情報セキュリティとクラウドを活用したシステム開発に関する研究

インターネットやモバイルネットワークで利用されている暗号アルゴリズムの安全性評価に関する研究をしています。また、近年普及しているクラウドコンピューティングを活用したシステム開発に関する研究をしています。

工学部
情報工学科

准教授

博士

杉尾 信行
( スギオ ノブユキ )

学位

博士(工学):東京理科大学:2017年

研究分野

情報セキュリティ、クラウドコンピューティング

キーワード

共通鍵暗号/公開鍵暗号/安全性評価/クラウドコンピューティング/プライバシー保護/IoT/機械学習/ブロックチェーン/量子コンピュータ

実務経験

株式会社NTTドコモ(2004年~2021年3月)

学会・社会活動等

CRYPTREC 暗号技術活用委員会 委員(2016年~2021)/CRYPTREC TLS暗号設定ガイドラインWG 委員(2020年~2021)/International Workshop on Security (IWSEC) Local Organizing Committee member (2017年~2019)/情報処理学会コンピュータセキュリティ研究会専門委員(2019年~現在)

エピソード

2009年に沖縄県久米島の海でスキューバダイビングをした時、水中のサンゴ礁やカラフルな魚たちにすっかり魅了されました。それから各地の海でスキューバダイビングをしながら水中写真撮影を楽しんでいます。いつか、北海道の海も潜ってみたいと思います。陸上ではゴルフやワインの飲み比べをしています。

 

研究・学術活動

  • 論文(1件)
  • 会議論文(10件)
  • 紀要(2件)
  • 講演(16件)
  • 著書(0件)
  • 作品(0件)
  • 受賞(0件)
  • その他(1件)
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
Nobuyuki SUGIO, Hiroshi AONO, Sadayuki HONGO, and Toshinobu KANEKO A Study on Higher Order Differential Attack of KASUMI IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences E90-A 1 14-21 2007/1
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
Nobuyuki SUGIO, Yasutaka IGARASHI, and Toshinobu KANEKO Integral Cryptanalysis of Reduced-round KASUMI International Symposium on Information Theory and Its Applications, ISITA2018, Singapore, IEEE 2018, ISBN 978-4-88552-318-2 447-451 2018/10
Nobuyuki SUGIO, Yasutaka IGARASHI, and Toshinobu KANEKO Integral characteristics of MISTY2 derived by division property International Symposium on Information Theory and Its Applications, ISITA2016, Monterey, CA, USA, IEEE 2016, ISBN 978-4-88552-309-0 151-155 2016/10
Nobuyuki SUGIO, Yasutaka IGARASHI, Toshinobu KANEKO, and Kenichi HIGUCHI New Integral characteristics of KASUMI derived by Division Property 17th World Conference on Information Security Applications, WISA 2016, Jeju, Korea, Springer, ISBN 978-3-319-56548-4 LNCS 10144 267-279 2016/8
Nobuyuki SUGIO, Yasutaka IGARASHI, Toshinobu KANEKO, and Kenichi HIGUCHI A Practical-time Attack on Reduced-round MISTY1 2nd International Conference on Information Systems Security and Privacy, ICISSP 2016, Rome, Italy, SciTePress 2016, ISBN 978-989-758-167-0 235-242 2016/2
Nobuyuki SUGIO, Hiroshi AONO, Kimihiko SEKINO, and Toshinobu KANEKO A New Higher Order Differential of Camellia International Symposium on Information Theory and its Applications, ISITA 2014, Melbourne, Australia 491-495 2014/10
Hidema TANAKA, Yasuo HATANO, Nobuyuki SUGIO, and Toshinobu KANEKO Security Analysis of MISTY1 8th International Workshop, Information Security Applications, WISA 2007, Jeju, Korea, Springer, ISBN 978-3-540-77534-8 LNCS 4867 215-226 2007/8
Nobuyuki SUGIO, Shunichi NAMBU, and Toshinobu KANEKO A Fast Calculus for the Linearizing Attack and Its Application to an Attack on KASUMI 16th International Symposium, Applied Algebra, Algebraic Algorithms and Error-Correcting Codes, AAECC-16, Las Vegas, NV, USA, Springer, ISBN 3-540-31423-7 LNCS 3857 163–172 2006/8
Makiko Shirota, Nobuyuki SUGIO, Yasuo HATANO, and Toshinobu KANEKO A Higher Order Differential Attack of 7-round MISTY1 without FL function 5th Asia-Pacific Symposium on Information and Telecommunication Technologies, APSITT 2003, Noumea, New Caledonia 203-208 2003/11
Nobuyuki SUGIO, Hidema TANAKA, and Toshinobu KANEKO A study on Higher Order Differential Attack of KASUMI International Symposium on Information Theory and Its Applications, ISITA 2002, Xi'an, China 755-758 2002/10
Hidema TANAKA, Nobuyuki SUGIO, and Toshinobu KANEKO A Study on Higher Order Differential Attack of MISTY1 4th Asia-Pacific Symposium on Information and Telecommunication Technologies (APSITT 2001), Kathmandu, Nepal 354-358 2001/11
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
住谷 哲夫, 杉尾 信行, 鳥山 浩一, 大野 友義 お客様とのサービス共創を目指す「みんなのドコモ研究室」 NTTDOCOMO テクニカルジャーナル VOL.16 NO.3 43-46 2008/10
田中 秀磨, 杉尾 信行, 金子 敏信 64ビットブロック暗号KASUMIに対する高階差分攻撃 情報通信研究機構研究報告 51 1.2 129-133 2005/3
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
千田 拓矢, 杉尾 信行, 青野 博, 関野 公彦 FPGAインスタンスを用いたクラウドログ異常検知の実装と評価 第82回コンピュータセキュリティ・第29回セキュリティ心理学とトラスト合同研究発表会,札幌市,北海道 2018/7
杉尾 信行, 青野 博, 関野 公彦 プライバシー保護技術の事業活用に関する一考察 第82回コンピュータセキュリティ・第29回セキュリティ心理学とトラスト合同研究発表会,札幌市,北海道 2018/7
杉尾 信行, 五十嵐 保隆, 金子 敏信 共通鍵ブロック暗号アルゴリズムKASUMIの積分攻撃 2017 年 暗号と情報セキュリティシンポジウム(SCIS2017)予稿集, 那覇市, 沖縄県 2B1-4 2017/1
杉尾 信行, 五十嵐 保隆, 金子 敏信 ブロック暗号アルゴリズムMISTY2の積分特性探索 2016 年 暗号と情報セキュリティシンポジウム(SCIS2016)予稿集, 熊本市, 熊本県, 3D2-3 2016/1
杉尾 信行, 青野 博, 関野 公彦, 金子 敏信 Camelliaの新たな高階差分特性(II) 2014 年 暗号と情報セキュリティシンポジウム(SCIS2014)予稿集, 鹿児島市, 鹿児島県 1F3-2 2014/1
杉尾 信行, 青野 博, 関野 公彦, 金子 敏信 Camelliaの新たな高階差分特性 第 36 回 情報理論とその応用シンポジウム(SITA 2013)予稿集, 3-4-3, 伊東市, 静岡県 226-231 2013/11
杉尾 信行, 関野 公彦, 松田 卓也, 岡田 浩, 水田 成仁 移動体通信システムの暗号危殆化に対する企業活動の主要課題 -社内外既存システムの永続性, 国際標準との整合性対応- 2012 年 暗号と情報セキュリティシンポジウム(SCIS2012)予稿集, 金沢市, 石川県 2F2-1 2012/1
杉尾 信行,青野 博,本郷 節之,金子 敏信 MISTY1及びKASUMIのIntegral-interpolation attack に関する一考察 コンピュータセキュリティシンポジウム 2006(CSS2006)予稿集, 京都市, 京都府 3B-3 2006/10
杉尾 信行, 青野 博, 本郷 節之, 金子 敏信 KASUMIに対する攻撃方程式の効率的な解法(II) 2006 年 暗号と情報セキュリティシンポジウム(SCIS2006)予稿集, 広島市, 広島県 3E2-4 2006/1
杉尾 信行, 青野 博, 本郷 節之, 金子 敏信 MISTY1及びKASUMIにおける上一段消去法の適用に関する一考察 第 28 回情報理論とその応用シンポジウム(SITA 2005)予稿集, 那覇市, 沖縄県 387-390 2005/11
南部 俊一, 杉尾 信行, 金子 敏信 KASUMIに対する攻撃方程式の効率的な解法 (受賞有) 2005 年 暗号と情報セキュリティシンポジウム(SCIS2005)予稿集, 神戸市, 兵庫県 4D2-4 2005/1
杉尾 信行, 金子 敏信 KASUMIの高階差分攻撃に関する一考察(II) (受賞有) 2004 年 暗号と情報セキュリティシンポジウム(SCIS2004)予稿集, 仙台市, 宮城県 3A5-3 2004/1
白田 麻貴子, 杉尾 信行, 秦野 康夫, 田中 秀磨, 金子 敏信 MISTY1における上一段消去法の適用に関する一考察 2003 年 暗号と情報セキュリティシンポジウム(SCIS2003)予稿集, 浜松市, 静岡県 6D-3 2003/1
田中 秀磨, 杉尾 信行, 金子 敏信 鍵スケジュールを考慮したブロック暗号に対する攻撃に関する一考察 (受賞有) 2003 年 暗号と情報セキュリティシンポジウム(SCIS2003)予稿集, 浜松市, 静岡県 5D-3 2003/1
杉尾 信行, 田中 秀磨, 金子 敏信 KASUMIの高階差分攻撃に関する一考察 2002 年 暗号と情報セキュリティシンポジウム(SCIS 2002)予稿集, 西牟婁郡白浜町, 和歌山県 13A-3 2002/1
杉尾 信行, 田中 秀磨, 金子 敏信 MISTY1の強度評価に関する一考察 第 24 回 情報理論とその応用シンポジウム(SITA 2001)予稿集, 神戸市, 兵庫県 659-662 2001/12
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
杉尾 信行 AWSセキュリティデザインパターンとテンプレート コンピュータセキュリティシンポジウム 2016(CSS2016), 秋田市, 秋田県 DPS-02 2016/10