医薬品の効率的合成法に関する研究

簡単・早い・安い方法で医薬品を合成する研究を行っています。どんなに効果がある医薬品でも、作り方が難しければ世の中にはなかなか普及しません。また、最近では環境にやさしい方法の開発にもチャレンジしています。

薬学部
薬学科

臨床薬学専攻(博士課程)

准教授

博士(薬学)

金田 京介
( カネダ キョウスケ )

学位

博士(薬学):星薬科大学:2010年

研究分野

有機化学/医薬化学

キーワード

有機合成/立体構造/複素環/医薬品化学/クリックケミストリー/グリーンケミストリー

実務経験

2010~2011年 米国テキサス大学化学科博士研究員

学会・社会活動等

日本薬学会北海道支部幹事/日本化学会会員/有機合成化学協会会員/第52回日本薬学会関東支部大会優秀研究発表賞受賞

エピソード

クスリの研究は多岐に渡ります。効果効能から分子構造まで、どんな薬のどの部分に興味を持つのか、研究者だけではなく薬剤師になる学生にも大事なことだと思います。

研究・学術活動

  • 論文(17件)
  • 会議論文(0件)
  • 紀要(0件)
  • 講演(20件)
  • 著書(1件)
  • 作品(0件)
  • 受賞(0件)
  • その他(1件)
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
K.Kaneda, R.Naruse, S.Yamamoto, T.Satoh Reactivity of the Sultam and Strained Alkyne Groups in 2-Aminobenzenesulfonamide-Containing Cyclononyne (ABSACN) Asian Journal of Organic Chemistry 7 4 793-801 2018/4
H.Yamashita, M.Katoh, A.Kokubun, A.Uchimura, S.Mikami, A.Takeuchi, K.Kaneda, Y.Suzuki, M.Mizukami, M.Goto, K.Lee, K.Wada Four new C19-diterpenoid alkaloids from Delphinium elatum Phytochemistry Letters 24 6-9 2018/1
H. Yamashita, K. Takeda, M. Haraguchi, Y. Abe, N. Kuwahara, S. Suzuki, A. Terui, T. Masaka, N. Munakata, M. Uchida, M. Nunokawa, K. Kaneda, M. Goto, K.-H. Lee, K. Wada Four new diterpenoid alkaloids from Aconitum japonicum subsp. subcuneatum Journal of Natural Medicines 72 230-237 2017/10
K.Kaneda, R.Taira, T.Fukuzawa Efficient synthesis of N-nosyl-protected 3-azabicyclo[4.3.0]nonen-8-one by an aniline- and nitrobenzene-mediated Pauson-Khand cyclization Synthetic Communications 47 17 1622-1629 2017/6
Kyosuke Kaneda, Risa Naruse, and Syota Yamamoto 2-Aminobenzenesulfonamide containing cyclononyne as adjustable click reagent for strain-promoted azide-alkyne cycloaddition Organic Letters 19 1096-1099 2017/2
Nozomi Akimura, Ayaka Fujii, Fuma Kamada, Ryoki Nogiwa, Syota Yamamoto, Teppei Sato, Syuji Ishikawa, Tatsuya Okazaki, and Kyosuke Kaneda Synthesis of tetracyclic molecules containing medium-sized heterocycles: Scope expansion of cascade Nicholas and Pauson-Khand methodology Synthesis 48 22 3931-3940 2016/11
Koji Wada, Erika Asakawa, Yoshie Tosho, Ayaka Nakata, Yuko Hasegawa, Kyousuke Kaneda, Masuo Goto, Hiroshi Yamashita, Kuo-Hsiung Lee Four new diterpenoid alkaloids from Delphinium elatum Phytochemistry Letters 17 190-193 2016/9
Kyosuke Kaneda, Misuzu Fujita, and Risa Naruse Experimental investigation of tetracyclic compounds containing a nine-membered sultam via cobalt alkyne complexes Heterocycles 92 291-304 2016/2
Takamichi Asamizu, Risa Naruse, Guo Yongxue, and Kyosuke Kaneda Domino Nicholas and Pauson-Khand process induced by nitroarene reduction Tetrahedron Letters 56 4674-4677 2015/8
Brett A. Granger, Zhiqian Wang, Kyosuke Kaneda, Zhenglai Fang, and Stephen F. Martin Multicomponent Assembly Processes for the Synthesis of DiverseYohimbine and Corynanthe Alkaloid Analogues ACS Combinatorial Science 15 379-386 2013/7
Zhiqian Wang, Kyosuke Kaneda, Zhenglai Fang, and Stephen F. Martin Diversity Oriented Synthesis: Concise Entry to Novel Derivatives of Yohimbine and Corynanthe Alkaloids Tetrahedron Letters 53 477-479 2012/2
Brett A. Granger, Kyosuke Kaneda, and Stephen F. Martin Libraries of 2,3,4,6,7,11b-Hexahydro-1H-pyrido[2,1-a]isoquinolin-2-amine Derivatives via Multicomponent Assembly Process/1,3-Dipolar Cycloaddition Strategy ACS Combinatorial Science 14 75-79 2012/1
Brett A. Granger, Kyosuke Kaneda, and Stephen F. Martin Multicomponent Assembly Strategies for the Synthesis of Diverse Tetrahydroisoquinoline Scaffolds Organic Letters 13 4542-4545 2011/9
Toshio Honda, Eriko Aranishi, and Kyosuke Kaneda Facile Synthesis of a Benzindenoazepine Alkaloid, Bulgaramine, via Samarium Diiodide Promoted Ring Expansion of an α-Aminocarbonyl Compound Organic Letters 11 1857-1859 2009/4
Kyosuke Kaneda and Toshio Honda Stereocontrolled synthesis of (+)-α-skytanthine by means of an intramolecular Pauson-Khand reaction Tetrahedron 64 11589-11593 2008/10
Toshio Honda and Kyosuke Kaneda Diastereoselective Formal Synthesis of a Monoterpene Alkaloid, (-)-Incarvilline The Journal of Organic Chemistry 72 6541-6547 2007/7
Toshio Honda, Hidenori Namiki, Kyosuke Kaneda, and Hirotake Mizutani First Diastereoselective Chiral Synthesis of (-)-Securinine Organic Letters 6 87-89 2004/1
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
山岸丈洋、金田京介 生命科学に有益な機能性分子の設計と創製 BioJapan2020(横浜) 2020/10
金田京介、杉山弘樹、松井海記 ジヒドロベンゾチアジアジンジオキシド誘導体の簡便創製法の検討 日本薬学会 第140年会(京都) 2020/3
金田京介 アミノベンゼンスルホンアミドを含有した環状化合物の合成 (受賞有) 日本薬学会北海道支部第146回例会/平成31年度奨励賞受賞講演 2019/5
金田京介・樺澤拓隼・鍋城竣 向知性薬IDRA21のワンポット合成 第44回反応と合成の進歩シンポジウム 2018/11
金田京介・鍋城竣・樺澤拓隼 ベンゾチアジアジン骨格の簡便合成法の検討 第48回複素環化学討論会 2018/9
金田京介・今野良季・鎌田稔也 ダブル光延環化反応を用いたヘテロ中員環化合物の合成 日本化学会北海道支部2018年夏季研究発表会 2018/7
今野良季、鎌田稔也、金田京介 多機能性無触媒クリック試薬の開発を目指した中員環アルキンの合成 日本薬学会北海道支部第145回例会 2018/5
金田京介、鎌田稔也  ヘテロ原子を含有する中員環アルキンの化学変換 第43回反応と合成の進歩シンポジウム、1P-43、富山国際会議場 2017/11
金田京介、平龍希、福澤翼 アザビシクロノナン骨格の合成法の検討 日本薬学会北海道支部第144回例会、C31、札幌コンベンションセンター 2017/5
金田京介、成瀬李紗、山本翔太  クリック試薬の開発を目指したベンゼンスルホンアミド型シクロノニンの創製 日本化学会第97春季年会2017、3PB-009、慶應義塾大学日吉キャンパス 2017/3
金田京介、成瀬李紗、山本翔太  スルホンアミドを含む9員環アルキンの合成とクリック反応の検討 化学系協会北海道支部2017年冬季研究発表会、1B11、北海道大学フロンティア応用科学研究棟 2017/1
金田京介、山本翔太  クリック反応を指向したヘテロ9員環アルキンの合成研究 第63回北海道薬学大会、日本薬学会北海道支部第143回例会、C-4、札幌コンベンションセンター 2016/5
金田京介、藤田みすず、成瀬李紗、浅水駿充  コバルト錯体を用いた連続環化反応の開発と中員環サルタムの合成 日本薬学会第136年会、28AB-am22、パシフィコ横浜 2016/3
金田京介、浅水駿充、成瀬李紗 コバルト錯体を利用したヘテロ9員環を含む四環性化合物の合成研究 第45回複素環化学討論会 1P-07 東京早稲田大学 2015/11
金田京介、浅水駿充、成瀬李紗 アルキン−コバルト錯体を用いた連続環化反応の検討 日本化学会北海道支部2015年夏季研究発表会 B06 北海道教育大学函館校 2015/7
金田京介、荒西恵理子、本多利雄  ヨウ化サマリウムを用いたブルガラミンの合成研究 『日本薬学会北海道支部第138回例会』、演題番号8、札幌コンベンションセンター 2012/6
金田京介、荒西恵理子、本多利雄  Benzindenoazepineアルカロイド、bulgaramineの合成研究 『日本薬学会 第129回年会』、28K-pm08、国立京都国際会館 2009/3
金田京介、本多利雄  (+)-α-skytanthineの立体選択的合成研究 『第52回 日本薬学会関東支部大会』、A02、東京理科大学野田キャンパス 2008/10
金田京介、本多利雄  Pauson-Khand反応を用いたskytanthineタイプアルカロイドの不斉全合成研究 『第33回 反応と合成の進歩シンポジウム』、1P-27、長崎ブリックホール 2007/11
金田京介、本多利雄  Pauson-Khand反応を利用した(-)-incarvillineの形式合成 『日本薬学会 第127年会』、29N-pm05、富山大学五福キャンパス 2007/3
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
渡辺泰裕、早川達、山下美妃、渡辺浩明*、小原秀治*、今田愛也、伊藤萌子、江川祥子、金田京介、高栗郷、丁野純男、町田麻依子、山下美妃、和田浩二、、伊藤慎二、大滝康一、高橋淳、戸上紘平、藤本哲也、守屋寛之、古田精一、伊東佳美、佐藤久美、佐藤隆司、佐藤秀紀、坂東勉、向祐志、村岡早苗、柳本ひとみ、山下浩 MULTI-SIDEDANALYSIS多面的症例解析演習 基礎分野・臨床分野から症例を俯瞰して・・・ 京都廣川書店 2014/4
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
金田京介 アミノベンゼンスルホンアミドを含有した環状化合物の合成 薬学雑誌 140 9 1087-1094 2020/9