分光学に基づいたタンパク質分子によるリガンド分子認識メカニズムの解明

NMRスペクトル解析やX線結晶構造解析を中心に分光学的手法や物理化学的手法を用いて、疾患関連タンパク質分子によるリガンドの認識メカニズムについて解析を行っています。この研究によりマラリアをはじめとする様々な疾患の原因究明、そして新規治療法の研究開発を原子レベルで行う「合理的創薬」が可能になります。

薬学部
薬学科

臨床薬学専攻(博士課程)

准教授

博士(理学)

齊藤 貴士
( サイトウ タカシ )

学位

博士(理学):大阪大学:2003年

研究分野

医薬化学/構造生物学/生物物理学

キーワード

創薬/分光学/NMRスペクトル/X線結晶構造解析/タンパク質

学会・社会活動等

生物物理学会北海道支部幹事/第48回NMR討論会実施委員/第57回NMR討論会プログラム委員/第12回ケミカルバイオロジー学会実施委員/International Conference on Structural Genomics 2013 実施委員

エピソード

大阪大学蛋白質研究所をはじめ、全国の大学との共同研究を実施しています。

研究・学術活動

  • 論文(25件)
  • 会議論文(1件)
  • 紀要(0件)
  • 講演(61件)
  • 著書(3件)
  • 作品(0件)
  • 受賞(0件)
  • その他(0件)
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
N Fukuda, K Noi, L Weng , Y Kobashigawa, H Miyazaki, Y Wakeyama, M Takaki, Y Nakahara, Y Tatsuno, M Uchida-Kamekura, Y Suwa, T Sato, N Ichikawa-Tomikawa, M Nomizu, Y Fujiwara, F Ohsaka F, T Saitoh T, K Maenaka, H Kumeta , S Shinya, C Kojima, T Ogura, H Mo Production of Single-Chain Fv Antibodies Specific for GA-Pyridine, an Advanced Glycation End-Product (AGE), with Reduced Inter-Domain Motion. Molecules 22 10 1965 2017/10
A Furukawa, K Kakita, T Yamada, M Ishizuka , J Sakamoto , N Hatori , N Maeda , F Ohsaka , T Saitoh, T Nomura , K Kuroki, H Nambu, H Arase , S Matsunaga ,M Anada, T Ose,S Hashimoto, K Maenaka Structural and thermodynamic analyses reveal critical features of glycopeptide recognition by the human PILRα immune cell receptor Journal of Baiological Chemistry 292 21128-21136 2017/10
N Tochio, K Umehara, J Uewaki , H Flechsig , M Kondo M, T Dewa, T Sakuma, T Yamamoto, ,T Saitoh, Y Togashi ,S Tate Non-RVD mutations that enhance the dynamics of the TAL repeat array along the superhelical axis improve TALEN genome editing efficacy. Scientific Reports 6 37887 2016/11
K Esaki, S Yoshinaga, T Tsuji, E Toda, Y Terashima, T Saitoh, D Kohda, T Kohno, M Osawa, T Ueda, I Shimada, K Matsushima and H Terasawa Structural basis for the binding of the membrane-proximal C-terminal region of chemokine receptor CCR2 with the cytosolic regulator FROUNT. FEBS Journal 17 5552-5566 2014/11
J Nyirenda, S Matsumoto, T Saitoh, N Maita, N Noda, F Inagaki, and D Kohda Crystallographic and NMR evidence for flexibility in oligosaccharyltransferases and its catalytic significance. Structure (Cell Press) 21 32-41 2013/11
Y Komuro, N Miyashita, T Mori, E Muneyuki, T Saitoh, D Kohda, and Y Sugita Energetics of the Presequence-Binding Poses in Mitochondrial Protein Import Through Tom20. The Journal of Physical Chemistry B 17 2864-2871 2013/3
A Nishikimi, T Uruno, X Duan, Q Cao, Y Okamura, T Saitoh, N Saito, S Sakaoka, Y Du, A Suenaga, M Kukimoto-Niino, K Miyano, K Gotoh, T Okabe, F Sanematsu, Y Tanaka, H Sumimoto, T Honma, S Yokoyama, T Nagano, D Kohda, M Kanai, and Y Fukui Blockade of inflammatory responses by a small-molecule inhibitor of the Rac activator DOCK2. Chemistry and Biology (Cell Press) 19 488-497 2012/4
Y Sakakibara, H Kimura, A Iwamura, T Saitoh, T Ikegami, G Kurisu and T Hase A new structural insight into differential interaction of cyanobacterial and plant ferredoxins with nitrite reductase as revealed by NMR and X-ray crystallographic studies. The Journal of Biochemistry 151 483-492 2012/3
神田大輔、齊藤貴士 「共有結合を用いた平衡シフトによる過度的タンパク質複合体からの構造情報の取得」 生化学 83 902-911 2011/10
T Saitoh, M Igura, Y Miyazaki, T Ose, N Maita, and D Kohda Crystallographic snapshots of Tom20-mitochondrial presequence interactions with disulfide-stabilized peptides. Biochemistry 50 5487-5496 2011/6
齊藤貴士、尾瀬農之、神田大輔 「ミトコンドリアのプレ配列は動的平衡メカニズムにより認識される」 生物物理 49 242-243 2009/
T Saitoh, M Igura, T Obita, T Ose, R Kojima, K Maenaka, T Endo, and D Kohda Tom20 recognizes mitochondrial presequences through dynamic equilibrium among multiple bound states. EMBO Journal 26 4777-4787 2007/10
Y Kimata-Ariga, T Saitoh, T Ikegami, T Horii, and T Hase Molecular interaction of Ferredoxin and Ferredoxin-NADP+ Reductase from Human Malaria Parasite. The Journal of Biochemistry 142 715-720 2007/10
Y Takayama, Y Kobayashi, N Yahata, T Saitoh, H Hori, T Ikegami, and H Akutsu Specific Binding of CO to Tetraheme Cytochrome c3. Biochemistry 45 3163-3169 2006/3
T Saitoh, T Ikegami, M Nakayama, K Teshima, H Akutsu, and T Hase NMR Study of the Electron Transfer Complex of Plant Ferredoxin and Sulfite Reductase: MAPPING THE INTERACTION SITES OF FERREDOXIN. Journal of Biological Chemistry 281 10482-10488 2006/2
N Yahata, T Saitoh, Y Takayama, K Ozawa, H Ogata, Y Higuchi, and H Akutsu Redox Interaction of Cytochrome c3 with [NiFe] Hydrogenase from Desulfovibrio vulgaris Miyazaki F. Biochemistry 45 1653-1662 2006/1
T Sakai, Y Ohgo, A Hoshino, T Ikeue, T Saitoh, M Takahashi, and M Nakamura Electronic Structures of Five-Coordinate Iron(III) Porphyrin Complexes with Highly Ruffled Porphyrin Ring. Inorganic Chemistry 43 5034-5043 2004/7
T Saitoh, Y Tachibana, Y Higuchi, H Hori, and H Akutsu Correlation between the g tensors and the nonplanarity of porphyrin rings in Desulfovibrio vulgaris Miyazaki F cytochrome c3 studied by single crystal EPR. Bulletin of the Chemical Society of Japan 77 357-363 2004/
Y Ohgo, T Ikeue, T Saitoh, and M Nakamura Structure Analysis of Highly S4-Ruffled Bis(2-methylimidazole) (mesotetraethylporphyrinato) iron(III) Chloride. Chemistry Letters 31 432-433 2002/
Y Ohgo, T Saitoh, and M Nakamura Bis (tetrahydrofuran-κO) (meso-5,10,15,20-tetraisopropylporphyrinato-κ4N) iron(III) Perchlorate. Acta Crystallographica Section C C57 233-234 2001/8
T Ikeue, Y Ohgo, T Saitoh, T Yamaguchi, and M Nakamura Factors affecting the electronic ground state of low spin iron(III) porphyrin complexes importance of the deformation mode of porphyrin ring. Inorganic Chemistry 40 3423-3434 2001/6
T Ikeue, T Saitoh, T Yamaguchi, Y Ohgo, M Nakamura, M Takahashi, and M Takeda Formation of pure intermediate spin complexes in highly nonplanar iron(III) porphyrins. Chemical Communications 20 1989-1990 2000/9
T Ikeue, Y Ohgo, T Saitoh, M Nakamura, H Fujii, and M Yokoyama Spin distribution in low-spin (meso-Tetraakkylporphyrinato) iron(III) complexes with (dxy,dyz)4(dxy)1 configuration, studies by 1H NMR, 13C NMR, and EPR spectroscopies. Journal of the American Chemical Society 122 4068-4076 2000/4
Y Ohgo, T Saitoh, and M Nakamura (meso- tetraethyl porphyrinato) bis (tetrahydrofuran)iron(III) Perchlorate. Acta Crystallographica Section C C55 1284-1286 1999/
T Saitoh, T Ikeue, Y Ohgo, and M Nakamura Barriers to rotation of axially coordinate imidazole ligands in nonplanar meso-tetraalkyl- porphyrinate-Cobalt(III) complexes. Tetrahedron 53 12487-12496 1997/
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
T. Saitoh, H. Toyota, M. Nakayama, T. Ikegami, G. Kurisu and T. Hase Sulfur Transport and Assimilation in Plant in the Postgenomic Era Backhuys Publishers,Leiden, The Netherlands 87-89 2005/
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
野村尚生、 柿田浩輔、 古川敦、 穴田仁洋、 橋下俊一、 松永茂樹、 齊藤貴士、 前仲勝実 HSV-1 感染における糖ペプチドと免疫受容体 PILRα 相互作用解析 日本薬学会第138年会 2018/3
岩森美樹、黒木喜美子、齊藤貴士、阿部千紘、小島理恵子、前仲勝実  免疫補助制御分子CD160とリガンドHVEMの分子認識機構に向けた研究 第40回日本分子生物学会年会 2017/12
T Nomura, K Kakita, A Furukawa, M Anada, S Hashimoto, S Matsunaga, T Saitoh, K Maenaka Interaction detail between sugar chain on HSV-1 glycoprotein with immune receptor PILRα 第54回ペプチド討論会(大阪) 2017/11
逢坂文那、 木股洋子 、長谷俊治 、齊藤貴士  マラリア原虫Tic22によるアピコプラスト蛋白質の認識機構 日本薬学会第137回年会(仙台) 2017/3
齊藤貴士、須知佑介、 古川敦、 前仲勝実 免疫受容体Mincleによる糖脂質認識機構のNMR解析 第55回NMR討論会(広島) 2016/11
T Nomura, K Kakita, A Furukawa, M Anada, S Hashimoto, HArase, T Saitoh, K Maenaka Effect of sugar chain on intercation of HSV1 glycoprotein with immune receptor PILRα 第53回ペプチド討論会(京都) 2016/10
臼杵靖剛、田村範子、田村具博、齊藤貴士、向井克之、五十嵐靖之 こんにゃく芋遊離セラミドの作用メカニズム 第9回セラミド研究会(東京) 2016/10
須知 佑介、古川 敦、齊藤 貴士、前仲 勝実 NMR を用いた自然免疫受容体 Mincle の糖脂質認識機構の解析 第16回日本蛋白質科学会年会(福岡) 2016/6
T Nomura, J Sakamoto, K Kakita, F Oosaka, A Furukawa, M Anada, S Hashimoto, K Kuroki, T Ose, H Arase, TSaitoh, K Maenaka Specific interaction on HSV1 infection immune receptor PILRα recognizes both sialic acid and Pro-rich peptide 第52回ペプチド討論会(平塚) 2015/
T Saitoh, S Yuasa, F Oosaka, K Maenaka, T Hase, Y Kimata-Ariga Protein-Protein interactions of the apicoplast proteins of Plasmodium falciparum 第53回日本生物物理学会シンポジウム(金沢) 2015/
T Nomura, J Sakamoto, K Kakita, F Oosaka, A Furukawa, M Anada, S Hashimoto, K Kuroki, T Ose, H Arase, T Saitoh, K Maenak Importance of sialic acid in the glycoprotein derived from HSV-1 for the interaction with PILRα The 29th ANNUAL SYMPOSIUM OF THE PROTEIN SOCIETY(San Diego、USA) 2014/
T Saitoh, T Nomura, J Sakamoto, K Kakita, A Furukawa, M Anada, S Hashimoto, H Arase, K Maenaka NMR study of the interaction between the sialyl T antigen-containing glycoprotein B of Herpes Simplex Virus 1 and immune receptor PILRα XXVI International Couference on Magnetic Resonance in Biological Systems(Dallas、USA) 2014/
吉永壮佐、江崎芳、辻辰一朗、遠田悦子、寺島裕也、齊藤貴士、神田大輔、河野俊之、大澤匡範、上田卓見、嶋田一夫、松島綱治、寺沢宏明 ケモカイン受容体-細胞内制御因子フロント間相互作用の構造生物学的解析 第53回NMR討論会(大阪) 2014/
山下駿、山上紗矢佳、逢坂文那、齊藤貴士、片岡千和、澤田石一之、前仲勝実、小橋川敬博、森岡弘志 力学的解析から見えてきた一本鎖抗体の効率的生産へ向けてのアプローチ 第14回日本蛋白質科学会年会(横浜) 2014/
逢坂文那、山田友樹、松丸尊紀、前仲勝実、齊藤貴士 Comparison of protein-protein interaction of plant ferredoxin with several ferredoxin-dependent enzymes as studied by NMR 第87回日本生化学会大会(京都) 2014/
阿部千紘、黒木喜美子、小島理恵子、齊藤貴士、前仲勝実 NMRによるヒトCD160細胞外ドメインの立体構造解析 第37回日本分子生物学会年会(横浜) 2014/
齊藤貴士 ミトコンドリアへのタンパク質輸送におけるプレ配列認識機構 日本生化学会北海道支部・日本生物物理学会北海道支部・北海道分子生物学研究会2013年度合同シンポジウム 2013/
Y Komuro, N Miyashita, T Mori, E Muneyuki, T Saitoh, D Kohda, and Y Sugita Free-energy analysis on the TOM20-presequence complex in solution for understanding a dynamic-equilibrium model Biophysical Society 57th Annual Meeting(Philadelphia、USA) 2013/
J Nyirenda, S Matsumoto, T Saitoh, D Kohda NMR analysis of an oligosaccharyltransferase that catalyzes the Asn-linked glycosylation 第50回NMR討論会記念国際シンポジウム ISNMR2011(横浜) 2011/
James Nyirenda, 松本俊介, 齊藤貴士, 神田大輔 Asn 結合型糖鎖修飾を触媒するオリゴ糖転移酵素の分子運動性 日本生物物理学会九州支部例会(飯塚市) 2011/
松岡礼、松本俊介、齊藤貴士、神田大輔 Tom20 に結合したプレ配列ペプチドのパッキングフリーな結晶構造情報取得のための新しい融合蛋白質デザイン 第 34 回日本分子生物学会年会(横浜) 2011/
松岡礼、齊藤貴士、松本俊介、神田大輔 Tom20 に結合したプレ配列ペプチドのパッキングフリーな結晶構造解析の試み 日本生物物理学会九州支部例会(飯塚市) 2011/
泉桂星、齊藤貴士、寺沢宏明、神田大輔 共有結合を利用したミトコンドリアTom20蛋白質におけるプレ配列動的認識の考察 日本生物物理学会九州支部例会(飯塚市) 2011/
泉桂星、齊藤貴士、山口公也、野中洋、山東伸介、寺沢宏明、神田大輔 分子間SS結合によるミトコンドリアTom20と含硫黄非天然アミノ酸を導入したプレ配列ペプチドとの複合体の安定化 第11回日本蛋白質科学会年会(大阪) 2011/
齊藤貴士、神田大輔 ミトコンドリアTom20とプレ配列の相互作用解析におけるジスルフィド結合の利用 第11回日本蛋白質科学会年会(大阪) 2011/
Y Komuro, E Muneyuki, T Saitoh, D Kohda, Y Sugita ミトコンドリア外膜タンパクTom20-プレ配列複合体の分子動力学計算 第48回日本生物物理学会年会(仙台) 2010/
泉桂星、齊藤貴士、寺沢宏明、神田大輔 Tom20とプレ配列ペプチドの相互作用における新規安定化複合体の作成 第10回蛋白質科学会年会(札幌), 2010年6月 2010/
齊藤貴士、神田大輔 ミトコンドリアTom20とプレ配列ペプチドの複合体の安定化と結晶化 第10回日本蛋白質科学会年会(札幌), 2010年6月 2010/
泉桂星、齊藤貴士、神田大輔 分子内SS結合を用いたTom20-プレ配列ペプチド複合体の安定化とその運動性 第48回NMR討論会(福岡) 2009/
齊藤貴士、宮崎佑介、尾瀬農之、神田大輔 構造生物学から見たミトコンドリアTom20による前駆蛋白質のプレ配列認識 第9回日本蛋白質科学会年会(熊本) 2009/
T Saitoh, D Kohda  Relaxation analysis of the Tom20-bound states of a mitochondrial presequence. XXIIIrd International Council on Magnetic Resonance in Biological Systems(San Diego, USA) 2008/
齊藤貴士、井倉真由美、尾瀬農之、前中勝実、神田大輔 複数の結合様式を介したミトコンドリアTom20によるプレ配列の認識機構 第8回日本蛋白質科学会年会(東京) 2008/
榊原由紀子、斉藤貴士、池上貴久、栗栖源嗣、長谷俊治 フェレドキシンと亜硝酸還元酵素との蛋白質間相互作用と電子伝達機構 第30回日本分子生物学会・第80回日本生化学会大会(横浜) 2007/
榊原由紀子、斉藤貴士、池上貴久、栗栖源嗣、長谷俊治 フェレドキシンと亜硝酸還元酵素との蛋白質間相互作用と電子伝達機構 第34回生体分子科学討論会(仙台) 2007/
齊藤貴士、井倉真由美、尾瀬農之、帯田孝之、小島理恵子、前仲勝実、神田大輔 ミトコンドリアTom20によるプレ配列の動的認識機構 第7回日本蛋白質科学会年会(仙台) 2007/
齊藤貴士、井倉真由美、尾瀬農之、帯田孝之、小島理恵子、前仲 構造基盤解析に向けたミトコンドリアTom20−プレ配列ペプチド複合体の安定化勝実, 神田大輔 第46回NMR討論会(札幌) 2007/
斉藤貴士、井倉真由美、小島理恵子、帯田孝之、前仲勝実、神田大輔 ジスルフィド結合で拘束したTom20-プレ配列複合体の動的振る舞い 第45回NMR討論会(京都) 2006/11
T Saitoh, H Toyota, M Nakayama T Ikegami, G Kurisu, M Kusunoki, T Hase, Structural analysis of the interaction between plant sulfite reductase and ferredoxin. XX Congress of the International Union of Crystallography (Firenze, Italy) 2005/
T Saitoh, H Toyota, M Nakayama, T Ikegami, G Kurisu and T Hase NMR study of the interaction between plant sulfite reductase and ferredoxin 6th International Workshop on Plant Sulfur Metabolism (千葉) 2005/
八幡直樹、斉藤貴士、高山裕生、小澤潔、緒方英明、樋口芳樹、阿久津秀雄 硫酸還元菌シトクロムc3と[NiFe]ヒドロゲナーゼとの相互作用の解析 第32回生体分子科学討論会(名古屋) 2005/
斉藤貴士、中山雅登、豊田博志、池上貴久、長谷俊治 フェレドキシンと亜硫酸還元酵素の蛋白質相互作用と電子伝達機構 第46回日本植物生理学会年会(新潟) 2005/
斉藤貴士、豊田博志、池上貴久、榊原由紀子、池上貴久、栗栖源嗣、長谷俊治 Comparison of protein-protein interaction of plant ferredoxin with several ferredoxin-dependent enzymes as studied by NMR 第78回日本生化学会大会(神戸) 2005/
八幡直樹、斉藤貴士、中原明香、緒方英明、樋口芳樹、阿久津秀雄 硫酸還元菌シトクロムc3と[NiFe] ヒドロゲナーゼとの相互作用のNMRによる解析 日本化学会第84回春季年会(兵庫) 2004/3
八幡直樹、高山裕生、斉藤貴士、小澤潔、中原明香、緒方英明、樋口芳樹、阿久津秀雄 硫酸還元菌シトクロムc3と[NiFe]ヒドロゲナーゼとの相互作用の解析 第42回日本生物物理学会年会(京都) 2004/3
小林由紀子、斉藤貴士、高山裕生、堀洋、阿久津秀雄 四ヘムシトクロムc3における軸配位子Hisイミダゾールの一酸化炭素による置換 日本化学会第84回春季年会(兵庫) 2004/3
小林由紀子、斉藤貴士、高山裕生、堀洋、阿久津秀雄 D.vulgaris MiyazakiFシトクロムc3 における軸配位子His イミダゾールの一酸化炭素による置換 第31回生体分子科学討論会(茨城) 2004/
斉藤貴士、中山雅登、池上貴久、長谷俊治 フェレドキシンとその相互作用酵素群との電子伝達複合体形成における構造基盤のNMR研究 第77回日本生化学会大会(横浜) 2004/
斉藤貴士、DelaglioFrank、藤原敏道、阿久津秀雄 常磁性効果を遠位の構造情報とした金属タンパク質の立体構造解析 第41回日本生物物理学会年会(新潟) 2003/
斉藤貴士、堀洋、原田絵里砂、橘良彦、藤原敏道、阿久津秀雄 完全酸化型cytochrome c3の構造解析におけるpseudo contact shiftの利用 第28回生体分子科学討論会(金沢) 2002/18
小林由紀子、斉藤貴士、堀洋、阿久津秀雄 硫酸還元菌シトクロムc3における軸配位子イミダゾールの一酸化炭素置換 第40回日本生物物理学会年会(名古屋) 2002/
斉藤貴士、堀洋、原田英里砂、橘良彦、大村孝幸、阿久津秀雄 常磁性効果を用いた完全酸化型cytochrome c3の構造解析 第40回日本生物物理学会年会(名古屋) 2002/
斉藤貴士、堀洋、原田英里砂、橘良彦、福岡由記、藤原敏道、阿久津秀雄 完全酸化型cytochrome c3における溶液構造の検討 第40回日本生物物理学会年会(大阪) 2001/
堀洋、斉藤貴士、橘良彦、樋口芳樹、阿久津秀雄 単結晶EPR法でみるチトクロムc3の4個のヘム 第27回生体分子科学討論会(仙台) 2000/
中村幹夫、池上崇久、山口達也、斉藤貴士、大胡惠樹、藤井浩 低スピンポルフィリン鉄(III)錯体における鉄の電子配置とポルフィリン環の非平面様式との関連 第49回錯体化学討論会(札幌) 1999/9
大胡惠樹、斉藤貴士、池上崇久、中村幹夫、藤井浩 テトラアルキルポルフィリン鉄(III)錯体の構造と物性の関連 第49回錯体化学討論会(札幌) 1999/9
池上崇久、大胡惠樹、斉藤貴士、中村幹夫、横山正孝 dxy軌道に不対電子を持つ低スピンテトラアルキルポルフィリン鉄(III)錯体におけるポルフィリン環上のスピン  分布 第49回錯体化学討論会(札幌) 1999/9
斉藤貴士、池上崇久、大胡惠樹、中村幹夫、藤井浩 非平面ポルフィリン鉄(III)錯体における鉄の電子配置(1)ラッフル形に変形したポルフィリン錯体 日本化学会第76回春季年会(横浜) 1999/3
斉藤貴士、大胡惠樹、中村幹夫、藤井浩 テトラアルキルポルフィリン鉄(III)過塩素酸塩における鉄のスピン状態 第48回錯体化学討論会(高知) 1998/9
斉藤貴士、大胡惠樹、中村幹夫 非平面テトラアルキルポルフィリンコバルト(III)錯体における軸位イミダゾールの回転障壁 第47回錯体化学討論会(盛岡) 1997/9
斉藤貴士、大胡惠樹、中村幹夫 ポルフィリン環の非平面化に伴う軸配位子の動的挙動の変化 日本化学会第72回春季年会(東京) 1997/3
中村幹夫、池上崇久、川崎裕美子、斉藤貴士、池崎章、大胡惠樹 ポルフィリン環の非平面化に伴う鉄錯体の物性変化 第13回基礎有機化学連合討論会(名古屋) 1996/10
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
津本浩平、斎藤貴士 他 Essencial タンパク質科学 南江堂 2016/2
長野哲雄、斎藤貴士 他  実験医学, Vol.32 No.2(増刊号)研究成果を薬につなげる アカデミア創薬の戦略と実例 株式会社羊土社 2014/4
後藤祐児、桑島邦博、谷澤克行編 タンパク質科学 化学同人 2005/
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日