天然素材を用いた水質環境修復の技術開発と白樺樹液の生活習慣病予防効果に関する理化学的研究

主に2つの研究を行っています。1つ目は水環境中に存在する汚染物質を除去したり、汚染物質の濃度を計測したりできる水質浄化材料の開発です。環境修復の分野では、環境に負荷を与えない素材で作製でき、簡単な操作で修復が実行できる技術がよいとされています。2つ目は白樺樹液の抗酸化活性成分の分析と生活習慣病予防効果の検討です。北海道に広く自生する白樺は春先に樹液を採取できます。樹液はミネラルや糖などを多く含むため、北欧やロシア、北海道ではアイヌの人びとによって飲用されていたことが知られています。

薬学部
薬学科

講師

博士(環境科学)

三原 義広
( ミハラ ヨシヒロ )

学位

博士(環境科学):北海道大学:2014年

研究分野

分析化学/環境科学/食品化学/薬学/環境修復学

キーワード

水環境/吸着材/腐植物質/食品機能性/ポリフェノール/白樺

学会・社会活動等

日本分析化学会北海道支部幹事/日本化学会北海道支部化学教育協議会委員/日本薬学会会員/日本食品化学会会員/日本腐植物質学会会員/化学系協学会冬季研究発表会実行委員/日本分析化学会北海道支部奨励賞/秋山生命科学財団研究助成奨励賞

エピソード

水質浄化材料の開発では、世界各地で問題となっている水不足の軽減を目指します。白樺樹液の研究では、生活習慣病の予防に効果があるのかを検討しています。企業や研究所と連携しながら、北海道の地域振興または新産業の創出事業として発展させたいです。

研究・学術活動

  • 論文(15件)
  • 会議論文(0件)
  • 紀要(0件)
  • 講演(57件)
  • 著書(2件)
  • 作品(0件)
  • 受賞(0件)
  • その他(2件)
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
Kazuharu Sugawara, Toshihiko Kadoya, Hideki Kuramitz, Yoshihiro Mihara Design of carbohydrate/electron-transfer peptides for human histocytic lymphoma cell sensing. Analytica Chimica Acta 983 29 198-205 2017/6
Koji Wakame, Akifumi Nakata, Keisuke Sato, Yoshihiro Mihara, Jun Takanari, Atuya Sato, Kenichi Komatsu, Comparison of Effects on Gene Expression Activity of Low- Molecular-Weight Lychee Fruit Polyphenol (Oligonol®), Adenosine,and Minoxidil in Human Dermal Papilla Cells. Journal of Biomedicine and Translational Research 01 6-12 2017/6
Koji Wakame, Akifumi Nakata, Keisuke Sato, Yoshihiro Mihara, Muneaki Takahata, Yasuyoshi Miyake, Masashi Okada, Yoshie Shimomiya, Ken-ichi Komatsu Fermented vegetable and fruit extract (OM-X®) stimulates murine gastrointestinal tract cells and RAW264.7 cells in vitro and regulates liver gene expression in vivo. Integrative Molecular Medicine 4 1 1-5 2017/1
Yingjie Dai, Danfeng Zhang, Kexin Zhang and Yoshihiro Mihara. FREEZING AS A DYE WASTEWATER PRETREATMENT METHOD Fresenius Environmental Bulletin 25 8 3229-3233 2016/7
HIRONOBU UCHIYAMA, KAORI UEHARA, TAKAYUKI NAGASHIMA, AKIFUMI NAKATA, KEISUKE SATO, YOSHIHIRO MIHARA,KEN-ICH KOMATSU, JUN TAKANARI, SHIGEOMI SHIMIZU and KOJI WAKAME, Global liver gene expression analysis on a murine metabolic syndrome model treated by low-molecular weight lychee fruit polyphenol (Oligonol®) ANTICANCER RESEARCH 36 3705-3714 2016/6
Ken-ichi Komatsu, Jun Takanari, Takahiro Maeda, Kentaro Kitadate, Takashi Sato, Yoshihiro Mihara, Kaori Uehara and Koji Wakame Perilla leaf extract prevents atopic dermatitis induced by an extract of Dermatophagoides farinae in NC/Nga mice Asian Pacific Journal of Allergy and Immunology 2016/4
Yoshihiro Mihara, Md. Tajuddin Sikder, Hideaki Yamagishi, Takahiro Sasaki, Masaaki Kurasaki, Shinji Itoh, Shunitz Tanaka, Adsorption Kinetic Model of Alginate Gel Beads Synthesized Micro Particle-Prussian Blue to Remove Cesium Ions From Water. Journal of Water Process Engineering 10 9-19 2016/4
Eko Siswoyo, Nozomi Endo,Yoshihiro Mihara, Shunitz Tanaka, Agar-encapsulated adsorbent based on leaf of platanus sp. to adsorb cadmium ion in water Water Science and Technology 70 89-94 2014/7
Eko Siswoyo, Yoshihiro Mihara, Shunitz Tanaka, Determination of key components and adsorption capacity of a low cost adsorbent based on sludge of drinking water treatment plant to adsorb cadmium ion in water Applied Clay Science 97 146-152 2014/6
Md. Tajuddin Sikder, Yoshihiro Mihara, Md. Shariful Islam, Takeshi Saito, Shunitz Tanaka, Masaaki Kurasaki, Preparation and characterization of chitosan-caboxymethyl-β-cyclodextrin entrapped nano zero-valent iron composite for Cu (II) and Cr (IV) removal from wastewater Chemistry Engineering Journal 237 378-387 2014/1
Yoshihiro Mihara and Shunitz Tanaka, Development of a new type of adsorbent that can be collected easily on the surface of water after adsorption at the bottom of water Journal of Environmental Chemistry 23 187-194 2013/9
Md. Tajuddin Sikder, Yusuke Kihara, Masaomi Yasuda, Yoshihiro Mihara, Shunitz Tanaka, Dalkhjav Odgerel, Badamtsetseg Mijiddorj, Suhaemi M Syawal, Toshiyuki Hosokawa, Takeshi Saito, Masaaki Kurasaki, River Water Pollution in Developed and Developing Countries Judge and Assessment of Physicochemical Characteristics and Selected Dissolved Metal Concentration CLEAN ? Soil, Air, Water 41 60-68 2013/1
富田陽子、三原義広、田中俊逸、 ドデシル硫酸ナトリウムを用いる底質からの多環芳香族炭化水素類の抽出と定量 BUNSEKI KAGAKU 59 12 1119-1123 2010/11
Yingjie Dai, Yoshihiro Mihara, Shunitz Tanaka, Kiyofumi Watanabe and Norifumi Terui, Nitrobenzene-adsorption capacity of carbon materials released during the combustion of woody biomass. Journal of Hazardous Materials 174 776-781 2010/2
三原義広、高田知哉、宇野直嗣、富樫巌、杉本敬祐、 簡単な操作で作製された焼成ホタテガイ貝殻‐ガラス複合成形体の抗菌・抗カビ効果 Journal of the Ceramic Society of Japan 116 S1-S4 2008/7
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
圓田 裕司,三原 義広,高梨 香織,伊藤 慎二 白樺樹皮含有成分の抗腫瘍効果 日本薬学会第139年会 2019/3
山下 明日香, 山根 真歩, 三原 義広, 高梨 香織, 伊藤 慎二 Chrysin 誘導体のヒト肝ミクロゾームによる代謝 日本薬学会第139年会 2019/3
藤嶋 一樹, 山根 真歩, 三原 義広, 高梨 香織, 伊藤 慎二 Galangin 誘導体の細胞膜透過性とヒト肝ミクロゾームによる代謝 日本薬学会第139年会 2019/3
Shino Nagaki, Rinka Tooriiwa, Ken-ichi Komatsu, Akifumi Nakata, Keisuke Sato , Yoshihiro Mihara, Masafumi Kasai, Reiki Funamoto A comprehensive metabolomic analysis of mulberry leaves components and their inhibitory effects on blood glucose level elevation in humans The 26th International congress on nutrition and integrative medicine 2018/7
Yoshihiro Mihara, Kenya Hattori, Koji Wakame Antioxidant and antitumor activities of Oligonol? The 26th International congress on nutrition and integrative medicine 2018/7
山田栞、三原義広、佐藤朋之、田島大敬、西澤信、伊藤慎二 北海道産ブドウポリフェノールの抗酸化力 第65回北海道薬学大会 2018/5
三原義広、伊藤慎二、田中俊逸 水底と水面の間を鉛直回遊する吸着材料の開発 第78回分析化学討論会 2018/5
高梨香織、辻勇樹、三原義広、伊藤慎二 生体内細胞障害に対する2-hydroxyestradiolと2-hydroxyestradiol 17-sulfateによる防御機構 日本薬学会第138年会(金沢) 2018/3
山根 真歩、熊野 由起、村津 圭俊、三原 義広、高梨 香織、伊藤 慎二 細胞膜透過性の向上を目指した Chrysin 誘導体の合成 日本薬学会138年会(金沢) 2018/3
南田悠、三原義広、杉本敬祐、富樫巌、松浦裕志 千葉県及び広島県から採集されたイギス目フジマツモ科 ソゾ属海藻由来化合物の生物活性試験 平成30年度日本水産学会春季大会(東京) 2018/3
三原義広、高梨香織、伊藤慎二 シラカバ樹液の抗酸化作用と生活習慣病予防効果の検討 (受賞有) 日本食品化学学会第23回総会・学術大会 2017/6
圓田裕司 三原義広 高梨香織 伊藤慎二 シラカバ含有ベツリン酸の分析と抗腫瘍効果の検討 (受賞有) 日本薬学会北海道支部・第64回北海道薬学大会 2017/5
塚越麻美 三原義広 高梨香織 伊藤慎二 生活習慣病予防に関連するフラボノイドの抗酸化作用の検討 日本薬学会北海道支部・第64回北海道薬学大会 2017/5
小西真以 佐藤綾香 白井壮弥 三原義広 伊藤慎二 高梨香織 シラカバ樹液の機能性表示食品としての可能性検討のための基礎的研究 日本薬学会北海道支部・第64回北海道薬学大会 2017/5
三原 義広 、高梨 香織 、伊藤 慎二 小腸上皮様細胞(Caco-2)におけるフラボノイド類透過性の分析 日本薬学会第137年会 (仙台) 2017/3
佐藤綾香、白井壮弥、中尾凱、三原義広、伊藤慎二、高梨香織 過酸化水素による細胞傷害に対するシラカバ樹液の防御効果の検討 その2 日本薬学会第137年会 (仙台) 2017/3
白井壮弥、佐藤綾香、大石悠斗、三原義広、伊藤慎二、高梨香織 過酸化水素による細胞傷害に対するシラカバ樹液の防御効果の検討 その1 日本薬学会第137年会 (仙台) 2017/3
中村建太、三原義広、田中俊逸 酵素反応を用いた水媒体中で浮沈する吸着材料の開発 化学系学協会北海道支部2017年冬季研究発表会 (札幌) P089 2017/1
若命浩二、中田章史、佐藤恵亮、三原義広、高畑宗明、三宅康賀、岡田将史、下宮淑恵、小松健一 植物発酵エキス(OM-X)の成分分析及び細胞、生体への影響探索 日本未病システム学会・第23回日本未病システム学会学術総会 2016/11
菅原 一晴、門屋 利彦、倉光 英樹、三原 義広 細胞センシングための糖質/電子伝達性ペプチドプローブの構築 日本分析化学会・第65年会 (札幌) 2016/9
三原 義広 、高梨 香織 、伊藤 慎二 フラボノイド及びその類縁化合物の小腸上皮細胞に対する膜透過性の検討 日本分析化学会・第65年会 2016/9
上田 雄太、三原 義広、前田 伸司、伊藤 慎二 ホタテ貝殻とシラスバルーンを主成分とした抗菌コンクリート材の開発 日本分析化学会北海道支部・第32回分析化学緑陰セミナー 2016/7
丸山 ことね、三原 義広、伊藤 慎二、金田京介 ピーマン中フラボノイドの分析と抗酸化活性 日本分析化学会北海道支部・第32回分析化学緑陰セミナー 2016/7
佐藤 正和、三原 義広、高梨香織、伊藤 慎二 フラボノイドの小腸上皮細胞を介した膜透過性 日本分析化学会北海道支部・第32回分析化学緑陰セミナー 2016/7
野寺 真未、三原 義広、若命 浩二、伊藤 慎二 ライチ由来低分子ポリフェノール中プロシアニジン類の分析と抗腫瘍活性 日本分析化学会北海道支部・第32回分析化学緑陰セミナー 2016/7
Koji Wakame, Ken-ichi Komatsu, Akifumi Nakata, Keisuke Sato, Yoshihiro Mihara, Satomi Minamide, Jun Takanari, Atsuya Sato, Hironobu Uchiyama, Takayuki Nagashima Prevention predictive analysis of Metabolic syndrome and its related disease by Oligonol? administration using RNA-seq 統合医療機能性食品国際学会・第24回年会 2016/7
佐藤正和、大嶋啓司、三原義広、高梨香織、伊藤慎二 フラボノイドの小腸上皮細胞を介した膜透過性 (受賞有) 第63回北海道薬学大会 - 日本薬学会北海道支部・学生優秀ポスター賞 2016/5
三原 義広 、 高梨 香織 、 若命 浩二 、 伊藤 慎二 ライチ由来低分子ポリフェノール中の抗腫瘍活性成分の分析と腸管吸収性の検討(P2031) 日本分析化学会・第76回分析化学討論会(岐阜) 2016/5
千田 一輝、 三原 義広、 若命 浩二、 高梨 香織、 伊藤 慎二 ライチ由来低分子ポリフェノール (Oligonol) 中の抗腫瘍活性成分の探索 日本薬学会第136年会(横浜) 2016/3
高梨香織、三原義広、伊藤慎二 ヒト胎盤性2-hydroxyestradiol 17-sulfateの産生に関与するP450酵素特定の試み 日本薬学会第136年会(横浜) 2016/3
Yoshihiro Mihara, Shinji Itoh, Shunitz Tanaka, Development of shuttle adsorbent between the bottom and surface of water for adsorption of pollutants THE INTERNATIONAL CHEMICAL CONGRESS OFPACIFIC BASIN SOCIETIES 2015 (Honolulu, USA) 2015/12
三原義広 シラカバ抽出物に含有するフラボノイド成分の分析と腸管吸収性の予測 第15回日本質量分析学会北海道談話会・講演会(札幌) 2015/10
三原義広、高梨香織、伊藤慎二 シラカバ抽出物に含有するCYP1B1および1A1阻害活性物質の分析と腸管吸収性の予測 第13回次世代を担う若手のためのフィジカル・ファーマフォーラム(長崎) 2015/8
Koji Wakame, Ken-ichi Komatsu, Yoshihiro Mihara, Kaori Uehara, Takashi Sato, Kazuhiro Watanabe, Jun Takanari, Takahiro Maeda, Takehito Miura, Kentaro Kitadate, Pelilla leaf extract Prevents Atopic Dermatitis Induced by Dermatophagoides farinae Extract in NC/Nga Mouse The 23rd International congress on nutrition and integrative medicine (札幌) 2015/7
三原義広、辻 雄介、大嶋啓司、若命浩二、佐藤隆司、渡辺一弘、伊藤慎二  シラカバ抽出物に含有するCYP1B1阻害活性物質の分析と腸管吸収性の予測 日本薬学会北海道支部第142回例会(札幌) 2015/5
三原義広、辻雄介、大嶋啓司、伊藤慎二  LC/MSを用いたシラカバ中フラボノイドの分析と小腸上皮細胞への透過性の検討 日本分析化学会第75回分析化学討論会(山梨) 2015/5
三原義広、西崎颯斗、南洋、伊藤慎二、 シラカバ抽出物に含有する CYP1B1 阻害活性物質の分析 日本薬学会第135年会(神戸) 2015/3
三原義広 汚染物質の吸着後水面で回収可能な新規吸着材料の開発 (受賞有) 2015年度 北海道分析化学賞・奨励賞・功労賞「授賞式及び受賞講演会」 2015/1
西崎颯斗、南洋、三原義広、伊藤慎二 シラカバ抽出物含有成分によるCYP1B1阻害活性の評価 化学系学協会北海道支部2015年冬季研究発表会 (札幌) 2015/1
三原義広、田中俊逸 汚染物質の吸着後水面で回収可能な吸着材料の開発とセシウムの除去 第74回日本分析化学討論会(福島) 2014/5
Yoshihiro Mihara and Shunitz Tanaka Development of a Novel Adsorbent that can Float Up After the Adsorption of Cesium ions on the Alginate Gel Composite The 11th IWA Conference on Small Water & Wastewater Systems and Sludge Management (International Water Association), Harbin(China) 2013/10
三原義広、佐々木隆浩、田中俊逸 プルシアンブルーを内包したアルギン酸ゲルビーズの開発とセシウムの吸着除去 第73回分析化学討論会(函館) 2013/5
三原義広、田中俊逸 水底から水面へ移動する機能を持ったアルギン酸ゲルビーズの開発 日本分析化学会第 61年会(金沢) 2012/9
三原義広、張 思京、田中俊逸 超微細中空体(シラスバルーン)への疎水基の導入とハイドロゲルの 浮力の制御 第72回分析化学討論会(鹿児島) 2012/5
Yoshihiro Mihara, Fina Fransisca, Shunitz Tanaka, Control of specific gravity of alginate gel beads for easy collection of adsorbent from bottom sediment and water The 10th International Conference on Materials Chemistry (RSC) Manchester (UK) 2011/11
Yoshihiro Mihara, Fina Fransisca, Shunitz Tanaka, Control of specific gravity of alginate gel beads for easy collection of adsorbent from environments The 4th IWA-ASPIRE Conference & Exhibition, No. 00398, (International Water Association) Tokyo (Japan) 2011/10
Yoshihiro MIHARA, Control of specific gravity of alginate porous gel beads for easy collection of adsorbent from environments 北海道大学 Strategy for Sustainable World 2010 (札幌) 2010/11
Yoshihiro MIHARA, Md.Tajuddin Sikder, Environmental assessment: Comparison of the content of heavy metals between waste water and sediment in mining area of Mongolia 北海道大学 Strategy for Sustainable World 2010(札幌) 2010/11
Yoshihiro MIHARA, Shunitz TANAKA, A method for on-site analysis of water quality based on simplified test 北海道大学 Strategy for Sustainable World 2009(札幌) 2009/11
三原義広、Rudy Syahputra、篠原康幸、田中俊逸、鈴木肖子、岩佐航一郎 マイクロカートリッジ型電気化学分析システムによる生体試料中の水銀の定量 第69回日本分析化学会討論会(和歌山) 2009/5
三原義広、代英杰、林泳波、古月文志、田中俊逸 炭素素材を内包したアルギン酸ゲルによるニトロベンゼンの吸着性能の評価 日本分析化学会第57年会(福岡) 2008/9
三原義広、代英杰、佐々木隆浩、林泳波、田中俊逸 木質バイオマス由来の炭素素材を内包したアルギン酸ゲルによる汚染物質の除去 日本化学会北海道支部(北見) 2008/7
Yoshihiro Mihara Removal of hexavalent chromium and phosphate by alginate gel beads prepared with ferric ion 北海道大学 Strategy for Sustainable World 2008(札幌) 2008/6
三原義広、代英杰、佐々木隆浩、林泳波、田中俊逸 Fe(Ⅲ)架橋アルギン酸ゲルビーズのリン酸及び6価クロムに対する吸着性能の検討 日本分析化学会北海道支部 2008/6
王 芳、三原義広、田中俊逸 間伐材由来の炭素素材の重金属イオンに対する吸着性能の評価 日本分析化学会北海道支部(札幌) 2008/1
三原義広、佐々木隆浩、林永波、田中俊逸 アルギン酸ゲルビーズによるリン酸及びクロム酸イオンの吸着と除去挙動 日本分析化学会第56年会(徳島) 2007/9
三原義広、高田知哉、宇野直嗣、富樫巌、杉本敬祐 焼成ホタテ貝殻・ガラス混合物からの抗菌性成型体の作製 日本セラミックス協会東北・北海道支部研究発表会(新潟) 2006/10
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
三原義広 ほ乳動物細胞におけるタバコ特異的ニトロソアミン誘発DNA付加体の定量 ファルマシア/日本薬学会 54 4 357 2018/4
日本分析化学会 編集 「ぶんせき」2015年第9号 日本分析化学会 2015/9
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
田中俊逸、三原義広 自律浮沈材料及び自律浮沈方法/特許第6468639号 日本国特許庁 2019/1
北海道・北海道経済産業振興局産業振興課健康長寿産業グループ 北海道健康・医療研究シーズ集2017 北海道 2017/10