薬学教育における体験学習の効果と評価に関する研究

薬学教育における体験学習の効果と評価に関する研究を行っています。中でも薬剤師-患者コミュニケーションにおけるコミュニケーションプロセスを調査することで、効果的なコミュニケーション教育に繋げるための基礎的研究を行っています。

薬学部
薬学科

講師

修士(教育ファシリテーション)

村岡 千種
( ムラオカ チクサ )

学位

修士(教育ファシリテーション):南山大学:2015年

研究分野

薬剤師-患者コミュニケーション/コミュニケーション教育

キーワード

薬剤師/患者コミュニケーション/模擬患者/ファシリテーション/教育

実務経験

薬剤師として東海地方の保険薬局で勤務後本学に着任しました。

学会・社会活動等

日本ファーマシューティカルコミュニケーション学会/日本医学教育学会/日本薬学教育学会/日本社会薬学会/日本ファシリテーション協会

エピソード

学生と共に他学部、地域住民、患者様など様々な背景や価値観を持つ方たちと交流していければと思っています。

研究・学術活動

  • 論文(3件)
  • 会議論文(0件)
  • 紀要(0件)
  • 講演(25件)
  • 著書(2件)
  • 作品(0件)
  • 受賞(0件)
  • その他(0件)
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
村岡千種 服薬指導ロールプレイ実習を用いた薬局薬剤師による患者コミュニケーションの特徴の調査 Journal of pharmaceutical communication 15 1 13-21 2017/4
會田信子、半谷眞七子、阿部恵子、村岡千種、久田満、鈴木伸一、青松棟吉、安井浩樹、藤崎和彦、植村和正 模擬患者用ストレス調査票(SPSSQ)2013年度版の開発と信頼性・妥当性の検証:模擬患者の健康と継続参加を志向したストレス状態の包括的測定 看護科学研究 12 1-23 2014/1
村岡千種、藤崎和彦 医療職が模擬患者を演じるということ-SPになるまでのプロセスと功罪- Journal of pharmaceutical communication 8,21-30.(2010) 8 21-30 2010/11
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
村岡千種 北海道科学大学薬学部における患者コミュニケーション教育 第13回日本ファーマシューティカルコミュニケーション学会年会 シンポジウム 2018/9
村岡千種、野呂瀬崇彦 ロールプレイ実習において在宅患者役を演じた薬学生の学び 第49回日本薬剤師会学術大会(名古屋) 2016/10
村岡千種、野呂瀬崇彦 薬学生がロールプレイ実習において患者役を演じることの学びの構造 第48回日本医学教育学会(大阪) 2016/7
村岡千種、野呂瀬崇彦 ロールプレイ実習において入院時患者役を演じた薬学生の学び 第10回日本ファーマシューティカルコミュニケーション学会大会(名古屋) 2016/5
村岡千種 薬剤師による患者の居宅における薬剤管理業務の国際的な文献検討 日本薬学会第136年会(横浜) 2016/3
島袋 優花、水野 智博、杉浦 有香、村岡 千種,脇田 利明、岡本 浩一、永松 正、間瀬 定政 タダラフィル投与後の副作用発現状況について 日本薬学会第135年会(神戸) 2015/3
村岡千種、藤崎和彦、今福輪太郎、丹羽雅之、西城卓也、若林英樹、川上ちひろ、鈴木康之 医学生との地域体験実習に参加した高齢者の想いと期待 第46回医学教育学会(和歌山) 2014/7
今福輪太郎、川上ちひろ、藤崎和彦、村岡千種、古田裕美、鈴木康之 SP の考える「めざす SP 像」とは —多施設合同 SP 勉強会での学びとその意義について— 第2回日本シミュレーション医療教育学会(宮崎) 2014/6
川上ちひろ、 丹羽雅之、西城卓也、古田裕美、村岡千種、藤崎和彦、鈴木康之 地域体験実習におけるe-ポートフォリオのアクセシビリティの差による評価の比較 第8回医療系e−ラーニング全国交流会(豊明) 2014/3
村岡千種、川浦佐知子 薬剤師-患者コミュニケーション教育プログラムの開発と検討 第2報〜薬剤交付場面の多角的省察を通じての参加者の学び〜 第46回日本薬剤師会学術大会(大阪) 2013/9
村岡千種、川浦佐知子 薬局薬剤師のコミュニケーションプロセス〜ロールプレイ実習での服薬説明の構造〜 第45回日本医学教育学会(千葉) 2013/7
那波潤美、阿部恵子、藤崎和彦、丹羽雅之、加藤智美、若林英樹、村岡千種、鈴木康之 妊婦との継続的交流において医学生は何を学んだか:e-ポートフォリオの解析 第43回日本医学教育学会(広島) 2011/7
村岡千種、藤崎和彦、加藤智美、阿部恵子、若林英樹 「医師・患者関係」の授業を通じて学生は何を感じ、何を学んだか? 第43回日本医学教育学会(広島) 2011/7
藤崎和彦、阿部恵子、村岡千種 SP参加型実習の見る目を養うワークショップ 第43回日本医学教育学会(広島) 2011/7
鈴木康之、村岡千種、阿部恵子、丹羽雅之、加藤智美, 若林英樹、那波潤美、川上ちひろ、藤崎和彦 テューター評価と各種指標の相関について 第43回日本医学教育学会(広島) 2011/7
Wakabayashi H, Abe K, Fujisaki K, Kato T, Niwa M, Nawa M, Kawakami C, Muraoka C, Suzuki Y A longitudinal community-based experience programme for medical students: Let’s experience human communication on our common family life-cycle in our community AMEE 2010(glasgow) 2010/9
丹羽雅之、阿部恵子、藤崎和彦、加藤智美、若林英樹、那波潤美、川上ちひろ、村岡千種、河野健一、鈴木康之 e-ポートフォリオによる地域体験実習評価の試み 第42回日本医学教育学会(東京) 2010/7
那波潤美、阿部恵子、藤崎和彦、丹羽雅之、加藤智美、若林英樹、川上ちひろ、村岡千種、鈴木康之 妊婦を対象とした地域体験実習におけるポートフォリオ評価 第42回日本医学教育学会(東京) 2010/7
加藤智美、阿部恵子、藤崎和彦、川上ちひろ、村岡千種、若林英樹、丹羽雅之、鈴木康之 医療面接実習における動画を用いた振り返りの促進 第42回日本医学教育学会(東京) 2010/7
村岡千種、阿部恵子、藤崎和彦、丹羽雅之、加藤智美、若林英樹、那波潤美、川上ちひろ、鈴木康之 継続的地域体験実習2年間の取り組み〜地域住民とのコミュニケーションを通じて〜 第42回日本医学教育学会(東京) 2010/7
若林英樹、藤崎和彦、阿部恵子、加藤智美、丹羽雅之、那波潤美、川上ちひろ、村岡千種、鈴木康之 継続的地域体験実習の効果:医学生は高齢者との交流から何を学んだか? 第42回日本医学教育学会(東京) 2010/7
藤崎和彦、鈴木康之、加藤智美、阿部恵子、若林英樹、村岡千種. 岐阜大学におけるプロフェッショナリズム教育としての「医師・患者関係」 第42回日本医学教育学会(東京) 2010/7
鈴木康之、村岡千種、早川大輔、高橋優三、森田啓之、伊藤和夫、村上啓雄、塩入俊樹、山田卓也、牛越博昭、加藤智美、丹羽雅之、阿部恵子、若林英樹、藤崎和彦 テューター評価と学業成績の相関について 第42回日本医学教育学会(東京) 2010/7
有田悦子、飯岡緒美、井手口直子、上町亜希子、後藤惠子、高田勝利、富澤崇、半谷眞七子、平井みどり、松田裕子、村岡千種、藤崎和彦、渡邉達也、氏原淳 コミュニケーション能力向上を目的としたSP参加型研修に実践−『治験同意説明』を題材として− 第130回日本薬学会年会(岡山) 2010/3
村岡千種 医療職が模擬患者(Simulated Patient)を演じるということ 医療職が模擬患者(Simulated Patient)を演じるということ 第3回ファーマシューティカルコミュニケーション学会(新潟) 2010/1
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
岐阜大学医学教育開発研究センター編 新しい医学教育の流れ’12春 第44回医学教育セミナーとワークショップの記録 三恵社 2012/8
岐阜大学医学教育開発研究センター監修 日本の医学教育の挑戦 篠原出版新社 2012/7
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日