psychology and Psychiatry 25 1&2 23-31 2000/
三浦 俊明、村岡 早苗、藤本 幸男 Inhibition of lipid peroxidation by pindolol.(査読付) Pharmacology & Toxicology 84 3 130-134 1999/11
三浦 俊明、村岡 早苗、藤本 幸男 Inactivation of creatine kinase induced by dopa and dopamine in the presence of ferrylmyoglobin.(査読付) Chemico-Biological Interactions 123 1 51-61 1999/11
三浦 俊明、村岡 早苗、藤本 幸男 Effect of estrogens on the oxidative damage induced by ferrylmyoglobin.(査読付) The Journal of Steroid Biochemistry and Molecular Biology 67 1 57-62 1998/10
三浦 俊明、村岡 早苗、藤本 幸男 Antioxidant activity of adrenergic agents derived from catechol.(査読付) Biochemical Pharmacology 55 12 2001-2006 1998/6
三浦 俊明、村岡 早苗、藤本 幸男 Temperature-dependent lipid peroxidation of rat brain homogenate.(査読付) Research Communications in Molecular Pathology and Pharmacology 100 1 117-128 1998/4
三浦 俊明、村岡 早苗、小木曽 健人 Inactivation of glyceraldehyde-3-phosphate dehydrogenase by ferrylmyoglobin.(査読付) Chemico-Biological Interactions 107 3 173-183 1997/11
三浦 俊明、村岡 早苗、小木曽 健人 Antioxidant activity of metallothionein compared with reduced glutathione.(査読付) Life Sciences 70 22 2611-2621 1997/6
三浦 俊明、村岡 早苗、小木曽 健人 Inhibition of microsomal glucose-6-phosphatase induced by ferrylmyoglobin.(査読付) Research Communications in Molecular Pathology and Pharmacology 96 3 291-298 1997/6
三浦 俊明、村岡 早苗、小木曽 健人 Lipid peroxidation inhibited by monoamines.(査読付) Research Communications in Molecular Pathology and Pharmacology 93 1 57-67 1996/7
三浦 俊明、村岡 早苗、小木曽 健人 Inhibition of lipid peroxidation by estradiol and 2-hydroxyestradiol.(査読付) Steroids 61 6 379-383 1996/6
三浦 俊明、村岡 早苗、小木曽 健人 Protective effects of beta-blockers against 2,2'-azobis(2-amidinopropane)-dihydrochloride-induced damage.(査読付) Chemico-Biological Interactions 97 1 25-35 1995/7
三浦 俊明、村岡 早苗、小木曽 健人 Relationship between protein damage and ferrylmyoglobin.(査読付) Biochemistry and Molecular Biology International 36 3 587-594 1995/7
三浦 俊明、村岡 早苗、小木曽 健人 Adriamycin-Fe3+-induced mitochondrial protein damage with lipid peroxidation.(査読付) Biolgical Pharmceutical Bulletin 18 4 514-517 1995/4
三浦 俊明、村岡 早苗、小木曽 健人 Adriamycin-Fe3+-induced inactivation of enzymes in erythrocyte membranes during lipid peroxidation.(査読付) Research Communications in Molecular Pathology and Pharmacology 87 2 133-134 1995/2
三浦 俊明、村岡 早苗、小木曽 健人 Effect of Ascorbate on Adriamycin-Fe3+-Induced Lipid Peroxidation and DNA damage.(査読付) Pharmacology & Toxicology 74 89-94 1994/
三浦 俊明、村岡 早苗、小木曽 健人 Adriamycin-Fe3+-induced inactivation of Rat Heart Mitochondrial Creatine Kinase: Sensitivity to Lipid Peroxidation..(査読付) Biolgical Pharmceutical Bulletin 17 9 1220-1223 1994/
三浦 俊明、村岡 早苗、小木曽 健人 Inhibition of hydroxyl radical-induced protein damages by trolox.(査読付) Biochemistry and Molecular Biology International 31 1 125-133 1993/9
三浦 俊明、村岡 早苗、小木曽 健人 Adriamycin-induced lipid peroxidation of erythrocyte membranes in the presence of ferritin and the inhibitory effect of ceruloplasmin.(査読付) Biolgical Pharmceutical Bulletin 16 7 664-667 1993/7
三浦 俊明、村岡 早苗、小木曽 健人 Inhibitory effect of urate on oxidative damage induced by adriamycin-Fe3+ in the presence of H2O2.(査読付) Research Communications in Molecular Pathology and Pharmacology 79 1 75-85 1993/1
三浦 俊明、村岡 早苗、小木曽 健人 Oxidative damage to bovine serum albumin induced by hydroxyl radical generating systems of xanthine oxidase + EDTA-Fe3+ and ascorbate + EDTA-Fe3+.(査読付) Chemico-Biological Interactions 85 2〜3 243-254 1992/12
三浦 俊明、村岡 早苗、小木曽 健人 Lipid peroxidation of erythrocyte membrane induced by lipoamide dehydrogenase in the presence of ADP-Fe3+.(査読付) Pharmacology & Toxicology 71 4 297-301 1992/10
三浦 俊明、村岡 早苗、小木曽 健人 Generation of Semiquinone and Oxygen Radicals by the Reaction of Menadione with Reduced Glutathione at Various pH.(査読付) Chemical & pharmaceutical bulletin 40 3 709-712 1992/3
三浦 俊明、村岡 早苗、小木曽 健人 Lipid peroxidation of rat erythrocyte membrane induced by adriamycin-Fe3+.(査読付) Pharmacology & Toxicology 69 4 296-300 1991/10
三浦 俊明、村岡 早苗、小木曽 健人 Generation of adriamycin radical by interaction of adriamycin with serum.(査読付) Research Communications in Chemical Pathology and Pharmacology 71 1 115-124 1991/1
八柳 潤、村岡 早苗、筒井 龍、小木曽 健人 Inhibition of superoxide generation and increase in intracellular Ca2+ concentration by zinc in rat neutrophils stimulated with zymosan.(査読付) Chemical & pharmaceutical bulletin 38 6 1656-1659 1990/1
八柳 潤、村岡 早苗、筒井 龍、小木曽 健人 Enhancement of Zymosan-Induced Respiratory Burst of Rat Neotrophils by Lead in Vitro.(査読付) Chemical & pharmaceutical bulletin 37 5 1347-1350 1989/
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
稲村明洋、平山(村岡)早苗、桜井光一 ゲムシタビンによる培養膵β細胞死におけるオートファジーの関与 日本薬学会第138回年会 2018/3
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
箕輪幸真、村北 涼、皆木優門、菅原広樹、唐沢豪貴、櫻井秀彦、平山(村岡)早苗 薬物乱用防止キャンペーンにおける学生・社会人を対象とした意識調査 日本社会薬学会北海道支部 2018/5
内田研太朗、横山佳奈江、皆木優門、菅原広樹、唐沢豪貴、櫻井秀彦、平山(村岡)早苗 薬物乱用防止キャンペーンにおける小学生の意識調査 日本社会薬学会北海道支部 2018/5
今井裕也、庄 瑞穂、皆木優門、菅原広樹、唐沢豪貴、櫻井秀彦、平山(村岡)早苗 薬物乱用防止キャンペーンにおける保護者と小学生児童の意識調査 日本社会薬学会北海道支部 2018/5
稲村明洋、王 月秋、平山(村岡)早苗、桜井光一 ゲムシタビンによるマイトファジーと細胞死の誘導 日本薬学会北海道支部第145回例会 2018/5
新田侑生、平山(村岡)早苗、桜井光一 脂肪細胞の分化に伴う油滴の蓄積に対するカタラーゼの役割 日本薬学会北海道支部第145回例会 2018/5
平山(村岡) 早苗、新田 侑生、市村 碧唯、桜井 光一 3T3-L1脂肪細胞の抗酸化能に対するロシグリタゾンの影響 日本薬学会第138回年会 2018/3
新田 侑生、平山(村岡) 早苗、神田 憲生、桜井 光一1 脂肪細胞の分化に伴う油滴の蓄積に対するATZの影響 日本薬学会第138回年会 2018/3
新田侑生、村岡早苗、桜井光一 脂肪細胞におけるミトコンドリア機能の抑制による油滴の減少とGAPDHの増加 日本薬学会弟144回北海道支部例会 2017/5
早坂麻依、石田美結、皆木憂門、菅原広樹、唐沢豪貴、櫻井秀彦、村岡早苗 学生・社会人を対象とした薬物乱用防止キャンペーンにおける意識調査 日本社会薬学会北海道支部 2017/5
東敬太、稲村明洋、村岡早苗、藤居賢、桜井光一 リネゾリド誘導細胞死におけるミトコンドリア機能変化 日本薬学会弟144回北海道支部例会 2017/5
皆木憂門、石田美結、早坂麻依、菅原広樹、唐沢豪貴、櫻井秀彦、村岡早苗 小学生を対象とした薬物乱用防止キャンペーンにおける意識調査 日本社会薬学会北海道支部 2017/5
稲村明洋、村岡早苗、桜井光一 ゲムシタビンによるミトコンドリア機能変化とオートファジーの誘導 日本薬学会弟144回北海道支部例会 2017/5
新田侑生、村岡早苗、桜井光一 3T3-L1細胞の分化に伴うミトコンドリア機能の変化とオートファジー 日本薬学会第137年会 2017/3
村岡早苗、新田侑生、桜井光一 3T3-L1分化脂肪細胞の抗酸化能におけるオートファジーの役割 日本薬学会第137年会 2017/3
東敬太、村岡早苗、桜井光一 リネゾリドによるINS-1細胞の傷害とオートファジーの防御作用 日本薬学会第137年会 2017/3
三浦 明香里、村岡 早苗、桜井 光一 有機ラジカル誘導脂質過酸化に対する3T3-L1細胞の影響 日本薬学会 第143回北海道支部例会 2016/5
嶋村 純、高橋 まどか、藤井 賢、村岡 早苗、桜井 光一 U937単球および分化マクロファージに対するリネゾリドの影響 日本薬学会 第143回北海道支部例会 2016/5
新田 侑生、本多 礼於、村岡 早苗、桜井 光一 3T3-L1細胞の分化に伴うミトコンドリア機能と抗酸化能の変化 日本薬学会 第143回北海道支部例会 2016/5
村岡早苗、伊藤瑞希、山下浩、桜井光一 3T3-L1分化脂肪細胞における脂肪代謝とオートファジー誘導へのアイヌ有用植物エキスの影響 日本薬学会第136年会 2016/3
稲村明洋、村岡早苗、桜井光一 ゲムシタビンによるINS-1 細胞へのオートファジー誘導 日本薬学会第136年会 2016/3
Sanae Muraoka, Taiki Yamada, Yusuke Sakuma, Yuuki Nitta, Koichi Sakurai  Change of anti-oxidative ability with differentiation to adipocytes 2015 The American Society for Cell Biology Annual Meeting 2015/12
村岡早苗、山田大樹、佐久間勇輔、桜井光一 3T3-L1細胞の脂肪細胞への分化過程における抗酸化能の上昇 日本薬学会 北海道支部例会 2015/5
新田 侑生、村岡 早苗、桜井 光一 3T3-L1脂肪細胞の分化に伴う抗酸化能の変化におけるGSHとカタラーゼの関与 日本薬学会第135年会(神戸) 2015/3
本多 礼於、村岡 早苗、桜井 光一 3T3-L1脂肪細胞の脂肪蓄積におけるミトコンドリア機能 日本薬学会第135年会(神戸) 2015/3
山田 大樹、明石 恵、佐渡 美穂、佐久間 勇輔、村岡 早苗、桜井 光一 脂肪細胞への分化誘導過程における抗酸化能の変化 日本薬学会第134年会(熊本) 2014/3
松川 美咲、木崎 久実、櫻井 隼平、村岡 早苗、山下 浩、桜井 光一 脂肪細胞の分化に対するアイヌ有用植物エキスの影響 日本薬学会第134年会(熊本) 2014/3
若井 香鈴、村岡 早苗、桜井 光一 膵β細胞INS-1の酸化ストレスによる 細胞障害におけるSOD1の役割 日本薬学会第134年会(熊本) 2014/3
村岡 早苗、旭 祐介、上田 洋平、佐渡 美穂、芳賀 静香、桜井 光一 酸化ストレスに対する脂肪細胞の耐性能について 日本薬学会第133年会(横浜) 2013/3
村岡早苗、三浦俊明   ヘモグロビンと鉄によって惹起されるラット脳ホモジネートの脂質過酸化 日本薬学会第130年会(岡山) 2010/3
村岡早苗、丹保良子、和田浩二、櫻井秀彦、古田精一、村上智彦*、渡辺一弘  臨床能力を育む地域密着型体験学習:薬剤師業務経験学習(3年生)〜夕張での学習を中心に〜 第13回 日本地域薬局薬学会年会(帯広) 2009/6
村岡早苗、三浦俊明   ミオグロビンで惹起されるアラキドン酸の酸化とNSAIDsによる阻害 日本薬学会第129年会(京都) 2009/3
丹保好子、村岡早苗、和田浩二、櫻井秀彦、渡辺一弘  北海道薬科大学医療人GP平成20年度活動報告(3):医療関連施設等での経験学習(3年生) 日本薬学会第129年会(京都) 2009/3
小松健一、櫻井秀彦、水上徳美、今井幹典、大野裕昭、丁野純男、高梨香織、丹保好子、村岡早苗、山下浩、和田浩二、伊藤慎二、佐藤重一、高橋和彦、森田一彦、山下(金内)美妃、野呂瀬崇彦  PBL形式による学習に対する2年次学生の意識調査の解析(1)-スタチンを題材として- 日本薬学会第129年会(京都) 2009/3
櫻井秀彦、小松健一、水上徳美、今井幹典、大野裕昭、丁野純男、高梨香織、丹保好子、村岡早苗、山下浩、和田浩二、伊藤慎二、佐藤重一、高橋和彦、森田一彦、山下(金内)美妃、野呂瀬崇彦  PBL形式による学習に対する2年次学生の意識調査の解析(1)-チーム医療を題材として- 日本薬学会第129年会(京都) 2009/3
村岡 早苗、三浦 俊明   COX2阻害薬とペルオキシダーゼとの相互作用で惹起されるクレアチンキナーゼの阻害 日本薬学会第128年会(横浜) 2008/3
村岡 早苗、三浦 俊明   NSIADsによるコリンエステラーゼの阻害 日本薬学会第127年会(富山) 2007/3
村岡 早苗、三浦 俊明   スルファサラジンの作用機序の解明 日本薬学会第126年会(仙台) 2006/3
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
監修:渡辺泰裕 編集:早川達、山下美妃 MULTI-SIDED ANALYSIS 多面的症例解析演習(第5章 認知症) 京都廣川書店 2014/4
監修:大和田榮冶、編集:早川達、渡辺泰裕 症例まるごと 基礎から解析「第2版」−臨床薬学総論、患者ケアへのアプローチ−(第6章 脂質異常症) 京都廣川書店 2010/4
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日