地域社会に貢献できる薬剤師育成を目指した教育研究

薬剤師は薬物・薬物治療のプロフェッショナルであると同時に、患者や地域住民に対応する高いスキルも求められています。そのような中で、私は患者や地域住民の治療経過や健康状態を適切に評価し対応する能力、その基本となるフィジカルアセスメント能力の育成を中心に、様々な教育手法などに関する研究や実践を行っています。大学教員の立場から北海道の医療に貢献できるよう努めています。

薬学部
薬学科

講師

修士(薬学)

藤本 哲也
( フジモト テツヤ )

学位

修士(薬学):北海道大学:2001年

研究分野

薬学教育/薬剤師教育/臨床薬学

キーワード

フィジカルアセスメント/薬学部教育/薬剤師卒後教育/インストラクショナルデザイン/教育改善

実務経験

2001年4月~2003年3月:函館五稜郭病院薬剤部勤務

学会・社会活動等

日本シミュレーション医療教育学会評議員/日本医療教授システム学会会員/日本在宅薬学会会員/日本社会薬学会会員/日本医療薬学会会員/日本薬学会会員

エピソード

新たに北海道科学大学薬学部としてスタートを切りました。大学統合で名称が変わり卒業生の皆様にとっては少し寂しいかもしれません。しかし母校であることに何の違いもありません。今後も大学を大いに活用していただければ幸いです。

研究・学術活動

  • 論文(11件)
  • 会議論文(0件)
  • 紀要(0件)
  • 講演(61件)
  • 著書(12件)
  • 作品(0件)
  • 受賞(0件)
  • その他(3件)
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
藤本哲也、加納誠一朗 薬学教育における症例シナリオと患者シミュレータ活用;薬学6年次アドバンスト・フィジカルアセスメント演習における症例シナリオに基づく患者シミュレータの作製 日本シミュレーション医療教育学会雑誌 5 103-110 2017/8
藤本哲也、加納誠一朗 薬学生6年次における患者シミュレータ及び病態シナリオを活用したアドバンスト・フィジカルアセスメント学習の試み 日本シミュレーション医療教育学会雑誌 4 71-78 2016/6
Machida M, Takechi S, Fujimoto T, Kakinoki S, Nomura A. Carvedilol improves uptake-1 in patients with systolic congestive heart failure Journal of Cardiovascular Pharmacology 59 4 175-181 2012/2
藤本哲也、武智茂、柿木滋夫、町田麻依子、野村憲和 カンデサルタンシレキセチルが本態性高血圧患者の尿中蛋白排泄に与える影響 医療薬学 37 3 173-178 2011/3
Fujimoto T, Takechi S, Machida M, Isu N, Imamura W, Kakinoki S, Kanda K, Kobayashi T, Nomura A Excretions of urinary albumin and various proteins increase in hypertension Blood Pressure 17 5-6 270-273 2008/1
Fujimoto. T, Miya M, Machida M, Takechi S, Kakinoki S, Kanda K, Nomura A Improved recovery of human urinary protein for electrophoresis Journal of Health Science 52 6 718-723 2006/12
Machida M, Sakaguchi A, Kamada S, Fujimoto T, Takechi S, Kakinoki S, Nomura A Simultaneous analysis of human plasma catecholamines by high-performance liquid chromatography with a reversed-phase J Chromatogr B Analyt Technol Biomed Life Sci. 830 2 249-54 2006/1
町田麻依子、小松哲哉、藤本哲也、武智茂、野村憲和 慢性心不全におけるカルベジロール併用によるジゴキシン血中濃度への影響 TDM研究 24 4 155-161 2006/
Shigeru Takechi, Reiki Yoneda, Rie Mizuno, Maiko Machida, Tetsuya Fujimoto, Shigeo Kakinoki, Shinjuro Kuroshima, Akikazu Nomura High-sodium diets in Japanese evacuation centers increase blood pressures of evacuees Blood Pressure 13 1 37-40 2004/
Hisashi Okubo, Michiaki Matsusita, Hirofumi Kamachi, Tomoaki Kawai, Manabu Takahashi, Tetsuya Fujimoto, Kazutaka Nishikawa, Satoru Todo. A novel method for faster formation of rat liver cell spheroids Artificial Organs 26 6 497-505 2002/6
Hisashi Okubo, Michiaki Matsusita, Hirofumi Kamachi, Tomoaki Kawai, Kazutaka Nishikawa, Tetsuya Fujimoto, Takanori Saito, Satoru Todo. Maintenance of morphology and function of mixed liver cell spheroids under collagen gel environment Journal of Artificial Organs 4 331-335 2001/12
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
藤本哲也,松原実里 北海道科学大学薬学部6年生の基礎薬学科目に対する意識が変わったきっかけを探る〜基礎薬学科目の学習意欲向上のために〜 社会薬学 38 Suppl 60 2019/9
藤本哲也,坂東勉,伊東佳美,早勢伸正,加納誠一朗 北海道科学大学薬学部におけるフィジカルアセスメント生涯教育 日本在宅薬学会第12回学術大会 講演抄録集 185 2019/7
藤本哲也、伊東佳美 北海道科学大学薬学部6年生を対象とした少人数制フィジカルアセスメント演習 —Visual Analog Scale を用いた演習前後のアンケート分析— 日本薬学教育学会 2018/9
加納誠一朗、藤本哲也、坂東勉、早勢伸正 、石川和信 「薬剤師スキルアップ講座」における薬剤師によるフィジカルアセスメントと症例検討の実践 日本シミュレーション医療教育学会 2018/6
藤本哲也、坂東勉、柳本ひとみ、伊東佳美、古田精一 北海道薬科大学在宅医療研究会「平成27年度バイタルサイン・フィジカルアセスメント講習会」の成果報告 日本社会薬学会第35年会 一般学術発表(ポスター)(於札幌) 2016/9
秋山 伸二、山脇 孝、藤本 哲也、和田 陽子、高取 真吾、難波 弘行、加納 誠一朗、酒井 郁也 松山大学薬学部・愛媛大学医学部学生合同シミュレーション実習パイロット授業 第4回日本シミュレーション医療教育学会学術大会 一般学術発表(ポスター)(於浜松) 2016/9
藤本哲也、加納誠一朗  薬学6年次アドバンスト・フィジカルアセスメント演習における症例シナリオに基づく患者シミュレータの作製 ※優秀演題賞受賞 (受賞有) 第4回日本シミュレーション医療教育学会学術大会 一般学術発表(ポスター)(於浜松) 2016/9
野呂瀬崇彦、藤本哲也、武田香陽子、櫻井秀彦 初年次教育科目におけるカリキュラムマップ作成体験の実践—ディプロマポリシーに繋がる「今やるべきことの具体化」を目指して— 第1回日本薬学教育学会大会 特別企画(大学の特色ある取り組み)発表(ポスター)(於京都) 2016/8
藤本哲也、加納誠一朗、三浦淳、早勢伸正 実務実習直前の5年次に実施した北海道薬科大学におけるフィジカルアセスメント実習 第1回日本薬学教育学会大会 一般学術発表(ポスター)(於京都) 2016/8
藤本哲也、井門紗優果 マニキュアが経皮的動脈血酸素飽和度測定に及ぼす影響 第9回日本在宅薬学会学術大会 一般学術発表(ポスター)(於大阪) 2016/7
藤本哲也、菅原稔 北海道における退院時共同指導の実施状況とその意識調査 第63回北海道薬学大会(於札幌) 2016/5
藤本哲也、江川祥子、加納誠一朗 患者シミュレータを用いたフィジカルアセスメント演習の新たな取り組みと課題 日本薬学会第136年会 一般学術発表(ポスター)(於横浜) 2016/3
藤本哲也、坂東勉、伊東佳美、柳本ひとみ、古田精一 北海道薬科大学在宅医療研究会におけるバイタルサイン・フィジカルアセスメント講習 第8回日本在宅薬学会学術大会 一般ポスター発表 (於幕張) 2015/7
藤本哲也、加納誠一朗 北海道薬科大学における6年次のバイタルサイン・フィジカルアセスメント演習 第3回日本シミュレーション医療教育学会 一般口頭発表 2015/6
藤本哲也、加納誠一朗 患者シミュレータを用いた6年次のフィジカルアセスメント演習 第62回北海道薬学大会(札幌) 演題C-22 2015/5
藤本哲也 患者シミュレーターを用いた6年次のアドバンスト・フィジカルアセスメント教育 第3報 日本薬学会第135年会 神戸 2015/3
藤本哲也、加納誠一朗、渡辺一弘、渡辺泰裕 患者シミュレーターを用いた6年次のアドバンスト・フィジカルアセスメント教育(第2報) 日本薬学会第134年会 熊本 2014/3
野呂瀬崇彦、今田 愛也、戸田 貴大、早勢 伸正、藤本 哲也、古田 精一、町田麻依子 臨床対応能力の向上を目的とした統合型プログラムの実践とその評価 第4回日本アプライド・セラピューティクス学会 シンポジウム(東京) 2013/7
K Kanda, T Fujimoto, M Machida, S Takechi, S Kakinoki, T Kobayashi, S Hariya, A Nomura Aging increases urinary proteins excretion and elevation of blood pressure aleters it. American Society of Hypertension 2013 Annual Scientific Meeting. San Francisco. 2013/5
藤本哲也、加納誠一朗、渡辺一弘、渡辺泰裕 患者シミュレーターを用いた6年次のアドバンスト・フィジカルアセスメント教育 日本薬学会第133年会 横浜 2013/3
野呂瀬崇彦、伊藤三佳、遠藤菊太郎、藤本哲也、守屋寛之、村上美穂 チーム基盤型学習(TBL)がもたらす能動的相補型学習−薬学教育における実践とその成果 日本薬学会第133年会 横浜 2013/3
町田麻依子、藤本哲也、武智 茂、柿木滋夫、野村憲和 慢性心不全に対するカルベジロールの影響は収縮不全型と拡張不全型により異なる 第33回日本臨床薬理学会学術総会 沖縄 2012/12
武智茂、柿木滋夫、神田孝一、小林毅、藤本哲也、野村憲和 血圧上昇は尿中蛋白排泄に影響を及ぼすか? 第48回日本赤十字社医学会総会(於高松) 2012/10
Shigeru Takechi, Tetsuya Fujimoto, Maiko Machida, Koichi Kanda, Akikazu Nomura URINARY PROTEINS EXCRETION BY CALCIUM CHANNEL BLOCKER, BENIDIPINE,AND ANGIOTENSINⅡRECEPTOR BLOCKER, CANDESALTAN, IS SAME AFTERBLOOD PRESSURE REDUCTION IN HYPERTENSIVE SUBJECTS ESH2012, European Society of Hypertension. London 2012/4
藤本哲也、町田 麻依子、武智茂、柿木滋夫、神田孝一、野村憲和 アンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬およびカルシウム拮抗薬による降圧治療が尿中蛋白排泄量へ与える影響の比較 日本薬学会第132年会 札幌 2012/3
Kakinoki S, Fujimoto T, Machida M, Takechi S, Kanda K, Kobayashi T, Nomura A Elevation of blood suger changes glomerular and tubular function in normotensive subujects. American Society of Hypertension 26th Annual Scientific Meeting and Exposition. New York 2011/5
藤本哲也、白川貴章、町田 麻依子、武智茂、柿木滋夫、神田孝一、小林毅、野村憲和 メタボリックシンドロームが尿中蛋白排泄に与える影響 日本薬学会第131年会 静岡 2011/3
白川貴章、藤本哲也、町田 麻依子、武智茂、柿木滋夫、神田孝一、小林毅、野村憲和 耐糖能異常及び血圧上昇が尿中蛋白へ与える影響の検討 日本薬学会第131年会 静岡 2011/3
藤本哲也、竹田祥子、神田孝一、武智茂、柿木滋夫、野村憲和 カルシウム拮抗薬による降圧が尿中蛋白排泄に与える影響 日本薬学会第130年会 岡山 2010/3
竹田祥子、藤本哲也、武智茂、柿木滋夫、神田孝一、野村憲和 耐糖能異常による尿中蛋白への影響の検討 日本薬学会第130年会 岡山 2010/3
武智茂、柿木滋夫、野村憲和、町田麻依子、藤本哲也 心不全患者へのカルベジロール導入時の交感神経活性の検討 第30回日本臨床薬理学会 横浜 2009/12
武智茂、井上直樹、南部忠詞、柿木滋夫、野村憲和、町田麻衣子、藤本哲也 心不全患者へのカルベジロール導入不能症例での交感神経活性は? 第45回日本赤十字社医学会総会(於前橋) 2009/10
Shigeru Takechi, Tetsuya Fujimoto, Maiko Machida,Shigeo Kakinoki,Kouichi Kannda, Takeshi kobayashi, Akikazu Nomura Effects of calcium antagonist,benidipine, on the urinary proteins excretion in patients with angiotension receptor antagonist resistance hypertension 24th American Society of Hypertension San Francisco 2009/5
Shigeo Kakinoki, Shigeru Takechi,Kouichi Kannda, Takeshi kobayashi, Akikazu Nomura Effects of carvedilol on sympathetic nervous system in patients with heart failure 17th Asian Pacific Congress of Cardiology Kyoto 2009/5
松下遥子、藤本哲也、町田麻依子、武智茂、柿木滋夫、神田孝一、小林毅、野村憲和 アンギオテンシンⅡ受容体拮抗薬単剤及びカルシウム受容体拮抗薬併用による降圧治療の尿中蛋白への影響 日本薬学会第129年会(京都) 2009/3
藤本哲也、松下遥子、町田麻依子、武智茂、柿木滋夫、神田孝一、小林毅、野村憲和 血圧と尿中蛋白排泄量の関係 日本薬学会第129年会(京都) 2009/3
藤本哲也、松下遥子、町田麻依子、武智茂、柿木滋夫、神田孝一、野村憲和 ベニジピン塩酸塩が本態性高血圧患者の種々の尿蛋白排泄に及ぼす影響の検討 第18回日本医療薬学会(札幌) 2008/9
今村旦、藤本哲也、町田麻依子、武智茂、柿木滋夫、神田孝一、橋本雅幸、小林毅、野村憲和 SDS-PAGEを用いた本態性高血圧患者及び正常血圧者の尿中排泄蛋白の推定 日本薬学会第128年会、横浜 2008/3
藤本哲也、今村旦、町田麻依子、武智茂、柿木滋夫、神田孝一、橋本雅幸、野村憲和 アンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬およびカルシウム拮抗薬を用いた降圧薬治療による高血圧患者の尿中蛋白排泄の変動 日本薬学会第128年会、横浜 2008/3
町田麻衣子、小松哲哉、藤本哲也、野村憲和、武智茂 慢性心不全患者におけるカルベジロール導入によるジゴキシン血中濃度及び病態への影響 第21回北海道TDM研究会、札幌 2007/12
藤本哲也、柿木滋夫、武智茂、井須奈々絵、町田麻依子、小松哲哉、神田孝一、橋本雅幸、野村憲和 アンギオテンシン2受容体拮抗薬カンデサルタンが本態性高血圧患者の尿中蛋白排泄に及ぼす影響 第28回日本臨床薬理学会年会、宇都宮 2007/11
Nomura A, Fujimoto T, Machida M, Takechi S Effects of carvedilol on serum digoxin concentration for the patients with chronic heart failure. 10th International Congress of Therapeutic Drug Monitoring & Clinical Toxicology, Nice 2007/9
町田麻依子、小松哲哉、藤本哲也、武智茂、野村憲和 慢性心不全患者におけるカルベジロール併用による病態及びジゴキシン血中濃度への影響 第24回日本TDM学会学術大会、金沢 2007/7
Takechi S, Fujimoto T, Machida M, Kakinoki S, Kannda K, Hshimoto M, Nomura A Calcium channel blocker decreases urinary albumin and other proteins excretion in hypertensive patients. 17th European Meeting on Hypertension , Milan 2007/6
Kakinoki S, Fujimoto T, Machida M, Takechi S,Kannda K, Hshimoto M, Nomura A Effects of angiotensin receptor antagonist on the urinary proteins excreation in hypertensive patients. 17th European Meeting on Hypertension , Milan 2007/6
Hashimoto M, Kannda K, Kobayashi T, Fujimoto T, Machida M, Kakinoki S, Takechi S, Nomura A The different amount of urinary proteins excretion between normotensive and hypertensive subjects. 17th European Meeting on Hypertension, Milan 2007/6
小松哲哉、町田麻依子、井須奈々絵、藤本哲也、柿木滋夫、武智茂、野村憲和 Digoxin血中濃度予測式の精度評価〜慢性心不全患者におけるcarvedilol併用時での比較〜 日本薬学会第127年会,富山,要旨集,p.196 2007/3
井須奈々絵,藤本哲也,町田麻依子,小松哲哉,柿木滋夫,武智茂,神田孝一,橋本雅幸,野村憲和 高血圧患者におけるCa拮抗薬の尿中蛋白への影響 日本薬学会第127年会,富山,要旨集,p.187 2007/3
藤本哲也、武智茂、井須奈々絵、町田麻依子、小松哲哉、柿木滋夫、神田孝一、橋本雅幸、野村憲和 圧薬は本態性高血圧患者における尿中蛋白排泄にいかなる影響を及ぼすか 第27回日本臨床薬理学会年会,東京,臨床薬理Vol.37 Suppl.,p.S176 2006/11
Kanda K, Fujimoto T, Machida M, Takechi S, Kakinoki S, and Nomura A Urinary proteins excretion in normotensive subjects and treated hypertensive hypertensive patients 21th American Society of Hypertension  New York 2006/5
Takechi S, Fujimoto T, Machida M, Kakinoki S, Kanda K, and Nomura A Adequate blood pressure reduction decreased total urinary protein excretion 21th American Society of Hypertension  New York 2006/5
久保悠、町田麻依子、宮牧子、藤本哲也、柿木滋夫、武智茂、野村憲和 Carvedilol投与時の運動負荷における慢性心不全患者の血中Catecholamineとその代謝物の濃度推移 第126回日本薬学会 2006.3.28-30 仙台 要旨集(医療薬学) p.91 P29[R]pm-309 2006/3
宮牧子、藤本哲也、町田麻依子、久保悠、武智茂、柿木滋夫、野村憲和 降圧薬の服用により十分な降圧がなされた高血圧患者の尿中蛋白の比較検討 第126回日本薬学会 2006.3.28-30 仙台 要旨集(医療薬学) p.91 P29[R]pm-309 2006/3
藤本哲也、宮牧子、町田麻依子、久保悠、武智茂、柿木滋夫、野村憲和 電気泳動法を用いた尿蛋白解析に適した尿濃縮法の検討 第126回日本薬学会 2006.3.28-30 仙台 要旨集(医療薬科学) p..91 P29[S]pm-500 2006/3
藤本哲也、武智茂、柿木滋夫、宮牧子、町田麻依子、久保悠、野村憲和 本態性高血圧患者において尿中に排泄される蛋白質の検討 第26回日本臨床薬理学会 2005.12.1-3 別府 臨床薬理 Jpn J Clin Pharmacol Ther. 36 Suppl 2005. p.S238 2005/12
大久保尚、松下通明、蒲池浩文、河合朋昭、藤堂省、西川和孝、藤本哲也 早期形成型ラット肝細胞混合スフェロイド機能維持に向けたコラーゲンゲル環境の検討-第二報 北海道外科雑誌 46 1 89 2001/6
蒲池 浩文、大久保 尚、河合 朋昭、西川 和孝、藤本 哲也、齋藤 孝則、松下 通明、藤堂 省 増殖能を有する小肝細胞の肝補助への応用(日本アフェレシス学会第20回北海道地方会抄録) 日本アフェレシス学会 第20回北海道地方会 20 1 111 2001/2
大久保 尚、松下 通明、蒲池 浩文、西川 和孝、藤本 哲也、斎藤 孝則、藤堂 省 外還流型モジュールを目指したブタ肝細胞スフェロイドの作製および評価 日本アフェレシス学会 第20回北海道地方会 20 1 111 2001/2
齋藤孝則、蒲池浩文、大久保保尚、松下通明、藤堂省、村林俊、三田村好矩、西川和孝、藤本哲也 早期形成型ラット肝細胞混合スフェロイド機能維持に向けたコラーゲンゲル環境の検討 北海道外科雑誌 45 1 90 2000/6
西川和孝、西川雄大、西田仁、大倉隆介、西村紳一郎、下村政嗣、斉藤孝則、藤本哲也、大久保尚、蒲池浩文、松下通明、藤堂省 多孔性ポリマーフィルムを利用した肝細胞の形態および機能制御 北海道外科雑誌 45 1 90 2000/6
大久保 尚、松下 通明、蒲池 浩文、高橋 学、西川 和孝、齋藤 孝則、藤本 哲也、藤堂 省 ハイブリッド型人工肝開発に向けた混合スフェロイド早期作製法の検討 第100回日本外科学会 日本外科学会雑誌 101 376 2000/3
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
吉尾隆 他 編、藤本哲也 他 著 visual core pharma 薬物治療学 改訂第9版 (担当:疾患と薬物治療、心臓・血管系疾患、心不全) 南山堂 2020/3
吉尾隆,鍋島俊隆,渡辺泰裕他 編 藤本哲也、他 著 visual core pharma 薬物治療学 改訂第8版 株式会社南山堂 疾患と薬物治療 心臓・血管系疾患 心不全 2019/4
吉尾隆 他 visual core pharma 薬物治療学(改訂第7版) 南山堂 疾患と薬物治療 心臓・血管系疾患 心不全 2018/4
吉尾隆 他 visual core pharma 薬物治療学(改訂第6版) 南山堂 疾患と薬物治療 心臓・血管系疾患 心不全 2017/4
吉尾隆 他 visual core pharma 薬物治療学(改訂第5版) 南山堂 疾患と薬物治療 心臓・血管系疾患 心不全 2016/4
吉尾隆 他 visual core pharma 薬物治療学 改訂4版 南山堂 疾患と薬物治療 心臓・血管系疾患 心不全 2015/4
吉尾隆 他 visual core pharma 薬物治療学(第3版) 南山堂 疾患と薬物治療 心臓・血管系疾患 心不全 2014/4
監修:渡辺泰裕、編集:早川達、山下美妃、小原秀治 MULTI-SIDED ANALYSIS 多面的症例解析演習 京都廣川書店 第4章 脂質異常症 2014/4
吉尾隆 他 visual core pharma 薬物治療学(第2版) 南山堂 疾患と薬物治療 心臓・血管系疾患 心不全 2013/2
吉尾隆 他 visual core pharma 薬物治療学 南山堂 疾患と薬物治療 心臓・血管系疾患 心不全 2011/9
大和田榮治・早瀬幸俊・古田精一 地域医療薬学 京都廣川書店 在宅医療における薬剤師がとるべきバイタルサインと情報共有 2011/1
大和田榮治・早川達 症例丸ごと基礎から解析−第2版− 京都廣川書店 気管支喘息・高血圧 2010/4
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
野呂瀬崇彦、今田 愛也、戸田 貴大、早勢 伸正、藤本 哲也、古田 精一、町田麻依子 臨床対応能力の向上を目的とした統合型プログラムの実践とその評価 アプライド・セラピューティクス 5 2 22-27 2014/3
野呂瀬崇彦、伊藤三佳、遠藤菊太郎、藤本哲也、守屋寛之、村上美穂 1年次薬剤師実務体験実習におけるTeam-based Learning (TBL) の導入とその成果 YAKUGAKU ZASSHI 134 2 179-183 2014/2
藤本哲也 バイオ人工肝臓開発を目的としたラット肝細胞スフェロイドの形成と機能評価(修士論文) 北海道大学大学院薬学研究科(第23274号) 2001/3