語用論(Pragmatics). Cotext/Context.

日常会話での動詞の使い方を研究しています。これには、同情と礼儀を伝えることが含まれます。

全学共通教育部

准教授

修士

ロバート・オルソン
( ロバート・オルソン )

学位

修士(人文学):エデース・コーワン大学(オーストラリア):2001年

研究分野

教育/TESOL

キーワード

Turn taking(話者交替). Expressing courtesy and sympathy(礼儀と同情を伝える). Enunciation(告発).

学会・社会活動等

JALT. Pragmatics SIG. TOEICの試験官.

エピソード

私はアメリカの小学校の先生でした。私の特技はイラストを描くことです。分かりやすい説明と分かりやすいイラストを組み合わせて、新しい語彙を教えるようにします。私は英語を教えるときや、TOEICやその他の準備をするときにこのアプローチを使用します。

研究・学術活動

  • 論文(17件)
  • 会議論文(0件)
  • 紀要(1件)
  • 講演(12件)
  • 著書(6件)
  • 作品(0件)
  • 受賞(1件)
  • その他(0件)
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
Olson, R. A Closer Look at Cotext. 札幌学院大学総合研究所 105 23-31 2019/2
Olson, R. For crying out loud, Katakana is not the enemy! 苫小牧駒澤大学紀要第 31 65-73 2016/3
Olson, R. Cotext in Context. 苫小牧駒澤大学紀要第 29 41-49 2014/3
Olson, R. A Look at Noverbal Communication. 苫小牧駒澤大学紀要第 27 59-67 2013/3
Olson, R. A Look at gestures in the ESL Classroom. 苫小牧駒澤大学紀要第 25 79-91 2012/3
Cervantes,S., Olson,R. The First Step: The Development of TOEIC-based Materials. (受賞有) 苫小牧駒澤大学紀要第 23 63-85 2011/3
Olson, R. Making English Fun. 胆振管内高校学校英語教育研究会 22 13-15 2009/3
Olson, R. A Look at Color and the ESL Classroom. 苫小牧駒澤大学紀要第 19 23-44 2008/3
Olson, R. Can We Quantifiy University English Education? 苫小牧駒澤大学紀要第 18 195-208 2007/11
Olson, R. A Look at Debating in the ESL Classroom. 苫小牧駒澤大学紀要第 17 37-52 2007/3
Olson, R. "Hot-Boxing" in the English conversation class. 苫小牧駒澤大学紀要第 15 177-191 2006/3
Olson, R. Not Only Japanese: Considering Racism. 苫小牧駒澤大学紀要第 14 29-43 2005/11
Olson, R. Japanese Visual Sensitivity and Katakana in the ESL Classroom. 苫小牧駒澤大学紀要第 13 25-36 2005/3
Olson, R. A Look at "Framing" as a communication stategy. 苫小牧駒澤大学紀要第 12 51-64 2004/11
Olson, R. Approaching Silence in the Classroom. The ETJ Journal 17-19 2001/4
Olson, R. The Natural Approach: Possible applications to a Tomakomai Komazawa University English classroom. 苫小牧駒澤大学紀要第 3 21-38 2000/3
Olson, R. Volunteering: Road or Roadblock to English Improvement? The ETJ Journal 13-15 1994/4
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
Olson, R. A Look at “Wasei” English. 苫小牧駒澤大学紀要第 11 43-58 2004/3
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
Olson, R. What do you say (when you have nothing to say)? 全国語学教育学会・第54回年次国際大会教材展示会 2020/11
Olson, R. ZOOM Activities that close the distance on Distance Learning. Pragmatics SIG Conference 2020/2
Olson, R. Using Digital Assets to Utilize Blackboard Notes. 全国語学教育学会・第51回年次国際大会教材展示会 2019/11
Olson, R. Teaching Empathy and Sympathy through Disasters 全国語学教育学会。 JALT PanSIG2020大会 2019/5
Olson, R., Takahashi, H. Teaching Diversity Through Rotations. 全国語学教育学会・第52回年次国際大会教材展示会 2018/11
Olson, R. Using Kahoots to Build Student Confidence. Call-Plus 北海道 2017/10
Olson, R. Creating Creative Classes. JALT 北海道 2014/7
Olson, R. The "Wow!" Factor: Ideas and Activities for young English Learners. (Best of JALT). (受賞有) 全国語学教育学会・第47回年次国際大会教材展示会 2013/11
Cervantes,S., Olson,R. Face-to-face Communication and Instant Messaging: Similarities and Differences. The 2012 Pan-SIG Proceedings. 2013/5
Cervantes,S. Olson,R. Using Conversation Analysis for Professional Development. (Best of JALT). (受賞有) 全国語学教育学会・第46回年次国際大会教材展示会 2012/11
Olson, R. Using Digital Assets to Use Blackboard Notes. 全国語学教育学会・第45回年次国際大会教材展示会 2011/11
Murai, Y. Olson, R. Perspectives of a seven-year continuous integrated English curriculum from senior high school through college. 苫小牧駒澤大学紀要第 21 1-35 2009/12
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
Cotter, M.J.,Hinkelman, D., Olson, R. Oral Communication C: Making Presentations in English. 札幌学院大学人文学部英米学科 2019/4
Cotter, M.J., Koch, Jr, Sato, K.J.M., Olson, R. Live your Dreams! 札幌学院大学人文学部英米学科 2016/3
Cotter, M.J., Friesen, K., Koch, Jr, Olson, R., Sato, K.J.M., Schinckel, P Dream in English 札幌学院大学人文学部英米学科 2016/2
Cotter, M.J., Friesen, K., Hinkelman, D., Olson, R., Sato, K.J.M., Schinckel, P. Dream in English - 2015 Edition 札幌学院大学人文学部英米学科 2015/3
Olson, R. Rob先生の文化恐竜Cultural Dinosaur 2 一耕社出版 2011/1
Olson, R. Rob先生の文化恐竜Cultural Dinosaur 一耕社出版 2009/1
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日
Kate Sato, Mathew Cotter, Rob Olson, Don Hinkelman, Wayne Skelton Best Moodle Open Courseware (2017) 1st Place "English Communication." 日本ムドール協会 2017/2
著者 タイトル 発行元 ページ 発表年月日