抗微生物薬の適正使用を支援する基礎・臨床薬理学的研究~副作用の軽減を目指して~

1.抗菌薬や抗真菌薬などの抗微生物薬が安全かつ効果的に使われるように、生体への毒性(副作用)発現機序を薬理学的に解明し、その軽減策を基礎、臨床の両面から検討することで、副作用の少ない感染症治療の実現を目指しています。 (例として、抗菌薬バンコマイシンやコリスチンによる腎機能障害発現機序の細胞レベルおよび臨床面での検討や、抗真菌薬ボリコナゾールの重度肝硬変患者における至適維持投与量の検討など) 2.薬剤師やほかのメディカルスタッフの処方支援等によりもたらされるアウトカムについて解析し、薬物療法の有効性・安全性向上にむけた取り組み提案を目指しています。主に感染症薬物療法における解析を行ってきましたが、今後は分野を限定せず研究を展開していく予定です。

薬学部
薬学科

臨床薬学専攻(博士課程)

教授

博士(医学)

山田 武宏
( ヤマダ タケヒロ )

学位

博士(医学); 旭川医科大学(2004年)

研究分野

臨床感染症学、薬理学、感染症化学療法学、医療薬学

キーワード

感染症/抗菌薬適正使用支援 (Antimicrobial stewardship) /副作用発現機序/薬剤耐性/Therapeutic Drug Monitoring/医療安全/チーム医療

実務経験

2004年4月~2009年6月 旭川医科大学病院 薬剤部 薬剤師
2009年7月~2019年3月 北海道大学病院准教授 薬剤部副部長

学会・社会活動等

・公益社団法人日本化学療法学会 抗微生物薬適正使用支援検討委員会委員(2015年~現在)ならびに評議員(2018年~現在)
・日本医療薬学会、日本薬学会、日本薬理学会、日本環境感染学会 会員

エピソード

大学病院で長く感染症治療のチーム医療に関わってきました。本学ではこの経験を活かし、基礎研究結果と臨床現場での研究成果をうまくつなげ、最終的には患者さんのためになる医療に貢献できればと考えています。

研究・学術活動

  • 論文(79件)
  • 会議論文(0件)
  • 紀要(9件)
  • 講演(42件)
  • 著書(4件)
  • 作品(0件)
  • 受賞(1件)
  • その他(10件)
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
Saito Y, Yamada T, Kobayashi M, Sakakibara-Konishi J, Shinagawa N, Kinoshita I, Dosaka-Akita H, Iseki K Paclitaxel-associated acute pain syndrome similarly occurs in the patients with or without previously administered non-steroidal anti-inflammatory drugs prior to paclitaxel administration YAKUGAKU ZASSHI 139 1601-08 2019/12
Sakamoto T, Saito Y, Kobayashi M, Yamada T, Takekuma Y, Nakai M, Ogawa K, Iseki K, Sugawara M. Effect of palonosetron and dexamethasone administration on the prevention of gastrointestinal symptoms in hepatic arterial chemoembolization with epirubicin Support Care Cancer doi: 10.1007/s00520-019-05178-1 2019/11
Maeda M, Muraki Y, Kosaka T, Yamada T, Aoki Y, Kaku M, Seki M, Tanabe Y, Fujita N, Niki Y, Morita K, Yanagihara K, Yoshida K, Kawaguchi T Essential human resources for antimicrobial stewardship teams in Japan: estimates from a nationwide survey conducted by the Japanese Society of Chemotherapy J Infect Chemother 25 653-656 2019/11
Higuchi I, Kimura Y, Kobayashi M, Narumi K, Furugen A, Miyoshi H, Nakamura A, Yamada T, Atsumi T, Iseki K. Relationship between plasma lactate, plasma alanine, genetic variations in lactate transporters and type 2 diabetes in the Japanese population. Drug Metab Pharmacokinet pii: S1347-4367(19)30081-3 2019/10
新沼悠介、今井俊吾、冨山直樹、鏡 圭介、山神 彰、山田武宏、井関 健 腎機能低下患者へのバンコマイシン初回負荷投与の安全性調査 TDM研究  36 117-124 2019/9
堤 竹蔵、今井俊吾、山田勝久、山田武宏、笠師久美子、小林正紀、井関 健 リネゾリド投与患者における嘔吐発現の因果関係の検証 YAKUGAKU ZASSHI 139 7 1055-1061 2019/7
Imai S, Yamada T, Kasashi K, Ishiguro N, Kobayashi M, Iseki K Construction of a flow chart-like risk prediction model of gancicrovir-induced neutropenia including severity grade: A data mining approach using decision tree. J Clin Pharm Ther doi: 10.1111/jcpt.12852. 2019/5
山神 彰,山田武宏,北川善政,大廣洋一,佐藤 淳,石黒信久,今井俊吾,小林正紀,井関 健 下顎埋伏智歯抜歯術におけるセフカペンピボキシルとアモキシシリンの手術部位感染予防効果の比較 医療薬学 45 5 254-261 2019/5
Saito Y, Kobayashi M, Yamada T, Sakakibara-Konishi J, Shinagawa N, Kinoshita I, Dosaka-Akita H, Iseki K Efficacy of additional dexamethasone administration for the attenuation of paclitaxel-associated acute pain syndrome Support Care Cancer doi: 10. 1007/s00520-019-04808-y. 2019/4
今井俊吾,山田武宏,笠師久美子,小林正紀,井関 健 ガンシクロビル誘発性血小板減少症の要因分析とDecision tree 解析を用いたリスク推定モデルの構築 医薬品情報学 21 1 9-19 2019/
Maeda M, Muraki Y, Kosaka T, Yamada T, Aoki Y, Kaku M, Kawaguchi T, Seki M, Tanabe Y, Fujita N, Morita K, Yanagihara K, Yoshida K, Niki Y. The first nationwide survey of antimicrobial stewardship programs conducted by the Japanese Society of Chemotherapy J Infect Chemother 2018/11
齋藤佳敬,原田幸子,小林正紀,植田孝介,山﨑浩二郎,熊井正貴, 宮本剛典,笠師久美子,山田武宏,小松嘉人,井関 健 外来化学療法におけるがん専門薬剤師による長期継続的な薬学的患者管理の有用性の検討 YAKUGAKU ZASSHI 138 1409-1416 2018/11
川口辰哉、賀來満夫、青木洋介、小坂直史、関 雅文、田邊嘉也、藤田直久、前田真之、村木優一、森田邦彦、柳原克紀、山田武宏、吉田耕一郎 日本化学療法学会 抗微生物薬適正使用推進検討委員会 抗菌薬適正使用支援プログラム全国調査アンケート 2018年度診療報酬改定前の現状調査 日本化学療法学会雑誌 66 6 700−703 2018/11
Imai S, Yamada T, Kasashi K, Ninuma Y, Kobayashi M, Iseki K Construction of a risk prediction model of vancomycin-associated nephrotoxicity to be used at the time of initial therapeutic drug monitoring: A data mining analysis using a decision tree model. J Eval Clin Pract Doi: 10.1111/jep.13039. 2018/10
Kagami K, Imai S, Tazawa Y, Iwasaki S, Fukumoto T, Akizawa K, Yamada T, Ishiguro N, Iseki K Possibility of poor outcomes after treatment using teicoplanin at the minimum inhibitory concentration of > 2 μg/mL in methicillin-resistant Staphylococcus aureus bacteremia. YAKUGAKU ZASSHI 138 1181-1189 2018/9
Yamada T, Imai S, Koshizuka Y, Tazawa Y, Kagami K, Tomiyama N, Sugawara R, Yamagami A, Shimamura T, Iseki K Necesitty for a significant dosage reduction of voriconazole in patients with severe liver cirrhosis (Child-Pugh Class C) Biol Pharm Bull 41 7 1112-1118 2018/7
岩崎澄央,小山田玲子,渡邊 翼,蓮池清美,中村澄人,山田武宏, 大庭幸治,石黒信久 医療従事者における組み換え沈降B型肝炎ワクチン接種後のHBs抗体 持続期間に関する検討 環境感染誌 33 117-122 2018/3
田澤佑基,鏡 圭介,渡辺祐子,久保田康生,原田幸子,小林正紀, 山田武宏,井関 健 製剤組成が異なる2種類のインドメタシン口腔スプレーの安定性評価 YAKUGAKU ZASSHI 138 565-570 2018/1
Nakano K, Iwami D, Yamada T, Morita K, Yasuda K, Shibuya H, Kahata K, Shinohara N, Shimizu C Development of a formula to correct particle enhanced turbidimetric inhibition immunoassay values so that it more precisely reflects high performance liquid chromatography values for mycophenolic acid. Transplantation Direct doi: 10.1097/TXD.0000000000000754. 2017/12
佐々木亮,太田 稔,小山田玲子,秋沢宏次,岩崎澄央,福本達也, 山田武宏,石黒信久 多剤耐性アシネトバクター・バウマニ保菌患者に用いた医療機器に対する消毒・管理方法の検討 医療機器学 87 574-580 2017/12
今井俊吾,山田武宏,小林正紀,笠師久美子,井関 健 データマイニング手法を用いたガンシクロビル誘発性好中球減少症の要因分析 医療薬学 43 11 552-562 2017/11
Imai S, Yamada T, Kasashi K, Kobayashi M, Iseki K Usefulness of a decision tree model for the analysis of adverse drug reactions: Evaluation of a risk prediction model of vancomycin-associated nephrotoxicity constructed using a data mining procedure J Eval Clin Pract doi: 10.1111/jep.12767 2017/10
山田武宏,鏡 圭介,今井俊吾,秋沢宏次,岩崎澄央,福元達也,石黒信久,井関 健 血液培養陽性例への介入は患者アウトカム改善に貢献する〜Antimicrobial stewardshipの実践とその効果〜 YAKUGAKU ZASSHI 137 917-925 2017/9
今井俊吾,山田武宏,石黒信久,宮本剛典,鏡 圭介,冨山直樹,新沼悠介,長崎大亮,鈴木幸司,山神 彰,笠師久美子,小林正紀,井関 健 予測性評価に基づいたバンコマイシンTDM解析ソフト変更後の効果検証 YAKUGAKU ZASSHI 137 1185-1192 2017/9
Narumi K, Sato Y, Kobayashi M, Furugen A, Kasashi K, Yamada T, Teshima T, Iseki K Effects of proton pump inhibitors and famotidine on elimination of plasma methotrexate: evaluation of drug-drug interactions mediated by organic anion transporter 3. Biopharm Drug Dispos Doi: 10. 1002/bdd.2091. 2017/8
Saito Y, Okamoto K, Kobayashi M, Narumi K, Furugen A, Yamada T, Iseki K Magnesium co-administration decreases cisplatin-induced nephrotoxicity in the multiple cisplatin administration Life Sciences doi: 10.1016/j.1fs.2017.08.028 2017/8
Saito Y, Okamoto K, Kobayashi M, Narumi K, Yamada T, Iseki K. Magnesium attenuates cisplatin-induced nephrotoxicity by regulating the expression of renal transporters. Eur J Pharmacol doi: 10.1016/j.ejphar.2017.05.034 2017/5
SaitoY, Kobayashi M, Yamada T, Kasashi K, Honma R, Takeuchi S, Shimizu Y,Kinoshita I, Dosaka-Akita H, Iseki K Premedication with intravenous magnesium has a protective effect against cisplatin-induced nephrotoxicity Support Care Cancer 25 2 481-487 2017/2
Narumi K, Kobayashi M, Kondo A, Furugen A, Yamada T, Takahashi N, Iseki K Characterization of loxoprofen transport in Caco-2 cells: the involvement of a proton-dependent transport system in the intestinal transport of loxoprofen. Biopharm Drug Dispos. doi: 10.1002/bdd.2026 2016/11
中野恵一,山田武宏,安田慶子,山下直樹,澁谷斉,加畑肇,井関健,清水力 ミコフェノール酸血中濃度測定における代謝産物が与える影響 日本臨床検査自動化学会会誌 41, 659-664 (2016). 41 659-664 2016/11
N. Ishiguro, R. Oyamada, Y. Nasuhara, T. Yamada, T. Miyamoto, S. Imai, K. Akizawa、T. Fukumoto, S. Iwasaki, H. Iijima, K. Ono. Three-day regimen of oseltamivir for post-exposure prophylaxis of influenza in wards J. Hosp. Infection http://dx.doi.org/10.1016/j.jhin.2016.05.012 2016/10
笠師久美子、深井敏隆、山田武宏、井関 健 次世代に向けたハイブリッド型薬剤業務の構築 (受賞有) 医療薬学 42 43471 2016/1
Furugen A, Kobayashi M, Nishimura A, Takamura S, Narumi K, Yamada T, Iseki K Quantification of new antiepileptic drugs by liquid chromatography/electrospray ionization tandem mass spectrometry and its application to cellular uptake experiment using human placental choriocarcinoma BeWo cells J. Chromatogr. B 1002 228-233 2015/10
Nasuhara Y, Sakushima K, Oki H, Yamada T, Iseki K, Endoh A. Analysis of the implementation of blood tests specified in the package insert after prescription o thiamazole. J Patient Saf DOI:10.1097/PTS.0000000000000227 2015/10
笠師久美子,宮本剛典,原田幸子,熊井正貴,深井敏隆,山田武宏,井関 健 新人薬剤師教育プログラムの策定と検証 医療薬学 41 533-539 2015/8
Yamada T, Ishiguro N, Oku K, Higuchi I, Nakagawa I, Noguchi A, Yasuda S, Fukumoto T, Iwasaki S, Akizawa K, Furugen A, Yamaguchi H, Iseki K Successful colistin treatment of multidrug-resistant Pseudomonas aeruginosa infection using a rapid method for determination of colistin in plasma : usefulness of therapeutic drug monitoring Biol Pharm Bull 38 1430-1433 2015/7
今井俊吾,山田武宏,西村あや子,沖 洋充,熊井正貴,宮本剛典,笠師久美子,井関 健 2種のバンコマイシンTDM解析ソフトの予測性に関する比較検討 医薬品情報学 16 169-178 2015/2
Tanaka N, Yamaguchi H, Furugen A, Ogura J, Kobayashi M, Yamada T, Mano N, Iseki K. Quantification of intracellular and extracellular eicosapentaenoic acid-derived 3-series prostanoids by liquid chromatography/electrospray ionization tandem mass spectrometry Prostaglandins Leukot Essent Fatty Acids 91 61-71 2014/12
久保田康生,菅原亮輔,岩井美和子,深井敏隆,山田武宏,井関 健 院外処方せんへの検査値掲載の取り組み, 北海道病院薬剤師会誌 87 23-26 2014/11
山田武宏,白鳥聡一,杉田純一,藤本勝也,豊嶋崇徳,福元達也,岩崎澄央,秋沢宏治,鳴海克哉,石黒信久,井関 健 チゲサイクリンとコリスチンの併用が奏功した多剤耐性アシネトバクター・バウマニによるカテーテル関連血流感染症の1例 日本化学療法学会雑誌 62 501-505 2014/7
柴山良彦,地主隆文,木下一郎,玉木慎也,青田忠博,堀田彰一,佐藤秀紀,石井理砂,大泉聡史,地主将久,髙﨑雅彦,山田武宏,秋田弘俊,井関 健 肺癌および大腸癌患者における血漿中マイクロRNAの発現 バイオマーカー開発のための探索研究 臨床薬理の進歩35: 106-113 (2014) 35 106-113 2014/6
久保田康生、鳴海克哉、笠師久美子、山田武宏、岡田耕平、重松明男、豊嶋崇徳、井関 健 消化管GVHD (graft-versus-host disease) に対する経口ベクロメタゾン製剤の有用性の検討 医療薬学 40 5 291-96 2014/5
山田武宏, 宮本剛典,川岸 亨,今井俊吾,沖 洋充,秋沢宏次,笠師久美子,石黒信久,井関 健 オーダリングシステムと連動した特定抗菌薬使用届出システムの導入とその有用性 日本病院薬剤師会雑誌 50 293-297 2014/3
Suzuki T, Yamaguchi H, Ogura J, Kobayashi M, Yamada T, Iseki K Megalin contributes to kidney accumulation and nephrotoxicity of colistin. Antimicrob Agents Chemother. 57: 6319-24 (2013) 57 6319-24 2013/12
藤村拓也, 久保田康生, 今田愛也, 相馬まゆ子, 佐々木洋一, 笠師久美子,山田武宏, 小松嘉人, 井関 健 パクリタキセルを含むがん化学療法における末梢神経障害に対するプレガバリンの有用性についての検討 医療薬学 39 546-551 2013/9
斎藤由紀子、久保田康生、西村あや子、笠師久美子、山田武宏、篠原信雄、近藤覚也、井関 健 尿路上皮がんにおけるGC療法とGCb療法の血液毒性の比較 医療薬学 39 406−12 2013/7
Muraki Y, Kitamura M, Maeda Y, Kitahara T, Mori T, Ikeue H, Tsugita M, Tadano K, Takada K, Akamatsu T, Yamada T, Yamada T, Shiraishi T, Okuda M. Nationwide surveillance of antimicrobial consumption and resistance to Pseudomonas aeruginosa isolates at 203 Japanese hospitals in 2010 Infection 41 415-23 2013/4
Yamaguchi H, Fujikawa A, Ito H, Tanaka N, Furugen A, Miyamori K, Takahashi N, Ogura J, Kobayashi M, Yamada T, Mano N, Iseki K. Quantitative determination of paclitaxel and its metabolites, 6α-hydroxypaclitaxel and p-3'-hydroxypaclitaxel, in human plasma using column-switching liquid chromatography/tandem mass spectrometry. Biomed Chromatogr. 27: 539?544 (2013) 27 593-544 2013/4
Ito H, Yamaguchi H, Fujikawa A, Shiida N, Tanaka N, Ogura J, Kobayashi M, Yamada T, Mano N, Iseki K. Quantification of intact carboplatin in human plasma ultrafitrates using hydrophilic interaction liquid chromatography-tandem mass spectrometry and its application to a pharmacokinetic study. J Chromatogr B Analyt Technol Biomed Life Sci. 917-918:18-23 (2013) 917-918 2013/2
Saito Y, Kasashi K, Yoshiyama Y, Fukushima N, Kawagishi T, Yamada T, Iseki K. Survey on the attitudes of pharmacy students in Japan toward doping and supplement intake. Biol Pharm Bull. 36: 305-10 (2013) 36 305-310 2013/2
Ito H, Yamaguchi H, Fujikawa A, Tanaka N, Furugen A, Miyamori K, Takahashi N, Ogura J, Kobayashi M, Yamada T, Mano N, Iseki K A full validated hydrophilic interaction liquid chromatography-tandem mass spectrometric method for the quantification of oxaliplatin in human plasma ultrafiltrates J Pharm Biomed Anal 71 99-103 2012/12
Yamaguchi H, Fujikawa A, Ito H, Tanaka N, Furugen A, Miyamori K, Takahashi N, Ogura J, Kobayashi M, Yamada T, Mano N, Iseki K. A rapid and sensitive LC/ESI-MS/MS method for quantitative analysis of docetaxel in human plasma and its application to a pharmacokinetic study J Chromatogr B Analyt Technol Biomed Life Sci. 893-894:157-161 (2012) 893-894 2012/4
Kasashi K, Tei K, Totsuka Y, Yamada T, Iseki K The influence of size, specific gravity, and head position on the swallowing of solid preparations. Oral Science International 8 55-59 2011/11
川岸 亨, 熊井正貴, 大崎由美子, 新里里香, 清川真美, 原田幸子, 笠師久美子, 深井敏隆, 山田武宏, 井関 健 汎用データベースソフトを用いた持参薬識別システムの構築と有用性の検討 医薬品情報学 13 1345-1464 2011/11
Furugen A, Yamaguchi H, Tanaka N, Ito H, Miyamori K, Fujikawa A, Takahashi N, Ogura J, Kobayashi M, Yamada T, Mano N, Iseki K Quantification of intracellular and extracellular prostanoids stimulated by A23187 by liquid chromatography/electrospray ionization tandem mass spectrometry. J Chromatogr B Analyt Technol Biomed Life Sci 879 3378-3385 2011/9
齋藤佳敬,山田武宏,竹内 裕,笠師久美子,井関 健 リファブチンによるワルファリンの代謝誘導が疑われた1例 医療薬学 37 345-350 2011/6
林えり子、小林正紀、高橋夏子、平野剛、板垣史郎、山田武宏、井関健 In vitro実験系によるFOLFIRI療法およびmFOLFOX6療法レジメンの有効性およびEGFR発現変動の評価 医療薬学 36 12 855-862 2010/12
Kuriyama S., Kashiwagi H., Yuhki KI., Kojima F., Yamada T., Fujino T., Hara A., Maruyama T., Yoshida A., Narumiya S. and Ushikubi F. Selective activation of the prostaglandin E2 receptor subtype EP2 or EP4 leads to inhibition of platelet aggregation. Thromb Haemost 104 796-803 2010/7
Tasaki Y., Omura T., Yamada T., Ohkubo T., Suno M., Iida S., Sakaguchi T., Asari M., Shimizu K. and Matsubara K. Meloxicam protects cell damage from 1-methyl-4-phenyl pyridinium toxicity via the phosphatidylinositol 3-kinase/Akt pathway in human dopaminergic neuroblastoma SH-SY5Y cells. Brain Res 1344 25-33 2010/7
粟屋敏雄、長谷部直幸、梶野浩樹、石谷麻里子、山田武宏、小野尚志、大滝康一、山下泰範、三好敏之、田崎嘉一、松原和夫 処方入力時の体表面積をベースとした注射薬オーダ上限量警告システム 医療薬学 35 9 615-621 2009/9
Noda T, Yamada T, Ohkubo T, Ono T, Adachi T, Awaya T, Tasaki Y. and Matsubara K. Hot-water extracts of Polygonum multiflorum do not induce any toxicity but elicit limited beneficial effects on the liver in mice. J. Healt Sci. 55 720-725 2009/8
Suno M, Kunisawa T, Yamagishi A, Ono T, Yamamoto J, Yamada T, Tasaki Y, Shimizu K, Iwasaki H and Matsubara K Detection of landiolol using high-performance liquid chromatography/fluorescence: a blood esterase-sensitive ultra-short-acting alpha1-receptor antagonist. J Chromatograph B 877 1705-1708 2009/7
山田武宏、梅津典子、大滝康一、綱川智之、佐藤真由美、小城香緒里、小野尚志、須野 学、飯田慎也、山下恭範、粟屋敏雄、田崎嘉一、松原和夫 処方オーダリングシステムおよびTDMオーダリングシステムと連動した抗MRSA薬使用届け出システムは適正使用を推進する 医療薬学 34 5 419-425 2008/5
Suno M, Ono T, Iida S, Umetsu N, Ohtaki K, Yamada T, Awaya T, Satomi M, Tasaki Y, Shimizu K, Matsubara K Improved high-performance liquid chromatographic detection of paclitaxel in patient's plasma using solid-phase extraction, and semi-micro bore C18 column J Chromatography B 860 12 141-144 2007/12
小野尚志、千葉 薫、須野 学、山下恭範、小枝正吉、山田武宏、大滝康一、粟屋敏雄、原千恵子、高橋賢尚、三好敏之、小川 聡、板垣祐一、田﨑嘉一、松原和夫 アレニウス式を用いた抗癌剤調製後の安定予測 医療薬学 33 6 479-487 2007/6
Matsubara K, Shimizu K, Suno M, Ogawa K, Awaya T, Yamada T, Noda T, Satomi M, Ohtaki K, Chiba K, Tasaki Y, Shiono H Tnadospirone, a 5-HT1A agonist, ameliorates movement disorder via non-dopaminergic systems in rats with unilateral 6-hydroxydopamine-generated lesions Brain Res 1112 9 126-133 2006/9
Hara A, Yuhki K, Fujino T, Yamada T, Takayama. K, Kuriyama S, Takahata O, Karibe H, Okada Y, Xiao CY, Ma H, Narumiya S, Ushikubi F Augmented cardiac hypertrophy in response to pressure overload in mice lacking the prostaglandin I2 receptor Circulation 112 7 84-92 2005/7
粟屋敏雄, 大滝康一, 石原昌司, 小野尚志, 千葉薫, 板垣祐一, 山田武宏, 須野学, 早勢伸正, 田崎嘉一, 松原和夫 注射薬を含めた相互作用チェックシステムによる併用禁忌の解析-薬歴の中での相互作用チェックの重要性. 医療薬学 31 6 452-434 2005/6
原千恵子、小枝正吉、山下恭範、藤丸サヤカ、大滝康一、森田真由美、小野尚志、山田武宏、板垣健太郎、須野あづみ、利岡果美、石王応知、 村上知子、朴 紘慶、須野 学、粟屋敏雄、小川 聡、高橋賢尚、山本久仁子、板垣祐一、 千葉 薫、 三好敏之、笠原直邦、藤田育志、 田崎嘉一、早勢伸正、松原和夫 入院日持参薬チェックは医療の安全性に寄与する-持参薬チェック管理薬剤師の役割- 医療薬学 31 5 360-366 2005/5
Awaya T, Ohtaki K, Yamada T, Yamamoto K, Miyoshi T, Itagaki Y, Tasaki Y, Hayase N and Matsubara K Automation in drug inventory management saves personnel time and budget YAKUGAKU ZASSHI 125 427-32 2005/5
Takayama K, Yuhki K, Ono T, Fujino T, Hara A, Yamada T, Kuriyama S, Karibe H, Okada Y, Takahata O, Taniguchi T, Iijima T, Iwasaki H, Narumiya S and Ushikubi F Thromboxane A2 and prostaglandin F2alpha mediate inflammatory tachycardia Nature Medicine 11 562-566 2005/3
Fujino T, Nakagawa N, Yuhki K, Hara A, Yamada T, Takayama K, Kuriyama S, Hosoki Y, Takahata O, Taniguchi T, Fukuzawa J, Hasebe N, Kikuchi K, Narumiya S and Ushikubi F Decreased susceptibility to renovascular hypertension in mice lacking the prostaglandin I2 receptor IP J Clin Invest 114 805-812 2004/9
Xiao CY, Yuhki K, Hara A, Fujino T, Kuriyama S, Yamada T, Takayama K, Takahata O, Karibe H, Taniguchi T, Narumiya S, Ushikubi F Prostaglandin E2 protects the heart from ischemia-reperfusion injury via its receptor subtype EP4 Circulation 109 5 2462-2468 2004/5
Yamada T, Fujino T, Yuhki K, Hara A, Karibe H, Takahata O, Okada Y, Xiao CY, Takayama K, Kuriyama S, Taniguchi T, Shiokoshi T, Ohsaki Y, Kikuchi K, Narumiya S, Ushikubi F Thromboxane A2 regulates vascular tone via its inhibitory effect on the expression of inducible nitric oxide synthase. (受賞有) Circulation 108 11 2381-2386 2003/11
Fujino T, Yuhki K, Yamada T, Hara A, Takahata O, Okada Y, Xiao CY, Ma H, Karibe H, Iwashima Y, Fukuzawa J, Hasebe N, Kikuchi K, Narumiya S, Ushikubi F Effects of the prostanoids on the proliferation or hypertrophy of cultured murine aortic smooth muscle cells Br J Pharmacol 136 6 530-539 2002/6
Xiao CY, Hara A, Yuhki K, Fujino T, Ma H, Okada Y, Takahata O, Yamada T, Murata T, Narumiya S, Ushikubi F Roles of prostaglandin I2 and thromboxane A2 in cardiac ischemia-reperfusion injury: a study using mice lacking their respective receptors Circulation 104 10 2210-2215 2001/10
Miyakoshi M, Yamada T, Katayama H, Murayama T, Nomura Y Regulation of cyclic GMP and cyclic AMP production by S-nitroso-cysteine in rat thymocytes Eur J Pharmacol 359 10 235-241 1998/10
Yamada T, Murayama T, Nomura Y Enhancement of expression of inducible NO synthase and inhibition of DNA synthesis in rat thymocytes by in vivo hydrocortisone treatment. J Neuroimmunol 81 1 14-19 1998/1
Yamada T, Murayama T, Nomura Y Muscarinic acetylcholine receptors on rat thymocytes: their possible involvement in DNA fragmentation (受賞有) Jpn J Pharmacol 73 311-316 1997/4
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
山田武宏, 石黒信久 感染症薬の動態と耐性菌研究を基盤とした個別化医療の展望】 コリスチンによる治療と個別化医療(個別最適化投与) 化学療法の領域 33 614-620 2017/3
山田武宏 医療薬学ブラッシュアップ講座 抗菌薬・消毒薬とその適正使用に関する知識をリフレッシュするために (4)消毒薬の適正使用と標準予防策 道薬誌 32 3 4-9 2015/3
山田武宏 医療薬学ブラッシュアップ講座 抗菌薬・消毒薬とその適正使用に関する知識をリフレッシュするために (3)抗菌薬の副作用とその管理 道薬誌 32 2 5-11 2015/2
山田武宏 医療薬学ブラッシュアップ講座 抗菌薬・消毒薬とその適正使用に関する知識をリフレッシュするために (2)抗菌薬適正使用を目指した取り組みAntimicrobial stewardship 道薬誌 32 1 42−48 2015/1
山田武宏 医療薬学ブラッシュアップ講座 抗菌薬・消毒薬とその適正使用に関する知識をリフレッシュするために (1)抗菌薬の適正使用と耐性菌の制御に関する話題 道薬誌 31 12 4-9 2014/12
山田武宏 抗菌薬適正使用チェック ICTジャーナル 6 225-230 2011/
山崎浩二郎,山田武宏 血中濃度測定ができない抗菌薬の至適投与量についての基本的な考え方—薬剤師は血中濃度の実測値がわからない場合に抗菌薬投与にどう関わるか 薬局 61 542-563 2010/6
綱川智之, 山田武宏 患者のことばNo.21 「ちょっと手がしびれるんです」 調剤と情報14: 607-609. 14 5 607-609 2008/5
大滝康一, 梅津典子, 麻下智加, 七田知美, 都築仁美, 石川祥子, 安達知輝, 井上正朝, 小野尚志, 山田武宏, 粟屋敏雄,小川聡, 里見真知子, 野田敏宏, 田崎嘉一, 板垣祐一, 八木真砂子, 田尾好正, 笠原直邦, 藤沢芳則, 松野和彦, 松原和夫 薬薬連携:病院薬剤師が介在する保険調剤薬局からのトレーシングレポートシステムによる薬物療法の有効性・安全性への寄与 医薬ジャーナル 44 158-64 2008/
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
Keiichi Nakano1); Daiki Iwami2); Takehiro Yamada3); Keiko Yasuda1); Mutsumi Nishida1); Junichi Sugita1) and Takanori Teshima1) Development of a formula to correct particle enhanced turbidimetric inhibition immunoassay values so that it more precisely reflects high performance liquid chromatography values for mycophenolic acid. 第10回アジア細胞治療学会学術集会(札幌) 2019/11
中野恵一、岩見大基、山田武宏、安田慶子、西田 睦、杉田純一、篠原信雄、豊嶋崇徳 ミコフェノール酸血中濃度測定:PETINA測定値からHPLC測定への予測式作成 Therapeutic Drug Monitoring Quality Control第4回研究会(東京) 2019/8
石黒信久、小山田玲子、渡邊 翼、岩崎澄央、山田武宏 インフルエンザ対策 インフルエンザ対策における予防投与 第34回日本環境感染学会総会(神戸) 2019/2
山田武宏 Antimicrobial stewardshipの実践において薬剤師が果たすべき役割 第7回 釧路病院薬剤師会  感染制御専門薬剤師セミナー特別講演 2018/6
冨山直樹、山田武宏、福元達也、石黒信久、井関 健 カルバペネム系注射薬の使用量・使用期間とその緑膿菌耐性発現率との関連性調査 日本薬学会第138年会(金沢) 2018/3
山田武宏 Antimicrobial stewardship Programの多職種連携による実践〜薬剤師の立場から 第29回日本臨床微生物学会 (岐阜) 2018/2
内山数貴、田澤佑基、今井俊吾、鏡 圭介、鳴海克哉、杉田純一、笠師久美子、山田武宏、小林正紀、豊嶋崇徳、井関 健 血液内科系疾患治療中に生じた発熱性好中球減少症に対するテイコプラニンのトラフ値と有効性の関連性 第27回日本医療薬学会年会(千葉) 2017/11
熊谷卓博、齋藤佳敬、山田武宏、小林正紀、熊井正貴、笠師久美子、小松嘉人、井関 健 プロクロルペラジンによるアカシジア発現および制吐効果に関する検討 第27回日本医療薬学会年会(千葉) 2017/11
Yamada T, Imai S, Tazawa Y, Kagami K, Yamashita K, Shimamura T, Iseki K Usefulness of therapeutic drug monitoring of voriconazole in patients with liver cirrhosis (Child-Pugh class C) 15th International Congress of Therapeutic Drug Monitoring and Clinical Toxicology (Kyoto, Japan) 2017/9
石黒信久、小山田玲子、山田武宏、宮本剛典、岩崎澄央 医療機関における抗インフルエンザ薬の予防投与とアウトブレイク時の対策を考える 日本環境感染学会 (京都) 2016/2
小山田玲子、岩崎澄央、山田武宏、石黒信久 多剤耐性菌アウトブレイク対策 アウトブレイク対応の実際 多剤耐性アシネトバクター 日本環境感染学会 (京都) 2016/2
西村あや子、高村茂生、古堅彩子、黒川 瞳、小林正紀、笠師久美子、山田武宏、井関 健 妊娠可能年齢の女性における新世代抗てんかん薬の使用状況調査 第25回日本医療薬学会年会(横浜) 2015/11
山田武宏 「Antimicrobial stewardshipの実践における薬剤師の役割〜」 平成27年度釧路病院薬剤師会 感染制御専門薬剤師セミナー(釧路市) 2015/7
山田武宏、今井俊吾、石黒信久 血液培養陽性例に対する抗菌薬適正使用支援を目指した介入とその効果 第63回日本化学療法学会総会(東京) 2015/6
山田武宏 抗菌薬が関与する薬物相互作用事例 日本病院薬剤師会東北ブロック第五回学術大会・第70回医薬品相互作用研究会シンポジウム「各領域のスペシャリストが経験した薬物相互作用事例について考える〜薬物相互作用のジェネラリストを目指して〜」(山形) 2015/6
古堅彩子、西村あや子、 高村茂生、 小林正紀、山田武宏、笠師久美子、井関 健 新規抗てんかん薬のLC/MS/MS 定量法の確立とヒト胎盤絨毛癌由来BeWo 細胞における取り込み機構の解析 日本薬学会第135年会 (神戸) 2015/3
山田武宏 「Antimicrobial stewardship〜抗菌薬適正使用のための実践例」 第12回秋田県薬剤師感染制御研究会特別講演(秋田市) 2015/2
山田武宏 薬剤師が取り組む感染制御〜冬場の感染対策から抗菌薬適正使用まで〜 網走薬剤師会・網走病院薬剤師会合同研修会 2014/12
山田武宏、石黒信久、井関 健 オーダリングシステムと連動した特定抗菌薬使用届出システムの導入とその有用性「臨床研究への第一歩−必要な知識と目指す方向性−」 第24回日本医療薬学会年会シンポジウム(名古屋) 2014/10
田中 寛之、山田 武宏、戸田 貴大、 小林 道也、菅原 満, 猪爪 信夫 2種の血中テイコプラニン濃度測定キット間の測定値の相関性 日本化学療法学会東日本部会(東京) 2014/10
山田武宏、奥 健司、石黒信久 多剤耐性緑膿菌感染症に対してコリスチンが奏功した一症例 コリスチンTDMの有用性 第62回日本化学療法学会総会(福岡) 2014/6
久保田康生、菅原亮輔、岩井美和子、深井敏隆、山田武宏、井関 健 院外処方せんへの検査値掲載の取り組み 第61回北海道薬学大会 北海道病院薬剤師会研究発表会(札幌) 2014/5
久保田康生、鳴海克哉、笠師久美子、山田武宏、岡田耕平、重松明男、豊嶋崇徳、井関 健 消化管に対する経口ベクロメタゾン製剤の有用性の検討 第36回日本造血細胞移植学会総会(沖縄) 2014/3
笠師久美子、山本千秋、高岡知代、山田武宏、大泉聡史、山下啓子、井関 健 デノスマブ投与に伴う低カルシウム血症発現因子の検証と低減策の検討 第23回日本医療薬学会年会(仙台) 2013/9
菅原亮輔、清川真美、山田武宏、宮本剛典、深井敏隆、笠師久美子、井関 健 抗凝固薬の適正使用への取り組み 第23回日本医療薬学会年会(仙台) 2013/9
山田武宏、石黒信久 抗MRSA薬ダプトマイシンの適正使用推進におけるTDMの有用性 第61回日本化学療法学会総会(横浜) 2013/6
今井俊吾、山田武宏、西村あや子、沖洋充、宮本剛典、笠師久美子、井関 健 患者背景に基づいたバンコマイシンの初期投与設計〜2種のバンコマイシンTDM解析ソフトの予測性の比較〜 第30回日本TDM学会・学術大会(熊本) 2013/5
石川修平、山田武宏、鳴海克哉、小林正紀、山口浩明、井関 健 抗MRSA薬ダプトマイシンの骨格筋細胞毒性に関する基礎的検討 日本薬学会第133年会 (横浜) 2013/3
佐藤紀宏、笠師久美子、山田武宏、柴山良彦、山田順子、宮田靖志、深井敏隆、井関 健 薬剤師による初期医師臨床研修プログラムへの介入と期待される効果 第22回日本医療薬学会年会(新潟) 2012/10
熊井正貴、清川真美、笠師久美子、 山田武宏、井関 健 緩和ケアチーム薬剤師の介入によりリチウム中毒の進行を防いだ1症例 第22回日本医療薬学会年会(新潟) 2012/10
藤村拓也、久保田康生、相馬まゆ子、今田愛也、佐々木洋一、笠師久美子、山田武宏、井関 健 パクリタキセルによる末梢神経障害に対するプレガバリンの有用性についての検討 第22回日本医療薬学会年会(新潟) 2012/10
須賀香屋子、小梶哲雄、 稲垣知恵、山田武宏、井関 健 DBS(Dried Blood Spot)法を用いた、LC/MS/MSによるミコフェノール酸モフェチルの血中濃度モニタリングに関する検討 第29回日本TDM学会・学術大会(神戸) 2012/6
山田武宏 LC/MS/MSによるコリスチンのTDMの検討とその応用例 第28回日本TDM学会・学術大会(広島) 2011/6
Yamada T The role of hospital pharmacists on the pharmacy education systems in University of Mississippi. 第18回日本医療薬学会年会シンポジウム(札幌) 2008/9
山田武宏 持参薬チェックにおける薬剤師の役割 第6回薬剤師のためのリスクマネジメントセミナー(札幌) 2006/7
山田武宏、野田敏宏、田崎嘉一、須野 学、大滝康一、粟屋敏雄、千葉 薫、松原和夫 漢方薬カシュウの肝機能に及ぼす影響 日本薬学会第127年会 (富山) 2006/3
Yamada T, Fujino T, Yuhki K, Hara A, Matsubara K, Narumiya S, Ushikubi F Thromboxane A2 inhibits expression of inducible nitic oxide synthase and regulates vascular tone 12th World Congress on Heart Diseas (Van Couver, Canada) 2005/7
山田武宏、結城幸一、原 明義、松原和夫、牛首文隆 全身性炎症疾患の病態生理—誘導型NOSの発現抑制を介したTXA2の血管緊張調節 日本薬学会第125年会(東京) 2005/3
山田武宏、藤野貴行、結城幸一、原 明義、成宮 周、牛首文隆 プロスタノイドによるcyclooxygenase-2の発現調節 第77回日本薬理学会年会(大阪) 2004/3
山田武宏、藤野貴行、結城幸一、原 明義、成宮 周、牛首文隆 誘導型一酸化窒素合成酵素の発現におけるトロンボキサンA2およびプロスタグランジンI2の役割 第52回日本薬理学会北部会(札幌) 2001/10
山田武宏、村山俊彦、野村靖幸 ラット胸腺細胞増殖能に及ぼすhydrocortisone、拘束ストレスおよびNO donorの影響について 日本薬学会第116年会 (金沢) 1996/3
山田武宏、板野泰弘、村山俊彦、野村靖幸 ラット胸腺細胞におけるムスカリン性アセチルコリン受容体:[3H]-quinuclidinyl bezilate (QNB)結合とhydrocortisoneによるその増加 日本薬学会第115年会 (仙台) 1995/3
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
山田武宏 インフェクションコントロールドクター 月刊薬事7月臨時増刊号「専門・認定薬剤師ガイド」(じほう)57: 1237-1242. 57 1237-1242 2015/7
山田武宏 新編プログラム学習による病態と処方解析(第2版) 「感染症」 廣川書店 2013/3
山田武宏 事前実習テキスト アルティメイト 現場で生きる学問を目指して「第3章 疑義照会」 京都廣川書店 2010/4
山田武宏,牛首文隆 ホスファチジルイノシトール3-キナーゼ KEYWORD分子高血圧, (先端医学社) 158-159 2001/
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
山田武宏 トロンボキサンA2は誘導型一酸化窒素合成酵素の発現抑制を介して血管緊張を調節する 第131回日本薬学会北海道支部奨励賞 2008/11
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
新沼悠介、今井俊吾、冨山直樹、鏡 圭介、山神 彰、山田武宏、井関 健 血液培養陽性患者におけるde-escalationの実施状況とその有用性調査 北海道病院薬剤師会誌 95 9-12 2018/11
久保田康生、深井敏隆、山田武宏、小林正紀、井関 健 院外処方せんへのがん化学療法プロトコール名掲載の取り組み 北海道病院薬剤師会誌 91 5-8 2016/11
中野恵一、山田武宏、岩見大基、森田 研、安田慶子、澁谷 斉、篠原信雄、井関 健、清水 力 腎機能と併用カルシニューリン阻害剤がミコフェノール酸血中濃度に与える影響 今日の移植 28 698-71 2015/12
難波正志、樋口一世、鳴海克哉、関 悟、山田順子、笠師久美子、深井敏隆、山田武宏、井関 健 病棟薬剤師による持参薬業務の評価 北海道病院薬剤師会誌 87 11-13 2014/11
北村正樹, 赤松 孝, 池上英文, 北原隆志, 白石 正, 唯野貢司, 継田雅美, 前田頼伸, 村木優一, 森 健, 山田 武宏  平成24年度学術委員会学術第5小委員会報告 感染制御認定および専門薬剤師による医療経済を含めた病院感染制御活動への貢献度実態調査 日本病院薬剤師会雑誌49: 803-805 (2013) 49 803-805 2013/8
山本千秋、清川真美、原田幸子、深井敏隆、笠師久美子、山田武宏、井関 健 携帯情報端末(PDA)導入による調剤過誤リスク低減効果について 北海道病院薬剤師会誌 85 37-38 2013/4
北村正樹, 赤松孝, 池上英文, 北原隆志, 白石 正, 高田勝利, 唯野貢司, 継田雅美, 前田頼伸, 村木優一, 森 健, 山田武宏 平成23年度学術委員会学術第5小委員会:感染制御認定および専門薬剤師による医療経済を含めた病院感染制御活動への貢献度実態調査 日本病院薬剤師会雑誌 48 932-934 2012/8
山田武宏 プロスタノイドによる誘導型一酸化窒素合成酵素の発現調節 YAKUGAKU ZASSHI 129 10 1211-4 2009/10
山田武宏 Thromboxane A2 regulates vascular tone via its inhibitory effect on the expression of inducible nitric oxide synthase:トロンボキサンA2は誘導型一酸化窒素合成酵素の発現抑制を介して血管緊張を調節する 旭川医科大学大学院医学系研究科 博士論文 2004/3
山田武宏 ラット胸腺細胞の増殖と一酸化窒素の関与—神経・内分泌系を介するストレスの影響 北海道大学大学院薬学研究科 修士論文 1996/3