医薬品の適正使用のための薬剤師と地域薬局のあり方に関するレギュラトリーサイエンス研究

レギュラトリーサイエンスは、科学的方法(仮説、検証、論理的推論等)を駆使して現実社会が直面する課題を解決するための科学的活動のことです。地区薬剤師会等と協力し、医薬品の適正使用のための薬剤師と地域薬局のあり方を提案していきます。

薬学部
薬学科

教授

博士

光岡 俊成
( ミツオカ トシナリ )

学位

博士(医学):群馬大学:2019年

研究分野

レギュラトリーサイエンス

キーワード

レギュラトリーサイエンス/薬事行政/薬事法制/薬剤師/地域薬局

実務経験

厚生労働省国際医薬審査情報分析官、社会保険診療報酬支払基金薬剤専門役、内閣府参事官、東北厚生局麻薬取締部長等

学会・社会活動等

日本神経精神薬理学会、日本神経化学会、日本薬理学会、

エピソード

薬事行政での安全・監視・審査業務を中心に、食品衛生、医療科学技術政策や生命倫理でのリスクコミュニケーション等、医薬品、薬剤師や薬局が関係するであろうほとんどの分野の行政に30年間関わってきました。薬学生の皆さん、できるだけドアを開けておきます。将来の仕事や、やりたいこと、何でも相談にのりますので、遠慮せずに、ふらっと私の教授室に寄ってください。

研究・学術活動

  • 論文(3件)
  • 会議論文(0件)
  • 紀要(10件)
  • 講演(13件)
  • 著書(0件)
  • 作品(0件)
  • 受賞(0件)
  • その他(3件)
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
Toshinari Mitsuoka,Kenji Hanamura, Noriko Koganezawa, Ruri Kikura-Hanjiri,Yuko Sekino, Tomoaki Shirao Assessment of NMDA receptor inhibition of phencyclidine analogues using a high-throughput drebrin immunocytochemical assay Journal of Pharmacological and Toxicological Methods 99 106583 2019/9
Binodh DeSilva, Fabio Garofolo, Mario Rocci, Suzanne Martinez, Isabelle Dumont, France Landry, Catherine Dicaire, Gabriella Szekely-Klepser, Russell Weiner, Mark Arnold, Surendra Bansal, Kevin Bateman, Ronald Bauer, Brian Booth, Scott Davis, Sherri Dudal, Dominique Gouty, John Grundy, Sam Haidar, Roger Hayes, Mohammed Jemal, Surinder Kaur, Marian Kelley, Magnus Knutsson, Olivier Le Blaye, Jean Lee, Steve Lowes, Mark Ma, Toshinari Mitsuoka, João Tavares Neto, Robert Nicholson, Eric Ormsby, Jeffrey Sailstad, 2012 White Paper on Recent Issues in Bioanalysis and Alignment of Multiple Guidelines Byoanalysis 4 18 2213-2226 2012/10
Miyoji Hanaoka, Toshinari Mitsuoka, Shingo Yasuda, Sin Kyu Kim A convinient transformation of spiro-benzylisoquinolines to dehydrophtalidoisoquinolines Chemical and Pharmaceutical Bulletin 36 9 3739-3741 1988/5
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
光岡俊成 乳幼児用おもちゃの鉛等の規制強化について 食品衛生研究 58 7 7-11 2008/7
光岡俊成 防かび剤等の残留に係る暫定的限度値の強化 (割りばしに係る監視指導について)  食品衛生研究 58 4 13-19 2008/4
光岡俊成, 飯村康夫 違法ドラッグ対策の今後の展開について 医薬品研究 37 11 758-768 2007/11
光岡俊成 最近の薬事指導行政について JAPIC 8 15-28 2007/8
光岡俊成 最近の薬事指導行政について 無承認無許可医薬品の薬事 JAPIC 5 815-820 2006/5
光岡俊成 レジオネラ症を予防するために必要な措置に関する技術上の指針(厚生労働大臣告示)の制定について 空気調和・衛生工学 78 2 149-155 2004/2
光岡俊成 レジオネラ症を予防するために必要な措置に関する技術上の指針について 生活と環境 48 9 32-36 2003/9
光岡俊成 遊泳用プールの衛生基準の改正について 生活と環境 47 4 45-48 2002/4
加地詳文,光岡俊成, 三森国敏 動物用医薬品等の残留基準値の設定について 食品衛生研究 45 7 39-52 1995/5
光岡俊成 薬価算定方式等の改善について 薬事 34 2 343-350 1992/2
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
光岡俊成,間瀬省吾,小金澤紀子, 加藤祐一,筒井泉雄,白尾智明, 關野祐子 ハイスループット免疫染色法と画像デジタル情報解析によるラット海馬神経細胞成熟に及ぼすCB受容体アゴニストCP55940の評価 第94回 日本薬理学会年会 2021/3
Toshinari Mitsuoka A high-throughput system for quantitating IC50 of new psychoactive substances having NMDAR inhibition through use of drebrin immunocytochemistry 第10回 国際放射線神経生物学会大会 2020/3
Toshinari MITSUOKA,Kenji HANAMURA, Noriko KOGANEZAWA, Ruri KIKURA-HNAJIRI, Tomoaki SHIRAO, Yuko SEKINO Establishment of a high-throughput drebrin immunocytochemical assay for NMDA receptor inhibition of new psychoactive substances 6th Congress of AsCNP(Congress of Asian College of Neuropsychopharmacology) 2019/10
Toshinari Mitsuoka,Kenji Hanamura, Noriko Koganezawa, Ruri Kikura-Hanajiri, Tomoaki Shirao, Yuko Sekino Establishment of a high-throughput sustem for efficiently detecting New Phychoactive Substances to inhibit the activity of NMDA Neuro2019 第62回日本神経化学大会、第42回日本神経科学大会 2019/7
光岡俊成, 花村健次, 花尻(木倉)瑠璃, 關野祐子, 白尾智明, 池谷裕二 NMDA型グルタミン酸受容体阻害作用を持つ危険ドラッグの検出方法の開発研究 東京大学生命科学シンポジウム 2018/6
Kenji Hanamura, Toshinari Mitsuoka, Yuko Sekino, Tomoaki Shirao  High content imaging analysis of drebrin clusters along dendrites regulated by NMDA receptor activity 第95回 日本生理学会大会 2018/3
光岡俊成 地域における人・くらし民間研究開発プロジェクト 第1回「新しい医療・介護のテクノロジー」シンポジウム(前橋) 2016/10
光岡俊成 iPS細胞由来分化心筋細胞の創薬応用について 再生医療イノベーションフォーラム(FIRM)シンポジウム(東京) 2014/2
光岡俊成 Regulatory Science to Accelate the Development of Innovative Medical Products 1st Think Tank Meeting on Cardiac Safety 2014 in Kirishima(鹿児島) 2014/1
光岡俊成 日本発の医薬品・医療機器・再生医療製品の実用化のための規制制度改正 平成25年度第1回医工連携研究会「医療産業分野の新たな展開を目指して」基調講演 2013/9
光岡俊成 FIH試験のレギュラトリーサイエンス レギュラトリーサイエンス学会学術大会シンポジウム(東京) 2012/9
光岡俊成 Outline of PDG Activities 日米欧薬局方検討会議(Pharmacopeial Discussion Group)公開シンポジウム(東京) 2012/6
光岡俊成 Update on the Status of Bioanalytical Guidance in Japan 6th Workshop on Recent Issuues in Bioanalysis(米国テキサス州) 2012/3
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
白尾 智明 SHIRAO, Tomoaki 光岡 俊成 MITSUOKA, Toshinari 花村 健次 HANAMURA, Kenji 小金澤 紀子 KOGANEZAWA, Noriko 関野 祐子 SEKINO, Yuko NMDA受容体阻害活性のハイスループット評価方法 国際出願番号PCT/JP2020/010909 2020/12
光岡俊成 世界初の評価法用標準細胞の実用化に向けた計画が始動 (特集 再生医療) 国際医薬品情報 ### 32-34 2013/12
光岡俊成 化粧品規制の国際的整合化を図る 国際商業 33 12 34-36 2000/12