アイヌ伝承の薬用及び食用植物の生理活性成分の探索研究

種々の植物に含まれる有機化合物を探索し、それらの構造解析と生理活性を検討しています。特に、アイヌ民族の人々が疾病の治療や予防に活用してきた有用植物について、含有化合物の精査および生体への作用を調べています。

薬学部
薬学科

准教授

博士(薬学)

山下 浩
( ヤマシタ ヒロシ )

学位

博士(薬学):昭和薬科大学大学院:1998年

研究分野

生薬学/天然物化学

キーワード

テルペノイド/植物化学/構造解析/ケモタキソノミー

学会・社会活動等

(一社)日本生薬学会/(公社)日本薬学会/(一社)日本東洋医学会/(公社)日本植物園協会/アメリカ生薬学会/生薬学会北海道地区理事/支部庶務幹事(2002-2015)/監事(2016-)

研究・学術活動

  • 論文(15件)
  • 会議論文(0件)
  • 紀要(0件)
  • 講演(53件)
  • 著書(7件)
  • 作品(0件)
  • 受賞(0件)
  • その他(1件)
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
Hiroshi Yamashita, Megumi Katoh, Akane Kokubun, Ayano Uchimura, Sakina Mikami,Ayana Takeuchi, Kyousuke Kaneda, Yuji Suzukia, Megumi Mizukami, Masuo Goto,Kuo-Hsiung Lee, Koji Wada Four new C19-diterpenoid alkaloids from Delphinium elatum, Phytochemistry Letters 24 6-9 2018/1
Hiroshi YamashitaKeiko TakedaMachiko HaraguchiYuki AbeNatsumi KuwaharaShota SuzukiAyaka TeruiTakumi MasakaNaoko MunakataMariko UchidaMasashi NunokawaKyousuke KanedaMasuo GotoKuo-Hsiung LeeKoji Wada Four new diterpenoid alkaloids from Aconitum japonicum subsp. subcuneatum Journal of Natural Medicines, 72 1 230-237 2017/10
Koji Wada,* Mizuko Goto, Hiroshi Yamashita, and Kazuo Nagasawa NOVEL CHIRAL DERIVATIZING AGENTS FOR 1H NMRDETERMINATION OF ENANTIOMERIC PURITIES OF CARBOXYLICACIDS  HETEROCYCLES, 94 5 964 2017/4
K.Wada, E.Asakawa, A.Nkata, YHasegawa, K.Kaneda, M.Goto, H.Yamashita, K-H. Lee Four new diterpenoid alkaloids from Delphinium elactum Phytochemistry Letters, 2016, 17 190-193 2016/7
K.WADA, R.Chiba, R.Kanazawa, K.Matsuoka, M.Suzuki, M.Ikuta, M.Goto, H.Yamashita, K-H. Lee Six new norditerpenoid alkaloids from Delphinium elatum Phytochemistry letters, 2015, 12 75-78 2015/6
五十嵐将樹、佐藤隆司*、山下浩、渡辺一弘 Black Tea Inhibits Small Intestinal α-Glucosidase Activity in db/db Mouse. Japanese Journal of Complementary and Alternative Medicine, 2014, 11 1 25-33 2015/3
Miwa Matsui, Hiroshi YAMASHITA, Hideo Bando, Mitsuo MURAYAMA Constituent of “KAKO-BUSHI-MATSU” III components of coumaric acid glycosides. Nature Medicine 65 3 104-107 2002/1
Naohiro Yano,Nagy A Habib, Kimberly J Fadden, Hiroshi Yamashita, Ragai Mitry, Hugo Jauregui, Agnes Kane1, Masayuki Endoh, Abdalla Rifai Profiling the adult human liver transcriptome: Analysis by cDNA array hybridization. Journal of Hepatology 35 2 178-186 2001/8
Naohiro YANO, Masayuki ENDOH, Kimberly FADDEN, Hiroshi YAMASHITA, Hideto SAKAI,Kiyoshi KUROKAWA,Hanna ABBOUD, Abdalla Rifai Genomic repertoire of human mesangial cells: Comprehensive analysis of gene expression by cDNA array hybridization. Nephrology 5 4 215-223 2000/12
Naohiro YANO, Masayuki ENDOH, Kimberly FADDEN, Hiroshi YAMASHITA, Agenes KANE, Hideto SAKAI, Abdalla Rifai Comprehensive gene expression profile of the adult human renal cortex: Analysis by cDNA array hybridization. Kidney International 57 4 1452-1459 2000/4
山下浩 ヒトツバ属シダ類のトリテルペノイドに関する研究(博士学位論文) 昭和薬科大学大学院 全92 1998/3
H. Yamashita, K. Masuda, H. Ageta and K. Shiojima Fern contituents: Cyclohopenol and cyclohopanediol novel skeletal triterpenoids from rhizomes of Pyrrosia lingua. Chemical and Pharmaceutical Bulletin 46 4 730-732 1998/2
H. Yamashita, K. Masuda, T. Kobayashi, H. Ageta, and K. Shiojima Dammrane triterpenoids from rhizomes of Pyrrosia lingua. Phytochemistry 49 8 6065-6078 1998/1
K. Masuda, H. Yamashita, K. Shiojima, T. Itoh and H. Ageta Fern constituents: Triterpenoids isolated from rhizomes of Pyrrosia lingua. I. Chemical and Pharmaceutical Bulletin 45 4 590-594 1997/4
山下浩 ヒトツバ新鮮根茎のトリテルペノイド(修士論文) 昭和薬科大学大学院 全71 1995/3
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
原田真弓、高橋周兵、上坂優希、加藤ナンシーマリセル、藤川加奈、山下絵里菜、中根孝久、柴田敏郎、坂東英雄、山下浩、和田浩二 キタコブシ (Magnolia kobus DC. var. borealis Sarg.) の成分研究(2) 日本薬学会138年会(金沢) 2018/3
Yamashita H, Matsuzaki M, Kurokawa Y, Nakane T, Shibata T, Bando H and Wada K. Four New Triterpenoids from Euonymus Alatus forma ciliatodentatus ASP (American Society of Pharmacognosy) Annual Meeting 2017, Portland 2017/7
山下絵里菜、高橋周兵、太田裕也、藤川加奈、上坂優希、山下浩、和田浩二 キタコブシの成分研究 日本薬学会北海道支部第144回例会 2017/5
加藤愛、國分あかね、山下浩、和田浩二 Dephinium 属の塩基性成分の成分研究(6) 日本薬学会137年会(仙台) 2017/3
山下浩、加藤ナンシーマリセル、太田裕也、山下絵里菜、中根孝久、柴田敏郎、坂東英雄、和田浩二、 キタコブシ (Magnolia kobus) の成分研究 日本薬学会137年会(仙台) 2017/3
小林大祐、山下浩、和田浩二 オクトリカブトの塩基成分の探索研究(7) 日本生薬学会第63回年会(富山) 2016/9
Koji Wada, Keiko Takeda, Machiko Haraguchi, Yuki Abe, Natsumi Kuwahara, Shota Suzuki, Ayaka Terui, Takumi Masaka, Naoko Munakata, Mariko Uchida, Masashi Nunokawa, Hiroshi Yamashita, Masuo Goto, Kuo-Hsiung Lee, Four new diterpenoid alkaloids from Aconitum japonicum 9th Joint Natural Products Conference 2016, Copenhagen 2016/7
加藤愛、國分あかね、三上咲菜、竹内綾菜、内村彩乃、山下浩、和田浩二 Delphinium属植物の塩基成分の探索研究(5) 日本薬学会北海道支部第143回例会 2016/5
小林大祐、鈴木翔太、山下浩、和田浩二 オクトリカブトの塩基成分の探索研究(6) 日本薬学会北海道支部第143回例会 2016/5
山下浩、吉田崇将、千徳亮介、松崎円香、和田浩二、坂東英雄 ニシキギ科植物コマユミの成分研究(8) 日本薬学会第136年会(横浜) 2016/3
鈴木翔太、竹田桂子、真坂拓実、照井絢佳、桑原菜摘、宗像奈央子、内田麻梨子、原口真智子、布川昌史、阿部優紀、山下浩、和田浩二 オクトリカブトの塩基成分の探索研究(5) 日本薬学会第136年会、横浜 2016/3
Erika Asakawa, Yoshie Tosho, Ayako Nakata, Yuko Hasegawa, Hiroshi Yamashita, Koji Wada, FOUR NEW C1 9-DITERPENOID ALKALOIDS FROM DELPHINIUM ELATUM American Society of Pharmacognosy 2015 Annual Meetin 2015/7
三上咲菜、竹内綾菜、内村綾乃、山下浩、和田浩二 Delphinium属植物の塩基成分の探索研究(4) 日本薬学会北海道支部第142回例会 2015/5
Ryota Chiba, Rina Kanazawa, Kei Matsuoka, Ayako Nakata, Yoshie Tosho, Erika Asakawa, Miyako Suzuki, Midori Ikuta, Hiroshi Yamashita, Koji Wada. SEVEN C19-NORDITERPENOID ALKALOIDS FROM DELPHINIUM ELATUM American Society of Pharmacognosy 2014 Annual Meetin 2014/8
中田絢子、長谷川裕子、東松美映、浅川恵里加、山下浩、和田浩二 Delphinium 属の塩基成分の探索研究(3) 日本薬学会北海道支部第141回例会 2014/5
真坂拓実、照井絢佳、桑原菜摘、内田麻梨子、竹田桂子、宗像奈央子、山下浩、和田浩二 オクトリカブトの塩基成分の探索研究(4) 日本薬学会北海道支部第141回例会 2014/5
松崎円香、坂東英雄、山下浩 ニシキギ科植物コマユミの成分研究 日本薬学会133年会(横浜) 2013/3
佐藤隆司、五十嵐将樹、山下浩、杉村留美子、越智けい子、渡辺一弘 ジャワ島産紅茶のαグリコシダーゼ活性に対する影響 10回日本機能性食品医用学会総会(東京) 2012/12
五十嵐将樹、内澤香奈子、住川麻美、服部達也、山下浩、佐藤隆司、渡辺一弘 ジャワ島産紅茶の糖質吸収抑制作用 2回未病システム学会北海道支部会(札幌) 2012/11
内澤香奈子、五十嵐将樹、住川麻美、山下浩、佐藤隆司、渡辺一弘 ジャワ島産紅茶の糖質吸収抑制作用について 日本社会薬学会第31年会(三重) 2012/9
五十嵐将樹、内澤可奈子、山下浩、杉村留美子、佐藤隆司、渡辺一弘 ジャワ島産紅茶の2型糖尿病モデル動物マウスにおける耐糖能改善効果 未病システム学会(金沢) 2012/9
松崎円香、坂東英雄、山下浩 ニシキギ科植物コマユミの成分研究 日本生薬学会第59回年会(千葉) 2012/9
松崎円香、坂東英雄、柴田敏郎、山下浩 ニシキギ科植物コマユミの成分研究 日本生薬学会北海道支部36回支部例会(札幌) 2012/6
五十嵐将樹、住川麻美、山下浩、佐藤隆司、渡辺一弘 ジャワ島産紅茶のa-glucosidase阻害作用 日本薬学会北海道支部例会 2012/6
山下浩 薬用植物って漢方薬??—抗癌剤から健康食品まで— 日本分析化学会北海道支部 氷雪セミナー 2012/1
高橋淳、桜井光一、水上徳美、山下浩、渡辺一弘 北海道薬科大学における臨床能力を育む体験型学習 北海道薬学大会(札幌) 2009/5
櫻井 秀彦 ,小松 健一,水上 徳美,今井 幹典,大野 裕昭,丁野 純男, 高梨 香織 ,丹保 好子,村岡 早苗,山下 浩,和田 浩二,伊藤 慎二, 佐藤 重一 ,高橋 和彦,森田 一彦,山下金内 美妃 ,野呂瀬 崇彦 PBL形式による学習に対する2年次学生の意識調査の解析(1)ーチーム医療を題材として 日本薬学会129年会(京都) 2009/3
櫻井 秀彦 ,小松 健一,水上 徳美,今井 幹典,大野 裕昭,丁野 純男, 高梨 香織 ,丹保 好子,村岡 早苗,山下 浩,和田 浩二,伊藤 慎二, 佐藤 重一 ,高橋 和彦,森田 一彦,山下金内 美妃 ,野呂瀬 崇彦 PBL形式による学習に対する2年次学生の意識調査の解析(2)ースタチンを題材として 日本薬学会129年会(京都) 2009/3
高橋 淳 ,桜井 光一,水上 徳美,山下 浩,渡辺 一弘 北海道薬科大学医療人 GP 平成20 年度活動報告(2):介護・養護施設等での体験 学習(2年生) 日本薬学会129年会(京都) 2009/3
黒川友里亜, 山下浩, 坂東英雄 ニシキギ科植物コマユミの成分研究 日本薬学会129年会(京都) 2009/3
黒川友里亜, 山下浩, 坂東英雄 ニシキギ科植物コマユミの成分研究 日本薬学会北海道支部131回例会(小樽) 2008/11
渡辺泰裕、黒澤菜穂子、郡修徳、早勢伸正、桜井光一、渡辺一弘、山下浩、神久聡、高橋和彦、市原和夫、 北海道薬科大学における長期実務実習に向けた1年次からの事前取組 日本薬学会薬学教育部会 教育フォーラム2007(熊本) 2007/12
山下浩、 「自然の恵み」〜自然を感じる薬用植物園の構築へ〜、漢方・薬用植物研究会 北海道医療大学生涯学習事業(北海道医療大学) 2007/9
山下浩、中村知広、柴田敏郎、畠山好雄、坂東英雄、 ニシキギ科植物ツリバナの成分研究 日本生薬学会第54回年会(名古屋) 2007/9
吉見裕幸,鎌田恵子,高橋恒久,佐藤隆司,山下浩,渡辺一弘,坂東英雄,佐藤重一, エゾウコギの抗糖尿病効果及び抗エストロゲン作用に関する研究 日本薬学会第127年会(富山,2007.3.28-30) 2007/3
高橋恒久,角友実,佐藤隆司,山下浩,渡辺一弘,坂東英雄,佐藤重一, エゾウコギによる小腸MDR1及びPEPT1を介する薬物乾燥後作用に関する研究 日本薬学会第127年会(富山,2007.3.28-30) 2007/3
中村知広、山下浩、柴田敏郎、畠山好雄、坂東英雄、 ニシキギ科植物ツリバナ(Euonymus oxyphyllus Miq.)の成分探索 日本薬学会北海道支部第127回例会(札幌) 2006/12
吉見裕幸,鎌田恵子,高橋恒久,佐藤隆司,山下浩,渡辺一弘,坂東英雄,佐藤重一, エゾウコギの糖質吸収抑制作用と抗エストロゲン作用に関する研究 日本薬学会北海道支部第127回例会(札幌) 2006/12
角友実,高橋恒久,佐藤隆司,山下浩,渡辺一弘,坂東英雄,佐藤重一, エゾウコギと医薬品の相互作用に関する研究(第2報) 日本薬学会北海道支部第127回例会(札幌) 2006/12
Kaku T, Takahashi T.*, Sato T.*, Yamashita H., Watanabe K., Bando H., and Sato J., Effects of Acanthopanax Senticosus on the intestinal drug transporters in Caco-2 cells 第21回日本薬物動態学会年会(東京,2006.11.29-12.1) 2006/11
高橋恒久,佐藤隆司,角友実,山下浩,渡辺一弘,坂東英雄,佐藤重一, エゾウコギは小腸での薬物輸送活性を阻害する 日本生薬学会第53年会(埼玉,2006.9.28-30) 2006/9
山下浩 アイヌ有用植物の活性と成分検索:ニシキギ科を中心に 日本薬学会第125年会(東京) 2005/3
山下浩 ニシキギ科植物コマユミの成分研究(3) 日本生薬学会第50回年会(東京) 2003/9
山下浩 ニシキギ科植物コマユミの成分研究(2) 日本薬学会第123年会(長崎) 2003/3
山下浩 加工附子成分 ? 末梢血流量増大作用物質について 日本薬学会北海道支部第119回例会(札幌) 2002/12
山下浩 ニシキギ科植物コマユミの成分研究(1) 日本生薬学会第49回年会(福岡) 2002/9
H. Yamashita The Transcriptional Program of the Immune System in Graft-Versus-Host lupus Nephritis 32nd American Society of Nephrology Annual Meeting (Miami, Florida) 1999/11
H. Yamashita Chemotaxonomy of Fern: Pyrrosia lingua and Related Species International Symposium on Natural Medicines(京都) 1997/10
山下浩 ヒトツバ新鮮根茎のトリテルペノイド(5) 日本生薬学会第42回年会(東京) 1996/9
山下浩 ヒトツバ新鮮根茎のトリテルペノイド(4) 日本薬学会第115年会(仙台) 1995/3
山下浩 ヒトツバ新鮮根茎のトリテルペノイド(3) 日本生薬学会第41回年会(札幌) 1994/9
山下浩 ヒトツバ新鮮根茎のトリテルペノイド(2) 日本薬学会第114年会(東京) 1994/3
山下浩 ヒトツバ新鮮根茎のトリテルペノイド(1) 日本生薬学会第40回年会(大阪) 1993/9
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
(編集)木村孟淳、酒井英二 他 新訂生薬学 改訂第8版増補 南江堂 2018/2
(編集)木村孟淳、牧野利明 新訂生薬学 改訂第8版 南江堂 2017/3
(監修)渡辺泰裕 多面的症例解析演習 京都廣川書店 2014/4
(編著)日本植物園協会第四分野 薬草ガイドブック(野外編) 公益社団法人 日本植物園協会 2014/
(編集)木村孟淳、田中俊弘、水上元 新訂生薬学 改訂第7版 南江堂 2012/4
遠藤菊太郎、斎藤嘉津彦、桜井光一、丹保好子、早勢伸正、山下浩、渡辺一弘 症例まるごと基礎から解析 臨床薬学総論 -糖尿病・肺炎- 京都廣川書店 2008/4
(編集)木村孟淳、田中俊弘、水上元 新訂生薬学 改訂第6版 南江堂 2007/4
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
山下浩 漢方薬・生薬入門 -理解の入り口- 後志病院薬剤師会、小樽薬剤師会 2017/10