動脈硬化発症の責任遺伝子の同定と治療への応用

動脈硬化が基盤となり発症する狭心症、心筋梗塞および脳血管障害は、日本の死亡原因の上位を占めています。この動脈硬化の発症メカニズムを明らかにすること、新たな原因遺伝子を見出すことで、動脈硬化の新たな治療への応用を模索しています。

薬学部
薬学科

臨床薬学専攻(博士課程)

准教授

博士(薬学)

髙栗 郷
( タカグリ アキラ )

学位

博士(薬学):北海道薬科大学:2009年

研究分野

薬理学一般/循環器内科学

キーワード

動脈硬化/血管障害/血管平滑筋細胞/細胞内シグナル伝達

学会・社会活動等

日本薬学会/薬理学会学術評議員/アメリカ心臓協会/日本薬学会北海道支部奨励賞

エピソード

何か新しい事象を見つけるために、学生と一緒に日々研究を行っています。

研究・学術活動

  • 論文(19件)
  • 会議論文(0件)
  • 紀要(0件)
  • 講演(58件)
  • 著書(2件)
  • 作品(0件)
  • 受賞(0件)
  • その他(0件)
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
Takaguri A, Kubo Takashi, Mori, Masaya, Satoh Kumi. The protective role of YAP1 on ER stress-induced cell death in vascular smooth muscle cells. Eur J Pharmacol 815 470-477 2017/12
Wakame K, Komatsu KI, Nakata A, Sato K, Takaguri A, Masutomi H, Nagashima T, Uchiyama H. Transcriptome Analysis of Skin from SMP30/GNL Knockout Mice Reveals the Effect of Ascorbic Acid Deficiency on Skin and Hair. In Vivo 31 4 599-607 2017/7
Takaguri A, Inoue S, Takashi K, Satoh K AMPK activation by prolonged stimulation with interleukin-1β contributes to the promotion of GLUT4 translocation in skeletal muscle cells Cell biology International 40 11 1204-1211 2016/11
Takaguri A, Morimoto Mayumi, Imai Shinichi, Satoh K Cilostazol inhibits interluekin-1-induced ADAM17 expression through the cAMP independent signaling in vascular smooth muscle cells Cell Biology International 40 3 269-276 2016/3
Takaguri A, Kamato M, Satoh Y, Ohtsuki K, Satoh K Effect of alteration of caveolin-1 expression on doxorubicin-induced apoptosis in H9c2 cardiac cells. Cell Biology International 39 9 1053-1060 2015/9
Elliott KJ, Bourne AM, Takayanagi T, Takaguri A, Kobayashi T, Eguchi K, Eguchi S ADAM17 silencing by adenovirus encoding miRNA-embedded siRNA revealed essential signal transduction by angiotensin II in vascular smooth muscle cells. J Mol Cell Cardiol 62 1-7 2013/9
Takayanagi T, Eguchi A, Takaguri A, Hinoki A, Bourne AM, Elliott KJ, Hurlin PJ, Eguchi S A repressor protein, Mnt, is a novel negative regulator of vascular smooyh muscle cell hypertrophy by angiotensinII and neointimal hyperplasia by arterial injury. Atherosclerosis 228 1 90-93 2013/5
Shibata T, Takaguri A, Ichihara K, Satoh K Inhibition of the TNF-α-Induced Serine Phosphorylation of IRS-1 at 636/639 by AICAR J Pharmacol Sci 122 2 93-102 2013/4
Takayanagi T, Bourne AM, Kimura K, Takaguri A, Elliott KJ, Eguchi K, Eguchi S Constitutive stimulation of vascular smooth muscle cells by AngiotensinⅡ derived from an adenovirus encoding a furin-cleavable fusion protein Am J Hypertens 25 3 280-283 2012/5
Utsunomiya H, Takaguri A, Akazawa S, Okuno Y, Kono R, Eguchi S An Ethyl Acetate Extract from the Subaleurone Layer of Japanese Rice inhibits Signal Transduction of Angiotensin II in Vascular Smooth Muscle Cells Am J Hypertension 24 5 530-533. 2011/5
Takaguri A, Kimura K, Hinoki A, Bourne AM, Autieri MV, Eguchi S A disintegrin and metalloprotease 17 mediates neointimal hyperplasia in vasculature Hypertension 57 4 841-845 2011/4
Takaguri A, Shirai H, Kimura K, Hinoki A, Eguchi K, Carlile-Klusacek M, Yang B, Rizzo V, Eguchi S Caveolin-1 negatively regulates a metalloprotease-dependent epidermal growth factor receptor transactivation by angiotensin II J Mol Cell Cardiol 50 3 545-551 2011/3
Takaguri A, Eguchi S Tumor necrosis factor-α a reno-protective cytokine? Focus on “Tumor necrosis factor-α suppresses angiotensinogen expression through formation of a p50/p50 homodimer in human renal proximal tubular cells” Am J Physiol Cell Physiol 229 4 C729-C730 2010/10
Hinoki A, Kimura K, Higuchi S, Eguchi K, Takaguri A, Ishimaru K, Frank GD, Gerthoffer WT, Sommerville LJ, Autieri MV, Eguchi S p21-activated kinase 1 participates in vascular remodeling in vitro and in vivo Hypertension 55 1 161-165 2010/1
Itagaki M, Takaguri A, Kano S, Kaneta S, Ichihara K, Satoh K Possible mechanisms underlying statin-induced skeletal muscle toxicity in L6 fibroblasts and in rats J Pharmacol Sci 109 1 94-101. 2009/1
Kano S, Taguchi M, Hayase N, Kaneta S, Takaguri A, Ichihara K, Satoh K Effect of the brand and generic medicine of pravastatin on dyslipidemia in rabbits fed a high cholesterol diet. Yakugaku zasshi 129 1 155-161. 2009/1
Takaguri A, Satoh K, Itagaki M, Tokumitsu Y, Ichihara K Effects of atorvastatin and pravastatin on signal transduction related to glucose uptake in 3T3L1 adipocytes J Pharmacol Sci 107 1 80-89 2008/5
Satoh K, Takaguri A, Itagaki M, Kano S, Ichihara K Effects of rosuvastatin and pitavastatin on ischemia-induced myocardial stunning in dogs J Pharmacol Sci 106 4 593-599 2008/4
Satoh K, Keimatsu N, Kanda M, Kasai T, Takaguri A, Sun F, Ichihara K HMG-CoA reductase inhibitor do not improve glucose intolerance in spontaneously diabetic Goto-Kakizaki rats Biol Pharm Bull 28 11 2092-2095 2005/11
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
高栗郷 ERストレス誘導性細胞死に対するYAP1の保護的役割 第68回薬理学会北部会 2017/9
高栗郷 インスリンシグナル伝達に対するサイトカインの多様な作用 (受賞有) 第64回北海道薬学大会(日本薬学会北海道支部奨励賞受賞講演) 2017/5
Takashi Kubo, Akira Takaguri, Kumi Satoh The role of YAP1 on ER stress-induced cell death in vascular smooth muscle cells 第90回日本薬理学会 2017/3
高栗郷、久保貴司、佐藤久美 血管平滑筋細胞におけるERストレス誘導性細胞死に対するYAP1の役割 日本薬学会第137年会 2017/3
高栗郷、井上紗綾、久保貴司、佐藤久美 Interluekin-1長時間処理によるGLUT4トランスロケーションにおけるAMPKの関与 第67回日本薬理学会北部会 2016/9
久保貴司、高栗郷、井上紗綾、佐藤久美 L6骨格筋細胞のGLUT4細胞膜移行におけるインターロイキン-1の長時間処理の影響 (受賞有) 日本薬学会北海道支部第143回例会 2016/5
高栗郷、井上沙綾、今井伸一、佐藤久美 L6骨格筋細胞のインスリンシグナル伝達におけるインターロイキン-1の長時間処理の影響 日本薬学会第136年会(横浜) 2016/3
久保貴司、高栗郷、佐藤久美 血管平滑筋細胞におけるサイトカイン誘導性ADAM17発現に体するシロスタゾールの影響 日本薬学会北海道支部第142回例会 2015/5
高栗郷、佐藤久美 L6骨格筋細胞のインスリンシグナル伝達におけるADAM17の役割 第88回日本薬理学会年会(名古屋) 2015/3
森本真由美、高栗郷、佐藤久美 IL-1α誘導性ADAM17に対するシロスタゾールの影響 日本薬学会第135回年会(神戸) 2015/3
Akira Takaguri, Kumi Satoh A DISINTEGRIN AND METALLOPROTEASE 17, A POTENTIAL MEDIATOR OF INTERLEUKIN-1Α DEPENDENT INSULIN RESISTANCE IN L6 RAT SKELETAL MUSCLE CELLS 10th IDF-WPR and 6th AASD Scientific Meeting 2014 2014/11
高栗郷、佐藤久美 インスリンシグナル伝達に対 するADAM17の機能的役割解明 第65回日本薬理学会北部会 2014/9
倉田舞、高栗郷、佐藤久美 サイトカインによるADAM発現メカニズムの解明 第61回北海道薬学大会 2014/5
鎌戸麻衣子、高栗郷、市原和夫、佐藤久美 カベオリン-1は、p-38およびp-ERKの活性化を抑制して、H9c2におけるドキソルビシンによるアポトーシスを抑制する。 第87回日本薬理学会年会(仙台) 2014/3
KUMI SATOH, TOMOHITO SHIBATA, AKIRA TAKAGURI, KAZUO ICHIHARA inhibitory Mechanism of TNF-α-Induced Serine Phosphorylation of IRS-1 at 636/639 Mediated by AMP-Activated Protein Kinase in 3T3-L1 Adipocytes ADA 73rd Scientific Sessions 2013/6
高栗郷、柴田倫人、市原和夫、佐藤久美 AMPKによるTNFα誘導性IRS-1セリンリン酸化抑制機構 第12回生命科学研究会 2013/6
柴田倫人、高栗郷、市原和夫、佐藤久美 AMPK活性化によるTNF-α誘導生IRS-1セリンリン酸化抑制機構 第86回日本薬理学会年会(福岡) 2013/3
柴田倫人、高栗郷、佐藤久美 脂肪細胞におけるTNF-α 誘導性IRS-1 セリンリン酸化抑制機構 日本薬学会第139回支部例会 2012/12
柴田倫人、高栗郷、市原和夫、佐藤久美 AMPKによるTNF-α誘導性IRS-1セリンリン酸化抑制機構 第63回日本薬理学会北部会(新潟) 2012/9
高栗郷 アンジオテンシンⅡによるEGFRトランスアクチベーションに対するカベオリン-1の役割 日本薬学会第138回支部例会・総説講演 2012/6
高栗郷 Effect of caveolin-1 on EGFR transactivation by angiotensinII in vascular smooth musclecells 第85回 日本薬理学会年会・シンポジウム 2012/3
高栗郷、市原和夫、佐藤久美 Effect of caveolin-1 on EGFR transactivation by angiotensinII in vascular smooth musclecells 日本薬学会第132回年会 2012/3
Akira Takaguri, Akinari Hinoki, Keita Kimura, Takehiko Takayanagi, Allison M Bourne, and Satoru Eguchi p115RGS, a G12/13 inhibitor, prevents vascular smooth muscle cell activation and neointima formation in response to balloon angioplasty. 第43回日本動脈硬化学会総会・学術集会(札幌) 2011/
Allison M Bourne, Keita kimura, Kunie Eguchi, Akira Takaguri, Katherine Elliott, Satoru Eguchi Constitutive stimulation of vascular smooth muscle cells by Angiotensin II derived from adenovirus encoding a furin-cleavable fusion membrane protein The Federation of American Societies for Experimental Biology (Washington USA) 2011/
Allison M. Boume, Takehiko Takayanagi, Sanae Muraoka, Akira Takaguri, Akito Eguchi, Carl. Blobel, Satoru Eguchi Vascular Selective ADAM17 Silencing Prevented Medial Hypertrophy and Perivascular Fibrosis Induced by Angiotensin II Infusion. AHA Scientific Sessions (Orlando USA) 2011/
Takehiko Takayanagi, Allison M. Bourne, Sanae Muraoka, Akira Takaguri,AkitoEguchi, Carl P. Blobel, Satoru Eguchi Vascular Selective ADAM17 Silencing Prevented Medial Hypertrophy and Perivascular Fibrosis Induced by Angiotensin II Infusion High Blood Pressure Research 2011 Scientific Sessions (Orlando USA) 2011/
高栗郷、佐藤久美、市原和夫、江口暁 カベオリン-1はアンギオテンシンⅡによるEGFRトランスアクチベーションを抑制する。 第10回生命科学研究会(群馬) 2011/
高栗郷、佐藤久美、市原和夫、江口暁 カベオリン-1はアンギオテンシンⅡによるEGFRトランスアクチベーションを抑制する。 第62回日本薬理学会北部会(仙台) 2011/
Akira Takaguri, Akinari Hinoki, Keita Kimura, Michael V. Autieri, Satoru Eguchi ADAM17 is a novel therapeutic target for vascular remodeling. Gordon Research Conference (Ventura USA) 2010/
Akira Takaguri, Heigoro Shirai, Akinari Hinoki, Victor Rizzo, Satoru Eguchi Caveolin-1 negatively regulates a metalloprotease-dependent EGF receptor transactivation by angiotensin ll. The Federation of American Societies for Experimental Biology (Anaheim USA) 2010/
Akira Takaguri, Hirotoshi Utsnomiya, Ryohei Kono, Shin-ichi Akazawa, Satoru Eguchi An ethyl acetate extract from a subaleurone layer of Japanese rice inhibits angiotensin ll?induced signal transduction and hypertrophy in vascular smooth muscle cells. The Federation of American Societies for Experimental Biology (Anaheim USA) 2010/
Akira Takaguri, Katsuhiro Okuda, Katherine Elliott, Akinari Hinoki, Kunie Eguchi, Satoru Eguchi Identification of a repressor protein, Mnt, as a negative regulator of pathological vascular remodeling High Blood Pressure Research 2010 Scientific Sessions (Washington USA) 2010/
Akira Takaguri, Katsuhiro Okuda, Katherine Elliott, Keita Kimura, Akinari Hinoki, Kunie Eguchi, Satoru Eguchi Selective inhibition of G12/13 prevents vascular smooth muscle cell activation and neointima formation in response to balloon angioplasty. AHA Scientific Sessions (Chicago USA) 2010/
Akira Takaguri, Katsuhiro Okuda, Katherine Elliott, Keita Kimura, Akinari Hinoki, Kunie Eguchi, Satoru Eguchi p115RGS, a G12/13 inhibitor, prevents vascular smooth muscle cell activation and neointimaformation in response to balloon angioplasty. High Blood Pressure Research 2010 Scientific Sessions (Washington USA) 2010/
Kumi Satoh, Tomohito Shibata, Akira Takaguri, Seiichiro Kano, Kazuo Ichihara Inhibitory mechanism of TNF-α-induced serine phosphorylation of IRS-1 mediated by AMP-activated protein kinase in 3T3-L1 adipocytes The 70th Scientific Session of American Diabetes Association (Orlando USA) 2010/
柴田倫人、髙栗郷、佐藤久美、市原和夫 3T3-L1脂肪細胞におけるAMP-activated protein kinase活性化によるTNF-α誘導性IRS-1セリンリン酸化の抑制機構 日本薬学会第130回年会 (岡山) 2010/
柴田倫人、髙栗郷、佐藤久美、市原和夫 IRS-1セリンリン酸化によるインスリン抵抗性におけるMAPK/AMPKの関与. 第134回日本薬学会北海道支部例会 (札幌) 2010/
Kumi Satoh, Akira Takaguri, Seiichiro Kano, Kazuo Ichihara Atorvastatin affects insulin signal transduction by inhibiting Rho GTPase in 3T3L1 adipocytes. The 69th Scientific Session of American Diabetes Association (New Orleans USA) 2009/
Sadaharu Higuchi, Keita Kimura, Akira Takaguri, Akinari Hinoki, Kunie Eguchi, Gerald D Frank, Satoru Eguchi Identification of HGF as a novel vascular ADAM metalloprotease substrate by phage display. American Heart Association 2009 Scientific Session (Orland USA) 2009/
小池麻琴、髙栗郷、Hu Yinghua、加納誠一朗、金田繁、佐藤久美、市原和夫 ヒト大動脈内皮細胞における TNF-α誘導性接着分子発現に対するスタチンの影響. 第131回日本薬学会北海道支部例会 (札幌) 2009/
小池麻琴、髙栗郷、Hu Yinghua、加納誠一朗、金田繁、佐藤久美、市原和夫 ヒト大動脈内皮細胞におけるTNF -α誘導性接着分子発現に対するHMG-CoA還元酵素阻害薬(スタチン)の影響 日本薬学会第129回年会 (京都) 2009/
板垣麻衣、髙栗郷、加納誠一朗、佐藤久美、市原和夫 ラット骨格筋由来L6細胞におけるHMG-CoA還元酵素阻害薬(スタチン)のアポトーシス誘導機構の解明 第7回生命科学研究会 (大分) 2009/
柴田倫人、髙栗郷、佐藤久美、市原和夫 3T3-L1脂肪細胞におけるTNF-α誘導性IRS-1セリンリン酸化に対するAMPK活性化の影響 第60回日本薬理学会北部会 (富山) 2009/
柴田倫人、髙栗郷、佐藤久美、市原和夫 脂肪細胞におけるTNF-α誘導性IRS-1セリンリン酸化に対するAMPK活性剤の影響に関する研究 第133回日本薬学会北海道支部例会 (札幌) 2009/
梅坪翔太、髙栗郷、Hu Yinghua、加納誠一朗、金田繁、市原和夫、佐藤久美 ヒト大動脈内皮細胞におけるNO合成酵素の発現とその活性化に対するスタチンの作用 日本薬学会第129回年会 (京都) 2009/
髙栗郷、佐藤久美、板垣麻衣、徳光幸子、市原和夫 インスリン分泌及びインスリンシグナル伝達に及ぼすアトルバスタチンの影響 日本薬学会第129回年会 (京都) 2009/
河合永晴、髙栗郷、梅坪翔太、加納誠一朗、佐藤久美、市原和夫 高濃度グルコース条件下における接着分子発現低下のシンバスタチンによる回復 日本薬学会第128回年会 (横浜) 2008/
石田絢也、髙栗郷、小池麻琴、金田繁、佐藤久美、志賀隆博、井藤達也、竹本功、市原和夫 3T3L1細胞の脂肪細胞への分化とアディポネクチンmRNA発現に対するスタチンの影響 日本薬学会第128回年会 (横浜) 2008/
板垣麻衣、髙栗郷、佐藤久美、金田繁、加納誠一朗、市原和夫 骨格筋におけるスタチン誘導性アポトーシスの解明 日本薬学会第127年会(富山) 2007/3
村上拓也、髙栗郷、住本英樹、西田基宏、市原和夫、黒瀬等 心筋線維芽細胞の腫瘍壊死因子(TNF-α)刺激によるp38MAPK活性化におけるスーパーオキシドの役割 第79回日本薬理学会年会 (横浜) 2007/
河合永晴、宋莉、髙栗郷、佐藤久美、市原和夫 ヒト臍帯静脈内皮細胞の接着分子発現に対するスタチンの影響 第129回日本薬学会北海道支部例会(札幌) 2007/
髙栗郷、佐藤久美、板垣麻衣、金田繁、加納誠一朗、徳光幸子、市原和夫 アトルバスタチンによる3T3L1脂肪細胞のインスリン情報伝達の障害 第58回日本薬理学会北部会(札幌) 2007/
板垣麻衣、髙栗郷、加納誠一朗、金田繁、佐藤久美、市原和夫 ラット骨格筋由来L6細胞におけるHMG-CoA還元酵素阻害薬(スタチン)のアポトーシス誘導機構の解明 第57回日本薬理学会北部会(弘前) 2006/9
笠井俊典、髙栗郷、孫凡、田口睦、金田繁、佐藤久美、市原和夫 グルコース高濃度条件下のHUVECsにおけるTNFα誘導接着分子発現とシンバスタチンの影響 日本薬学会第126年会(仙台) 2006/3
髙栗郷、板垣麻衣金田繁、佐藤久美、徳光幸子、市原和夫 3T3L1脂肪細胞のインスリン情報伝達に及ぼすHMG-CoA還元酵素阻害薬(スタチン)の影響. 日本薬学会第126年会(仙台) 2006/3
板垣麻衣、髙栗郷、金田繁、佐藤久美、市原和夫 ラット骨格筋由来L6細胞に対するHMG-CoA還元酵素阻害薬 (スタチン) のアポトーシス誘導 第53回北海道薬学大会(札幌) 2006/
髙栗郷、板垣麻衣、金田繁、佐藤久美、徳光幸子、市原和夫 3T3L1脂肪細胞のインスリン情報伝達に及ぼすHMG-CoA還元酵素阻害薬 (スタチン) の影響 第5回生命科学研究会(広島) 2006/
三瓶敦子、金田繁、佐藤久美、髙栗郷、市原和夫 HUVECsにおける疎水性スタチン誘導性アポトーシスの検討 日本薬学会第125年会(東京) 2005/3
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
香月博志、成田年、川端篤史、高栗郷 他 詳解 薬理学(第14章 糖尿病、脂質異常症、高尿酸血症・痛風) 廣川書店 2015/8
監修:渡辺泰裕 著者:高栗郷 他 多面的症例解析演習 —基礎分野・臨床分野から症例を俯瞰して…—(第2章、第3章) 京都廣川書店 2014/4
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日