PCRを用いた新規検査法の開発に関する研究

Polymerase Chain Reaction(PCR)法を用い、慢性骨髄性白血病や急性骨髄性白血病などの血液疾患、細菌やウイルスなどの病原体に対する新しい検査法の開発を進めています。また、デジタルPCRと呼ばれる新技術の臨床応用を試みています。今後、臨床工学と融合した新しい検査法の開発にも取り組みたいと考えています。

保健医療学部
臨床工学科

医療技術学専攻(修士課程)

准教授

博士(医学)

古谷 大輔
( フルヤ ダイスケ )

学位

博士(医学):札幌医科大学

研究分野

病態検査学/分子生物学/遺伝子工学/感染制御学

キーワード

臨床検査、遺伝子検査、PCR、白血病、結核、ノロウイルス、インフルエンザウイルス、院内感染対策

実務経験

札幌医科大学附属病院検査部

札幌医科大学附属病院感染制御部

学会・社会活動等

日本臨床検査医学会(評議委員)

日本臨床微生物学会

日本臨床衛生検査技師会

エピソード

本学の学生が優秀な医療人として活躍できるように、大学病院で培ってきた知識や経験を生かしていきたいと考えています。

研究・学術活動

  • 論文(42件)
  • 会議論文(0件)
  • 紀要(1件)
  • 講演(102件)
  • 著書(3件)
  • 作品(0件)
  • 受賞(2件)
  • その他(13件)
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
田中真輝人、品川雅明、古谷大輔、髙橋聡 血液培養にてレンサ球菌検出時における迅速鑑別法の検討 医学検査 29 2 205-208 2020/4
Yokoyama T, Furuya D, Sugawara T, Aikawa T, Watanabe S, Shimizu HO, Yamashita M, Indoh T, Miura H, Kimura K Spectroelectrochemical Detection of Reduced Water-soluble Tetrazolium Salts Using Disposable Pencil Graphite Electrodes IEEJ Trans. SM 140 9 246-250 2020/3
Hiraoka M, Ohguro H, Ikeda H, Furuya D, Takahashi S Intraocular infiltration of Philadelphia chromosome-positive acute lymphoblastic leukemia diagnosed by polymerase chain reaction from the aqueous humor: A case report Medicine 99 4 e18872-e18876 2020/1
Saeki M, Sato T, Furuya D, Yakuwa Y, Sato Y, Kobayashi R, Ono M, Nirasawa S, Tanaka M, Nakafuri H, Nakae M, Shinagawa M, Asanuma K, Yanagihara N, Yokota SI, Takahashi S Clonality investigation of clinical Escherichia coli isolates by polymerase chain reaction-based open-reading frame typing method J Infect Chemother 26 1 38-42 2020/1
Furuya D, Moriai M, Koizumi Y, Endo T, Asanuma K, Yanagihara N, Takahashi S Analysis of major BCR-ABL1 mRNA by digital polymerase chain reaction is useful for prediction of international scale Int J Clin Oncol 24 7 871-875 2019/7
Furuya D, Moriai M, Murai R, Moriai R, Koizumi Y, Endo T, Asanuma K, Yanagihara N, Takahashi S Chip-based digital polymerase chain reaction technology is useful for monitoring the JAK2 V617F allele burden in Philadelphia-negative myeloproliferative neoplasms Int J Lab Hematol 41 5 e113-e116 2019/3
Koizumi Y, Furuya D, Endo T, Asanuma K, Yanagihara N, Takahashi S Quantification of Wilms' tumor 1 mRNA by digital polymerase chain reaction Int J Hemato 107 2 230-234 2018/2
古谷大輔、高橋祐輔、伊藤美香子、渡邉直樹 核酸増幅用「コバス®TaqMan®MTB」と「コバス®TaqMan®MAI」試薬の安定性に関する検討 日本臨床検査自動化学会会誌 37 3 348-351 2012/6
Furuya D, Kuribayashi K, Hosono Y, Tsuji N, Furuya M, Miyazaki K, Watanabe N Age, viral copy number, and immunosuppressive therapy affect the duration of norovirus RNA excretion in inpatients diagnosed with norovirus infection Jpn J Infect Dis 64 2 104-108 2011/1
Furuya D, Tsuji N, Kuribayashi K, Tanaka M, Hosono Y, Uehara N, Watanabe N Evaluation of spa typing for the classification of clinical methicillin-resistant Staphylococcus aureus isolates Jpn J Infect Dis 63 5 364-367 2010/9
湯浅 眸、品川雅明、古谷大輔、韮澤慎也、栗林景晶、渡邉直樹 血液培養検査における「マイクロスキャンRapid plusシリーズ」の有用性に関する検討 日本臨床検査自動化学会会誌 35 3 365-369 2010/6
品川雅明、斉藤 梓、滝澤麻菜、村上将大、古谷大輔、細野雪江、栗林景晶、渡邉直樹 「マイクロスキャンNegシリーズNeg MIC3.31Eパネル」によるESBL検出能の評価 日本臨床検査自動化学会会誌 35 1 74-78 2010/2
近藤 崇、辻 直樹、浅沼康一、田村慶一、古谷大輔、小林大介、渡辺直樹 全自動多項目血液学分析装置による白血球生細胞率測定の性能評価 日本臨床検査自動化学会会誌 33 2 201-204 2008/4
古谷大輔、細野雪江、辻 直樹、小林大介、渡辺直樹 新たな遺伝子タイピング法の開発と院内感染対策への応用 (受賞有) 日本臨床検査自動化学会会誌 33 2 115-120 2008/4
Kawauchi K, Yagihashi A, Tsuji N, Uehara N, Furuya D, Kobayashi D, Watanabe N Human beta-defensin-3 induction in H pylori-infected gastric mucosal tissues World J Gastroenterol 12 36 5793-5797 2006/9
遠藤輝夫、佐々木正照、古谷大輔、辻 直樹、小林大介、八木橋厚仁、渡辺直樹 Prewarm techniqueはRh系抗体の検出率を低下させる 日本輸血学会誌 51 3 327-332 2005/6
Furuya D, Tsuji N, Yagihashi A, Watanabe N Beclin 1 augmented cis-diaminedichloroplatinum induced apoptosis via enhancing caspase-9 activity Exp Cell Res 307 1 26-40 2005/3
佐々木正照、山田美加子、金子礼子、古谷大輔、小林大介、辻 直樹、八木橋厚仁、渡辺直樹 各種検査法における赤血球IgG性同種抗体の検出感度の検討 日本輸血学会誌 49 5 640-645 2003/11
青山智志、浅沼康一、古谷大輔、盛合亮介、遠藤明美、松井真理子、佐藤剛敏、渡辺直樹 総合血液学検査装置ADVIA120の白血球分類能に関する検討 医療と検査機器・試薬 25 6 531-536 2002/12
Asanuma K, Kobayashi D, Furuya D, Tsuji N, Yagihashi A, Watanabe N A role for survivin in radioresistance of pancreatic cancer cells Jpn J Cancer Res 93 9 1057-1062 2002/9
盛合亮介、浅沼康一、青山智志、古谷大輔、古瀬香保里、遠藤明美、松井真理子、佐藤剛敏、渡辺直樹 血漿FDP測定試薬「コアグソルオートP-FDP」の有用性に関する検討 医学と薬学 48 3 487-491 2002/9
盛合亮介、松井真理子、浅沼康一、天近友子、鎌形千夏、古谷大輔、遠藤明美、佐藤剛敏、渡辺直樹 可溶性フィブリン測定試薬「イアトロSF」の基礎的検討 医療と検査機器・試薬 25 4 317-321 2002/8
Kondoh K, Furuya D, Yagihashi A, Uehara N, Nakamura M, Kobayashi D, Tsuji N, Watanabe N Comparison of arbitrarily primed-polymerase chain reaction and pulse-field gel electrophoresis for characterizing methicillin-resistant Staphylococcus aureus Lett Appl Microbiol 35 1 62-67 2002/6
盛合亮介、浅沼康一、青山智志、古谷大輔、遠藤明美、松井真理子、佐藤剛敏、渡辺直樹 血漿FDP測定試薬「ナノピアP-FDP」の有用性に関する検討 医学と薬学 47 6 977-987 2002/6
Furuya D, Yagihashi A, Komatsu M, Masashi N, Tsuji N, Kobayashi D, Watanabe N Serum interleukin-18 concentrations in patients with inflammatory bowel disease J Immunother 25 Suppl 1 S65-67 2002/3
古谷大輔、高田裕美子、南向さち子、青山智志、盛合亮介、古瀬香保里、遠藤明美、松井真理子、浅沼康一、佐藤剛敏、小林大介、渡辺直樹 総合血液学検査装置ADVIA120による網赤血球ヘモグロビン含量(CHr)測定に関する検討 医学と薬学 47 2 321-326 2002/2
青山智志、盛合亮介、浅沼康一、古谷大輔、斎藤香保里、遠藤明美、松井真理子、佐藤剛敏、渡辺直樹 血漿FDP測定試薬「ラテックステスト BL-2 P-FDP」の有用性に関する検討 臨床検査機器・試薬 24 5 347-351 2001/10
Furuya D, Yagihashi A, Uehara N, Yajima T, Kobayashi D, Watanabe N Genotype analysis of methicillin-resistant Staphylococcus aureus with and without reduced susceptibility to vancomycin using pulsed-field gel electrophoresis Infect Control Hosp Epidemiol 22 9 536-538 2001/9
Furuya D, Kaneko R, Yagihashi A, Endoh T, Yajima T, Kobayashi D, Yano K, Tsude E, Watanabe N Immuno-PCR assay for homodimeric osteoprotegerin Clin Chem 47 8 1475-1477 2001/8
Komatsu M, Kobayashi D, Saito K, Furuya D, Yagihashi A, Araake H, Tsuji N, Sakamaki S, Niitsu Y, Watanabe N Tumor necrosis factor-α in serum of patients with inflammatory bowel disease as measured by a high sensitive immuno-PCR Clin Chem 47 7 1297-1301 2001/7
盛合亮介、佐藤香織、松山志乃、浅沼康一、青山智志、古谷大輔、斎藤香保里、遠藤明美、松井真理子、佐藤剛敏、小林大介、渡辺直樹 血漿FDP測定試薬「エルピアFDP-P」の有用性に関する検討 臨床検査機器・試薬 24 3 173-177 2001/6
Sugawara K, Kobayashi D, Saito K, Furuya D, Araake H, Yagihashi A, Yajima T, Hosoda K, Kamimura T, Watanabe N A highly sensitive immuno-polymerase chain reaction assay for human angiotensinogen using the identical first and second polyclonal antibodies Clin Chim Acta 299 1-2 45-54 2000/9
Furuya D, Yagihashi A, Nasu S, Endoh T, Nakamura T, Kaneko R, Kamagata C, Kobayashi D, Watanabe N LDL particle size by gradient-gel electrophoresis cannot be estimated by LDL-cholesterol/apolipoprotein B ratios Clin Chem 46 8 1202-1203 2000/8
Furuya D, Yagihashi A, Yajima T, Kobayashi D, Orita K, Kurimoto M, Watanabe N An immuno-polymerase chain reaction assay for human interleukin-18 J Immunol Methods 238 1-2 173-180 2000/4
古谷大輔、池田順子、田中さやか、那須俊一、遠藤輝夫、中村 徹、金子礼子、鎌形千夏、小林大介、渡辺直樹 LDL-コレステロール直接測定試薬「コレステストLDL」の基本性能に関する検討 臨床検査機器・試薬 23 2 119-123 2000/4
Yajima T, Yagihashi A, Kameshima H, Furuya D, Kobayashi D, Hirata K, Watanabe N Establishment of quantitative reverse transcription-polymerase chain reaction assays for human telomerase associated genes Clin Chim Acta 290 2 117-127 2000/1
鎌形千夏、那須俊一、遠藤輝夫、金子礼子、古谷大輔、中村 徹、荒明 洋、渡辺直樹 Emit 2000を用いた薬物血中濃度測定の基礎的検討 新薬と臨床 49 1 80-87 2000/1
金子礼子、那須俊一、遠藤輝夫、鎌形千夏、古谷大輔、中村 徹、岡崎迪子、荒明 洋、渡辺直樹 COBAS INTEGRAを用いた薬物血中濃度測定の基礎的検討 医学と薬学 42 5 765-773 1999/11
Furuya D, Yagihashi A, Endoh T, Uehara N, Fujii N, Chiba S, Watanabe N Simultaneous amplification of bordetella repeated insertion sequences and toxin promoter region gene by polymerase chain reaction Immunopharm Immunot 21 1 55-63 1999/2
Yajima T, Yagihashi A, Kameshima H, Kobayashi D, Furuya D, Hirata K, Watanabe N Quantitative reverse transcription-polymerase chain reaction assay of the RNA component of human telomerase using the Taqman fluorogenic detection system Clin Chem 44 12 2441-2445 1998/12
上原信之、杉山敏郎、太田由起子、大水幸雄、古谷大輔、古田喜美子、荒明 洋、木田 孝、渡辺直樹、中本博道、片井敦雄、田中友之 ヘリコバクター・ピロリ用分離培地の比較検討 臨床病理 44 7 665-668 1996/7
荒井良雄、八木橋厚仁、山口正人、田中系子、松井真理子、古谷大輔、菅原美由紀 自動分析機による尿色調の自動判読化の検討 臨床検査機器・試薬 18 3 567-574 1995/6
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
渡邉翔太郎、古谷大輔、 清水久恵 色抽出処理を用いた透析用監視装置の新しい静音アラームシステムの開発 北海道科学大学研究紀要 48 141-146 2020/9
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
古谷大輔 院内感染対策講習会「インフルエンザウイルスとノロウイルスの感染対策について」 医療法人社団 札幌道都病院 (北海道札幌市) 2019/12
横山 徹、古谷大輔、菅原俊継、相川武司、渡邉翔太郎、清水久恵、山下政司、印藤智一、三浦寛子、木村主幸 尿中バイオマーカーの分光電気化学的検出に向けた基礎的検討 -微量アルブミンの高感度定量法の構築- 第36回「センサ・マイクロマインと応用システム」シンポジウム(静岡県浜松市) 2019/11
古谷大輔 院内感染対策講習会「TB disease and latent TB infection 〜結核とLTBI〜」 医療法人社団 札幌道都病院 (北海道札幌市) 2019/6
古谷大輔 院内感染対策講習会「インフルエンザウイルスとその感染対策、ノロウイルスによる感染性胃腸炎について」 医療法人社団 札幌道都病院 (北海道札幌市) 2019/1
平岡美紀、池田 博、古谷大輔、大黒 浩 前房水の遺伝子解析が有用であった急性リンパ性白血病の眼内浸潤の1例 第72回日本臨床眼科学会(東京都) 2018/10
古谷大輔、村井良精、盛合亮介、盛合美加子、小泉由希、遠藤輝夫、浅沼康一、柳原希美、田中信悟、永原大五、高橋 聡 デジタルPCR法は骨髄増殖性腫瘍におけるJAK2遺伝子V617F変異解析に有用である 第52回日本臨床検査医学会北海道支部総会 (北海道札幌市) 2018/9
古谷大輔 院内感染対策講習会「結核とノロウイルスの感染対策」 医療法人社団 札幌道都病院 (北海道札幌市) 2018/6
古谷大輔 院内感染対策講習会「インフルエンザウイルスとその感染対策、ノロウイルスによる感染性胃腸炎について」 医療法人社団 札幌道都病院 (北海道札幌市) 2018/2
古谷大輔 造血器悪性腫瘍遺伝子検査の現状と展望について 東北北海道ブロック技師長研修会(北海道札幌市) 2017/11
古谷大輔、浅沼康一、柳原希美、永原大五、河野 豊、髙橋 聡 Digital PCR法は骨髄増殖性腫瘍におけるJAK2遺伝子V617F変異解析に有用である 第64回日本臨床検査医学会総会(京都府京都市) 2017/11
古谷大輔 院内感染対策講習会「TB disease and latent TB infection 〜結核とLTBI〜」 医療法人社団 札幌道都病院 (北海道札幌市) 2017/9
古谷大輔 院内感染対策講習会「インフルエンザウイルスとその感染対策、ノロウイルスによる感染性胃腸炎について」 医療法人社団 札幌道都病院 (北海道札幌市) 2016/12
古谷大輔、松井由希、遠藤輝夫、浅沼康一 Digital PCR法によるMajor BCR-ABL mRNAの測定は国際標準値の予測に有用である 第63回日本臨床検査医学会総会(兵庫県神戸市) 2016/9
古谷大輔 院内感染対策講習会「TB disease and latent TB infection 〜結核とLTBI〜」 医療法人社団 札幌道都病院 (北海道札幌市) 2016/6
古谷大輔 院内感染対策講習会「インフルエンザウイルスとその感染対策、ノロウイルスによる感染性胃腸炎について」 医療法人社団 札幌道都病院 (北海道札幌市) 2016/2
松井由希、古谷大輔、遠藤輝夫、浅沼康一 Digital PCR法によるWT1 mRNAの絶体定量法の開発 第49回日本臨床検査医学会北海道支部総会(北海道札幌市) 2015/9
古谷大輔、松井由希、遠藤輝夫、浅沼康一 Digital PCR法によるMajor BCR-ABL mRNAの測定は国際標準値の予測に有用である 第49回日本臨床検査医学会北海道支部総会(北海道札幌市) 2015/9
古谷大輔 院内感染対策講習会「TB disease and latent TB infection 〜結核とLTBI〜」 医療法人社団 札幌道都病院 (北海道札幌市) 2015/7
古谷大輔 院内感染対策講習会「インフルエンザウイルスとその感染対策、ノロウイルスによる感染性胃腸炎について」 医療法人社団 札幌道都病院 (北海道札幌市) 2014/12
古谷大輔 院内感染対策講習会「ノロウイルスによる感染性胃腸炎について」 医療法人社団 札幌道都病院 (北海道札幌市) 2014/1
古谷大輔 院内感染対策講習会「結核の院内感染を防止するために」 医療法人社団 札幌道都病院 (北海道札幌市) 2013/10
栗林景晶、古谷大輔、細野雪江、古谷桃子、宮崎佳奈子、渡辺直樹 ノロウイルス排泄期間の長期化をもたらす影響因子 第45回日本臨床検査医学会北海道支部総会(北海道旭川市) 2011/11
栗林景晶、古谷大輔、細野雪江、古谷桃子、宮崎佳奈子、渡辺直樹 ノロウイルス排泄期間を長期化させるリスク因子の解析 第58回日本臨床検査医学会総会(岡山県岡山市) 2011/11
湯浅 眸、品川雅明、古谷大輔、韮澤慎也、渡辺直樹 血液培養検査における「マイクロスキャンRapid plusシリーズ」の性能評価 第59回日本医学検査学会(兵庫県神戸市) 2010/5
湯浅 眸、品川雅明、古谷大輔、韮澤慎也、栗林景晶、渡辺直樹 「マイクロスキャンRapid plusシリーズ」の有用性に関する検討 第41回日本臨床検査自動化学会(神奈川県横浜市) 2009/10
品川雅明、古谷大輔、佐藤和昭、栗林景晶、渡辺直樹 ESBL検出における「マイクロスキャンNegシリーズNeg MIC3.31Eパネル」の性能評価 第41回日本臨床検査自動化学会(神奈川県横浜市) 2009/10
湯浅 眸、品川雅明、古谷大輔、韮澤慎也、佐藤和昭、栗林景晶、渡辺直樹 血液培養検査における「マイクロスキャンRapid plusシリーズ」の基本性能に関する検討 第84回北海道医学検査学会(北海道函館市) 2009/10
古谷大輔、栗林景晶、細野雪江、宮崎佳奈子、辻 直樹、田中真樹、渡辺直樹 ノロウイルス排泄期間の解析と院内感染対策への応用 第56回日本臨床検査医学会総会(北海道札幌市) 2009/8
品川雅明、古谷大輔、佐藤和昭、栗林景晶、田中真樹、渡辺直樹 「マイクロスキャンNeg シリーズNegMIC3.31Eパネル」によるESBL検出能の評価 第43回日本臨床検査医学会北海道支部総会(北海道札幌市) 2009/8
湯浅 眸、品川雅明、古谷大輔、韮澤慎也、栗林景晶、渡辺直樹 血液培養検査における「マイクロスキャンRapid plusシリーズ」の性能評価 第43回日本臨床検査医学会北海道支部総会(北海道札幌市) 2009/8
品川雅明、古谷大輔、上原信之、佐藤和昭、渡辺直樹 「マイクロスキャンNeg シリーズNegMIC3.31Eパネル」によるESBL検出能の評価 第58回日本医学検査学会(神奈川県横浜市) 2009/7
古谷大輔、細野雪江、宮崎佳奈子、栗林景晶、辻 直樹、渡辺直樹 院内感染対策におけるリアルタイムRT-PCR法によるノロウイルス検出の有用性 第18回日本臨床化学会北海道支部総会(北海道札幌市) 2009/2
古谷大輔 院内感染対策におけるリアルタイムRT-PCR法によるノロウイルス検出の有用性 第6回北海道感染症対策セミナー(北海道札幌市) 2008/11
古谷大輔 院内感染対策における各種遺伝子タイピング法の比較 北海道臨床衛生検査技師会 旭川地区会 微生物研究会(北海道旭川市) 2008/9
古谷大輔、辻 直樹、細野雪江、小林大介、佐藤和昭、渡辺直樹 院内感染対策におけるリアルタイムRT-PCR法によるノロウイルス検出の有用性 第57回日本医学検査学会(北海道札幌市) 2008/5
細野雪江、古谷大輔、上原信之、辻 直樹、渡辺直樹 LightCyclerを用いたリアルタイムRT-PCR法によるノロウイルス検出の有用性 第23回日本環境感染学会(長崎県長崎市) 2008/2
古谷大輔、辻 直樹、小林大介、渡辺直樹 LightCyclerを用いたリアルタイムRT-PCR法によるノロウイルスの検出 第54回日本臨床検査医学会総会(大阪府大阪市) 2007/11
古谷大輔、辻 直樹、細野雪江、小林大介、渡辺直樹 LightCyclerを用いたリアルタイムRT-PCR法によるノロウイルスの検出 第41回日本臨床検査医学会北海道支部総会(北海道札幌市) 2007/9
古谷大輔 新たな遺伝子タイピング法の開発と院内感染対策への応用 (受賞有) 第39回日本臨床検査自動化学会(神奈川県横浜市) 2007/9
古谷大輔、細野雪江、上原信之、辻 直樹、渡辺直樹 MLVA法はMRSAのgenotypingに有用である 第22回日本環境感染学会(神奈川県横浜市) 2007/2
古谷大輔、細野雪江、上原信之、辻 直樹、渡辺直樹 MRSAのgenotypingにおけるspa遺伝子X領域sequence解析の意義 第22回日本環境感染学会(神奈川県横浜市) 2007/2
細野雪江、古谷大輔、上原信之、辻 直樹、渡辺直樹 パルスフィールドゲル電気泳動法による緑膿菌のgenotyping 第22回日本環境感染学会(神奈川県横浜市) 2007/2
古谷大輔、近藤 啓、辻 直樹、小林大介、渡辺直樹 MRSAのgenotypingにおけるMLVA法の有用性について 第53回日本臨床検査医学会総会(青森県弘前市) 2006/11
古谷大輔、辻 直樹、小林大介、渡辺直樹 spa遺伝子X領域のsequence解析によるMRSAのgenotyping 第53回日本臨床検査医学会総会(青森県弘前市) 2006/11
近藤 崇、辻 直樹、浅沼康一、田村慶一、古谷大輔、小林大介、渡辺直樹 全自動多項目血液学分析装置による白血球生細胞率測定の基礎検討 第38回日本臨床検査自動化学会(兵庫県神戸市) 2006/10
古谷大輔、近藤 啓、辻 直樹、小林大介、渡辺直樹 MRSAのgenotypingにおけるMLVA法の有用性について 第38回日本臨床検査自動化学会(兵庫県神戸市) 2006/10
古谷大輔、辻 直樹、小林大介、渡辺直樹 spa遺伝子X領域のsequence解析によるMRSAのgenotyping 第38回日本臨床検査自動化学会(兵庫県神戸市) 2006/10
近藤 崇、辻 直樹、浅沼康一、田村慶一、古谷大輔、小林大介、渡辺直樹 全自動多項目血液学分析装置による白血球生細胞率測定の基礎検討 第40回日本臨床検査医学会北海道支部総会(北海道旭川市) 2006/10
古谷大輔、近藤 啓、辻 直樹、小林大介、渡辺直樹 MRSAのgenotypingにおけるMLVA法の有用性について 第40回日本臨床検査医学会北海道支部総会(北海道旭川市) 2006/10
古谷大輔、辻 直樹、小林大介、渡辺直樹 spa遺伝子X領域のsequence解析によるMRSAのgenotyping 第40回日本臨床検査医学会北海道支部総会(北海道旭川市) 2006/10
古谷大輔、近藤 啓、辻 直樹、上原信之、金子礼子、佐藤和昭、荒明 洋、渡辺直樹 MRSAのgenotypingにおけるMLVA法の有用性について 第82回北海道医学検査学会(北海道苫小牧市) 2006/10
小野田千紘、小林大介、山田浩司、辻 直樹、古谷大輔、佐藤和昭、荒明 洋、渡辺直樹 LDHアイソザイムパターンが多彩な変化を示した自己免疫性膵炎の一例 第82回北海道医学検査学会(北海道苫小牧市) 2006/10
古谷大輔、辻 直樹、小林大介、八木橋厚仁、渡辺直樹 オートファジー促進分子Beclin 1による抗癌剤誘導アポトーシス増強機序の解析 第52回日本臨床検査医学会総会(福岡県福岡市) 2005/11
古谷大輔、辻 直樹、小林大介、八木橋厚仁、渡辺直樹 オートファジー促進分子Beclin 1による抗癌剤誘導アポトーシス増強機序の解析 第23回日本染色体遺伝子検査学会 (北海道旭川市) 2005/10
遠藤輝夫、佐々木正照、古谷大輔、辻 直樹、八木橋厚仁、渡辺直樹 Prewarm techniqueはRh系抗体の検出率を低下させる 第48回日本輸血学会北海道支部会例会(北海道札幌市) 2004/10
古谷大輔、辻 直樹、八木橋厚仁、渡辺直樹 オートファジー促進分子Beclin1はBcl-2の機能を抑制し、シスプラチン誘導アポトーシスを増強する 第38回日本臨床検査医学会北海道支部総会(北海道札幌市) 2004/10
古谷大輔、辻 直樹、八木橋厚仁、渡辺直樹 オートファジー促進分子Beclin1はBcl-2の機能を抑制し、シスプラチン誘導アポトーシスを増強する 第51回日本臨床検査医学会総会(東京都) 2004/9
遠藤輝夫、佐々木正照、古谷大輔、辻 直樹、八木橋厚仁、渡辺直樹 Prewarm techniqueはRh系抗体の検出率を低下させる 第52回日本輸血学会総会(北海道札幌市) 2004/6
近藤 啓、古谷大輔、佐藤和昭、荒明 洋、渡辺直樹 MRSAの疫学的解析におけるAP-PCRとパルスフィールドゲル電気泳動の比較検討 第53回日本医学検査学会(富山県富山市) 2004/5
佐々木正照、古谷大輔、遠藤輝夫、辻 直樹、八木橋厚仁、渡辺直樹、蓮池正次、鈴木由美 認定輸血検査技師の現状 -アンケート調査結果の解析- 第47回日本輸血学会北海道支部会例会(北海道札幌市) 2003/10
盛合亮介、松井真理子、浅沼康一、鎌形千夏、古谷大輔、遠藤明美、佐藤剛敏、渡辺直樹 可溶性フィブリンモノマー複合体(SFMC)測定試薬「イアトロSF」の基礎的検討 第79回北海道医学検査学会(北海道滝川市) 2003/10
古谷大輔 白血病(造血器腫瘍)の遺伝子診断 第6回北海道染色体・遺伝子検査同好会(北海道札幌市) 2003/
浅沼康一、盛合亮介、古谷大輔、辻 直樹、八木橋厚仁、渡辺直樹 Dominant-negative mutant survivin遺伝子発現ベクター導入による放射線感受性の増強 第49回日本臨床検査医学会総会(大阪府大阪市) 2002/11
古谷大輔、盛合亮介、遠藤明美、浅沼康一、松井真理子、佐藤剛敏、佐藤和昭、荒明 洋、渡辺直樹 鉄欠乏性貧血における網赤血球ヘモグロビン含量(CHr)測定の意義 第78回北海道臨床衛生検査学会(北海道札幌市) 2002/10
盛合亮介、浅沼康一、古谷大輔、遠藤明美、松井真理子、佐藤剛敏、佐藤和昭、渡辺直樹 血漿FDP測定試薬間における測定値の乖離とその機序 第78回北海道臨床衛生検査学会(北海道札幌市) 2002/10
古谷大輔、盛合亮介、浅沼康一、佐藤剛敏、佐藤和昭、渡辺直樹 鉄欠乏性貧血における網赤血球ヘモグロビン含量(CHr)測定の意義 第36回日本臨床検査医学会北海道支部総会(北海道旭川市) 2002/9
盛合亮介、浅沼康一、古谷大輔、佐藤剛敏、佐藤和昭、渡辺直樹 血漿FDP測定試薬間における測定値の乖離とその機序 第36回日本臨床検査医学会北海道支部総会(北海道旭川市) 2002/9
浅沼康一、盛合亮介、古谷大輔、辻 直樹、八木橋厚仁、渡辺直樹 Dominant-negative mutant survivin遺伝子発現ベクター導入による放射線感受性の増強 第36回日本臨床検査医学会北海道支部総会(北海道旭川市) 2002/9
古谷大輔、盛合亮介、浅沼康一、佐藤剛敏、渡辺直樹 鉄欠乏性貧血における網赤血球ヘモグロビン含量(CHr)測定の意義 第3回日本検査血液学会(東京都) 2002/7
盛合亮介、古谷大輔、浅沼康一、佐藤剛敏、渡辺直樹 血漿FDP測定試薬間における測定値の乖離とその機序 第3回日本検査血液学会(東京都) 2002/7
古谷大輔、金子礼子、佐藤和昭、荒明 洋、小林大介、辻 直樹、八木橋厚仁、渡辺直樹 骨粗鬆症患者における血中OCIFダイマー濃度測定の意義 第77回北海道臨床衛生検査学会(北海道北見市) 2001/9
盛合亮介、浅沼康一、青山智志、古谷大輔、斉藤香保里、遠藤明美、松井真理子、佐藤剛敏、荒明 洋、渡辺直樹 血漿FDP測定試薬「エルピアFDP-P」の有用性に関する検討 第77回北海道臨床衛生検査学会(北海道北見市) 2001/9
古谷大輔、金子礼子、遠藤輝夫、那須俊一、佐藤和昭、荒明 洋、渡辺直樹 骨粗鬆症患者における血中OCIFダイマー濃度測定の意義 -Immuno-PCR法を用いた高感度検出法による解析- 第48回日本臨床検査医学会総会(神奈川県横浜市) 2001/8
古谷大輔、金子礼子、遠藤輝夫、那須俊一、佐藤和昭、荒明 洋、渡辺直樹 Immuno-PCR法によるOCIFの高感度検出法の開発: 血中存在様式の解析への応用 第50回日本医学検査学会(東京都) 2001/5
遠藤輝夫、上原信之、古谷大輔、八木橋厚仁、那須俊一、荒明 洋、小林大介、渡辺直樹 PZA耐性結核菌におけるpncA遺伝子変異の解析 第47回日本臨床病理学会(福島県郡山市) 2000/11
近藤 啓、古谷大輔、上原信之、荒明 洋、八木橋厚仁、小林大介、渡辺直樹 AP-PCRを用いたMRSAの疫学的解析とその有用性 -パルスフィールドゲル電気泳動との比較検討- 第47回日本臨床病理学会(福島県郡山市) 2000/11
小松桃子、斎藤香保里、古谷大輔、佐々木正照、佐藤和昭、荒明 洋、小林大介、八木橋厚仁、渡辺直樹 IBD患者における血清TNFα濃度測定の意義 - Immuno-PCRを用いた高感度検出法による解析- 第47回日本臨床病理学会(福島県郡山市) 2000/11
古谷大輔、金子礼子、那須俊一、遠藤輝夫、荒明 洋、小林大介、八木橋厚仁、渡辺直樹 Immuno-PCR法によるOCIFの高感度検出法の開発: 血中存在様式の解析への応用 第40回日本臨床化学会(宮城県仙台市) 2000/10
近藤 啓、古谷大輔、上原信之、荒明 洋、八木橋厚仁、小林大介、渡辺直樹 MRSAの疫学的解析におけるArbitrarity primed-PCR(AP-PCR)とパルスフィールドゲル電気泳動(PFGE)の比較検討 第34回日本臨床病理学会 北海道支部総会(北海道札幌市) 2000/9
金子礼子、古谷大輔、池田順子、田中さやか、那須俊一、遠藤輝夫、中村 徹、鎌形千夏、佐藤和昭、荒明 洋、小林大介、渡辺直樹 「コレステストLDL」の基本性能とLDL粒子サイズに関する検討 第76回北海道臨床衛生検査学会(北海道札幌市) 2000/5
古谷大輔、遠藤輝夫、上原信之、佐藤和昭、荒明 洋、八木橋厚仁、矢嶋知己、小林大介、渡辺直樹 パルスフィールドゲル電気泳動によるMRSAの疫学的検討 第76回北海道臨床衛生検査学会(北海道札幌市) 2000/5
鎌形千夏、那須俊一、遠藤輝夫、金子礼子、古谷大輔、中村 徹、佐藤和昭、荒明 洋、渡辺直樹 Emit2000を用いた薬物血中濃度測定の基礎的検討 第76回北海道臨床衛生検査学会(北海道札幌市) 2000/5
古谷大輔、池田順子、田中さやか、那須俊一、遠藤輝夫、中村 徹、金子礼子、鎌形千夏、佐藤和昭、荒明 洋、小林大介、渡辺直樹 「コレステストLDL」の基本性能とLDL粒子サイズに関する検討 第9回日本臨床化学会北海道支部総会(北海道札幌市) 2000/1
鎌形千夏、那須俊一、遠藤輝夫、金子礼子、古谷大輔、中村 徹、佐藤和昭、荒明 洋、渡辺直樹 薬物血中濃度測定試薬Emit2000の基本性能に関する検討 第9回日本臨床化学会北海道支部総会(北海道札幌市) 2000/1
古谷大輔 MRSA院内感染対策におけるパルスフィールドゲル電気泳動の有用性 第16回北海道臨床衛生検査技師会セミナー(北海道札幌市) 2000/
古谷大輔 MRSA院内感染の臨床疫学 第5回札幌セミナー(一般社団法人 北海道臨床衛生検査技師会)(北海道北広島市) 1999/11
古谷大輔、八木橋厚仁、矢嶋知己、渡辺直樹 パルスフィールドゲル電気泳動によるMRSAの疫学的検討 第46回日本臨床病理学会(熊本県熊本市) 1999/11
矢嶋知己、八木橋厚仁、亀島秀和、山田浩司、古谷大輔、浅沼康一、小林大介、渡辺直樹 膵癌細胞において、テロメラーゼ触媒サブユニットhTERTおよびテロメア結合蛋白TRF1がテロメラーゼ活性発現の重要な制御因子である 第46回日本臨床病理学会(熊本県熊本市) 1999/11
古谷大輔、八木橋厚仁、矢嶋知己、上原信之、小林大介、渡辺直樹 表現型、遺伝子型によるMRSAの疫学的検討 第33回日本臨床病理学会北海道支部総会(北海道札幌市) 1999/9
古谷大輔、八木橋厚仁、小林大介、矢嶋知己、渡辺直樹 Immuno PCR法によるIL-18の高感度検出法の開発 第39回日本臨床化学会(京都府京都市) 1999/9
古谷大輔、男澤聖子、古田喜美子、上原信之、荒明 洋、八木橋厚仁、渡辺直樹 MRSA臨床分離株の疫学的比較検討 第75回北海道臨床衛生検査学会(北海道旭川市) 1999/5
古谷大輔、八木橋厚仁、小林大介、矢嶋知己、荒明 洋、渡辺直樹 Immuno-PCR法によるIL-18の高感度検出法の開発 第8回日本臨床化学会北海道支部総会(北海道札幌市) 1999/1
矢嶋知己、八木橋厚仁、亀嶋秀和、古谷大輔、小林大介、渡辺直樹 テロメラーゼ関連遺伝子hTERT、TEP1 mRNAの定量的解析法の確立 第8回日本臨床化学会北海道支部総会(北海道札幌市) 1999/1
矢嶋知己、八木橋厚仁、亀嶋秀和、小林大介、古谷大輔、木田 孝、渡辺直樹 TaqMan RT-PCR法を用いたhTR(human Telomerase RNA component)の定量的解析法の確立 第45回日本臨床病理学会(高知県高知市) 1998/11
古谷大輔、八木橋厚仁、小林大介、矢嶋知己、渡辺直樹 Immuno-PCR法によるIL-18の高感度検出法の開発 第45回日本臨床病理学会(高知県高知市) 1998/11
古谷大輔 AIDSの日和見感染症 第216回札幌細菌談話会(北海道札幌市) 1998/
古谷大輔、遠藤輝夫、古田喜美子、上原信之、大水幸雄、木田 孝、八木橋厚仁、渡辺直樹 PCR法によるBordetella pertussisの迅速、高感度検出法の検討 第44回日本臨床病理学会(兵庫県神戸市) 1997/10
古谷大輔、遠藤輝夫、古田喜美子、上原信之、大水幸雄、木田 孝、八木橋厚仁、渡辺直樹 PCR法による百日咳菌DNA検出の基礎的検討 第31回日本臨床病理学会北海道支部総会(北海道札幌市) 1997/9
古谷大輔、遠藤輝夫、古田喜美子、上原信之、大水幸雄、荒明 洋、木田 孝、八木橋厚仁、渡辺直樹 PCR法によるBordetella pertussisの迅速検出法の開発 第73回北海道臨床衛生検査学会(北海道帯広市) 1997/5
古谷大輔 Bordetella perrtussis(百日咳菌)の検査法 - PCR 法を中心に - 第102回札幌細菌談話会(北海道札幌市) 1997/
古谷大輔、遠藤輝夫、古田喜美子、大水幸雄、上原信之、荒明 洋、木田 孝、杉山敏郎、渡辺直樹 Helicobacte pylori用分離培地の比較検討 (受賞有) 第72回北海道臨床衛生検査学会(北海道札幌市) 1996/5
上原信之、杉山敏郎、大田由紀子、大水幸雄、古谷大輔、古田喜美子、荒明 洋、木田 孝、渡辺直樹、中本博道、片井敦雄、田中智之 ヘリコバクター・ピロリ用分離培地の比較検討 第42回日本臨床病理学会(栃木県宇都宮市) 1995/11
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
古谷大輔、渡辺直樹 骨粗鬆症と骨代謝マーカー - 骨粗鬆症における血中オステオプロテゲリン測定の意義 - Medical Technology 32 1 89-94 2004/1
古谷大輔、渡辺直樹 図説:感染源・感染源究明とパルスフィールドゲル電気泳動法 日本臨床 60 11 2062-2065 2002/11
古谷大輔、渡辺直樹 パルスフィールド電気泳動法によるMRSAジェノタイプの解析 Medical Technology 29 1 99-104 2001/1
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
古谷大輔 アポトーシス誘導分子ベクリン1の機能解析 日本臨床検査医学会 奨励賞 2006/10
古谷大輔 Helicobacte pylori用分離培地の比較検討 第72回北海道臨床衛生検査学会 奨励賞 1997/10
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
古谷大輔 Human astrovirusの水質汚染状況に関する研究 2021年度 北海道科学大学「個人奨励研究費」 2020/12
古谷大輔 新型コロナウイルス感染症対策最前線 PCR検査とは 北海道科学大学ニュースレター「HUS NEWS LETTER」 38 特別号 11~12 2020/8
古谷大輔 抗体検査じわり拡大「安心証明」ニーズ強く-精度の低さ 専門家警鐘- 2020年7月6日(月)北海道新聞 全道遅版 朝刊 社会 22 2020/7
古谷大輔 無症状者「遅すぎる」-PCR検査 濃厚接触全員対象に- 2020年6月4日(木)北海道新聞 全道遅版 朝刊 社会 27 2020/6
古谷大輔 カリシウイルスの水質汚染状況に関する研究 北海道 健康・医療研究シーズ集 2020 31 2020/6
古谷大輔、印藤智一、横山 徹、菅原俊継 カリシウイルスの水質汚染状況に関する研究(知的イノベーション型研究) 2020年度 北海道科学大学 競争的研究費「戦略的研究費」(2020-2022年) 2020/4
古谷大輔、髙橋 聡 慢性骨髄増殖性疾患に対する汎用性の高い検査法の開発へ サーモフィッシャーサイエンティフィック ライフサイエンス情報誌「NEXT」 39 13 2017/3
古谷大輔 新たな遺伝子タイピング法の開発と院内感染対策への応用 文部科学省研究費補助金(平成19年度)若手研究(B)(研究課題番号18790372) 2007/10
古谷大輔 新たな遺伝子タイピング法の開発と院内感染対策への応用 THE MEDICAL&TEST JOURNAL 1019 5 2007/9
古谷大輔 新たな遺伝子タイピング法の開発と院内感染対策への応用 文部科学省研究費補助金(平成18年度)若手研究(B)(研究課題番号18790372) 2006/10
古谷大輔 新たな遺伝子タイピング法の開発と院内感染対策への応用 日本臨床検査自動化学会 平成18年度茂手木研究助成金 2006/10
古谷大輔、渡邉直樹、八木橋厚仁、辻 直樹 オートファジー促進分子Beclin 1がアポトーシスシグナルに及ぼす影響の解析 財団法人札幌医科大学学術振興会 平成16年度医学教育研究助成金 2004/10
古谷大輔、近藤 啓(渡邉直樹) 院内感染対策を目的としたMRSAの分子疫学的解析 THE MEDICAL&TEST JOURNAL 855 4 2003/6